目のむくみ 治し方。 目のクマの原因と治し方 1分で出来る!ツボ押し&マッサージ

目のヘルペスは失明の危険がある?頭痛など症状や治し方は?

目のむくみ 治し方

朝起きたら顔がパンパンにむくんでいて、人と顔を合わせたくない、そんな経験はありませんか? 顔が大きくなったと感じたり、目が腫れぼったくなった気がしたりすることもあります。 とりわけ、お酒を飲み過ぎた翌日や睡眠不足のときが多いようです。 昼頃になれば自然に解消することの多いむくみですが、午前中から仕事や約束があったら、そんなの待っていられません! 顔のむくみを早く解消するには、どうしたらいいのでしょうか。 今回は、顔のむくみを解消するためのセルフケアをご紹介します。 顔のむくみはなぜ起きる? 顔のむくみは、余分な水分が皮下に溜まった状態です。 血液循環やリンパの流れが悪いと、老廃物が滞ってしまい、むくみが生じます。 アルコールを飲むことで血管が広がり、血液の流れがゆっくりになることで、老廃物が流れにくくなります。 睡眠不足によって、寝ている間に老廃物が排出されなかったことも、むくみとなる要因です。 身体を横にした状態では顔はむくんだままですが、起きて座っていたり、立っていたりするうちに、重力の影響で自然に水分が下がり、昼頃までには解消するものです。 首のマッサージ 顔に溜まった余分な水分を下に流せるように、先に首のマッサージをしておくと老廃物や水分の流れがスムーズになります。 まず、首を左右に3回ずつ、ゆっくりとまわします。 次に、鎖骨の凹みに指を置き、心地よいと感じる強さで、左と右の両方とも20回ずつ押して、ほぐしておきましょう。 顔のマッサージ 顔のマッサージをする前に、クリームかオイルを塗っておきましょう。 こうすることで、肌を傷めることを防ぎます。 親指以外を揃えて顎に置き、左右それぞれ耳の裏まで引っ張り上げます。 老廃物や余分な水分を押し出すことを意識しましょう。 これを10回。 次に、耳の後ろから首筋を通って鎖骨まで、水分などを押し流すような感じで、撫でるように押していきます。 これも10回繰り返しましょう。 どちらの動作も必ず、一方方向で行います。 目元のむくみ対策 顔のむくみが落ち着いてきたら、目元のむくみのケアを行いましょう。 目元のむくみの解消に効果的なのは、2つのつぼを押すこと。 親指を使って、眉頭の内側のツボと目頭の下のツボを、それぞれ3秒間押します。 まぶたのむくみがひどいときには、温冷療法も試してみましょう。 蒸しタオルを1~2分顔に当てた後、冷水での洗顔を3回ほど繰り返すものです。 顔の血行が促されることで、むくみの解消が期待できます。 その他に、ストレッチなどの軽い運動で全身の血流をよくすることも、むくみ解消には効果的です。 むくみを予防するには 朝、むくみで悩まないためには、予防を心がけることも大事です。 特に、お酒の飲み過ぎによるむくみは、寝る前に水を飲み、酔いが覚めてから寝るだけでも、翌朝の状態が違います。 日頃から夜更かしを避けるとともに、利尿作用のある緑茶をこまめに飲むことで、老廃物が溜まりにくい状態にしておきましょう。 ジョギングやウォーキング、あるいはヨガなどの有酸素運動を行って新陳代謝を高め、老廃物が排出されやすい身体づくりを行っておくことも、むくみの予防に効果的です。 スポーツクラブメガロスでは、新陳代謝を高める効果が期待できるヨガなどのレッスンも行っています。 興味のある方は、ぜひインストラクターまでお問い合わせください。

