いきなりマリッジ ネタバレ。 いきなりマリッジ3ハイスペ夫婦編10話最終回ネタバレ感想!結婚するしない?

【いきなりマリッジ1】スミレ・トモタカのその後と現在!破局?

いきなりマリッジ ネタバレ

2018年6月11日~7月30日の間で全8回に渡って AbemaTVで配信された「 いきなりマリッジ」。 今更ながら2019年9月にようやく視聴しましたので、 全話を総括したレビューを行いたいと思います。 私はいわゆる「 恋愛バラエティ番組」が好きで、AbemaTVではよく他の番組も視聴しているため、この「いきなりマリッジ」も名前だけは知っていました。 ただ、タイトルにあまり惹かれず、無料で見られる期間も終わっていたため視聴することはありませんでした。 そんな中、同じくAbemaTVで「 さよならプロポーズ」という番組が始まります。 名前が似ていることから想像できるとおり、 「いきなりマリッジ」のスタッフが制作に携わっている新番組。 興味をそそられた私は初回から視聴し、現在このブログでレビュー記事を書いています。 これがきっかけで「いきなりマリッジ」の名前を思い出し、 いい機会だと視聴しようと思った次第です。 そして「いきなりマリッジ」を視聴しておけば、現在配信中の「さよならプロポーズ」のレビューにも 良い意味で何か反映できればな、という考えもあります。 さすがにいまさら 1話ごとレビューしていくのは需要がないと思うので、全話を一気観した総括の記事となります。 また、私自身は 結婚7年目のペーペーではありますが既婚者ということで、未婚の方より経験としてはありますので、それらの前提を踏まえた上でのレビューとなっております。 目次:お好きなところからどうぞ• 番組の構造 番組の細かいルールを1から説明するのはあまり意味がないと思うので割愛します。 要約すると「 結婚式で初めて出会った男女が、1ヶ月間の擬似的な夫婦生活を経て本当に結婚するかを決める」という番組です。 なかなか斬新なコンセプトですよね。 数多くの恋愛バラエティ番組を配信しているAbemaTVの中でも、人気の番組になるのもわかります。 今回私も視聴してみて、改めてその面白さを体感することができました。 ただ良い点は視聴された方なら共通的に感じていると思いますが、だからと言って手放しに全てを絶賛できるというわけではありません。 ここからは視聴していて私が感じた「 番組の構造」に関する気になる点を挙げていきます。 振り返りや回想シーンが多い これは新番組「さよならプロポーズ」を見ていても思っていることなので、前身の「いきなりマリッジ」から続いているのかと、 ある意味で納得してしまいました。 具体的に言うと、まず各回の 番組本編が始まるまでに 5分くらいかかります。 動画がスタートしてから新しい展開が始まるまでに毎回5分です。 さすがに長すぎるので、視聴の際は全部スキップして見ていました。 もちろん意図はわかりますよ。 前回や過去の内容を忘れてしまった人のため、途中の回から見始めた人のため、 話についていけなくなるのを防ぐための編集だというのは理解しています。 ただ、例えば今回の私のように一気観している人にとっては、 短期間で同じシーンが何度も何度も流れるので辟易した、というのが正直なところです。 シークバーの操作や早送りをすれば視聴者側が対策できるところではありますが、面倒なことには変わりないので 改善されてほしいな、と思うポイントでした。 「別れるのが前提」ということを忘れがち 番組の趣旨として「 結婚か別れるか」というのが最終的な決断としてある限り、ハッピーエンドは「 結婚」だと思いたいじゃないですか。 番組の編集的にもそういう意図が見受けられましたし、MCの方たちも「 結婚してほしい」という形で応援されていたので、視聴者である我々もどうしてもそういう風に考えがちになります。 ただ、冷静に考えてみるとこの番組の企画的には「 別れるのが前提」になるんですよね。 当たり前なことを言うと、普通 結婚というのはある程度の付き合いを経たカップルが行うもの。 それをこの番組では逆行しようとしているわけですから、歪も歪、 世の中の摂理に真正面からぶつかっている形となります。 そのため、むしろこの状態から結婚に持ち込めるのはもはや「 奇跡」に近いということ。 忘れがちですが、「いきなりマリッジ」とは実はそういう番組です。 結婚できない男女の駆け込み寺、みたいな感じで番組企画の力を借りて「半ば強引に」結婚を意識する、みたいに描かれていますが、おそらく 普通に恋愛して結婚するより難易度が高く、成功率が低いと思っています。 