牛角 食べ 放題。 牛角 松阪店 メニュー:★食べ放題★

牛角食べ放題のおすすめメニューと一人焼肉の攻略法を紹介!|30代派遣社員の逆襲

牛角 食べ 放題

迫佑樹さんが発行されている「スキルをつけて人生の自由度をあげる」をテーマにしたLINEのマガジンを紹介します。 スキルアップに関してを知りたい方は登録必須です! 月に一度位の頻度でここ5年位通っている牛角。 いつも1人焼肉です。 一人でも食べ放題のコースが注文できます。 私がいつも注文するのは、食べ放題のお気軽コース。 そんなわけでおすすめメニューと牛角の食べ放題の攻略の仕方を今回は紹介したいと思います。 牛角でおすすめしたい食べ放題のメニューランキング 今回は、私がいつも注文する食べ放題メニューお気軽コース。 そのお気軽コースの中から私がおすすめしたいメニューをランキング形式で紹介したいと思います。 1位 ぼんじり 牛肉じゃないんかよっと思いますが、 このぼんじりってのが、脂がのっててコリコリしてておいしいんです。 あまり噛まなくても食べれるので満腹感も抑えられるのもいいですね。 2位 牛ホルモン 3年くらい前が、豚ホルモンしかメニューになかったのですが、 食べ放題でも牛ホルモンが食べれるようになりました。 豚ホルモンとは違って、牛ホルモンは、脂身があっておいしい! 一人前だと、少量しかでてこないので、原価も結構高いのではないでしょうか。 たくさん注文すると元をとれるかもしれません。 3位 チョレギサラダ サンチュっていうんですかね、レタスみたいな野菜ときゅうりと玉ねぎなんかが入ってます。 しかも、結構大きな器で入っています。 ドレッシングも普段食べないような味のものでおいしい! お肉の味に飽きたときの気分転換になります。 4位 ハラミ やっとここで焼肉らしいお肉の登場。 このお肉なのですが噛みごたえがあっておいしい。 噛めば噛むほど味わいが出てきます。 でも、絶対なんか特殊な加工してあるよね(笑) 5位 たまごクッパ ごはんとスープが両方味わえるクッパ。 具は卵しか入っていないのですが、お好みで焼いたお肉を入れると更においしいです。 番外編 やみつき塩キャベツ 最初にやみつき塩キャベツが出てきます。 原価が安そうなので注文はしないのですが地味においしいです。 牛角のやみつき塩キャベツのタレも売っているのですが、このタレとは全然味が違います。 市販のタレにごま油を垂らすとおいしいらしいので今度試してみます。 1人入店の牛角食べ放題の攻略法 ここで牛角食べ放題で私がいつも実践している攻略法を紹介したいと思います。 必ずクーポンを 必ずクーポンを使いましょう。 使うときは、会計時にしましょう。 スマホアプリからでもクーポンが使えます。 スマホアプリの場合、なぜか一日あけないとクーポンを使うことができません。 スマホアプリでも基本500円のクーポンなのでめんどくさい場合は、サイトのクーポンを使ったほうがいいです。 私がいつも注文しているお気軽コースは、 このクーポンを使うことによって、2,700円くらいになります。 コースは、お気軽コースがおすすめ 食べ放題は、いろんなコースがあって値段が上がるほど、注文できるメニューが増えます。 しかし、私は、一番安いお気軽コースがおすすめします。 グレードの高いコースを選んでも増えるメニューが微妙です。 なので、お気軽コースで十分だと思います。 七輪の火は、弱めor電源OFF 牛角の七輪なのですが、テーブルのサイドでファンの強さを調節できます。 あまり火を強くしすぎると、炭が燃え尽きてしまい、最後の方は炭を交換してもらわないとお肉が焼けなくなってしまいます。 炭を交換してもらうには店員さんを呼ばないといけないのでいろいろと面倒です。 そうならないために、私は、常に一番弱めに設定しています。 それでも強いなっと思うこともあるのでそのときはファンの電源をOFFにします。 スポンサーリンク お酒は飲まない これは、食べ放題全般に言えることなのですが、お酒を飲むと最後の方気持ち悪くなりあまり食べられません。 飲み放題なんてしちゃうと大変。 