次の

【片頭痛のセルフチェック】原因や症状、治し方、予防薬、予防法

目のむくみ 治し方

頭痛も伴う目の疲れには定番のツボを覚えておこう 目の疲れからくる頭痛の治し方には、マッサージをするなど色々ありますが、ツボに刺激を与えることで改善することもあります。 緊張性頭痛と言われる持続性のあるものは、 長時間同じ姿勢で作業をすることで肩の筋肉が凝ってしまい、疲労が蓄積して神経を刺激して、頭痛を引き起こします。 痛みを緩和するには目や頭のツボを刺激する事で改善することが期待できます。 定番のツボその1「風池」 まずは眼精疲労を改善するためのツボは 風池(ふうち)です。 後ろの髪の毛の生え際を首の中心から外側へなぞって、 上を向いた時に止まる場所にあります。 押し方は、両手で頭を抱えるように抑えて両方の親指で風池のあたりを、気持ち良いと感じるところを押します。 そこを起点として徐々に上にあがりながら親指で頭全体を押します。 こちらに風池のついて記事を書いていますので併せてお読みいただけるとより解りやすいと思います。 結構肩が張り過ぎてしまっていたりすると、腕を上げるのが辛い場合もありますので、風池を押さえたら 頭を親指に押し付けてあげるような感じで押してあげると良いですよ。 定番ツボその2「太陽」 眼精疲労のツボは他にも 太陽点があります。 指を目尻から外側に水平になぞった時に凹みがある部分がありますよね? 眼球が収まっている骨の部分?を更に外側へなぞっていくと一度凹みを通過すると思いますが、 その凹みが「太陽点」と呼ばれるツボになります。 この太陽点を押すことで眼精疲労だけではなくて、 片頭痛にも効果的と言われています。 パソコン作業などデスクワークの最中などに目が疲れた時に、両方の親指か中指を使ってゆっくりと力を入れて押してみましょう。 結構痛いのではないでしょうか? ここはやりすぎてしまうと揉み返しも心配ですので、あまり何度も強く押しすぎる必要はありませんので注意します。 定番ツボその3「承泣」 目の下にもツボはあります。 目の疾患やドライアイなどにも効果が期待できます。 目の下には 承泣(しょうきゅう)というツボがあり、目の真ん中で正面を見て黒目の下にあるツボです。 承泣を押すだけでも良いし、骨に沿って下まぶた全体を押しても良く、ここは名前の通り泣くときに 涙が通る部分なので、目の疾患や ドライアイにも効果的なツボです。 座ったまま簡単に押せるツボなので、パソコン作業中に目が疲れたと感じる時に気軽に押すと良いでしょう。 疲れ目を解消するツボについては、こちらの記事でまとめてありますので併せてお読みください。 でも、あまり強い力で何度も押し続けると肌にあざが付くので(私の経験上)そこまではやりすぎですから注意してくださいね。 頭痛を伴うような目の疲れまでいかないような日常生活の改善 ツボ押しも勿論効果が期待できますが、まずはそこまでの疲れを蓄積させないためにも、日常生活の中でできる事もあります。 以下の注意ポイントで自分が該当しそうなものがあれば、まずはそこから改善してみるのも手ですね。 視力が悪い場合、眼鏡やコンタクトレンズの度数が合っていますか• 眼科で半年に1回程度の視力チェックをしていますか• コンタクトレンズの装着は1日12~16時間以内にしていますか• パソコン画面や書面から最低でも40cmの距離を保つよう心掛けていますか• パソコン作業に際ブルーライト等をカットするような対策をしていますか• パソコンで作業中に休憩時間を取ることを忘れていませんか 大体こんな感じだと思うのですが、これだけ気をつけただけでも、目の疲れは軽減しますし、頭痛になる前に目を休めることが出来るようになるのではないでしょうか。 これらのポイントについては、このサイトで一通り記事を書かせていただきましたので、是非参考にされてください。 それでも疲れが酷いならばグッズやサプリメントを使った対策も効果的だと知ろう 注意ポイントでは、日常的に気をつける事を簡単にまとめましたが、例えば、パソコン作業に際はブルーライトをカットする PCメガネをかけるのも目への負担を大幅に軽減できますし、一定作業をする都度、 目薬を使うのも効果的です。 パソコンで作業中の休憩時間についても、目安を 1時間に5~10分程度と決めて、途中 蒸気ホットアイマスク等で目を癒してあげるのも効果的です。 勿論、 日常的に食生活の見直し睡眠を十分にとるようにすることも大切なことです。 目の疲れからくる頭痛は、頭が痛くなる前の眼精疲労時に疲れを取ることが良い選択ですので、まずはツボ押し等、作業の途中で簡単にできる事からはじめてみてはいかがでしょうか。 都度リフレッシュ出来て気持ちの面においても効果的ですよ。 ツボ押しだけではなく、日常生活の中で改善することで目の疲れを取り除くこともできますから、今回はまず定番の 3つのツボを覚えて頂き、頭痛を感じる前に、目が疲れたと感じたら試してみてください。 そして、特にパソコンで作業をされる方には、やはり ブルーライトカットメガネはおすすめしたいところですので、疲れ目対策の一環として、私の厳選グッズをで紹介していますので、是非ご覧になってみてください。

次の

目の奥が痛い原因と治し方やツボ【頭痛・吐き気】にも効果的!

目のむくみ 治し方

頭の片側に起こる• ズキンズキンと拍動性の痛み• がまんできない・仕事などに支障• 体を動かすと痛みが悪化• 頭痛が起こると吐き気• 光・音に敏感になる 1~4の症状のうち、2つ以上が当てはまり、5と6のうち1つ以上が当てはまる場合は、片頭痛であると考えられます。 ただし、50歳以上で初めて片頭痛のような症状を経験した場合には、脳の病気などを疑い受診することがすすめられます。 上記のチェック表にある症状以外にも、 空腹感や生あくび、イライラ、手足のむくみといった予兆が起こるケースもあります。 また、片頭痛になった人の1~2割の人に、閃輝暗点(せんきあんてん)といった前兆が見られます。 閃輝暗点とは、視野の中央にギザギザした光が現れ、5~60分間ほど続き、閃輝暗点に伴って、あるいは閃輝暗点が消えてから60分以内に頭痛が生じます。 片頭痛の予防に役立つのが、頭痛ダイアリーです。 痛みの程度や持続時間、日常生活への影響、薬の使用状況、吐き気といった頭痛に伴う症状のほか、月経、ストレス、寝不足や寝過ぎ、悪天候など、片頭痛を引き起こす要因と考えられる出来事を自ら記録します。 1か月ほど記録していくと、しだいに片頭痛が起こるときの傾向が把握できるため、自分なりの予防策を立てやすくなります。 また、医療機関の受診時に持参すると、スムーズな診断や治療につながります。

次の