なかのよつば声優。 五等分の花嫁とは (ゴトウブンノハナヨメとは) [単語記事]

中野四葉 (なかのよつば)とは【ピクシブ百科事典】

なかのよつば声優

こんにちわわ!こんばんわんこ!おはようさぎーってことで、 5記事めでとうとうちゃんとした作品の紹介しちゃいまーす!! さて、今回紹介する作品は、2019年1月にアニメ化が決定している大人気恋愛漫画 五等分の花嫁 を、紹介します!! こいつまた恋愛系の作品紹介してやがる。 彼女に振られたことで相当メンタルやられてんなワロスw とか考えているそこの君!! その通り。 こんな投げやりの気分でもないと恋愛漫画の記事なんて書けないからさ!! そこは勘弁してくれ!! 隠れて読む分にはにやにや読めるんだけど、26歳で声を大にして この恋愛漫画マジ面白いからハアハア ほんっと読んでフーフー みてねムフーーーー とかやばいしさ笑 さてさて前置きはそろそろとして、まずはじめにさくっと作品の紹介ですが、 作者、春場ねぎ先生が原作を描く恋愛ストーリーになります。 この作品はラブコメのコメディ成分が若干薄く、ラブのほうに比重をおいてる作品ですね。 ボクの主観ですが。 ストーリーの大まかなあらすじとしては、頭がよい男子高校生がお金を稼ぐために家庭教師として育ちがいいけど頭の悪い五つ子ちゃん 全員美少女 に勉強を教えて無事卒業に導くというストーリになっております。 あらすじだけ見ると結構よくありそうな展開のように感じると思うでしょう。 確かに展開としてはよくある話に感じるかもしれないです。 でもそういう展開にもちょっとした設定を加えることで、この作品は他の恋愛漫画と差別化させることに成功しています。 そのポイントが五つ子のヒロイン、家庭教師という2点です。 まず一つ目のポイント「家庭教師」 普通の恋愛漫画だと学校内が恋愛のフィールドになるケースが多いと思います。 そのフィールドの中でイベントを起こそうとするとどうしても、体育の時間に倒れて保健室で二人きり、掃除当番、先生からの頼まれごとなど、学校という枠の中でしか主人公とヒロインを結び付けられません。 もちろんその環境化でもおもしろい作品はたくさんあります。 それに話が進むにつれて違う環境に展開していくこともできます。 ただ、やはり学校の枠を出てまだ付き合っていない高校生男女が二人だけで会うというシチュエーションはどうしても無理な展開をはさむ必要が出てきます。 そういった展開を入れてしまうと、他のヒロインでもそのような展開が入り、読者からすると、また無理やり展開かと、マンネリ化につながってしまうこともあります。 また、理由があるとは言え、いろんなヒロインと二人っきりで会う主人公に対して、はっきりしろよ、とか、ころころ目移りしてお前はコロコロコミックか、とか不満を持つこともあると思います。 ですが、本作品は家庭教師というポジションを主人公に与えることで上に描いた無理やり展開をスタートから避けることに成功してます。 これは本当に大きなアドバンテージだと思います。 学校のイベントと自宅でのイベントどちらも違和感なく発生させることができるのがグッドですね! よくよく思い返してみると、面白い恋愛漫画はスタートからキャラクターを動かしやすい環境を用意していると思います。 ToLoveる、ドメスティックな彼女、とらドラなどどれも別の環境でヒロインと会えるようにセッティングされてますね。 また、学校オンリーの作品でもすばらしい作品はありますが、大体どれもヒロインが確定してしまっています。 ホリミヤ、涼風、GE、クラナドなどですね。 ただこれらの作品のメインはヒロインが決まってから盛り上げてくるので飽きられずマンネリ化も少なく楽しむことができるように感じますね。 すこし脱線しましたが、本作品は環境設定からうまく考えられていることが分かります。 そして次のポイント、正直こっちのポイントの方がこの作品のタイトルにもなっているだけあり、かなり大きなファクター担っているとおもいます。 ヒロインが五つ子である!! これですね、何がすごいって、分からないんですよ。 メインヒロインが もちろんこの子がメインなのかなとか匂わせられてはいるんですけど、どうとでも転ばせられるというか、 それぞれのヒロインの顔や背格好が同じなために、ミスリードを誘うことがいとも容易くできるんですよね。 実をいうと本作品は序盤でヒロインが決定していて、主人公とそのヒロインの思い出話のような感じて高校時代のストーリが始まります。 ですが、ヒロインが五つ子なものだから、どの子が未来のメインヒロインか分からないんですよね。 こういった手法って五つ子だからできる展開だと思うんですよ。 という結果を最初に見せる手法って天才的ですよね。 知っている作品だとぱっと浮かぶのは「あひるの空」くらいかな。 しかも、結果見せてるのに分からないって言う、これ絶対作者ミスリード狙ってるんですよね。 正直一巻読んだ時点で震えましたね。 この設定と話作りに。 もちろん、この五つ子って設定はミスリード誘うだけでなく、主人公がヒロインを覚えられないことに、膨れる女の子とか、ヒロイン側が主人公をだますために別のヒロインを演じるとかさまざまなところで活きていきます。 ほんとにナルトの変化の術が恋愛漫画で実践されるとは思いませんでした。 思わず笑っちゃいましたね。 