余り 類語。 余剰の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

「察する」の正しい意味と使い方!類語や敬語表現も解説!

余り 類語

人の気持ちはわかりません。 悲しみに暮れている人を見ても、その悲しみがどれほどの深さを持っているのか余人にはわかりません。 そんな時、慰めの意味で使うのがこの「察するに余りある」という言葉です。 「胸中察するに余りあります」や「悲しみは察するに余りある」などと主に悲しみの深い場合に使用します。 「察する」は推し量る、推測するという意味の他に「思いやる」という意味もあります。 「余りある」はゆとりがあることです。 このため、意味は「その(感情の)程度がいかばかりであるか、推測の限界を越えている」となります。 この言葉は「察する」の意味にもあるとおり、相手を思いやる時に使う言葉です。 これは、悲しみだけではなく、怒りや戸惑い、喜びなど色々な感情にも使うことができますが、主に使われるのは悲しみや怒りなど負の感情の場合です。 察するに余りあるというのは、その悲しみ、怒り、戸惑いを強調するために使われる言葉でもあります。 映画やドラマを見て、主人公になりきって怒ったり、泣いたりした経験はありませんか。 その体験こそが感情移入です。 感情移入とは、文学や芸術作品、自然物などの対象物の中に、自分の感情を移し入れて、溶け合うこと、または他人の言葉や表情をもとに、その感情を自分のもののように感じることを言います。 「共感」と「感情移入」は、似ていますが「共感」は、対象が「人」だけなのに対し、感情移入は「人」や「もの」に対しても気持ちを感じることを言います。 感情移入は、悲しんでいる相手を見て「あの人(もの)はこういう気持ちなんだ」と勝手に自己投射して感情を動かすことですが「共感」は、相手の表情などから気持ちを汲み取って「同じ気持ちになる」という相手を思いやる人間の「優しさ」が生み出す本能です。 「察するに余りある」が慣用句として定着しているので、これを敬語にしてしまうと、おかしくなってしまいます。 このため、この言葉を敬語に直すということはせずに「ご心中、察するに余りあります」など、丁寧に言い換えれば問題ないです。 「察する」は、敬語にできるにしても「察して」「余りある」は自分自身のことで、自分自身に敬語は使いません。 このため「察するのに余りある」の敬語の表現はすることはありません。 相手の心中を察する場合では「(相手)様のご心中をお察しいたします」などと使うことができますが、「(相手)様のご心中をお察ししても余りがあります」というのは、違和感がある表現になり、不自然な感じが否めません。 このため「察するのに余りある」は、このまま丁寧な表現に置き換えて使うのが一般的となっています。 また、察するに余りあるは目上の方に使っても失礼にならないのに対し、「お察しします」は使い方によっては目上の方に使うのが不適切な場合もあるので注意が必要です。