私は、貧乏症なので飲み放題でも元をとろうとします。 酔っ払って大量に食べると、ほんと具合が悪くなります。 出来る限り平日のオープン開始直後に入店する。 牛角、リーズナブルな値段のせいか、お客さん結構来ます。 わたしの最寄りの牛角は夜7〜8時くらいだと席が一杯で入れないこともあります。 特に一人焼肉のときは、たくさんお客さんが入っていると申し訳ない気持ちになってしまいます。 平日のオープン直後17時頃入店することをおすすめします。 一人焼肉は恥ずかしくないのか? 全然恥ずかしくありません。 食べ放題はむしろ、好きなだけ好きなように焼けて食べるので一人のほうが向いてます。 無心になって食べるので全然ひと目は気になりません。 結構一人でこられる方もいます。 店員さんの対応も、普通なので気にする必要はないと思いおます。 こちらの記事もどうぞ。

次の

牛角 福知山店 メニュー:食べ放題コース

牛角 食べ 放題

コース内容 (全10品)• 小・中・大・特大・超盛りからお選びください。 お一人様1杯• コース内容 (全80品)• 【先付け】 やみつき塩キャベツ/とんタン塩 《全食べ放題コース共通メニュー》 【タン】 とんタン塩/梅とんタン塩/とんタンの生姜焼き/スパイシーとんタン塩/スパイシー黒シビとんタン塩 【カルビ】 牛バラトロカルビ(タレ・塩ダレ)/厚切りカルビ(タレ・塩ダレ)/生姜焼きカルビ テジカルビ(タレ・塩ダレ・味噌ダレ・旨辛味噌・スタミナ)/テジカルビのはちみつ黒胡椒焼き 【ハラミ】 テジハラミ(タレ・塩ダレ・味噌ダレ)/やみつきテジハラミ 【ピートロ】 ピートロ(タレ・塩ダレ・味噌ダレ・旨辛味噌・わさび醤油・梅ダレ)/ ブラックガーリックピートロ/ジャンクポークピートロ 【鶏】 旨タレチキン/旨辛チキン/チキンバジル/旨塩チキン/梅チキン ぼんちり(タレ・塩ダレ・味噌ダレ・旨辛味噌) 【ホルモン】 牛ホルモン(旨辛味噌・塩ダレ・味噌ダレ) やみつき豚ホルモン(旨辛味噌・塩ダレ・味噌ダレ) 牛レバー(旨辛味噌・塩ダレ・味噌ダレ) レッドホットスパイシーホルモン【牛】/黒シビスパイシーホルモン【牛】 【サラダ・キムチ】 チョレギサラダ/シーザーサラダ/サンチュ5枚 キムチの2種盛り合わせ/ピリ辛たたき胡瓜/ニラキムチ/牛角キムチ/温玉キムチ/カクテキ 【冷菜おつまみ】 オニたまスライス/ナムルの3種盛り合わせ/韓国のり/やみつき塩キャベツ大/やみつき塩キャベツ中/甘辛温玉ヤッコ/のりのりna奴/シャキシャキもやしナムル/おつまみポテトサラダ/枝豆 【七輪おつまみ】 焼きじゃがバター!/蜜おさつバター/絶品! なめらか杏仁豆富(いちごソース・プレーン)/シューアイス/カットパイナップル コース内容 (全100品)• なめらか杏仁豆富(いちごソース・プレーン)/シューアイス/カットパイナップル/ヨーグルトアイス/牛角アイス(バニラ・抹茶)/バニラアイス/抹茶アイス コース内容 (全120品)• 食べ放題のお約束 1.90分お楽しみいただけます。 (ラストオーダーは70分でお伺いさせていただきます) 2.食べ放題はすぐに召し上がっていただけるよう、 はじめに先付け料理をご提供します。 3.食材を大切に、残されたお客様は別途料金をいただきます。 飲み放題のお約束 1. 90分お楽しみいただけます。 (ラストオーダーは70分でお伺いさせていただきます。 ) 2. 飲み放題は、同一グループ人数分のご注文をお願いします。 アルコール飲み放題は、同一コースでのご注文をお願いします。 飲み放題のお替わりは、空グラスと交換でお願いします。 残されたお客様は別途料金をいただきます。 牛角の楽しみ方 お客様のお好みに合わせて、ご注文方法は3つ。 単品でのご注文、食べ放題、お得なコースメニューからお選びいただけます。 1 アラカルト 単品でのご注文 ・自分好みに牛角を楽しみたいなら、アラカルトでのご注文を。 王道焼肉メニューはもちろん、おつまみや創作焼肉まで楽しいメニューが盛り沢山!焼肉を楽しむコツやお肉のおいしい焼き方はスタッフまで! [ハンブン牛角]ハーフサイズもご用意しております。 