人間は普通、 こんな状況下では結婚できません。 ですので、今回出演された2組のカップルの結末については私は何の違和感もありませんでした。 そりゃそうなりますよね、と。 「夜の営み」は禁止されていないのか あんまり直接的な表現をするのはいろんな意味で得策じゃないので「 夜の営み」とぼかしてみました。 最終回、トモタカが「後悔していること… キスすれば良かった、抱けばよかった」と発言しているのを見る限り、番組側がそういったことを禁止している様子はなさそう。 ただ、トモタカ&スミレ、ツヨシ&キヨミの2カップルはそこまではいかなかった、というのは番組を視聴すれば察することができる部分だと思います。 トモタカが悩みに悩んだ際に言ったセリフ「 キスもセックスもしてない相手と結婚なんてできるかよ」、特に男性にとってはある意味これが真理なのではないでしょうか。 最終的には「 そんな相手と結婚しよう」と決断したトモタカですが、リアルな話、 この状態で結婚できるカップルがどれだけいるかという話。 セックスレスは立派な離婚事由になりますから、結婚前に相性の良さを確かめておくことは自然な流れですし、大切なことです。 キヨミのセリフでもありましたが「 結婚とはゴールではなくスタート」ですので、この先も結婚生活を続けるにあたって今回の2カップルは 結婚に必要不可欠な確認をしなかった、というのは大きな失態だと思います。 「年収」を表示する意味 この番組では他の恋愛バラエティ番組と比べると珍しく、 各出演者の年収を表示しています。 確かに「結婚」ということを強く意識したとき、 非常に重要になってくる情報ではあります。 ただ、これは番組の最初に一度表示するくらいで、あとは 出演者たちが認識できていればよかったのではないでしょうか。 「 収入」というのは、平たく言うとその人の「 生活力」をわかりやすく数値化したものになりますから、見方次第では「 人間としての格」と短絡的に捉えられてしまわれかねない。 例えば今回のカップルで言うと、キヨミがツヨシに向かって上から目線とも思えるような物言いをしたり、子供扱いするような言動があったのは事実でした。 このとき「年収」という普段は見えないような付加情報がわかりやすく見えることで、視聴者的には「 年収280万円の人が年収1,000万円の人に何言ってるの?」と思ってしまう可能性が出てくるということです。 実際に私自身も少なからずそのように感じたシーンはありました。 先述したように、確かに結婚する上で重要な情報ではありますが、番組的にはあまり表示させないほうがよかったのかな、と感じています。 全体的に雰囲気が暗い 他の恋愛バラエティ番組の場合、いろんな制約やシチュエーションの中で 恋愛をし、カップルになるという目的が基本になるかと思います。 それに対しこの「いきなりマリッジ」では、恋愛的な要素はほぼなく、 期日まで2人が結婚についてすり合わせをしていく、という作業の連続なのであまり幸せな展開というのがありません。 しかも、初日の結婚式が初対面ということですから、少し前まで見知らぬ他人、好きでもない相手を無理やり結婚相手として思い込もう、というのは 精神的にかなり負担が大きそうだと伺えます。 そのため、カップル間の揉め事や喧嘩といった出来事が非常に多く、 全編通してどことなく暗い雰囲気が漂っているのが印象的でした。 もちろんシーズン1の出演者がたまたまそういう傾向にあっただけであり、 他の人だったらまた違う雰囲気になるのかもしれません。 ただ、暗い雰囲気にならず明るく結婚までたどり着ける人が、 果たしてこの番組に出演する意味があるのか、出演しなくても充分結婚できるんじゃないか、という点においては、この番組が抱える 1つのジレンマなのかもしれません。 「いきなりマリッジ」視聴後の総評 以上が 「いきなりマリッジ」シーズン1を視聴したレビューとなります。 実は 各出演者に対する感想も書いてはいたのですが、書き進めるうちに番組上の結末への展開の影響もあってか、どんどんと 否定スタンスになってしまいました。 そのため、 読んでくれる方もあまり良い気分にならないな、と判断し掲載しないことにしました。 冒頭でも述べたとおり、番組のコンセプトは 斬新で面白いですし、結婚式での 映像の美しさ、30日間という長期の撮影を わかりやすくテンポよく見せる編集など、優れた点がたくさんあります。 だからこそ、この記事に掲載したいくつかの気になる点は、やはり残念だったと感じてしまいます。

