蒙古斑 背中。 蒙古斑がないと異常?背中・腕・足の蒙古斑は異常?原因と治療

異所性蒙古斑(生まれつき背中と胸に異所性蒙古…)|子どもの病気・トラブル|ベネッセ教育情報サイト

蒙古斑 背中

赤ちゃんに青あざがあるのは、珍しい事ではなくむしろ自然なことなのです。 蒙古斑ができるのは、お尻だけではない 一般的にお尻から背中にかけてできる青あざを蒙古斑と呼びますが、稀に腕や足・お腹や胸にできることもあります。 このような場所にできる蒙古斑を「異所性蒙古斑」と呼びます。 青あざの全てが蒙古斑とは限らない 一般的に赤ちゃんにできる青あざは、「蒙古斑」と思われがちですが、青あざの全てが蒙古斑というわけではありません。 中には肩から肩甲骨にできる「伊藤母斑」と呼ばれる青あざや、顔や眼球のそばにできる青や赤・褐色が混ざったあざのような「太田母斑」というのもあります。 いずれも、消えにくかったり治療なしには消滅しないものになります。 中には、メラニンを持って増殖する「青色母斑」と呼ばれるものもあります。 これは、大きいと悪性化する可能性があり、症状によっては手術によって取り除く場合もあります。 蒙古斑の原因は真皮のメラサイト 蒙古斑のあざの原因は、真皮にあるメラサイトが原因です。 実はこのメラサイト、ふつうは真皮の下に存在しないものなのです。 しかし、黄色人種のほとんどの赤ちゃんのお尻や背中にメラサイトが存在しています。 そのメラサイトが青あざとなって赤ちゃんに現れます。 これが蒙古斑なのです。 日本人の赤ちゃんのほとんどにみられる蒙古斑の原因は、黄色人種特有の自然現象なのです。 蒙古斑は消えるものと、消えないものがある 蒙古斑によっては目立つところにできたり、濃く感じる色のものもあるので、親御さんとしてはきちんと消えるのか?心配になることもあるでしょう。 蒙古斑は一般的に2歳までに濃くなってピークを迎えたら、徐々に薄くなっていきます。 そして多くが10歳ごろまでに消滅します。 しかし中には「10歳を過ぎても消えない…。 」「大人になっても残っている…」という方もいます。 子供の場合、なかなかレーザー治療を行ってくれる病院は少なく、限られた病院のみでの治療となります。 治療に関しては、「青色が薄い時期に治療を開始した方が消えやすい。 」という考え方や、お顔にできたあざであれば、「大きくなってからの治療は本人が気にするので、早めに消してあげたい。 」という考え方もあると思います。 治療のスタートタイミングは、医師と相談の上決めましょう。 素人では見分けがつきにくいあざも。 気になる場合は医師に相談を いかがでしたか?日本人の場合、蒙古斑ができるのはごく自然なことで、ほとんどの場合成長とともに自然に消滅します。 しかし、中には大人になっても消えない蒙古斑もありますし、蒙古斑ではない青あざという可能性もあります。

次の

蒙古斑が大人でも消えないおしり!理由って?治療は必要?