次の

100人余りとは何人?100人足らずは?意味を解説します。

余り 類語

心苦しいの意味とは「申し訳ない気持ち」や「心が痛むこと」です。 相手に手間をかけてしまった時や、何かをお願いする時などに使われることが多い言葉であると言われています。 このように、誰かに迷惑なことをしてしまったり、マイナスの感情を抱かせたりすることに対して「心苦しい」という表現が使われます。 心苦しいという言葉は、ビジネスの場面や礼儀をわきまえなければいけない人との間で使われることが多く、フランクな間柄の人に対しては、あまり使われないと言われています。 また、現在ではあまり見受けられませんが、「心の内が苦しい」、「傷つく」、「辛い」などといった意味合いで使われることもあります。 心苦しいの意味は時代と共に変化してきた 心苦しいの意味は時代と共に変化してきたと言われています。 心苦しいという言葉は、奈良時代や平安時代から使われていたと言われています。 当初、「心苦しい」という言葉は「自分自身の心が苦しい」、「つらい」といった意味合いで使われていたと言われており、現代でもそのような使い方がされることがあります。 しかし平安時代を過ぎると「とても辛い思いをされたことでしょう」、「不快な気持ちになったことでしょう」というように、他人の辛い気持ちを察する際に使われるようになったと言われています。 そういった意味合いで使われていた「心苦しい」という言葉は、現代に入ると「自分の言動であなたに嫌な思いをさせてしまう」、「あなたに迷惑をかけてしまう」といったことに対して「心苦しいのですが…」といった使い方がされるようになったと言われています。 心苦しいの敬語は「お心苦しい」 心苦しいの敬語は「お心苦しい」という表現です。 丁寧な言い方の「お」をつけることで、敬語としての使い方をするというものです。 ちなみに敬語には「尊敬語」、「丁寧語」、「謙譲語」といった3つの種類があり、使う相手や状況などによって使い分けがされます。 ちなみに、「とても心苦しい」といった意味合いを表したい時には「大変お心苦しいのですが」などというように、「心苦しい」の前に「大変」という言葉をつけることが多いと言われています。 「大変お心苦しいのですが」という表現をすることで、相手に対する気遣いを一層強く表せる敬語表現であると考えられています。 「大変お心苦しいのですが」という言葉遣いは相手に対する深い気遣いを表すことから、目上の人やクレーマーにも使える言葉だと言われています。 クレーマーは些細な事につけこんで難癖をつけてくるため、丁寧な対応が必要であり、その心理などを把握すると役立つと言われていますので、以下の記事も参考になさってください。 心苦しいの類語の1番目は、「恐縮」という言葉です。 恐縮という言葉には「体が縮こまるほど恐れること」といった意味があり、相手から親切なことをしてもらったり、相手に迷惑をかけてしまった場合などに使われます。 相手に対する申し訳ない気持ちが似ているため、「恐縮」は「心苦しい」の類語であると考えられています。 相手からとても親切なことをしてもらった際に使う「恐縮」という言葉には、「自分の身に余るほどのことで、光栄の余り体が縮こまってしまいます」といったニュアンスが含まれます。 また、そのような多大な親切をしてもらったことに対して、申し訳ないと思う感情を表現する際に「恐縮です」という使い方がされます。 もう一方の相手に迷惑をかけてしまった場合に使う「恐縮」という言葉には、「このような迷惑をかけてしまった、本当に申し訳なく思っており、体が縮こまってしまう思いです」といった意味合いが含まれています。 申し訳ないという言葉には、相手に対する謝罪の気持ちや、ありがたい気持ちなどを表現する際に使われることから、「心苦しい」の類語であると言われています。 「相手に迷惑をかけてしまって申し訳ない」、「とても親切にしていただいて申し訳ない」といった使い方は、「心苦しい」という言葉のもつ意味合いと似ており、使われる状況もとても似ていると言われています。 そのため、「心苦しい」と言うべきところを「申し訳ない」という言葉で表現しても、言葉のニュアンスを損なうことなく表現することができるといったケースも少なくないと言われています。 「心苦しい」という言葉には、「心が辛い」といった意味合いが含まれることもあることから、「心が痛い」といった表現に通じるところがあると考えられています。 そのため、「心が痛い」という言葉は、「心苦しい」の類語であると言われています。 「心が痛い」と表現する際には、その要因となった出来事は様々ですが、特に相手に対する申し訳のない気持ちを意味する際のニュアンスが「心苦しい」に似通っていると言われています。 そのため、「心苦しい」という言葉を使う代わりに、「こんなに迷惑をかけてしまって心が痛みます」などといった使い方をしても、ニュアンスを損なわずに意味が通じるケースも多いと言われています。 この使い方は、相手に何かを依頼する時に使われることが多い敬語表現です。 「お忙しいところ大変心苦しいのですが、先日送付した書類に印鑑を押して送り返していただけますか?」といった使い方がされ、「忙しいところにお手数をおかけしてしまって申し訳ありません」といったニュアンスが含まれる例文です。 このように「心苦しい」という表現は、相手に何かをお願いする際や、相手の要望を拒否しなければいけない時に、本題に入る前に使われるケースも多く見受けられます。 このように事前に「心苦しいのですが」と伝えることによって、丁寧な心遣いを示し、相手の了承を得られやすくするという効果があると言われています。 この使い方は、現代ではあまり見られない例文ですが、「心苦しい」という言葉が使われ始めた頃には多く見られた表現であると言われています。 心苦しいという言葉は、心が辛い様子を表現することもあり、その辛い感情が、切なさに由来することも少なくありません。 特に奈良時代や平安時代の文学では、日本人特有の奥ゆかしさや情緒が表現されることも多く、繊細な感情を表現する際に「心苦しい」といった表現がされるケースも少なくなかったと言われています。 この例文は、「思い出がつまったアルバムを見て、今となってはもう戻ることができないあの頃のことを思い出し、切なくて辛い気持ちになってしまった」という感情を表現する際の例文です。 英文として使われる場合には、「I feel bad about asking you to do such a thing. 」 などといった例文があります。 この例文は、「こんなことをお伝えしなければいけないのは申し訳ないのですが」といった意味合いになります。 事前に「申し訳ないのですが」、「心苦しい限りなのですが」といったことを伝えておくことで、相手に良い返事ができないことを暗に意味する効果があります。 心苦しいという言葉を理解して表現力を一層高めましょう 心苦しいという言葉の意味は、時代を経ながら移り変わってきたと言われています。 日本人に特有の心情を表す言葉を使いこなせるようになれば、これまでよりも豊かな感情表現ができるようになり、周囲の人たちとの意思疎通や感情の共有に役立つと言われています。 日本語は状況や話し手の意図によって意味合いが変わるため、難しい言語であると言われますが、だからこそ適切な使い方を理解することで、気持ちや意図に奥行きが持たせられると考える人もいますので、心苦しいという言葉を理解して表現力を一層高めましょう。 最後に、日本語の表現力をさらに深める「加虐心」という言葉についての記事を紹介します。 「加虐心」とは相手に苦痛を与えたいといった心理を表す言葉ですが、難しい言葉なので、使いこなせると周囲の人から一目置かれると考える人もいます。 この機会にぜひ合わせて参考になさってください。