少し長くなりましたが、本作品は上記のような感じで別作品との差別化がなされており、恋愛漫画という比較的絶対数の多い市場に新たな風を吹かせるような作品に仕上がっているのではないかと感じております。 と、まじめに語っちゃったんだけど、ぶっちゃけね、一番の魅力は ヒロインがまじで可愛い ほんとこれに尽きますわ。 ということで声優も公開されたので、簡単に各ヒロインの紹介をしちゃいます!!ネタばれは含まないように大雑把に紹介します!! 長女 中野 一花 なかのいちか cv:花澤香菜さん ショートヘアが特徴的な女の子で、性格は表ではまじめなしっかりもの、裏では少しだらしないといった感じだが、姉妹の長女として妹を気遣うシーンも多い。 姉妹の仲で一番仲がいいのが三女の三玖で、この二人の絡みが本ストーリーの中でも多くなっている。 また、声優の花澤香菜さんは安定感抜群の中堅人気声優 花澤香菜さんってもう中堅だよね?? 化物語の人気キャラ千石撫子でブレイクして、PSYCHO-PASS、ギルティクラウン、Angel Beats!など数々のアニメに出演している実力を持った方ですね。 声質も使え分けられて、わりとどんな役もこなしているイメージですが、ボク的にはおっとりボイスの花澤香菜さんがいいっすね!また、ボクの好きなキャラクターは、ガンスリンガーガールのアンジェリカ これは作品が好き過ぎる と俺の妹がこんなに可愛いわけがないの黒猫 なぜ振ったのかいまだに疑問 ですね!! 花澤香菜さんの安定感ある演技力を支えているのは長い芸暦なんでしょうかね。 子役をやっていてさんまさんの番組に出ていたのは驚きましたわほんと。 ボクがアニメにどはまりしていた高校時代にはすでにかなりの役をこなされていて、そのときから、花澤香菜さんは自分の声というのを確立していましたからね。 声優の才能もあって、その上で努力もされていたんだと思いますね!ほんと天晴れ!! そんな花澤香菜さんのおっとりボイスの一花をめっちゃ楽しみにしているゆーとぴあです!! 続いて 次女 中野 二乃 なかの にの cv 竹達彩奈さん 長髪黒リボンがチャームポイントの女の子ですね。 性格は少しきつめな感じですが、誰よりも姉妹のことを大事にしており、そのせいで、主人公と一番対立が多いキャラクターでもあります。 ただこういう子ってデレたらすっごい可愛いんだよなー。 一気に人気爆上げ状態になるタイプ。 株買っておこ 一番仲いい姉妹は五女の五月何ですが、この子とも作品内でひと悶着あります。 ということは、やっぱり天然のツンデレなんだろうか。。。 てかこの子雰囲気ハルヒに見えるんだよね そして、この二乃を担当するのが、けいおん!中野梓でお馴染みの竹達彩奈さん。 正直この配役がかなりイメージどおりでびっくりしました!二乃はおそらく竹達さんか種田理沙さんかなーとおもっており、種田さんは復帰直後で難しそうなので、おそらく竹達さんあたりくるだろうと思ってました!!予想通りでありがたい!! 竹達さんの作品といえば、けいおん!はもちろんのこと、俺の妹がこんなに可愛いわけがないの高坂桐乃やソードアートオンラインのリーファ、だがしかしの枝垂ほたるとかやはり花澤香菜さんと同じように人気声優だけあり、たくさんの作品に出演されてますね!! たぶん中堅の声優さんではツンデレ役、もしくはツンツン役で竹達さんレベルの声優さんは少ないじゃないですかね! ボクが詳しくないだけかもですが 釘宮さんの後見としてツンデレ界隈を牽引していってほしいです!! んで、ボクの好きなキャラは、あずにゃんと言いたいところですが、あえてえむえむの石動美緒ちゃんですかね! えむえむが好きで何回も見ていたことと、けいおんはあずにゃんよりも唯ちゃんの方が好きだったので笑 そんなツンデレの申し子である竹達さんの二乃は相当なツンとデレを見せてくれるでしょうね! 最初はツン9割のデレ1割くらいだからツン死にしないようについて行きます!! 続きまして、 中野 三玖 なかの みく cv 伊藤美来さん 眠そうな眼と首にかけたヘッドホンがチャームポイントの女の子です。 この子は割りと物静かな性格で、姉妹が皆仲良く平等でいることを願っている感じですね。 正直ボク、この子が五つ子の中で一番好きなんですよ。 この子の魅力を伝えたいけど、これを伝えようとするとかなりのネタばらしをかまさないといけなくなるので、この子に関しては作品を見てくれるとありがたいですね。 クラナドで言うならともやの親父さんみたいな見ないと分からない魅力がありますね。 女子高生の例えにおっさん使ってすいません。 でも直幸さんすげえいい人なんで許して 声優の伊藤美来さんに関しては最近出始めてきた人気の若手ってイメージですね。 出演している作品ですが、正直バンドリの弦巻こころちゃんとマキャベリズムしか作品として知らなかったんですけど、調べてみたら、マンガ家さんとアシスタントさんととか、ブラッグブレッドとか、好きだった作品に出てました!勉強不足すいません!! 正直そんなわけで割と浅い知識の中で紹介するのは恐縮ですが、やはり伊藤さんの印象は声ですね!いや声優なんだからあたりまえだろ!って思った方、違うんですよ。 伊藤さんには伊藤さんワールドがあるんですよね。 バンドリで伊藤さん演じるこころちゃんがカバーするとなぜか全てこことちゃんテイストに上書きされて、原曲とは違った良さが生まれるという現象が発生しているんですよね。 演技の旨さでどんな役でもこなすことも強みではありますが、自分だけの世界、自分だけのキャラクターと演じられるオンリーワンな声優さんも同じくらい貴重な存在なんですよね。 