ディープ ウェル 工法。 ディープウエル工法

ディープウェル工法の使い方

ディープ ウェル 工法

集水を、重力により行うので、重力排水工法ともいいます。 また、似た用語でウェルポイント工法があります。 今回は、ディープウェル工法の意味、施工方法、ウェルポイント工法の違いについて説明します。 ウェルポイント工法は、下記の記事が参考になります。 ディープウェル工法とは? ディープウェル工法では、地盤に250〜600mmの井戸をつくります。 井戸内に流入する地下水を、水中ポンプにより強制排水します。 下図を見てください。 ディープウェル工法は、地下水の集水(水を集めること)を、重力により行います。 井戸を深く掘りポンプで排水します。 すると、井戸内の水位は深くなり、周辺との地下水位に高低差が生じます。 この重力の影響で地下水は「上から下へ」と、井戸内に流れます。 重力で集水するので、重力排水工法ともいいます。 また、根切り底にかま場を設けます。 根切り面に勾配をつけ、かま場に水を集め、ポンプで排水します。 かま場排水工法も、重力を利用した排水工法です。 最も経済的な方法です。 ディープウェル工法の施工 ディープウェル工法は、透水性の高い砂質土地盤で効果的です。 また、深井戸から砂などの不純物が流入しないよう、ストレーナーを設けます。 ストレーナーとは、不純物を取り除くろ過装置です。 ディープウェル工法とウェルポイントとの違い ディープウェル工法とウェルポイント工法の違いを下記に整理しました。 深井戸の地下水位と周辺水位の高低差で、重力により地下水を集水できる。 井戸の径は250〜600mm程度。 パイプ径は100mm程度。 まとめ 今回はディープウェル工法について説明しました。 意味が理解頂けたと思います。 ディープウェル工法は、井戸を深く掘り、ポンプにより地下水を排水する方法です。 深井戸内の地下水と周囲の地下水に高低差がつき、重力により集水できます。 同様の工法として、かま場排水工法も覚えてください。 ウェルポイント工法も併せて参考にしてくださいね。

次の

地下水位低下工「スーパーウェルポイント工法」

ディープ ウェル 工法

Q&A '20. 09 更新内容 '20. 0より井戸の片側配置に正式対応しました。 前者は水位ですのでG. L -xx. xxx m としてプログラムでは扱います。 一方、ディープウェルでは自然に浸透する水をくみ上げるため入力が必要となります。 1での動作は可能です。 ただし、管理者として本製品を起動いただく必要がある場合があります。 誠に申し訳ございませんが、結果一覧以外の項目の確認につきまして詳細出力にてご対応いただきますお願い申し上げます。 なお、本来は施工現場の物性値を設定するのが適切と考えますため、数値の利用に際しましては設計者様にてご判断ください。 恐らく「工法条件」、「諸元の設定」画面にて適宜設定いただく事になろうかと思います。 詳しくは製品カタログ、操作ガイダンス等をご覧ください。 多段の場合は各段における低下量を設定しますが、この低下量のトータルは「初期の地下水位」と「低下後の地下水位」との差となるよう設定します。 0より非平衡理論に基づくタイス式(非定常式)に対応しました。 本計算機能はViewerモードでは動作しません。 バージョン情報画面のライセンス情報をご確認ください。 詳しくは製品ヘルプの計算理論-井戸公式-揚水量-非定常-タイス式(非定常)をご覧ください。 132 2. 4ウェルポイント揚水計算法をご覧ください。 ウェルポイント工法の場合は5段まで設定可能となっています。 ウェルポイント工法では、土質条件が良く、また、掘削幅の狭いときは、布掘りの片側にウェルポイントの目的を果たすことができるので、片側配置(全周ではなく一列)とする場合があります。 参考資料としては、ウェルポイント工法便覧p. 131をご覧ください。 地盤条件と井戸下端の深度から自動判別します。 前趾設計時に前面土砂を無視した反力を用いる場合は、別途、安定計算において前面土を考慮せずに計算する必要があります。

次の

地下水位低下工「スーパーウェルポイント工法」

ディープ ウェル 工法

にウェルポイント(吸水菅)を取り付けたパイプを地盤中に打ち込み、真空ポンプで地下水を排水します。 似た用語でディープウェル工法があります。 今回は、ウェルポイント工法の意味、深さ、ディープウェル工法との違いについて説明します。 無水掘りの意味は、下記が参考になります。 ウェルポイント工法とは? ウェルポイント工法とは、地下水を排水する方法の1つです。 ウェルポイント工法は、ウェルポイントという吸水管を取り付けたパイプを地盤中に打ち込み、真空ポンプを用いて強制的に排水します。 下図を見てください。 吸水するパイプの径は、比較的細いです。 このウェルポイントを多数地盤へ打ち込みます。 各ウェルポイントから吸水された水は、集水管を通って排水されます。 地下水位が浅い地盤は、地盤の耐力が低いこと、地下工事が難しいなどのデメリットがあります。 基礎をつくるため、地盤は必ず掘削します。 地下工事をスムーズに進めるために、ウェルポイント工法など、地下水の排水が行われます。 なお、ウェルポイント工法は透水性の悪い粘土質地盤では行いません。 ウェルポイント工法の深さ ウェルポイント工法で可能な地下水位の深さは、最大で10m程度です。 但し、実務上は5〜6m程度が限界です。 ウェルポイント工法とディープウェル工法の違い ウェルポイント工法とディープウェル工法の違いを、下記に整理しました。 パイプの径は100mm程度。 この深井戸内に流入する地下水を、ポンプで強制排水する方法。 重力で地下水を深井戸に集めるため、重力排水工法ともいう。 まとめ 今回はウェルポイント工法について説明しました。 意味が理解頂けたと思います。 ウェルポイント工法は、地下水の排水工法の1つです。 地下水は、地盤の耐力を低下させ、地下工事を難しくします。 地下工事をスムーズに行うために、ウェルポイント工法などが必要です。 無水掘りの意味は、下記の記事が参考になります。

次の