次の

いきなりマリッジ2

いきなりマリッジ ネタバレ

【いきなりマリッジ3ハイスペ夫婦編】最終回10話のネタバレ感想前編 たけるんの両親と会った時の雰囲気とは打ってて変わって面接に来た人みたいな状態だったね — medamayaki hatan48086969 結婚生活もあと残り3日となった27日目。 それに、 タケルさんが毎回料理をおいしいと感想を言ってくれるのが良いですよね!! 結婚生活が続いてもずっと言ってくれるタイプな感じがします^^ 今まで仕事優先で生活して来たナツキさんにとって、今回の生活は貴重な経験になった様子。 お互いの両親とも会えて楽しかったと思い出を語り合います。 それよりも前の段階である成立した場合の直近の話などもしていきます。 ここまで本格的にどうこうぢていきたいという流れが出来ているので、最終段階に入っている感じがします。 ディナーでは今まで以上に色んなことを話すことが出来て、 タケルさんの良さが改めて分かる時間となりました^^ 結婚生活最終日の前日、今日が最後の夜という事になります。 またアヒージョなどを作ってくれるナツキさんですが、 数品作れるってそれだけで十分ですよね! タケルさんも付き合って晩酌してくれるので、夜のおつまみ系レパートリーは合っているのではないでしょうか^^ 最後の夜なのでやはりしんみりして思い出を語り合います。 パラオでの新婚旅行も何だか懐かしいですよね~! 1か月を振り返ってナツキさんは思わず涙ぐんでしまいます。 先に起きて来たタケルさんと、後から起きて来たナツキさん。 でもそれぞれ他に良い人が居そうな感じなので、これで結婚が出来ないという訳でもないかなと思います。