あーでも伊藤さんはどちらかといえば何でもできるタイプなのかもしれない。 マキャベリズムの歌とか凄くかっこよく歌いこなしてたし、歌唱力は高くて、さらに演技力もあるから、こころちゃん演じた状態でも上手な歌が歌えるのか。。。 すいません。 伊藤さんに関してはもう少し作品を見てから紹介するべきでした。。。 なんにしても、伊藤さんが中野三玖という役をどのようにこなすのか今から本当に楽しみです!! ではでは続いて、 これ結構書くの大変だな笑 四女 中野 四葉 なかの よつば cv 佐倉綾音さん 髪型はショートよりちょい長めのボブっぽい感じで、こちらはウサギリボンがチャームポイントの女の子ですね。 四葉は唯一初めから主人公に対して友好的な態度を見せてくれてた子ですね。 この子のいいところは何よりも人思いなところなんですよ! 普通だったらやりたくもない勉強をいきなりよく分からない家庭教師がきて強要してきたら 教養だけに……ボソ ボクなら間違いなく絶対やりませんね。 でもこの子は優しい子だからか、よく分からなくても勉強をしようとするんですよね。 この子の優しさは作品内でも至る所で現れます。 その為なのか特別どの姉妹とも仲が良いと言う描写はなく、姉妹の中ではムードメーカー的な役割を担っている感じがしますね。 正直最後はこの子がメインヒロインになってもいいかなーとか思ってます。 初めから主人公に対して協力的だった子なので、 ラストの展開にかけて、「初めから四葉だけが味方だったからがんばれたー」とかで好きになってもいいと思うんすよね。 ボクがひそかに応援しているキャラかもしれないです。 そして、声優は佐倉綾音さん!もうこの方はあれなんじゃないんですかね。 今声優業界でトップレベルで売れている声優さんなのではと思っています!なにせマガジンの表紙を飾ってしまうくらいですからね。 ほんと凄い人ですよ。 代表作はご注文はうさぎですか?のココアちゃん、四月は君の嘘の椿、Charlotteの友利奈緒、やはり俺の青春ラブコメは間違っている。 の一色いろは、僕のヒーローアカデミアの麗日お茶子、バンドリの美竹蘭、そして前の記事で紹介した寄宿学園のジュリエットの狛井蓮季などなど、代表作が多すぎて半分もあげられませんでした笑 また、実はYoutubeで見られる五等分の花嫁のPR動画で 五つ子の声優全てを担当していたという実績もあります! その動画を見たとき、コメントでもあったんですが、四葉の声がすさまじくあやねる 佐倉綾音さんの呼称 にマッチしていたんですよね!!案の定予想通り配役されましたね! あやねるはあやねるボイスがあるので、どのキャラをやっても一瞬で分かるんですよね。 いわゆるもちろん演技も上手いんだけど、それ以上に個性的で尖っている声優ってイメージですね。 声優さんにとって声を聞いた瞬間にこの人だって分かって貰えることって凄く大切だと思うんですよね。 そういう意味ではなるべくしてトップになった声優さんなんでしょうね! なんにしてもあやねるの起用はグッジョブです!! 何様 最後、 五女 中野 五月 なかの いつき cv 水瀬いのり あほ毛と星?否!!クラナド大好きなボクとしてはここはヒトデとしておこう。 ヒトデ型のヘアピンが特徴的な女の子。 性格は真面目だけど結構不器用なタイプ。 テストとかで分からない問題に固執して点を落としたりする感じかな。 やば、親近感 この子は出会い方さえ間違わなければ四葉と同じように主人公に友好的でいられたかもしれない。 出会い方が原因で序盤は勉強を教わりたいけど教わりたくないといった、小さな遺恨を残してしまいます。 また、他の4人が結構個性的なキャラクターのため、若干存在感がない感もありますが、一番最初に出会い、要所要所で主人公をサポートするため、初めに出てきた花嫁は五月の可能性が高いと考えられている。 声優の水瀬いのりさんに関しては、つい最近代名詞になるであろうキャラクターを演じましたね。 リゼロでお馴染みのRe:ゼロから始まる異世界生活の双子の鬼の片割れであるレムですね。 この作品はボクもかなりはまってしまい小説も少しずつ読んでいるんですけど、このレムってキャラクターが初めは主人公と対立していて、途中いろいろあって、デレてからは凄く健気で献身的な主人公のサポート役になるんですよ。 そしてこのレムがあまりにも魅力的すぎて正ヒロインを食ってしまうほどの人気になってしまうわけです。 実質レムが正ヒロインですね! もちろんエミリアもめちゃくちゃ可愛いんですがね。 その他にも、ご注文はうさぎですか。 のチノちゃんや、ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかのヘスティアなどを演じておりますね!チノもヘスティアもどちらかと言えばサポート役で主人公を支えるポジションに位置するキャラクターなので、水瀬さんの声はこういう役柄があっているのかもしれませんね! そんな水瀬さんが五月の不器用な性格や少し複雑な感情をどのように表現するのか今からワクワクが止まらねえ!! とまあかなり長々と描いてしまったんですが、上で紹介した魅力的なヒロイン5人と皆大好き松岡禎丞さん演じる、主人公 上杉 風太郎の物語である、五等分の花嫁!! アニメ開始の2019年1月 ぎりまだ平成!! を楽しみに彼女作って待ちましょう!!!! ではではまたね!!.

