あいち トリカエナハーレ 2019。 芸術祭あいちトリカエナハーレ2019「表現の自由展」の少女像に交通安全のタスキを掛けてみた

愛知・大村知事、表現の自由めぐる二枚舌が物議…トリカエに「中止すべき」、トリエンと真逆

あいち トリカエナハーレ 2019

令和元年10月27日 日 晴れ渡った…というより暑いくらいの名古屋で開催された『日本人のための芸術祭 あいちトリカエナハーレ2019 「表現の自由展」』 は来場者400名という、これまでの愛知県での活動における最多の参加者を迎えて無事に終了しました。 一日限り、それも3時間少々という時間を考えると、驚異的な参加者を数えたことになり、運営一同驚きとともに、お越し頂いた皆様に深く感謝をするものです。 今回の芸術祭は、言うまでもなく現地愛知県で行われたあいちトリエンナーレ 「表現の不自由展 その後」という反日プロパガンダの作品展示会に対抗する形で行われました。 あれを芸術祭などと称し、愛知県が6億円もの税金を投入するというのであるなら、こちらも同じように芸術祭を開催し、より多くの人に観て貰おうとしたのです。 もちろんのことながら、観覧制限や動画撮影などの禁止、事前洗脳プログラムなどは一切設けていません。 というより、今回の芸術祭に抗議していたパヨクしばき隊残党一味の輩も会場に招き入れ、撮影をさせています。 当日、いきなり取材に来ていた朝日新聞は余りにも汚い恰好でしたので他の観覧者の迷惑になると判断しご遠慮願いましたが、中日新聞の記者は会場に入れて自由に取材をさせています。 つまり、すべてオープンにしたのです。 方や事前洗脳プログラムを受けなければ見られない展示会、方やすべてがオープンの芸術祭、果たしてどちらが芸術祭の名にふさわしいものだったのでしょうか? その後、会場に入れなかった朝日のファンチョルという鮮人記者が、怒りに任せてヘイト記事を書き殴っていたようですが、仮にも新聞記者を名乗る者があのようなヘイト記事を書いても良いのかと首を傾げるばかりです。 そして、このチョルの指示を受けた館長が検閲 本人は否定していましたが に会場に来ていましたが、軽くあしらっておきました。 相手 桜井 が悪すぎるというものです 笑 このように芸術祭は多くの妨害が入りながらも、無事に最後までやりきることが出来ました。 まずは、桜井の無茶ぶりから始まった芸術祭を完遂して頂いた、長尾旭日本第一党副党首をはじめ、日本第一党愛知県本部の皆様に心からの感謝を捧げます。 また、暑い日差しの中で、会場で最長一時間待ちをしてご覧頂きました来場者の皆様にも厚く御礼申し上げます。 皆様のご協力があったからこその、芸術祭 あいちトリカエナハーレの大盛況ぶりでした。 有難うございます。 さて、今回の芸術祭に関して、様々な意見を頂戴しています。 賛同される方や賞賛を送って頂いた方だけではなく、批判の声も頂戴しています。 しかし、一つだけ言っておきますが、一カ月足らずの準備期間しかなかったものを、愛知県本部の皆さんが必死に間に合わせて芸術祭を展示したものです。 作品に不満があるにしても、最低でもそのことは理解して頂きたいと思います。 そして、その批判の声の中に、なんとあの金髪豚野郎が…。 正直、これには驚きました。 そもそも芸術とは何の関係もない、この男が芸術監督などと不相応な身分で迎えられ、開催期間中のお手当てが800万円というとんでもない額の公金に噛り付き、今回のトリエンナーレにおける騒動、天皇陛下の御真影を焼き払う、売春婦の像は立てる、特攻隊を愚弄する作品などを展示し、国民から猛批判を受けた、この金髪豚野郎が芸術祭あいちトリカエナハーレに批判の声を上げていたのです。 何でも、あいちトリカエナハーレはヘイトニダ! 違法ニダ! と騒いでいるとか。 自分がやった日本人への誹謗中傷、ヘイト行為について何の反省もせずに、芸術祭あいちトリカエナハーレを非難してくるとは…思いもよらぬ言動です。 まさかとは思いますが、桜井が売春婦のコスプレをしたのがヘイトだというつもりでしょうか? 金髪豚野郎の大好物、売春鮮人女にコスプレした桜井の懐が深さに、思わず発狂したのではないかと推察しています。 是非、高名な中指精神科医に診て貰うことをお勧めしたいものです。 そして、最後に、今回の芸術祭を批判する馬鹿どもへ桜井から一言。 「トリエンナーレは許せないけどトリカエナハーレも同じ。 相手と同じ土俵に立ってどうする」「下品なやり方ではなくもっとスマートにやるべき」など御託を並べる暇があるなら、是非自分が言うところの「上品な方法」でトリエンナーレに対抗して下さい。 金髪豚野郎やウナギイヌの反日ヘイト行為に何もしない貴様らが、人を批判する資格などないことに気付くべきです。 汚物を取り除こうと思うのなら、自分自身も汚物塗れになる覚悟が必要です。 汚物に塗れたその姿は多くの人から批判を受けるでしょうし、臭いだの汚いだの中傷も受けるでしょう。 しかし、その覚悟が無ければ、日本を罵り、日本人の歴史を嘲笑い、反日ヘイトを平然と行う汚物を日本から取り除くことは出来ないのです。 強い心を一人一人が持つこと、それが日本を救う唯一の道なのです。 ストロングじゃぱん!

