マクドナルド auペイ。 【auペイ】マクドナルドでの対応について解説【結論:利用不可】

楽天ペイはマクドナルドで使えない!?スーパーポイントもEdyも使えるのに

マクドナルド auペイ

モバイルオーダーに対応している支払い方法 モバイルオーダーの支払い方法は店頭よりも限られています。 現金での支払いには対応しておらず、 クレジットカードかLINE Payでの支払いとなります。 VISA• JCB• Mastercard• Diners Club• LINE Pay 3大ブランドに対応しているのでお手持ちのクレジットカードの中から選んで使うことができそうですね。 その中で目を引くのがLINE Pay。 クレジットカードの中に混じって 唯一利用できるスマホ決済がLINE Payとなっています。 LINE Payが利用できれば、• チャージ&ペイで支払い• 残高にチャージしてLINE Pay残高で支払い• LINEポイントで支払い という選択肢から選ぶことができるので、 クレジットカードを持っていない方であってもモバイルオーダーを利用することができます。 決済方法は限定されてはいますが、モバイルオーダー自体が限られた方にしか使えないわけではなくすべての方に利用できるように配慮されているのが魅力ですね。 LINE Payをダウンロードされていない方はこの機会にしておきましょう。 LINE Payのチャージ&ペイで支払いすればクレカ以上にお得に モバイルオーダーの魅力はなんといっても LINE Payで支払いが可能なこと。 PayPayや楽天ペイ、d払い、au PayではなくLINE Payというのが絶妙なチョイスですね。 LINE Payの支払い方法は、• チャージ&ペイで支払い• 残高にチャージしてLINE Pay残高で支払い• ほとんどのクレジットカードが0. モバイルオーダーで待ち時間をゼロにしてLINE Payで支払うことで還元率の面でもお得に済ませることができるなんてメリットしかありませんね。 ただし、チャージ&ペイを利用するにはLINEブランドのクレジットカードであるを持っている必要があります。 チャージ&ペイ以外の方法で支払いをしてもポイント還元はナシなどの注意点もあるのでについてはしっかりと読みこんでおきましょう。 icon-caret-square-o-right icon-caret-square-o-right マクドナルドはモバイルオーダーで時間とお金を節約しよう! 今回はマクドナルドのモバイルオーダーの方法をお伝えしました。 ポイントを要約すると、• 受け取り時間を指定してスマホからオーダーできる• クーポンが使える• クレカだけではなくLINE Payも使える となります。 1番のメリットはやはり店頭でオーダーしてから受け取りまでの 待ち時間をゼロにすることができること。 待ち時間の時短が可能になるので別のことにあてることができます。 さらにクーポンにも対応したこと、 店頭では利用できないスマホ決済のLINE Payに対応していることなどモバイルオーダーならではのメリットもあります。 モバイルオーダーはどんどん便利になってきていますね! モバイルオーダーはマクドナルドアプリから利用できるのでダウンロードされていない方はこの機会にダウンロードしておきましょう。 最近の投稿• 2020-07-17• 2020-07-07• 2020-06-26• 2020-06-19• 2020-06-15 最近のコメント• に kai-rec-evolving-me より• に 白川朋行 より アーカイブ• カテゴリー• 1k件のビュー 2 件のコメント• 649件のビュー 0 件のコメント• 160件のビュー 0 件のコメント• 56件のビュー 0 件のコメント• 42件のビュー 0 件のコメント• 33件のビュー 0 件のコメント• 30件のビュー 0 件のコメント• 23件のビュー 0 件のコメント• 22件のビュー 0 件のコメント• 20件のビュー 0 件のコメント タグ.

次の

【2020年7月最新版】「マクドナルド」でQUICPay(クイックペイ)は便利。Apple Pay(アップルペイ)でもOK

マクドナルド auペイ

【ドライブスルーではメルペイ使えない?】 メルペイはマックのドライブスルーでも大丈夫です。 ドライブスルーの支払い方法は店内レジと変わりません。 マックでのメルペイの使い方 マックはメルペイのには対応していないので、は「iD」のみとなります。 使い方はかんたんです。 マックでお支払いするときに「アイディーで!」と店員さんに伝えるだけで大丈夫。 は非接触式の電子マネーなので、スマホを近づけるだけでお支払い完了ですよ。 マックの他には、ハンバーガーショップでは「サブウェイ」や「」でもメルペイ・iD決済でお支払いできますよ。 やは別ページに「ジャンル別・あいうえお順」でわかりやすくまとめています。 そちらもぜひ読んでみてくださいね。 メルペイ支払いのときもマクドナルドでdポイントや楽天ポイントは付けられるの? のがわかったところで、お次はマックでのポイントについてです。 マックでもらえるポイントと言えば・・・そう、かですね。 メルペイでお支払いするときもポイントは付けられるのでしょうか? 僕を含むポイント好きのみなさん、安心してください。 よかった〜。 お支払いの後では付けられないので、必ずの前に・を提示してくださいね。 dポイントはから、楽天ポイントはからも提示できますよ! まとめ さいごに、今回の「マックでメルペイ」のポイントをまとめて並べておきますね。