次の

【声優】佐倉綾音(さくら あやね)の基本情報・作品一覧

なかのよつば声優

『』()2017年8号に読み切りとして掲載。 後に読者アンケートの結果を受け、『週刊少年マガジン』にて2017年36・37合併号から2020年12号まで連載された。 1人の男子高校生が五つ子ののを務めるというで 、五つ子のうちの1人との結婚を控えた主人公が高校時代を回想する形で描かれる。 2019年5月にの少年部門を受賞。 単行本の累計発行部数は2020年4月時点で1200万部を突破している。 あらすじ 結婚式当日、式場の部屋で微睡んでいた新郎の は妻と初めて出会ったときを思い出す。 当時、高校2年生の風太郎は、成績優秀だが生家が借金を抱えており、貧乏生活を送っていた。 ある日、風太郎は という転校生と知り合い、勉強を教えるよう乞われる。 しかし風太郎はこれを断り、さらに放った一言が彼女の怒りを買ってしまう。 その直後、風太郎は妹から「富豪の娘の家庭教師」というアルバイトの話を聞かされ、借金返済のためにその仕事を引き受ける。 風太郎の仕事は、五月を含む五つ子姉妹に勉強を教え、全員を高校卒業まで導くというものだった。 落第寸前の成績であるにもかかわらず勉強する意欲すら見せない5人に頭を抱える風太郎だったが、夏祭りなどを通して五つ子と交流する中で、はじめから比較的協力的だった四女・ に加え、三女・ と長女・ の信頼を勝ち取ることに成功する。 だが、次女・ と五女・五月の協力は得られないまま、風太郎が家庭教師に就いて初となる中間試験を迎える。 テストの結果は前回より上昇していたものの、赤点は避けられなかったため、家庭教師を続ける条件として5人全員が赤点を回避することを課されていた風太郎は、5人にアドバイスを残し去ろうとする。 しかし、それまでは非協力的だった二乃が風太郎を庇って嘘の報告を父親にしたことで、ひとまず家庭教師を続けられることになる。 登場人物 担当はテレビアニメ版のもの。 上杉家 上杉 風太郎(うえすぎ ふうたろう) 声 - 本作の。 高校2年生(後に3年生)の男子高校生。 誕生日は。 常にテストで満点を取る学年主席の優等生。 鋭いと頭頂部から生えた枝分かれ状のアホ毛が特徴的。 真面目な勤勉家であるものの、独りよがりで社交性は皆無に等しい。 他者に対して高圧的な態度を取ることが多く、思ったことを口走っては反感を買うことがしばしば。 中野姉妹と向き合っていくうちに真摯な面を見せていき、人間として大きく成長していく。 頭脳面で優秀な反面、身体能力の方はかなり低く、五姉妹で最も運動音痴な三玖と同レベルという有り様。 また、洞察力も鋭く、姉妹の悩みや個人の問題などにも気付いており、その度に解決に導いている。 信頼を得るために努力を重ねたり、ひたむきに相手と向き合うなど実際の性格は相手に寄り添える思いやりのある性格。 クラスでは友人らしき人物はおらず、なるべく人と関わらないようにしている(中野姉妹に対しても同様)。 当初は中野姉妹との間に溝があったものの上述の一面もあって現在は強い信頼と好意を向けられている。 ただし本人はあくまで家庭教師としての情しか姉妹に無いため、彼女達からの信頼や好意には戸惑い気味である。 今までに恋愛経験も無いため非常にその手の話に疎いが、初恋の相手が姉妹の中にいることは薄々気付いていた。 実は小学生のころは不良少年だった過去があり、当時は髪も金髪に染めていた。 このころはヤンチャなガキ大将といった感じの性格で、普通に友人もいた。 現在は更生しているが、金髪時代の写真は高校の生徒手帳に挟んで保管している。 なお、少年時代には中野姉妹と知らずに面識を持っている。 3年に進級時、中野姉妹の父親の思惑で姉妹と同じクラスになり、四葉の推薦で学級長に任命される。 上杉 らいは(うえすぎ らいは) 声 - 風太郎の妹。 兄とは対照的に明るく素直で社交的な性格。 ただし、稀に風太郎に毒を吐くことがある。 上杉家の家事担当で風太郎の散髪までこなしている。 その健気さ故に風太郎から溺愛され、五姉妹(特に四葉と五月)からも気に入られている。 上杉 勇也(うえすぎ いさなり) 声 - 風太郎とらいはの父親。 と額にかけたが特徴的。 妻に先立たれて以降、男手ひとつで子供2人を育て上げてきた苦労人。 かつ砕けた性格。 中野家 五姉妹 本作のである。 誕生日は(14巻の登場人物紹介によると、五月だけ日を跨いだ瞬間に産まれた。 以前はお嬢様学校である黒薔薇女子に通っていたが、落第しかけたため風太郎のいる学校に転校してきた。 高級タワーマンションの最上階に住んでいたが、後に小さなアパートに引っ越している。 3年の新学期からは全員風太郎と同じクラスになる。 小学生の時までは外見・内面共に傍目にも見分けが付かなかったが、母親との死別を機にそれぞれの個性が強くなっていった。 当時の髪型は額を出したロングヘアーで、当初の二乃の髪型は当時の名残である。 コミックス第1巻の発売を記念して制作されたとPVでは、五つ子の声を全てが担当していたが 、テレビアニメ版ではそれぞれ別個にキャスティングがされている。 中野 一花(なかの いちか) 声 - 五姉妹の長女。 調のショートヘアと右耳に填めた が特徴的。 イメージカラーは。 からかい上手の小悪魔的な性格だが、面倒見のよいお姉さん気質。 長姉として日頃から妹達のことを気にかけており 、同じ歳であるはずの風太郎にもお姉さんぶっては時折アドバイスを送っているものの、気遣いが行き過ぎてしまい、自分自身の気持ちを押し殺してしまいがち。 また、そんな性分に反して私生活はかなりズボラで、自室は汚部屋と化しており、寝ている間にショーツ以外脱ぐ癖がある。 駆け出しの女優であり、学業の傍ら家族にも秘密にして細々と活動していた。 そんな折、自分の夢を知った上で応援してくれた風太郎に対し、好意を抱くようになる。 風太郎と自分達の現在の関係に居心地の良さを感じると同時に自身の恋心とのジレンマを感じていたが、四葉の言葉によって自分の気持ちに素直になる(その関係を壊したくないとも考えており、二乃とは対照的な考えである)。 