次の

「余り」に関連した英語シソーラスの一覧

余り 類語

では、どんな状態や心境が「察するに余りある」のか、また実際に言葉や文章で使われるのはどんな場面なのか、そして場面に応じた言い回しなどを知り、「察するに余りある」という言葉を適切に使っていきましょう。 「察するに余りある」の意味 まず、「察する」とは、表面に出ていない気持ちや物事に気付いたり、その場の雰囲気や相手の表情などから、心境を推測することです。 例えば、「気まずい雰囲気を察して、話をそらした。 」とか、「彼女の気持ちを察して、彼と二人きりになれるように席を立った。 」などです。 そして、「余りある」とは、し尽くせない、とか、どれだけやってもやり尽くせない、という意味です。 例えば、「あの時の失敗は、いくら悔やんでも余りある。 」とか、「最優秀賞をいただけるなんて、余りある光栄です。 」などです。 「察するに余りある」とは、相手の気持ちや状態が計り知れなかったり、想像を超えている、という意味で使います。 似ているけど微妙に違う言葉 ここでひとつ、似ているけど違う言葉に注目してみましょう。 「余りある」と「あり余る」の違いです。 「あり余る」という言葉もありますが、これは「余りある」とは少し意味が違ってきますので、注意が必要です。 「あり余る」とは、「必要以上にたくさんある」「持て余している」という意味です。 例えば、「暇が続いて体力があり余る」とか、「あり余る才能の持ち主」などです。 「あり余る」とは、たくさんある、という意味。 「余りある」とは、どれだけあってもまだ足りない、という意味。 とても似ていますが、違った意味合いになりますので気をつけて使い分けましょう。 「察するに余りある」実際の使い方 実際には、「心中察するに余りあります」のように、相手を気遣ったり励ましたりする際に使われることが多い言葉ですが、必ずしも悲しい場面でしか使えない、というわけではありません。 驚いている様子や、喜んでいる様子など、楽しい場面でも使うことができます。 例えば、「ご両親の心労は察するに余りある」「彼女の苦労は察するに余りある」など、苦しい場面で使うことも多々ありますが、「優勝した喜びは察するに余りある」「ゴールした時の達成感は察するに余りある」など、嬉しい場面でも使うことができます。 このように、嬉しい、悲しい、などの内容に関係なく、心境を推し量る際の言葉として全般的に使うことができます。 「察するに余りある」を敬語にすると? 敬語は使い方を間違えると、恥をかいたり失礼にあたる場合もあるので、ここでしっかり確認しておきましょう。 ポイントをおさえておけば、心配することはありません。 細かいニュアンスに注意しよう まず、「察する」を丁寧語で表すと、「お察し申し上げます」となります。 この時に、「察する」に対して「お」を付ける場合は、自分ではなく相手の心境や状態に対して発言していることになります。 「相手に対して」という部分に注目しましょう。 」というように、相手が主役になるよう言葉を添えて使うと良いでしょう。 自分に対して敬語は使わない 自分が相手の状態を想像して、「これはとても耐えられないことだ」という意味で使う場合は、「お察しする」とは言いません。 自分に対して敬語は使いませんので、この場合は、「察するに余りあるものがございます」と言いましょう。 「誰が」「誰に対して」を明確に とても想像がつかない、という状態や心境を意味する、「察するに余りある」を、敬語で表す場合は、その発言の主役が「相手なのか自分なのか」を明確にした上で使いましょう。 主役が誰なのかを明確にした上で、正しく使い分けましょう。 「察するに余りある」と同じ意味の言葉や、似た内容の例文など、違う言葉で表してみましょう。 「察する」の類義語は、「気付く」「勘付く」「感じる」「汲み取る」などです。 そして「余りある」の類義語は、「過多」「余剰」「過度」などです。 それぞれの類義語を単純に合わせると、「過度に気付く」とか、過干渉のような意味合いにもなりそうですが、「察するに余りある」の意味はそうではありません。 微妙に変わってくる意味合い 「察するに余りある」とは、どれだけ想像してもし尽くせない、という意味なので、「想像を絶する」などが類義語になります。 例えば、「想像を絶する事件が発生した」「あの映画の結末は想像を絶する」などです。 相手の状況や心境を「どれだけ察しても察しきれない」という、気遣いが見られる「察するに余りある」の意味とは、類義語であっても微妙に違ってくることがわかります。 それだけ微妙な状況や心境を表す、繊細な言葉だということがわかります。 日本語ならではの微妙なニュアンス 「察するに余りある」を英語で表現してみましょう。 「察する」は英語で「imagine」や「feel」などです。 そして、「余りある」は英語で「more than」や「too much」などです。 「察するに余りある」を英語で表すと、「You can imagine ~」となります。 例えば、「彼の驚きは察するに余りある」を英語で表すと、「You can imagine his surprise. 」となります。 「imagine」という単語を日本語に直訳すると、「想像」です。 「feel」を日本語に直訳すると、「感じる」です。 「想像」や「感じる」は、「察する」の類義語です。 「察するに余りある」の意味を、細かいニュアンスまで含めて英語で表現することは難しい部分があります。 日本語の繊細さが出ている言葉ともいえるでしょう。 「察するに余りある」の対義語は?.

次の