蒙古斑 背中

異所性蒙古斑について 6ヶ月の息子がいます。 背中、お尻、足首、肩に蒙古斑がたくさんあります。 特に背中からお尻にかけてはすごい数の蒙古斑で、背中の半分以上が蒙古斑といった感じです。 皮膚科や小児科で相談した のですが、異所性蒙古斑で特に問題はないし、 そのうち消えていくものや薄くなるものだから 小学生ぐらいまでは様子を見るようにと言われました。 でも本当に消えたり目立たないぐらい薄くなるものかと 不安でたまりません。 幼稚園や小学校に行った時にプールとかで上半身裸になったりしますよね。 これが原因でいじめられないかとか、周りに虐待してると思われないかとか いろいろ考えてしまいます。 レーザー治療というものもあると聞きましたが思っているよりすごく 大変な治療とのことでした。 実際に産まれた時に異所性蒙古斑がたくさんあったのに消えてしまった方とかいらっしゃいますか? また、何歳頃から薄くなりましたか? 教えてください。 すいません。 消えたという立場でなく治療中の息子がいるのですが、息子は生まれつき右足全体に蒙古斑があって、すぐに小児科の先生が整形外科を紹介して下さいました。 3ヵ月頃から治療を始めました。 3ヵ月毎に通院していて、今は1歳半になり今度から全身麻酔になります。 1 歳すぎたら暴れたりでちゃんと治療できないので麻酔だそうです。 うちの子は体重が軽いのでいままでは麻酔はしてません。 毎回おお泣きでその日は火傷状態になるので塗り薬に包帯をします。 水ぶくれがひどい数日は包帯をしています。 子はつらいですが、記憶の残らないうちに治療できればと思っています。 治療費も安いので。 お尻以外は消えにくいそうなので、治療をするなら早いうちにと言われました。 通院されている赤ちゃんは結構多いですよ。 小学生になった時に気にせずプールに入って欲しいし、大人になってもあったらコンプレックスになると思うので治療しています。 けっこうな大きさで、産まれた当初は心配でしたが、蒙古斑そのものの大きさは成長しても変わらないので、赤ちゃんの時大きくみえても、成長するとかなり小さくなったように感じます。 薄くはなりましたが、十二歳になった今も残っています。 でも、うちでは「他の子供にはない、あなただけの印だよ。 かっこいいね!!」 と小さい頃から話しかけていたので、いつもとっても誇らしげに蒙古斑を眺めていました。 薄くなってきたら、消えてしまうんじゃないかと逆に不安がっているくらいですよ。 本人がコンプレックスに感じていなければ、いじめられることはないと思いますよ!!.

次の

蒙古斑が大人でも消えないおしり!理由って?治療は必要?

蒙古斑 背中

原因 [ ] 胚の発育の段階で、内のがからまでの移動する間に受ける刺激によって発生する。 性差は認められず、男女とも同じ割合で発生する。 真皮メラノサイト(蒙古斑細胞)は、生後の種々の色素病変に関係する。 太田母斑、に合併した蒙古斑、後天性太田母斑様メラノージス、色素血管などである。 の日本人は、妊娠中の性行為で出血した跡と考えた。 から内科学教授としてに招かれたはこれをの特徴ととらえ、に"Mongolian Spot"を提唱した。 、は『本邦人の蒙古斑について』という120ページに亙るを発表、的には胎児3か月、肉眼的には7か月で蒙古斑細胞が出現する。 またその細胞は、2歳まで増加し、顕微鏡的には一生つづくと発表した。 分布 [ ] 蒙古斑はモンゴル人、日本人、アメリカ大陸先住民に高頻度で現れることから、ベルツによっての特徴とされたが、実際にはにも高頻度で現れる。 において、蒙古斑の知識がない人々ややが、による傷であると誤解することもある。 異所性蒙古斑 [ ] 臀部以外の蒙古斑を仙骨部外蒙古斑は、異所性蒙古斑とも呼ばれるが、成長しても消えにくい。 良性のため治療の必要は無いが、精神的苦痛を緩和するためレーザー治療が行われる場合がある。 しかし、色素が真皮下層や脂肪組織に存在するため、治療効果は得られにくいと報告されている が、早期に治療を開始すると治療効果が高い。 脚注 [ ]• 26-29, :, 日本レーザー医学会• 菖蒲沢昇、「」 『日本医科大学雑誌』 1959年 26巻 7号 p. 663-679, :, 日本医科大学医学会• Morooka K, 1931,Kikuchi I, 1981,Leung AKC 1988:Chinese who imigrated to Canada• ヨミドクター(読売新聞) 2019年6月18日• 日本語大辞典、けつ(尻・穴)の項、p. 603、1989年11月6日第1刷、講談社• 江藤ひとみ, 小林よう, 中山玲玲 ほか、「」 『日本レーザー医学会誌』 2016年 37巻 1号 p. 30-35, :, 日本レーザー医学会• , pp. 118-119. 参考文献 [ ]• 日本形成外科学会、日本創傷外科学会、日本頭蓋顎顔面外科学会『』 PDF 金原出版、2015年。 関連項目 [ ]• (蒙古) 外部リンク [ ]• - 蒙古斑について英文で書かれた写真入りのパンフレット。 海外で児童虐待と間違われた場合にこれを見せれば誤解を解く事ができる。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の