次の

芸術祭あいちトリカエナハーレ2019「表現の自由展」の少女像に交通安全のタスキを掛けてみた

あいち トリカエナハーレ 2019

経緯 [ ] 主催側の主張では、「国民からの猛反発を受けて一部が展示中止され、未だに責任の所在や事実の検証、展示再開是非で迷走を続けるに対抗する日本人のための芸術祭として企画・開催された」 芸術祭である。 あいちトリエンナーレがやなどからの税金、県や複数企業からの後援を受けたうえで開催されていたのに対し、こちらは全て個人個人からの資金により開催され、県や企業からの後援を一切受けていない。 また、一時停止後に再開されたでは撮影などが禁止されていたが、こちらでは参加者の顔を映さない限りは撮影や中継はほぼ可能としていた。 内容 [ ] 桜井誠によるについての講演と、同氏制作の芸術作品「ベトナムの子供」の展示、「不自由」と大きく書かれたバッグ、ベトナム戦争時の韓国軍兵士の蛮行を表現する紙粘土製「ライダイハン像」 、「犯罪はいつも朝鮮人」と書かれたカルタなどが展示された。 芸術監督は日本第一党副党首、会場責任者は日本第一党愛知県本部長。 開催にあたっての行政側の判断 [ ] ウィルあいちの設置条例と管理運営要綱には、差別的言動が行われる恐れがある場合に施設を使用させないとの規定がある。 これに基づき反差別を標榜する市民団体が施設側に展示会の中止を申し入れた。 これを受けウィルあいちは主催者の日本第一党に事前に確認をとったが、主催者側は差別的言辞を取らない旨の回答を行った。 結果的に施設の管理者は「中止を判断できない」として催しを許可している。 開催にあたって主催者と愛知県との話し合いにおいて、主催者は県による後援をもとめたが、これに対して県側は手続き上の不備および過去の実績がないことを理由に却下した。 これに対し同会合において主催者側は県側が意図的に受理を遅らせたことが手続きの不備を生じさせた原因であると主張したが県側は意図については否定している。 これを受け主催側は、今後も継続して展示会を開催する意向を示した。 愛知県の大村知事は、「内容からしてヘイトに当たると言わざるを得ない。 (内容を確認した時点で)中止を指示すべきだった」と述べた。 主催者側代表のは「私はチマチョゴリを着てライダイハンの説明をしただけで、ヘイトなんて全くやっていない」「かるたは売っている物。 それがヘイトというのは検閲じゃないですか」と主張した。 展示会開催にあたっての主催者と行政との意見の対立 [ ] 本展示に対しは「明確ににあたるのではないかと思います。 その時点で中止を指示すべきだった」と明言し 、催しを開いた政治団体へのも視野に対応を考える方針も明らかにした。 これに対し2019年10月19日も逆に大村知事を提訴するとアナウンスした。 これら主催者と行政との対立に対し「企画意図は理解できても芸術としては受け入れられない」とする大村への賛意と、「トリエンナーレで表現の自由を強調した大村知事が、今度はヘイトだと言う。 それは芸術に対するでは?」という批判も向けられている。 2つの展示会によって表現の自由論争が引き起こされたかたちとなった。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 2019年10月27日閲覧。 東スポWeb. 2019年10月28日. 2019年11月25日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2019年10月27日. 2019年11月25日閲覧。 中日新聞. 2019年10月29日. の2019年10月29日時点におけるアーカイブ。 2019年12月11日閲覧。 東スポWeb. 2019年10月30日. 2019年11月25日閲覧。 Business Jouranal. 2019年10月29日. 2019年11月25日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2019年10月29日. 2019年11月25日閲覧。 この項目は、 に関連した です。 などしてくださる。