3年への進級後は風太郎に積極的にアプローチしようと試みており、時に他の姉妹を蹴落としてでも風太郎に想いを伝えようとする。 中野 二乃(なかの にの) 声 - 五姉妹の次女。 に切り揃えたスーパーロングヘア(後にボブカットにしている )を、黒いリボンで結ったが特徴的。 勝気でヒステリックな毒舌家 だが、姉妹で最も繊細であり、姉妹を守るために風太郎を敵視したり、姉妹全員で花火大会を見ようと奮闘するなど姉妹思い。 料理好きでオシャレに気を遣うなど女子力が高く 、社交的で友人も多い。 三玖曰く面食いであるとのこと。 イメージカラーは。 当初は時折荒っぽい言動が目立ったが、次第に女子高生らしい口調に統一された。 五つ子の自宅に踏み込んできた風太郎を最も煙たがり、赤点を取れば家庭教師はクビということを知った後はチャンスと思うほどだったが、月日が経つにつれ態度は軟化し、彼を徐々に強く意識するようになる。 金髪に染めた風太郎の顔が好みらしいが、当初は同一人物であることを知らないまま告白までしている。 金髪のカツラを被った風太郎(通称「キンタロー」)に林間学校のときより好意を寄せていたが、後に風太郎であることを知り、動揺するも自身の気持ちを整理し、風太郎に告白する。 告白した後は風太郎に自身を生徒ではなく異性と認識させようとする。 3年進級を機に家賃を姉妹で5等分することになってからは、風太郎と一緒にいたいがためにケーキ屋「REVIVAL」でバイトを始める。 風太郎に対して積極的にアプローチしており、一花同様に他の姉妹に遠慮していないが、正々堂々とした方法で風太郎を振り向かせようと考えている。 また、当初は「上杉」と呼び捨てであった風太郎のことを「フーくん」と呼ぶようになった。 中野 三玖(なかの みく) 声 - 五姉妹の三女。 右目が隠れる斜め分けのセミロングとが特徴的。 イメージカラーは。 口数の少ないクールな性格だが、信頼した人物にはとても素直で風太郎への好意も認めている。 そのため積極的に風太郎にアプローチしようとしているが、恋愛に関して奥手なためにあまり進展していない。 大の運動音痴で料理下手だが、他の姉妹への変装が一番得意。 成績は姉妹の中では良い方。 ゲームがきっかけで大の戦国マニアになっただが、変わった趣味であることを自覚していたため他の姉妹にもずっと隠し続けてきた。 しかし、そんな自分の趣味と向き合ってくれた上、激励してくれた風太郎に好意を抱くようになる。 また、当初は感情表現に乏しくドライな面が目立ったものの、次第に口数が増え表情も豊かになっている。 五つ子の中で一番最初に風太郎に心を開いており、早い段階で好意も抱いている。 3年への進級後は、風太郎が好みだと言う「料理が上手い女性」を目指し、パン屋でバイトを始める。 中野 四葉(なかの よつば) 声 - 五姉妹の四女。 とウサギ調のリボンが特徴的。 イメージカラーは。 明るく前向きな性格で 、人の役に立つことを好む反面、頼み事を断りきれないお人好しでもある。 非常に無邪気で思考や趣味趣向も子供っぽい。 しかし、自分の本心を明かさなかったり、自分に自信がないなど無邪気なだけではない面もある。 身内以外には丁寧語で話す。 自他ともに認めるほど姉妹の中ではもっとも成績が悪く、風太郎からは「やる気があって頼りになるが一番の問題児」と評される。 未だに小学生のころの下着を着用している。 運動能力が非常に高く、女子バスケ部や陸上部から助っ人を頼まれ本格的な入部を請われるほどの活躍を見せる。 姉妹の中では最初から風太郎に友好的な態度を取り続けて反発したことがないが、辛口な発言もする。 しかし時間を共にしていくことで自分の中で風太郎の存在は大きくなっていき、彼に勉強を教わりたいと想いを抱くようになる。 黒薔薇女子在籍時に落第の懸かった追試で姉妹の中で一人だけ落ちてしまい、現在の学校に転入することとなったため、他の姉妹に罪悪感を抱いていたが、風太郎から四葉にもできることがあり、他の姉妹達の力になれることを教えられてからは自分に自信を持てるようになる。 3年への進級後は清掃のアルバイトを始める。 中野 五月(なかの いつき) 声 - 五姉妹の五女。 若干クセのあるロングヘアーに、頭頂部から生えたと星柄のが特徴的。 イメージカラーは。 真面目だが要領の悪い性格で、勉強もやる気があるがうまくいかない。 誰にでも丁寧語を徹底している。 かなりの食いしん坊であり 、作中でも食事シーンが多い。 大の怖がりでオバケやホラー映画が苦手。 母親の月命日である14日には欠かさず墓参りをしている。 風太郎と高校で最初に出会った姉妹であり、クラスメイトになる。 当初は自分から勉強を教えて欲しいと頼むも断られた挙げ句デリカシーのない一言を言われ、風太郎とは最悪な出会いを引きずり不仲が続いたが、次第に気を許すようになり喧嘩も少なくなっている。 後に、母と同じ教師になる夢を抱くようになる。 男性に対しては潔癖な面がある。 お菓子業界では知る人ぞ知るレビュワー「M・A・Y」としての顔も持っている。 3年への進級後は塾講師の手伝いのアルバイトを始める。 写真の少女(零奈) 本作の。 回想シーンでたびたび登場する。 五姉妹のうちの誰か。 小学生時代の風太郎に京都の修学旅行で出会い、彼が勉強に取り組む契機を作った人物。 当時の写真を、風太郎は生徒手帳に挟んで所持していた。 それ以降1度も会うことはなかったが、後に自信喪失していた風太郎の前に再び現れる。 風太郎に励ましの言葉をかけたが、その真意を語らず別れを告げて姿を消した。 実は京都で出会った写真の少女と零奈は全くの別人である。 未来の花嫁 本作のもう1人のキーパーソン。 風太郎の結婚相手。 五姉妹のうちの誰か。 高校2年生時の林間学校のキャンプファイアーの日から2,000日後、風太郎と結婚式を挙げる。 祖父が経営する旅館に赴いた際、縁結びの鐘を事故とはいえ鳴らしてキスをしている。 アニメでは声は付かず、台詞は字幕になっている。 親族 中野家の父 声 - 五姉妹の。 大病院を営んでいる。 勇也とは学生時代からの付き合いであり、「 マルオ」と呼ばれている。 本編開始の数年前、零奈と再婚した。 