2 食べ放題3コース ・90分間めいっぱい焼肉を楽しんでいただける3つのコースをご用意いたしました。 ラストオーダーは70分後にお伺いします。 詳しくはスタッフまで!ご注文は同一コースで人数分とさせていただきます。 【お気軽コース】80品以上 ・お肉におつまみ、サラダも〆も!お一人様2,980円 税抜 【牛角コース】100品以上 ・牛角ならではのオリジナルメニューも登場!お一人様 3,480円 税抜 【堪能コース】120品以上 ・ちょっと贅沢に楽しめる食べ放題コースの極み!お一人様 4,380円 税抜 3 特別なお肉が食べたい日にピッタリ! 【牛角プレミアムコース】 ・5種の特選肉や選べるお肉、サラダ、冷麺、デザートまで!贅沢なお肉をお得に食べられるオススメのコースです。 詳しくは、「プレミアムコース」ページをご覧ください。 小学生以下は除く。 お食事を楽しんでいただくための牛角からの5つのお願い 1 お帰りの際にお車を運転されるお客様、20歳未満のお客様の飲酒は固くお断りいたします。 2 お肉を焼き時は1人1本トングを使ってよく焼き、焼けたらお箸で網から取ってお召し上がりください。 3 燃えやすいお肉は七輪の端で焼いてください。 とくに和牛・豚・ホルモンなど!お肉を焼くときは一度に大量に焼かないでください。 火柱が上がって危険です。 4 もし炎が上がったら…氷で鎮火してください。 (時間を過ぎると承れない場合がございます。

次の

【牛角食べ放題で元は取れるのか検証】 お得なメニューと価格表 |あまぼしすずめは働かない

牛角 食べ 放題

牛角は人気の焼き肉チェーンです。 株式会社レインズインターナショナルが運営しており、焼肉屋以外にも焼き鳥店やしゃぶしゃぶの店も経営していて、親会社は外食産業持ち株会社のコロワイドです。 もともとは、1987年に設立の不動産賃貸管理業「国土信販」という会社でした。 1996年に、外食産業に参入することになり、最初に焼肉屋をはじめました。 東京の三軒茶屋に「焼肉市場七輪」という名前で始めたお店は、当初苦戦します。 試行錯誤の上に考えたのが、会計時に店のクレームを伝えてもらうことでした。 条件として300円を割り引いで行い、多くの客の本音を聞くことができました。 そこで改善策を講じることができたことで、繁盛店の道を歩み始め、1997年に店の名前を牛の角をアンテナに見立てて、客のニーズをキャッチするということで「牛角」という名前が誕生します。 牛角には、3種類の食べ放題のコースがあります。 一つめは「お気軽コース」と呼ばれるもので、80種類以上のメニューが食べ放題です。 料金は2980円で、90分間楽しめ、主要な肉もあるため最初はこちらで十分でしょう。 二つめは「牛角コース」と呼ばれるものです。 こちらは、100種類以上の食べ放題で、料金が3480円、メニューに厚切り肉のカルビステーキなどが入っています。 オリジナルな焼肉を食べるときには、こちらが良いでしょう。 最も豪華な三つめは「堪能コース」です。 これは120種類以上のメニューが食べ放題で、料金は4380円と、プレミアム感満載です。 熟成赤身うわみすじ、熟成上ロースステーキと、至高の肉を心置きなく食べるのなら、こちらを選びましょう。 叙々苑には「食べ放題」という文字がありません。 これは、店の方針が「くつろげる雰囲気」「おもてなし」を重視しているために、肉の味を重視しているからです。 食べ放題は「元を取る」という発想になるため、肉をおいしくいただけなくなるという観点から、コースと単品だけを提供しています。 ただし「飲み放題」は用意されているので、ご安心ください。 叙々苑のコースは焼肉会席といった面持ちで、オードブルやキムチ、上質の肉とごはんものと、あたかも日本料理をいただくようにメニューが登場します。 最後にデザートやコーヒーもいただけます。 コースは数種類あり、ひとり1万円クラスの高級店といわれるだけあって、それなりの価格設定になっていますが、その代り十二分に肉のうまさを心置きなく堪能できるでしょう。 叙々苑は、お昼のランチがお得です。 