次の

【まとめ】au PAYとは 使い方や設定を解説 楽天ペイと連携したスマホ決済

マクドナルド auペイ

もくじ• 最新情報 マクドナルドでは、2020年7月1日~7月14日の期間、「マックシェイク」Sサイズが100円、Mサイズが150円のキャンペーン価格で販売されます(税込)。 テイクアウト・イートインともに、モバイルオーダーで事前注文・事前決済すると、お店で待たずに受け取れます(ドライブスルーでの受け取りはできません)。 詳しくは。 コード決済(スマホ決済) ハンバーガーレストランチェーンのマクドナルドで使えるコード決済は、以下の通りです。 対応していないコード決済は、PayPay(ペイペイ)、LINE Pay(ラインペイ)、楽天ペイ、Origami Pay(オリガミペイ)、d払い(コード決済)、メルペイ(コード決済)、au PAY(エーユーペイ)、ゆうちょPay(銀行Pay)、Bank Pay(バンクペイ)、J-Coin Pay(ジェイコインペイ)、クオカードPay(クオカードペイ)、FamiPay(ファミペイ)、アリペイ、ウィーチャットペイ、ネイバーペイ、などです。 「モバイルオーダー」(スマホアプリで事前に注文・決済を済ませられる方法)では、LINE Pay(オンライン決済)が利用できます。 d払い・楽天ペイは、近日中に対応予定です。 一部の店舗で実験的に導入されている、無人レジ(セルフオーダー端末)は電子マネーに対応していますが、コード決済にも対応するようになれば便利になりそうです。 クレジットカード マクドナルドでは、各種クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners)が使えます。 クレジットカードで払うことを伝えたあと、カウンター上の決済端末に、自分でカードを挿して暗証番号を押す方式です。 また、各クレジットカードの非接触決済(NFC決済)にも対応しています。 決済端末のタッチ部分にカードをかざすことで決済できます。 (Visaのタッチ決済、MasterCardコンタクトレス、JCBコンタクトレス) 「モバイルオーダー」(スマホアプリで事前に注文・決済を済ませられる方法)でも、各種クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・Diners)が利用できます。 電子マネー マクドナルドでは、主要な電子マネー(交通系電子マネー、楽天Edy、nanaco、WAON、iD、QUICPay)が使えます。 ポイントカード マクドナルドで対応している共通ポイントカードは以下の通りです。 電子マネーやクレジットカード払いでもポイントが貯められます。 いずれも、ポイントカードのスマホアプリ画面でも大丈夫です。 ・楽天スーパーポイント 税込100円ごとに1ポイント貯まります。 1ポイント=1円として支払いにも使えます。 ・dポイント 税込100円ごとに1ポイント貯まります。 1ポイント=1円として支払いにも使えます。 いずれか一方のポイントカードのみ使えます(併用はできません)。 ポイントを支払いに充当した場合、差額の支払いは現金またはマックカードのみとなります。 マックカード(商品券) マクドナルドでは、独自に発行している商品券「マックカード」が使えます。 マックカードは1枚500円分の金券として現金同様に使えます。 有効期限はありません。 500円未満の支払いでは、お釣りが現金でもらえます。 マックカードは、金券ショップなどでは500円券が480円前後で販売されていることがありますので、よくマクドナルドに行く人は何枚か買っておくと良いかもしれません。 割引クーポン マクドナルドの公式スマホアプリでは、常にいろいろな割引クーポンが提供されています。 アプリの画面を見せて、注文したい商品のクーポン番号を伝えるだけで、割引価格で注文できます。 そのほか、スマートニュースのアプリでもクーポンが配信されたり、JAFの会報にクーポンが付いてくることもあります。 クーポン付きのチラシが配布されていることもあります。 また、「モバイルオーダー」(スマホアプリで事前に注文・決済を済ませられる方法)を利用する場合でも、アプリ上でクーポンを選択することで、クーポン価格で注文することができます。 消費税軽減税率への対応 マクドナルドでは、店内での飲食(イートイン)は消費税率10%の標準税率が、持ち帰り(テイクアウト)・宅配(デリバリー)は消費税率8%の軽減税率が適用されます。 「キャッシュレス・ポイント還元事業(消費者還元事業)」は、フランチャイズ店舗(一部除く)で、2%還元の対象となっています。

次の