次の

日本第一党 桜井誠党首『トリカエナハーレ 表現の自由展』が妨害されたとして大村 愛知県知事を提訴へ

あいち トリカエナハーレ 2019

スポンサーリンク 記事「「日本人のための芸術祭」催しを続行 反差別団体は抗議」より 記事をざっくりとまとめると以下のような感じ(朝日新聞の有料記事で最後の方は登録しないと読めません)。 記事タイトル:「日本人のための芸術祭」催しを続行 反差別団体は抗議 <記事をざっくりまとめてみると>• 愛知県の施設「ウィルあいち」にて日本人のための芸術祭「あいちトリカエナハーレ2019」が開催• 「犯罪はいつも朝鮮人」と書かれたカルタの読み札など在日コリアンへの憎悪をあおる内容がありヘイトと判断される• 市民団体などが激しく抗議し施設に中止を申し入れたが、施設の管理者は「中止を判断できない」として催しを続行 参考元:(朝日新聞2019年10月27日) 日本人のための芸術祭「あいちトリカエナハーレ2019」を許していいのか? 日本人のための芸術祭「あいちトリカエナハーレ2019」が開催されているようです(あいちトリエンナーレ2019をもじっており内容も全く異なります)。 日本人のための芸術祭「あいちトリカエナハーレ2019」の内容 内容は「犯罪はいつも朝鮮人」と書かれたカルタの読み札などがあるということで、それが本当ならば「ヘイト」表現であり許されないものだと思われます。 愛知県は本来ならば指導すべき。 それで内容が差し替えられないならば撤去を指示しても良いでしょう。 愛知県はあいちトリエンナーレ2019で「芸術ならばヘイトOK」の前例を作ってしまった しかしながら愛知県は「あいちトリエンナーレ2019」にて「芸術作品であればヘイトではない」という事例を作ってしまったのでこれらの展示を撤去させる根拠が全くありません。 仮にヘイトであるからと退けるようであれば「あいちトリエンナーレ2019」もアウト、そして国の補助金停止も根拠あるものと認めざる得ない状況になります(国の補助金停止について愛知県は抗議しているがその根拠も失われる)。 基本的には共にアウト 基本的には「あいちトリエンナーレ2019」も今回の「あいちトリカエナハーレ2019」もアウトでしょう。 共に憎悪の対象であり芸術だという名目で許されるべきものではありません。 また政治プロパガンダでもありそれを公共の施設で行うというもの問題があります。 「あいちトリカエナハーレ2019」の内容はヘイトであると思われ、許されるべき対象ではないと思われますが愛知県の間違った判断を浮き彫りにするということで意味のある展示と言えるかもしれません。 あいちトリエンナーレ2019 あいちトリカエナハーレ2019 内容 ヘイト表現あり問題 (陛下の肖像画を燃やすなど) ヘイト表現あり問題 (カルタ) 政治的主張 あり (慰安婦像など) あり (ライダイハン像など) 開催場所 愛知芸術文化センター ウィルあいち 主催など 愛知県 市民団体?(政党?) 補助金 愛知県、名古屋市、国 (一部停止) 無し 申請と内容の相違 相違あり問題 相違なし 報道規制 あり なし ざっと、比較したのが上記の表です(間違っていたらご指摘願います)。 問題あると思われるものは赤字にしています。 まず内容についてですが、共にヘイト表現があり問題ですが肖像画を燃やす方がヘイトの度合いが強いのでより大きな問題と言えるでしょう。 また主催が愛知県ということで政治的主張は許されない立場。 市民団体については政治的主張は問題はありません。 政治的主張がある展示をしているというのもあいちトリエンナーレ2019に問題があると言えます。 あと補助金を受けてヘイト表現をしているという意味でもあいちトリエンナーレ2019の方に問題があります。 