次の

いきなりマリッジ3 最終回予想!(ネタバレ有り)タケルとナツキ、ジュンペイとヒナが結婚!? │ サクッと深掘りしてみました

いきなりマリッジ ネタバレ

2018年6月11日~7月30日の間で全8回に渡って AbemaTVで配信された「 いきなりマリッジ」。 今更ながら2019年9月にようやく視聴しましたので、 全話を総括したレビューを行いたいと思います。 私はいわゆる「 恋愛バラエティ番組」が好きで、AbemaTVではよく他の番組も視聴しているため、この「いきなりマリッジ」も名前だけは知っていました。 ただ、タイトルにあまり惹かれず、無料で見られる期間も終わっていたため視聴することはありませんでした。 そんな中、同じくAbemaTVで「 さよならプロポーズ」という番組が始まります。 名前が似ていることから想像できるとおり、 「いきなりマリッジ」のスタッフが制作に携わっている新番組。 興味をそそられた私は初回から視聴し、現在このブログでレビュー記事を書いています。 これがきっかけで「いきなりマリッジ」の名前を思い出し、 いい機会だと視聴しようと思った次第です。 そして「いきなりマリッジ」を視聴しておけば、現在配信中の「さよならプロポーズ」のレビューにも 良い意味で何か反映できればな、という考えもあります。 さすがにいまさら 1話ごとレビューしていくのは需要がないと思うので、全話を一気観した総括の記事となります。 また、私自身は 結婚7年目のペーペーではありますが既婚者ということで、未婚の方より経験としてはありますので、それらの前提を踏まえた上でのレビューとなっております。 目次:お好きなところからどうぞ• 番組の構造 番組の細かいルールを1から説明するのはあまり意味がないと思うので割愛します。 要約すると「 結婚式で初めて出会った男女が、1ヶ月間の擬似的な夫婦生活を経て本当に結婚するかを決める」という番組です。 なかなか斬新なコンセプトですよね。 数多くの恋愛バラエティ番組を配信しているAbemaTVの中でも、人気の番組になるのもわかります。 今回私も視聴してみて、改めてその面白さを体感することができました。 ただ良い点は視聴された方なら共通的に感じていると思いますが、だからと言って手放しに全てを絶賛できるというわけではありません。 ここからは視聴していて私が感じた「 番組の構造」に関する気になる点を挙げていきます。 振り返りや回想シーンが多い これは新番組「さよならプロポーズ」を見ていても思っていることなので、前身の「いきなりマリッジ」から続いているのかと、 ある意味で納得してしまいました。 具体的に言うと、まず各回の 番組本編が始まるまでに 5分くらいかかります。 動画がスタートしてから新しい展開が始まるまでに毎回5分です。 さすがに長すぎるので、視聴の際は全部スキップして見ていました。 もちろん意図はわかりますよ。 前回や過去の内容を忘れてしまった人のため、途中の回から見始めた人のため、 話についていけなくなるのを防ぐための編集だというのは理解しています。 ただ、例えば今回の私のように一気観している人にとっては、 短期間で同じシーンが何度も何度も流れるので辟易した、というのが正直なところです。 シークバーの操作や早送りをすれば視聴者側が対策できるところではありますが、面倒なことには変わりないので 改善されてほしいな、と思うポイントでした。 「別れるのが前提」ということを忘れがち 番組の趣旨として「 結婚か別れるか」というのが最終的な決断としてある限り、ハッピーエンドは「 結婚」だと思いたいじゃないですか。 番組の編集的にもそういう意図が見受けられましたし、MCの方たちも「 結婚してほしい」という形で応援されていたので、視聴者である我々もどうしてもそういう風に考えがちになります。 ただ、冷静に考えてみるとこの番組の企画的には「 別れるのが前提」になるんですよね。 当たり前なことを言うと、普通 結婚というのはある程度の付き合いを経たカップルが行うもの。 それをこの番組では逆行しようとしているわけですから、歪も歪、 世の中の摂理に真正面からぶつかっている形となります。 そのため、むしろこの状態から結婚に持ち込めるのはもはや「 奇跡」に近いということ。 忘れがちですが、「いきなりマリッジ」とは実はそういう番組です。 結婚できない男女の駆け込み寺、みたいな感じで番組企画の力を借りて「半ば強引に」結婚を意識する、みたいに描かれていますが、おそらく 普通に恋愛して結婚するより難易度が高く、成功率が低いと思っています。 