夜のコースは高価になりがちですが、ランチなら比較的手ごろな値段で焼き肉をいただけるでしょう。 ランチは、肉がいろいろ選べ、それにキムチやナムル、サラダに白ごはん、そしてデザートとコーヒーがついています。 肉の中にはステーキ用の分厚い肉のものもあります。 数段階のそれぞれ内容が異なるランチが2000円クラス~とそこそこの料金はしますが、内容の豪華さがそれを上回るでしょう。 ランチタイム以降は通常のメニュー料金になるため注意が必要です。 また叙々苑には、さらにランクの高い「游玄亭」という高級店があります。 特別な日や記念日などで、思いっきり高級な肉を優雅にいただくには叙々苑は最高のお店です。 焼肉きんぐは、愛知県豊橋市に本社を持つ「物語コーポレーション」が運営しているお店です。 焼肉のほか、ラーメンやお好み焼き、和食専門店などを全国展開。 もともとは1949年に「酒房源氏」という、おでん屋からスタートしました。 順調に成長し、1969年に株式会社「げんじ」が設立され、その28年後に現在の「物語コーポレーション」という名前になります。 2008年にジャスダックに上場したのを皮切りに、2010年に東照2部、2011年には東証1部上場を果たしました。 その後、香港、上海に現地法人が設立されました。 焼肉部門は、焼肉きんぐのほかに焼き肉一番カルビというお店や熟成焼肉肉源という店を展開しています。 この中で焼肉きんぐは、テーブルバイキング形式で焼肉を提供しています。 焼肉きんぐの飲み放題は、種類も豊富で、非常にお得なので、ぜひ注文しましょう。 ソフトドリンクのみと、アルコール付のものがあります。 いずれも3杯以上飲むと、単品よりお得になるため、安心して注文できるでしょう。 小学生は半額、未満は無料というのもうれしいところです。 また、焼肉きんぐには、量より質を求める人にはありがたい食べ放題以外の単品メニューもあり、時間を気にする必要がありません。 焼肉きんぐの4大メニューも、国産牛・厚切り牛タンといったプレミアムもメニューにあるため、おいしい肉だけをセレクトすることも可能です。 ちなみに、ランチも食べ放題を行っていて、夜同様100分の制限時間で、1980円でいただけるので、お昼は狙い時といえるでしょう。 安楽亭は、埼玉県さいたま市中央区に本社があります。 創業は1963年で、埼玉県蕨(わらび)市塚越町に一号店を創業したことから始まります。 店は順調に成長していき、1980年にはフランチャイズ事業が始まり、埼玉県内に専用工場が設置されました。 その後、書籍販売や、和食店、イタリアレストランなども開業していき、2000年には、東証2部に上場しました。 安楽亭のほかにも、焼き肉レストラン「七輪房」「からくに屋」「国産牛カルビ本舗」があります。 また焼肉以外にも「飲茶Barロンチャン」「上海菜館」、イタリアレストラン「アグリコ」、和食「春秋亭」、CAFE Bean's と、いろいろな業態のお店がありますが、いずれも1・2店の運営しかなく、事実上安楽亭と七輪房だけがチェーン店として展開しています。 安楽亭の食べ放題は、4段階の価格設定で、それぞれ100分間の利用となります。 最もお得な「お手軽バリューコース」は、2480円。 基本的な焼肉とご飯もの、野菜、デザートも注文できるため、安心して注文してください。 二番目の「大満足安楽亭コース」は、3280円。 品目が格段に増え、焼く品目を選ぶ楽しみも得られるでしょう。 三番目の「スペシャルコース」は、さらに品目も増え、肉の豪華さが加わります。 3980円で良い肉を食べたいときに利用しましょう。 最高級の「ゴージャスコース」になると、全120品目が食べられ、黒毛和牛や上タンも食べ放題です。 5980円でソフトドリンクの飲み放題もつくため、余計なことを気にせずに思う存分食べられるでしょう。 安楽亭は、食べ放題などのお手頃価格だけにこだわっているわけではありません。 肉などの素材にこだわり、人為的に脂肪が入った注入肉などは使いません。 無添加の自然肉を100%使い、肉に使う、たれも無添加の物だけを使用しています。 