今すぐ会いたい 英語。 【コロナ禍】 大学生のリモート授業の話

たったこれだけ覚えれば英語の挨拶は完璧!【今すぐ使えるフレーズ集】

今すぐ会いたい 英語

皆さんこんにちは。 オクラっ子です。 今回のお題は 「また会いたい」です。 友人や恋人、またビジネスの場でも多様に使うことができる表現ですよね。 「また会いたい」とストレートに言うことはあまりなくても、似たようなニュアンスで「また会いたい」を伝える場面というのは、多々あるのではないでしょうか。 友人と遊んだ後の帰りや、別れた後のメール、ビジネスの場でお礼に添える言葉としてなど、日常でよく見かける言葉や表現ですよね。 今回このブログでは、様々なシチュエーションで使える「また会いたい」の表現や、似たようなニュアンスの表現、「また会いたい」と一緒に添えて使うことができる文章、実際にネイティブスピーカーに聞いた「また会いたい」の表現をご紹介していきます!• シンプルな「また会いたい」の表現 ここではまず、最初の段階として「また会いたい」のシンプルなフレーズをご紹介していきます。 「また会いたい」のシンプルなフレーズでも、「会う」には2種類の表現があり、また「~したい」にも2種類の表現があります。 そのような表現の違いなども合わせてご紹介します。 まず、単語ごとに分けてそれぞれ考えていきましょう。 「また会いたい。 」 シンプルだからこそストレートに伝わる表現です。 ・ I want to meet you. 「会いたい。 」 このフレーズは会ったことは無いけれど、連絡を取り合っている人などに対して使える表現です。 そして「want to」のところを ・I would like to see you again. 「また会いたいです。 」と「would like to」に変更すると、少し丁寧なニュアンスに変わります。 「会いたい」の様々な表現 ここでは「また会いたい」に似たニュアンスの様々な表現をご紹介します。 友人や恋人、ビジネスの場、それぞれのシチュエーション別に例文をご紹介していきます。 「あなたに会うことを待つことが出来ない。 」 ・Do you think we can meet soon? 「近いうちに会える?」 ・I have so much to talk about. 「話すことがたくさんあるよ。 ・Can we hang out? ・Can we grab some coffee? 「コーヒー飲みに行かない?」 ・We should catch up. 「久々に会うべきだよ。 ・See you soon. 「またね。 以上の文章は、仲の良い友達を外へ連れ出すときに使える表現です。 「あなたの顔が見たい。 「死ぬほどあなたに会いたい。 「とても寂しい。 「私があなたに会いたいのと同じくらい、あなたも私に会いたい?」 ・I miss you with all my heart. 「心からあなたに会いたい。 」 ・I just want to tell you that I really miss you every single day. 「毎日あなたがいなくて、寂しいよとだけあなたに言いたい。 」 恋人にこんな言葉を言われたら嬉しいこと間違いなしです。 日本語では恥ずかしくて言えなくても英語だと言えちゃうなんてことありませんか?ぜひ覚えて使ってみてください。 「またお会いできることを楽しみにしています。 ・I would like to see Mr. ・I am eagerly waiting for your reply. 「私はあなたの返事をお待ちしております。 」 こちらは、ビジネスのメールなどで添えることができる文章です。 このような文章を添えているだけで、相手に少し良い印象を与えることができるでしょう。 「また会いたい」と合わせて使える表現 ここでは「また会いたい」の表現と一緒に使うことができる文章をご紹介します。 ・We had a wonderful time together. 「とても素晴らしい時間でした。 また食事へ行きましょう。 」 ・I really enjoyed talking to you today. 「今日はあなたと話せてとても楽しかったです。 次またすぐに会えることを楽しみにしています。 」 ・Thank you so much for taking time off to see me. 「私と会うために休みを取ってくれてありがとう。 」 ・Seeing you yesterday was really nice for me. 「昨日会えたことは、私にとってとても良かったです。 次が待ち遠しいです。 」 ・It was great catching up with you yesterday. I hope to see you again soon. 「昨日たくさん話せてよかったよ。 またすぐに会えることを願っています。 」 ・I really enjoyed spending time together. I want to see you again. 「あなたと過ごせてとても楽しかったです。 また会いたいな。 」 これらの表現はかなりナチュラルなものなので、友人や恋人に出かけた後やデートの後にぜひ使ってみてください。 実は ・I look forward to meeting you again. ・I hope to see you again. ・I want to see you again. のような表現は、口頭であまり言わないんだそうです。 これらの表現はあまりナチュラルではなく、さらに場合によっては、相手に「会わなきゃいけない」というプレッシャーを与えてしまうことがあるそう。 メールなどで伝えるのは良いけれど、面と向かってはあまり使わないようです。 「え、じゃあなんて表現すればいいの?」 そう思ったあなた、私も気になり聞いてみました。 「いつかコーヒーでも飲みに行こう。 「また連絡して。 」 ・Give me a call in a few days. 「2、3日以内にまた電話して。 」 これらが相手に「会いたい!だから会おうよ!」というようなプレッシャーを与えずナチュラルに使える表現だそうです。 「もし相手がよければ」というように、相手に少し余裕を与えることが出来ますよね。 でも日本語もそうですが、国柄や人によって考え方は違いますよね。 今回紹介した内容は、あくまでも私が聞いたアメリカ人講師の意見なので、人によっては「 I want to see you again. 」などのダイレクトな表現を使う人もいると思います。 皆さんも色々な講師の意見を参考に、自分なりに理解し使いこなしてみてください! まとめ 今回は「また会いたい」のシンプルな英語表現から、それに似た様々な表現、「また会いたい」と一緒に使える英語表現をご紹介しました。 「また会いたい」の表現は、一緒に食事をした後のお礼やビジネスの場での帰り際の挨拶などと一緒に添えることができる言葉ですよね。 その場のシチュエーションごとに合わせて使うことができると、表現が豊かになりより相手に伝わりやすくなるので、様々な表現を覚えておいて損はありません。 ネイティブキャンプの授業でも、授業が楽しかった時や、お気に入りの講師に See you again. などと授業の終わりに自然と伝えることが出来たら、講師も喜ぶことでしょう。 また、様々な国の講師が、ネイティブキャンプには様々な国の講師が在籍しているので、それぞれの国でどのような表現が使われているのかを尋ねてみるのも、その国の特徴を知ることが出来て楽しくなると思います。 ぜひ今回のブログでご紹介した表現を覚えて、様々な場面で活用してみてください。