人間は普通、 こんな状況下では結婚できません。 ですので、今回出演された2組のカップルの結末については私は何の違和感もありませんでした。 そりゃそうなりますよね、と。 「夜の営み」は禁止されていないのか あんまり直接的な表現をするのはいろんな意味で得策じゃないので「 夜の営み」とぼかしてみました。 最終回、トモタカが「後悔していること… キスすれば良かった、抱けばよかった」と発言しているのを見る限り、番組側がそういったことを禁止している様子はなさそう。 ただ、トモタカ&スミレ、ツヨシ&キヨミの2カップルはそこまではいかなかった、というのは番組を視聴すれば察することができる部分だと思います。 トモタカが悩みに悩んだ際に言ったセリフ「 キスもセックスもしてない相手と結婚なんてできるかよ」、特に男性にとってはある意味これが真理なのではないでしょうか。 最終的には「 そんな相手と結婚しよう」と決断したトモタカですが、リアルな話、 この状態で結婚できるカップルがどれだけいるかという話。 セックスレスは立派な離婚事由になりますから、結婚前に相性の良さを確かめておくことは自然な流れですし、大切なことです。 キヨミのセリフでもありましたが「 結婚とはゴールではなくスタート」ですので、この先も結婚生活を続けるにあたって今回の2カップルは 結婚に必要不可欠な確認をしなかった、というのは大きな失態だと思います。 「年収」を表示する意味 この番組では他の恋愛バラエティ番組と比べると珍しく、 各出演者の年収を表示しています。 確かに「結婚」ということを強く意識したとき、 非常に重要になってくる情報ではあります。 ただ、これは番組の最初に一度表示するくらいで、あとは 出演者たちが認識できていればよかったのではないでしょうか。 「 収入」というのは、平たく言うとその人の「 生活力」をわかりやすく数値化したものになりますから、見方次第では「 人間としての格」と短絡的に捉えられてしまわれかねない。 例えば今回のカップルで言うと、キヨミがツヨシに向かって上から目線とも思えるような物言いをしたり、子供扱いするような言動があったのは事実でした。 このとき「年収」という普段は見えないような付加情報がわかりやすく見えることで、視聴者的には「 年収280万円の人が年収1,000万円の人に何言ってるの?」と思ってしまう可能性が出てくるということです。 実際に私自身も少なからずそのように感じたシーンはありました。 先述したように、確かに結婚する上で重要な情報ではありますが、番組的にはあまり表示させないほうがよかったのかな、と感じています。 全体的に雰囲気が暗い 他の恋愛バラエティ番組の場合、いろんな制約やシチュエーションの中で 恋愛をし、カップルになるという目的が基本になるかと思います。 それに対しこの「いきなりマリッジ」では、恋愛的な要素はほぼなく、 期日まで2人が結婚についてすり合わせをしていく、という作業の連続なのであまり幸せな展開というのがありません。 しかも、初日の結婚式が初対面ということですから、少し前まで見知らぬ他人、好きでもない相手を無理やり結婚相手として思い込もう、というのは 精神的にかなり負担が大きそうだと伺えます。 そのため、カップル間の揉め事や喧嘩といった出来事が非常に多く、 全編通してどことなく暗い雰囲気が漂っているのが印象的でした。 もちろんシーズン1の出演者がたまたまそういう傾向にあっただけであり、 他の人だったらまた違う雰囲気になるのかもしれません。 ただ、暗い雰囲気にならず明るく結婚までたどり着ける人が、 果たしてこの番組に出演する意味があるのか、出演しなくても充分結婚できるんじゃないか、という点においては、この番組が抱える 1つのジレンマなのかもしれません。 「いきなりマリッジ」視聴後の総評 以上が 「いきなりマリッジ」シーズン1を視聴したレビューとなります。 実は 各出演者に対する感想も書いてはいたのですが、書き進めるうちに番組上の結末への展開の影響もあってか、どんどんと 否定スタンスになってしまいました。 そのため、 読んでくれる方もあまり良い気分にならないな、と判断し掲載しないことにしました。 冒頭でも述べたとおり、番組のコンセプトは 斬新で面白いですし、結婚式での 映像の美しさ、30日間という長期の撮影を わかりやすくテンポよく見せる編集など、優れた点がたくさんあります。 だからこそ、この記事に掲載したいくつかの気になる点は、やはり残念だったと感じてしまいます。

次の