また野菜やコメについても、産地にこだわっています。 全プロセスを自社が管理しているため、安全で安心な物だけを提供しており、品質管理も専任スタッフがいるので、安心しておいしい肉が食べられるでしょう。 安楽亭は食べ放題のほかにも、単品メニューや定食メニュー、デザートやドリンクのメニューも豊富です。 1000円未満のお得なサービスランチは5品目、ヘルシーランチや特盛ランチ、黒毛和牛ランチなどお昼も十二分に楽しめます。 大阪焼肉ふたごは、焼き肉やホルモンを提供している焼肉店です。 運営会社は株式会社株式会社FTG Companyで、2010年に設立した新しい店ですが、急激に業績を伸ばしていて、業界でも注目を集める存在となりました。 名前の由来は創業者が双子の兄弟であることからきています。 焼肉・ホルモンの本場大阪・鶴橋の出身です。 昭和の大阪での焼き肉を、平成の東京で提供することで人気が高まり、海外にも積極的に進出しています。 受賞歴も多く、2014年に肉フェスで、販売数の1位を獲得し、翌2015年には、ロケ弁グランプリで王者になりました。 店は関東が中心ですが、名古屋や福岡にも進出し、その勢いはとどまるところを知りません。 ふたごは、食べ放題ではなく「コース料理」を提供しています。 五反田本店では、2019年3月より歓送迎会用のコースが予約できるようになりました。 満幅コースは3980円で、2時間、17品目が食べられ、飲み放題も付けられるため、大人数の宴会も最適でしょう。 王道コースは4980円で、2時間、17品目ですが、満幅コースと比べて肉の質が異なります。 舌の肥えたメンバーと利用するのに申し分ないでしょう。 贅沢コースは6980円で、2時間19品目で、特上カルビ、厚切りハラミなどさらに豪華になります。 グルメ、食通メンバーの宴会にはまたとないコースでしょう。 また、年に一度のイベントで食べ放題を実施するため、そのときは狙い目です。 ふたごは気になる制度「クラブふたご」があります。 これはお店を利用する毎に、スタンプが集まるものです。 5段階ものランクがあり、クレジットカードのように最高峰は「ブラック」というクラスになっています。 下から2番目の「シルバー」は、ふたご祭り優先予約などが得られ、その上の「ゴールド」は、ネーム入りゴールドトングがもらえるため、ファンにはたまりません。 さらに「プラチナ」レベルになると、オープン前のレセプションに、抽選で招待してもらえる特権が得られます。 最高峰の「ブラック」になると、誕生日月に10000円の食事券が贈呈され、かつ抽選で海外店舗へのペア招待券が贈呈されるため、ついつい利用したくなるお店といえるでしょう。 牛繁は、東京に本社のある焼肉店です。 1987年に府中に現在の前身である、グリーンドアが創業したところから歴史は始まります。 平成時代に入り、フランチャイズの開店が始まり、着実に業績を伸ばしていきました。 一時期、牛丼の吉野家ホールディンクスとの業務提携を行いましたが、現在は解消されています。 2016年にはベトナムに進出し「牛繁サイゴンセンター」がオープンし、2018年には香港にも進出しました。 素材にこだわり、国産牛を中心に提供しています。 焼く際にも備長炭を使うため、遠赤外線効果により肉の内部にまで、火が通るので、肉汁のうまみも閉じ込めます。 さらに、こだわりの「醤油ダレ」「塩ダレ」「味噌ダレ」を用意しているため、うまみがさらに引き出され、お好きな味で存分に肉を味わえます。 牛繁は、食べ放題はありませんが、2名様以上で、お得なコースが用意されています。 4種類のコースがあり、一番リーズナブルなのは、2000円の牛繁コースで、12品目が食べられます。 500円アップすると、牛繁スペシャルコースとなり、15品目に増え、タン塩が上タン塩に、トロゲタカルビなどが追加されてよりお得になるでしょう。 さらに500円アップで、牛繁デラックスコースとして、17品目、国産牛上カルビが追加され、ハラミが上ハラミにレベルアップされます。 また、スペシャルコースと同じ価格の「お肉ガッツリコース」を選択すると、13種類と種類は少ないもの、肉を重視した内容となっており、ライスの大盛りが無料で食べられます。 