次の

直接お会いしたい。英語で何と言う?(#740)

今すぐ会いたい 英語

英語を勉強して話せるようになってくると、海外の人との交流も増えてきますよね。 でも、実際に初対面で英会話…なんて想像しただけで不安になります。 どんな風に挨拶をして、会話を広げていったらいいの?と疑問をお持ちのそこのあなた! 今回は、そんなあなたのために、初対面の人と会話を始めるコツや英語フレーズ、また質問などをテーマ別にまとめて61選ご紹介いたします。 *編集部追記 2017年1月公開の記事に新たに5フレーズを追加しました。 「How are you? (調子どう?)」は、友達と会えば必ずといっていいほど最初に述べるフレーズです。 (どこの出身ですか?)」や「What do you usually do every day? (いつもは何をしているんですか?)」などのフレーズを使います。 相手のことを知るための言葉ですので、覚えておいて損はありません。 (聞き取れませんでした。 )」や「Pardon? (もう一度言ってください。 )」などのフレーズもよく使っていました。 英語圏の人の話すスピードにまだ慣れない時は、このように言ってスピードを合わせてもらうこともよくありました。 わからないことを聞き返すのは失礼ではありません。 分かったフリをするよりも、素直に分からないと言った方が良いでしょう。 英語で話すことは特に難しくありません。 同じような言葉を繰り返すことも多いです。 「元気ですか?」 初めて会った人でも親しい人でも、まずは挨拶から始めるのが基本。 店員さんや先生などにでも気軽に挨拶する必要があります。 How have you been? 「調子はどうですか?」 久しぶりに会った友人に使う言葉。 現在完了形なので「今まで何してた?」「最近どんなことしてたの?」という感じで利用することが多いです。 返答の仕方が「I have been good」など、現在完了形を使いましょう。 「調子はどう?」 若者が使いたがるフレーズ。 」と返すことが多いです。 「調子どう?」 「How are you? 」の返事に使われるフレーズです。 Not so bad. 「まあまあだよ。 」 調子を聞かれた時に、親しい相手に使うフレーズです。 Pleasure to meet you. お目にかかれて嬉しいです。 自己紹介の後や、紹介をされた後に付け加える一言。 I heard that you ~. 「あなたは~だと聞きましたよ。 」 How do you know ~? 「~とはどのように知り合ったの?」 「〜」のところに「each other」をつけて、二人はどのように知り合ったの?と言う意味で使われることが多くあります。 Thank you for inviting me today. 「今日はご招待いただきありがとうございます。 」 May I have your name? 「名前はなんですか?」 ちょっとかしこまった言い方ですが、そもそも名前を忘れてしまうことが失礼にあたるので、少しかしこまった言い方の方が良いでしょう。 「May」は「Can」に言い直すこともできますが、少しカジュアルになります。 Nice to meet you, too. 「私も、お会いできて嬉しいです。 」 相手に尋ねる時に使える英語フレーズ photo by shutterstock Where are you from? 「どこの出身ですか?」 Where did you grow up? 「どちらで育ちましたか?」 Is this your first time in Japan? 「はい、初めてです。 」 How did you get here? 「こちらへはどうやって来ましたか?」 What is your hobby? 「趣味はなんですか?」 I like watching football. 「サッカー観戦が好きです。 」 What are you doing now? 「何をしていますか?」 I am a student. 「私は学生です。 」 What do you usually do every day? 「いつもは何をしているんですか?」 I work all day in an office. 「会社で仕事をしています。 」 What kind of movies do you like? 「どんな映画が好きなの?」 How many people in your family? 「何人家族なの?」 Do you have any sisters or brothers? 「兄弟姉妹はいる?」.

次の

すぐに使える英語の日常会話フレーズ61選

今すぐ会いたい 英語

「楽しい」と表現する基本的な言い方 enjoy enjoy は「(~を)楽しむ」という意味を示す動詞です。 enjoy は他動詞であり、自動詞の用法は基本的にありません。 動詞の目的語として「満喫している対象」(何が楽しいのか)を述べる必要があります。 目的語には名詞、および、動名詞(doing)が置かれます。 I enjoy shopping. 買い物は楽しい I enjoy every day. 毎日が楽しい I enjoyed the restaurant. That makes me enjoy myself. あれは実に楽しい 現時点の感想は現在進行形で表現する 英語で「楽しい」と述べる場合は時制をはっきり意識しましょう。 特に enjoy を「今まさに満喫している」という意味で用いる場合、現在進行形で be enjoy ing と述べる言い方が基本です。 be enjoying を日本語に訳する場合は、「楽しんでいる」よりは「楽しい」と訳した方が自然なことが多いでしょう。 パーティが楽しい パーティを楽しんでるよ 過去の事は過去形で 過去に体験した事柄について述べる場合は、過去形で enjoy ed と表現できます。 I enjoyed shopping. 買い物を楽しんだ これからの事は未来表現で これから体験する事柄について言及する言い方もできます。 will をはじめとする助動詞で未来を表現する言い方が一般的です。 I will enjoy shopping. 買い物を楽しんでくるわ have a good time good time (楽しいひととき)の語を動詞 have の目的語として使うことで「楽しい時間を過ごす」つまり「楽しい」という意味合いを表現できます。 have a good time は「何を楽しんでいるか」の部分を特に明示せずに表現できます。 あえて明示する場合は have a good time of ~ と述べましょう。

次の