常にポーカーフェイスを崩さない現実主義者だが、挑発に乗りやすいなど感情的な面もある。 五姉妹の学業不振を気にかけているものの、多忙を理由にあまり顔を合わせようとしない。 義娘たちには「〜君」付けで呼ぶなど、他人行儀に接している。 中野 零奈(なかの れな) 五姉妹の実母。 本編開始時から5年前に亡くなっている。 は8月14日。 生前はであった。 元々はであり、再婚までは上杉家と変わらぬ極貧生活を強いられていた。 不愛想で生徒に媚びない鉄仮面であったが、その美貌ゆえにファンクラブができるほど人気があった。 五月同様、常に敬語口調で喋る。 おじいちゃん 五姉妹の祖父であり、零奈の父親。 老舗旅館「熊虎」の経営者。 余命幾ばくもない白髪の老人。 姉妹の顔を見極めることができる数少ない人物(本人曰く「愛があればできる」とのこと)。 風太郎と花嫁の結婚式から数年前に亡くなっている。 無堂(むどう) 五姉妹の実父。 白髭を蓄えたスキンヘッドの壮年男性。 零奈と同じく元教師。 零奈のお腹の中にいる子供が五つ子だと分かった途端姿を消し、消息不明になったとされていたが、講師として全国を回りながら五つ子を想っていた。 が、今まで父親としての責任から逃避して来たのが原因で、五姉妹 特に五月 やマルオから罵られ撃退される。 学校関係者 前田(まえだ) 声 - 一花の2学年次のクラスメイトの男子生徒で、人相の悪い目つきと逆立った茶髪が特徴的。 3年次に風太郎や姉妹と同じクラスになる。 同じクラスの一花に気があり、林間学校の際に「手をつないだカップルは結ばれる」という縁結びの伝説があるキャンプファイヤーに誘おうとするが、替え玉として一花に変装していた三玖に声をかけてしまう。 そのフォローに入った風太郎に何かと突っかかっていたが、在学中はそれなりに親交を深めていた。 身重の彼女と共に風太郎の結婚式に出席している。 武田 祐輔(たけだ ゆうすけ) 学園理事長の息子。 風太郎達の同級生で、3年次にクラスメイトになる。 父親は学校の理事長を務めており、母親は医師。 親の教育に縛られ、将来は母と同じく医師を目指すよう言われているが、本人は宇宙飛行士を夢見て努力している。 自らの成績を鼻にかけることはあるが、不正を嫌い正々堂々戦うことを信条としている。 高校のテスト成績は風太郎が1位をキープし続けていたためずっと2位で、在学中ずっと彼をライバル視していたが、他人に関心を持たない彼には長らく存在すら認識されていなかった。 そんな中、3年になって風太郎が成績を落とした原因が五姉妹の面倒を見ていたことであると知り、対等な条件で競うべく、親同士の密約を利用する形で家庭教師交代を賭け全国統一模試の順位を争うことになる。 結果は健闘したものの敗北し、風太郎のことを永遠のライバルとして尊敬にも似た感情で認める。 これ以降は風太郎とはある程度交流を持つようになった。 江場(えば) 陸上部の部長。 浅黒い肌とが特徴的。 思い込みの激しい性格で少々エゴイストな面がある。 助っ人として仮入部した四葉の才能に惚れ込み、彼女を入部させようと期末試験の勉強そっちのけで合宿実施等を画策するが、四葉に変装した二乃に強引な勧誘を咎められる。 その後、流されるままで二乃や風太郎らにまで迷惑をかけたことを反省した四葉が改めて江場と話し合い、大会まで協力という条件で勧誘は諦める。 その他 江端(えばた) 五姉妹の義父に仕える秘書。 白髪の壮年男性。 学校で教師をしていた過去がある。 風太郎を家庭教師として連れ戻そうとする五姉妹の頼みごとを聞き、「阿多部 丸男(あたべ まるお)」という架空の家庭教師として変装した。 下田(しもだ) 五姉妹の母親の元教え子。 月命日の墓参りの際に五月と出会い、そのそっくりさに姉妹の母と見間違えてしまう。 元ヤンであり、口調が荒い。 五月に母親の教師としての顔を話し、自分自身は高2の時に姉妹の母親から薫陶を受け、そのまま教師に憧れ塾講師の道に進んだことを語った。 五月に対して母親に憧れることと教師を目指すことの違いを語った上で進路をよく考えるように諭している。 社長 声 - 一花が所属する芸能プロダクションの代表者。 一花の才能に惚れ込んでおり、一見向いてなさそうな仕事だろうと演じられると信じて取ってくる。 風太郎に対しても興味を持っているらしい。 菊(きく) 社長の一人娘。 ジト目とが特徴的。 妙に大人びた幼稚園児。 横柄な性格で、上から目線の発言が目立つ。 母親の浮気で父親が苦労してきたのを知ってるため、ままごとでは「ママはいらない」と言うが、一方で母親がいないことを寂しく思っていることを風太郎に見抜かれ、子供らしく素直になるよう諭される。 店長 風太郎と二乃のバイト先の店長。 人相は悪いが人当たりが良く、穏やかな人柄。 店を繁盛させるために常に試行錯誤しており、風太郎からは見習いたいハングリー精神と称される程。 中野姉妹に対しても好意的だが、中野姉妹に食べ放題をさせる代わりに風太郎の給料から引くと言うなどのブラックなジョークを言うことがある。 また、ライバル店である向かいのパン屋を「糞パン屋」と呼び、敵視している。 書誌情報 コミックス• 『五等分の花嫁』 〈〉、全14巻• 2017年10月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2017年12月15日第1刷発行(同日発売 )、• 2018年 03月16日第1刷発行(同日発売 )、• 2018年 05月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2018年 07月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2018年 09月14日第1刷発行(同日発売 )、• 2018年12月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2019年 02月15日第1刷発行(同日発売 )、• 2019年 04月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2019年 06月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2019年 09月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2019年11月15日第1刷発行(同日発売 )、• 2020年 01月17日第1刷発行(同日発売 )、• 週刊少年マガジン2017年8号に掲載された読み切りを収録。 