コースのほかにもお勧めのメニューがめじろ押しで、4・5名用の「ファミリー盛合せBIG620」は、620gもの国産・厳選牛の肉が登場します。 肉のレベルが上がる「豪華盛合せは」3・4名用で、上質の肉ばかり500g思う存分いただけるでしょう。 牛肉以外の肉を食べるときには「カルビ盛合せBIG420」で、2・3名向けの内容は、牛のほかに豚カルビと鶏カルビが含まれています。 また、新鮮なホルモンを盛り合わせた「ホルモン3種盛り合わせ」、ソーセージと厚切り炙りベーコンの盛り合わせも、箸休めやお酒のおつまみに最適です。 焼肉のシメとして利用できるご飯ものも充実しており、ビビンバ、クッパ、ライスはもとより、盛岡冷麺などもありバリエーションが豊富なので、最後まで楽しめるでしょう。 安安は、横浜市神奈川区に本社がある焼肉チェーン店です。 運営会社は株式会社富士達で、どん亭という牛丼チェーン店も運営しています。 創業は1982年、当初は牛丼のどん亭からスタートしました。 しばらくはどん亭だけが増えていきましたが、2000年にどん亭から得た利益を元に三軒茶屋に土地を購入し、そこに「七輪焼肉安安 三軒茶屋店」がオープンしました。 以降は、どん亭より安安の出店が加速し、全国に店舗を展開していきます。 特徴として、地域ごとに少しずつメニューを変えている点で、地域のニーズを重視していることが分かります。 大都市圏を中心に、出店の勢いは全く衰えておらず、ビルオーナーや不動産情報に精通している人に幅広く、新規出店用の物件情報を求めています。 安安の食べ放題は、100分間で3段階のコースがあります。 関東地方のメニューを例にとると、最もリーズナブルなのは満幅コース」で、これは1759円で焼肉が好きなだけ食べられます。 牛はVカルビだけとなりますが、豚、鶏メニューは充実しており、特別価格で追加の牛肉を注文することができるため、量を求める健啖家には特におすすめといえるでしょう。 「安安コース」は、2593円で提供。 こちらは、牛肉のメニューも充実しており、肉メニューだけでなくサイドメニューの数も倍増します。 さらにこのコースには、シューアイスが1個付くため、非常にお得なコースといえるでしょう。 そして最も豪華な「デラックスコース」は、3241円で提供しています。 ほぼすべての肉が注文でき、サイドメニューの品目もさらにパワーアップしているでしょう。 すたみな太郎は、バイキングレストランのチェーン店です。 江戸一が経営しており、焼肉のほかに寿司・デザートなどもあるため、カップルのデートやファミリーで利用しやすいでしょう。 創業は1965年、「大衆酒蔵店」を東京足立区の五反野駅前で創業したことから始まります。 1978年に、すたみな太郎の一号店(環七店)をオープンしたのを皮切りに、出店を加速しました。 ちょうど21世紀を迎える2001年には100店舗を達成し、さらに出店を加速し続けます。 2014年に、投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループに株式がすべて譲渡されましたが、出店の勢いは衰えることなく、2019年の時点で4府県を除いて全国規模で店が展開しています。 食べ放題は、平日ランチ、土日祝ランチ、ディナーの3段階に分かれていて、平日・土日祝ランチは、平日の11:30~16:30までの間で、15時が入店のラストオーダーです。 ディナーは、16:30~23:30までの時間帯での入店が22:00までなので、多少の残業で遅くなっても利用できるでしょう。 90分コースと120分コースが割り当てられており、中学生以上59歳以下が大人という設定です。 3歳以上から料金が発生しますが、60歳以上は少し安いため、高齢者に優しいお店といえるでしょう。 平日と比べて土日祝は料金も高めに設定されていますが、120分大人2040円のため、種類の豊富さを考えれば断然お得です。 ドリンクについては、アルコールはもちろんのこと、ソフトドリンクのドリンクバーも別料金なので注意が必要です。 