更にその補助金の申請をする際に内容を開示していますがその申請内容と開催内容に相違があるという意味でもあいちトリエンナーレ2019の方が問題あります。 よって共に問題はあるものの、愛知県が主催したあいちトリエンナーレ2019の方が圧倒的に問題の多い芸術祭であると言えるでしょう。 愛知県は「あいちトリカエナハーレ2019」に文句を言える立場でないのは明白です。 抗議している人もいますが抗議するならば「あいちトリエンナーレ2019」も含めて愛知県に抗議するしかないと言えます。 片方だけを批判するのはダブルスタンダードであり正義でもなんでもありません。 表現の不自由展のサヨク 「もし傷付く人がいても表現の自由は守られるべき!」 「芸術に政治が混ざるのは当然!」 「公金を投入しろ!」 日本人のための芸術祭のサヨク 「傷付く人がいるから止めろ!」 「これは政治的だから芸術じゃない!」 「私費でやっててもアウト!」 もはや潔い程のダブスタ。 「あいちトリエンナーレ2019でも議論となった表現の自由につきまして、改めて私共から問題提起を致し皆様に考えて頂きたいと思っております」とのことで、展示内容は駄目でしょうが行政のあり方について議論しようという趣旨については素晴らしいと言えます。 高須院長は大村知事に擁護するように要求 また大村知事はあいちトリエンナーレ2019を許すならば今回の「あいちトリカエナハーレ」も問題ないと全力で擁護すべきと指摘しています。 確かにその通りですね。 ダブルスタンダードは許されない。 表現の自由を力説している大村知事はこのイベントも擁護しなくちゃいかんと思います。 — 高須克弥 katsuyatakasu 愛知県の罪は重い 共にヘイトでありレベルの低い話。 正直恥ずかしいレベルの争いです。 でもそのようなレベルの低い争いを作ってしまったのは愛知県です。 「芸術はヘイトではない」とおかしな判断をしてしまった愛知県に問題があります。 愛知県はきっちりと謝罪して「共に問題あり」「ヘイトは許されない」と判断すべきでしょう。 朝日新聞のダブルスタンダード 一方で朝日新聞のダブルスタンダードがひどい。 今回の「あいちトリカエナハーレ2019」展示がヘイトでアウトならば「あいちトリエンナーレ2019」もアウトでしょう。 その辺り、朝日新聞としての見解をしっかりと示して欲しいところです。 人気記事ランキング• ゴールデンレイ号についての最新情報が出てきました。 今後も情報が出てきたら追記していきます。 記事「ク... 双龍自動車が倒産のピンチのようです。 韓国政府に支援要請を出しているようですがどうなるのか?それでは記事の内容な... 韓国から日本に対して外国人参政権付与を求める声があります。 その理由に韓国人でも外国人参政権を認めているから。 韓国マスコミが日本の輸出管理強化で日本の損失が韓国の2倍になったと報じています。 記事「「自ら不利な手打った... 韓国は過去に何度か通過危機が起こっています。 その度に日本は支援していますが韓国からは感謝されるどころか「支援が... イランが韓国に原油代7兆ウォン支払えと要求したようです。 記事「イラン外務省「原油代7兆ウォン支払え」…韓国... 2019年12月16日の記者会見において菅官房長官は「日本の輸出管理は相手国との協議対象ではない」と述べていま... 韓国の自動車生産台数が年々、減少を重ねています。 2019年は最低ラインとされる400万台を切る可能性があると指... 2021年からソウル市内すべての小・中・高校で「オーガニック無償給食」にするとのことです(記事は昨年のもの)。... 2019年12月18日に日韓サッカーの対決がありました。 残念ながら日本は敗北しています。 ここで注目した...

次の