フルカラー版• 春場ねぎ 『五等分の花嫁 フルカラー版』 講談社〈〉、既刊4巻(2020年7月17日現在)• 2020年4月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2020年5月15日第1刷発行(同日発売 )、• 2020年6月17日第1刷発行(同日発売 )、• 2020年7月17日第1刷発行(同日発売 )、 キャラクターブック 各ヒロインのイラストや作者インタビューなどを収録したファンブック。 春場ねぎ、週刊少年マガジン編集部(監修) 『五等分の花嫁 キャラクターブック』 講談社〈KCデラックス〉• 『五等分の花嫁 キャラクターブック 一花』 2019年11月15日第1刷発行(同日発売 )、• 『五等分の花嫁 キャラクターブック ニ乃』 2019年12月17日第1刷発行(同日発売 )、• 『五等分の花嫁 キャラクターブック 三玖』 2020年 01月17日第1刷発行(同日発売 )、• 『五等分の花嫁 キャラクターブック 四葉』 2020年 02月17日第1刷発行(同日発売 )、• 『五等分の花嫁 キャラクターブック 五月』 2020年 03月17日第1刷発行(同日発売 )、 テレビアニメ この節には放送開始前の番組に関する記述があるため、方針に従い 、正確な記述を心がけてください。 ( 2019年5月) 2018年8月8日にテレビアニメ化が発表され 、『』枠ほかにて第1期が2019年1月から3月まで放送された。 その後、同年5月5日に第2期の制作決定が発表された。 当初は2020年10月からの放送が予定されていたが、の感染拡大の影響により放送延期となった。 スタッフ 第1期 第2期 原作 監督 シリーズ構成 大知慶一郎 キャラクターデザイン 中村路之将 美術監督 斉藤雅己 プロップデザイン 荻野美希、川石テツヤ 色彩設計 油谷ゆみ 撮影監督 染谷和正 編集 内田渉 音響監督 音楽 、、櫻井美希 音楽制作 音楽プロデューサー 水田大介、中目孝昭 プロデューサー 田中潤一朗、中村伸一、古川慎、 相島豪太、高野泰博 アニメーションプロデューサー 宇田川純男、大澤宏志 アニメーション制作 製作協力 、、 、、日音 製作 「五等分の花嫁」製作委員会、TBS 主題歌 「五等分の気持ち」 、、、、からなる「中野家の五つ子」による第1期オープニングテーマ。 作詞・作曲・編曲は斉藤信治。 「Sign」 による第1期エンディングテーマ。 作詞は、作曲・編曲は松坂康司。 「ごぶんのいち」 中野家の五つ子による第1期第12話の特別エンディングテーマ。 作詞・作曲・編曲は新田目駿。 各話リスト 話数 サブタイトル シナリオ 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 第1期 01 五等分の花嫁 大知慶一郎 いわもとやすお• 中村路之将• 氏家章雄• 斉藤圭太• 齊藤格• 大塚八愛• 高野晃久• 2019年4月に本作とのコラボイベントが開催され、中野家五姉妹が登場した。 2019年11月にはコラボ第2弾が開催され、第1弾にはなかったボイスも実装された。 2019年5月に本作とのコラボイベントが開催され、中野家五姉妹が登場した。 2019年12月にはコラボ第2弾 、2020年1月にはコラボ第3弾が開催されている。 2019年9月に本作とのコラボイベントが開催され、中野家五姉妹が登場した。 2020年1月に本作とのコラボイベントが開催され、中野家五姉妹が登場した。 コラボイベントには風太郎も登場する。 2020年2月に本作とのコラボイベントが開催され、中野家五姉妹が登場した。 2020年6月に本作とのコラボイベントが開催され、中野家五姉妹が登場した。 脚注 [] 注釈• ダ・ヴィンチニュース 2017年8月19日. 2018年1月24日時点のよりアーカイブ。 2018年1月24日閲覧。 株式会社ナターシャ 2017年8月9日. 2017年9月11日時点のよりアーカイブ。 2018年1月24日閲覧。 2020年2月19日. 2020年2月19日閲覧。 2017年10月20日. 2018年1月24日時点のよりアーカイブ。 2018年1月24日閲覧。 講談社 2019年5月10日. 2019年5月10日閲覧。 MANTAN 2020年4月17日. 2020年4月17日閲覧。 PONYCANYON NEWS. 2019年1月11日. 2019年1月15日閲覧。 MANTAN 2019年5月5日. 2019年5月10日閲覧。 2019年8月2日. 2019年8月5日閲覧。 川俣綾加 2019年9月17日. インタビュー. 2019年9月18日閲覧。 五等分の花嫁【公式】 [ 5Hanayome] 2020年1月30日. ツイート. より 2020年1月30日閲覧。 株式会社ナターシャ 2018年10月20日. 2018年10月20日閲覧。 TVアニメ「五等分の花嫁」公式ホームページ. TBSテレビ. 2018年10月20日閲覧。 , p. 122. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年11月25日. 2018年11月25日閲覧。 , p. 26, 第1話 五等分の花嫁. , p. 94, 第2話 お宅訪問. , p. 183, 第5話 問題は山積み. ツイート. より 2019年10月25日閲覧。 02・03 2018年1月8日号』第60巻第2号、、2017年12月13日、 169-170頁。 , pp. 119-120, 第47話 七つのさよなら 9. , p. , p. , 第68話 スクランブルエッグ 8. ツイート. , 第53話 今日はお疲れ 2. , 第38話 リビングルームの告白. TVアニメ「五等分の花嫁」公式ホームページ. 2019年1月11日閲覧。 MANTANWEB. MANTAN 2018年8月8日. 2018年8月8日時点のよりアーカイブ。 2018年8月8日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2018年9月14日. 2018年9月14日時点のよりアーカイブ。 2018年9月14日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年5月5日. 2019年5月5日閲覧。 2020年5月7日. 2020年5月7日閲覧。 TVアニメ「五等分の花嫁」公式ホームページ. TBSテレビ. 2018年11月26日閲覧。 TVアニメ「五等分の花嫁」公式ホームページ. TBSテレビ. 2020年4月26日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 アニメ・特撮. TBS CS[TBSチャンネル]. 2018年12月13日閲覧。 2019年3月22日. 2020年1月18日閲覧。 2019年11月5日. 2020年1月18日閲覧。 電撃オンライン 2019年5月15日. 2020年1月14日閲覧。 2019年12月19日. 2020年1月18日閲覧。 2019年12月30日. 2020年1月18日閲覧。 2019年9月13日. 2020年6月28日閲覧。 2020年1月10日. 2020年1月18日閲覧。 2020年2月14日. 2020年6月28日閲覧。 講談社コミックプラス 以下の出典は『』(講談社)内のページ。 書誌情報の発売日の出典としている。 2018年5月19日閲覧。 2018年5月19日閲覧。 2018年5月19日閲覧。 2018年5月19日閲覧。 2018年7月17日閲覧。 2018年9月14日閲覧。 2018年12月17日閲覧。 2019年2月15日閲覧。 2019年4月17日閲覧。 2019年6月17日閲覧。 2019年9月17日閲覧。 2019年11月15日閲覧。 2020年1月20日閲覧。 2020年4月17日閲覧。 2020年4月17日閲覧。 2020年4月17日閲覧。 2020年5月15日閲覧。 2020年6月17日閲覧。 引用エラー: 無効な タグです。 「 カラー4」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません• 2019年11月15日閲覧。 2020年1月22日閲覧。 2020年1月22日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2020年3月17日閲覧。 2020年4月17日閲覧。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - マガジンポケット• 5hanayome -•

次の

キミは誰を好きになる?アニメ【五等分の花嫁】の魅力・感想・評価を総まとめ

なかのよつば声優

「困ったらこの一花お姉さんに相談するんだぞ」 プロフィール 誕生日 身長 159cm イメージカラー 好きな食べ物 好きな飲み物 嫌いな食べ物 好きな動物 よく見るテレビ 好きな映画 海外セレブが出てくる系 好きな本 好きな音楽 洋楽(リスニング能力は皆無) 日課 お気に入りスポット 得意科目 5教科 CV 概要 『』に登場するの。 コミックの1巻と2巻と7巻の表紙に登場している。 容姿 アシンメトリーので五つ子の中で最も短い。 髪の色は薄いピンク。 右耳にピアスがついている。 制服の着方は胸元のボタンが開いていて、上着を腰に巻いている。 私服はズボンを履くことが多い。 フットカバーのような靴下をはいている。 人物 のことを「フータロー君」と呼ぶ。 五つ子の長女であってお姉さん気質があり、風太郎や他の姉妹に助け舟を出すことがある。 少々小悪魔的なところがあり、風太郎に対してからかったり、脅してみたりするところがある。 反面、私生活はだらしないところがあり部屋の中はいつも自身の服等で散らかっている。 就寝時は半裸 ショーツのみ着用 で過ごす癖があり、本人曰く「着ていてもいつの間にか脱いでしまっている」とのこと。 になるという夢があり、学校に行きながらの仕事をこなしている。 そのためか、三玖と同様に姉妹の真似が得意。 その際、風太郎の何気ない協力もあってオーディションは好感触で終わった事から、好意を持つようになる。 しかし、三玖が風太郎に好意を持っていることを知っているので、自身の風太郎への思いは控えめにしていたが……。 余談 公式のツイッターでは毎週月曜日に作中のシーンを利用したコラの画像に出ている。 関連タグ 家庭教師 五つ子の姉妹 ネタバレ 三玖の想いを知ってしまったこともあって積極的に想いを伝えることを躊躇うものの、自身の想いを捨てることもできず、現状維持を促すような行動を取り続けていた。 しかし、二乃が風太郎に面と向かって告白する場面に出くわし、現状維持を続けることが不可能になってしまう。 その後二乃から彼女が風太郎と二人きりになるための父親の足止めを頼まれる。 一度は二乃に協力することを決めるが、一人泣き崩れる彼女を心配した四葉に「我慢しないで好きなことをして欲しい」と言われ、自身の「風太郎を誰にも取られたくない」という想いを素直に認め、二乃から受けた父親の足止めの役割を放り捨てた。 そして3年生への進級を期にそれまで自身のみで負担していた家賃を等分することを宣言。 姉妹全員が公平な立場に立ち、新たなスタートを切ることとなる。 だが、三玖に変装している際に想いを抑えられなくなった事から、そのまま三玖のフリをして「一花フータローのこと好きだよ」と告白。 その後も積極的に抜け駆けしようと動く。 関連記事 親記事.

次の