食べ放題のメニューでの主力の焼き肉には、一口カルビステーキ、焼きしゃぶ、濃厚辛みそ誰の壺漬けなど、19品目があります。 牛肉のほかにも豚肉、鶏肉にウィンナー、イカステーキと幅広い品目があります。 あら引きハンバーグや、焼き肉用の野菜も最大8種類あるので、これだけでも十分元が採れるでしょう。 しかし、すたみな太郎は焼肉だけではありません。 寿司が10品目、サラダが12品目、惣菜が8品目、ごはん・スープものが10品目と、いろいろなものが食べられます。 デザートの種類も豊富で、全部で21種類。 デザートは別腹なので、焼肉で満腹になったとしてもしっかりいただきましょう。 また、デザートとは別の10種類のアイスクリームと、別料金ですが、安心のドリンク類も充実しています。 ふうふう亭の食べ放題は、2種類あり、通常の焼肉食べ放題は、2980円。 内容は、名物の大判タンをはじめ、カルビやロースなどの焼肉や、塩ダレ焼き、焼きすき、各種ホルモン、野菜焼など豊富に取りそろえています。 レベルの高い肉が含まれる、上焼肉は3480円ですが、良い良質の肉を食べたいときにはこちらを選びましょう。 メニューは通常の食べ放題に加えて、国産の各種牛肉の部位が選べます。 また、希少部位のザブトンや海鮮の盛り合わせにホタテ、ご飯ものでも鉄焼ビビンバが選べます。 どちらのコースでもサラダや、サンチュ、スープ、ご飯もの、デザートを選べるため、おなかがいくつあっても足りません。 制限時間が120分以内と、ほかのチェーン店の食べ放題と比べて長めなのがありがたいです。 食道園は、大阪市中央区に本社のある老舗の焼肉チェーン店です。 1946年に「林光植(江崎光雄)」氏が、難波千日前で創業しました。 終戦直後の、牛肉の入手が難しかった時代だったため、当初は鶏肉を出していました。 焼いた直後の肉を食べやすくするために冷ます目的で、醤油だれをつけるというスタイルを初めて考案します。 1970年の大阪万博に焼肉定食を出店したことにより、それまでマイナーだった「焼肉」の知名度が一気に一般に広まりました。 以降は主に関西一園に、出店を続けていき、2013年には本社ビルが大阪市の「生きた建築ミュージアム」に指定されます。 かつては、力道山や美空ひばりといった昭和のスターも常連だったお店は、平成そして次の時代に向けて、元気に営業を続けています。 食道園には、食べ放題ではなくコースメニューがあります。 3段階のコースが設定されており、最もリーズナブルなのは「趣(おもむき)」の5000円。 「粋(すい)」のコースは、7000円で、上の肉が増え内容が少し豪華になっているため、リッチな気分になれるでしょう。 最も高価なコース「玄(げん)」は、10000円で、焼肉会席料理という高級感が漂います。 焼肉のほか、鍋メニューもあります。 しゃぶしゃぶは、特選和牛コースと和牛コースから選べ、すき焼きコースも同様に2種類から選べれるため、予算に応じて選んでください。 コースのほかにも単品も充実しています。 特に注文に迷ったときには、盛り合わせもあるので、最初に注文したのちに、単品を注文するとスムーズでしょう。 食道園は、ランチメニューも充実しています。 ランチにはこの店が考案した、焼肉定食と焼肉会席から選べます。 焼肉定食はハラミ定食となっており、その上に焼肉会席と食彩上会席があるため、お好みで選びましょう。 定食と会席は、1500円以上する物ばかりですが、よりリーズナブルなランチメニューとして、あらかじめ焼いた肉が提供される焼肉弁当、カルビチーム弁当が1000円以内で食べられます。 そのほかにもチゲうどん定食、韓定食などもあり、ランチタイムに行くのも良いでしょう。 単品メニューでは、骨付きカルビを網のようにカットした「華網カット」をはじめとする牛焼肉メニュー、各種ホルモン、薩摩豚、阿波地鶏、海老塩焼き、磯焼きなどいいろいろな部位が焼けます。 キムチやナムルなどの一品やサラダ、テールスープなどのご飯もの、自家製冷麺、そしてオリジナルデザートと、メニューの種類は豊富でかつ本格的なものがそろっています。

次の