バウン ダリー マイク。 軍荼利明王

バウンダリー型コンデンサーマイク (EM

バウン ダリー マイク

曼荼羅における軍荼利 [ ] においては、軍荼利明王として、においては、甘露軍荼利菩薩、金剛軍荼利菩薩、蓮華軍荼利菩薩がいる。 これを三部軍荼利と呼ぶが、軍荼利明王に該当するのは 甘露軍荼利菩薩、でいうアムリタ・クンダリンである。 とは、不死の霊薬のこと、 クンダリンは水瓶、あるいは、とぐろを巻いた蛇のこと。 軍荼利明王は、疫病をもたらす毘那夜迦天(の)を調伏すると密教では解釈されている。 では 十忿怒尊の ヴィグナーンタカとなり、象頭神()を踏む。 軍荼利明王の起源と成立 [ ] 軍荼利明王の成立は明王の中では古いようで、早くも『陀羅尼集経』(阿地瞿多訳、7世紀)にとともに金剛甘露軍荼利菩薩が登場している。 日本に伝播した明王は中期密教の忿怒尊である。 チベットでは、後期密教の影響を受けているため姿形や性格、人気のほどは異なる。 一説には、ヒンドゥー教の崇拝を取り入れてこれを仏教の尊格としたものとも言われる。 クンダリーはの女神で、一種のとも解され、シャクティを表しているとされる。 クンダリニーは神の力能(=シャクティ)としての女神でもある。 これを目覚めさせて中央脈管を上昇させ、シヴァ神のいる頭頂部に至らしめた時に解脱が得られるとされ 、これを目指すヨーガを特にクンダリニー・ヨーガという。 在野のインド研究家の伊藤武は、ヨーガのクンダリニー女神は元は非アーリヤ系の不可触民に起源をもつ女神であったという説にふれ、ヨーガのクンダリニーの起源であるこの女神が仏教に取り入れられて、日本に伝わる途上の中国で性転換させられて女神から男尊の軍荼利明王になったと説明している。 姿形 [ ] 軍荼利明王は一面八臂の姿で、手は2本の腕で三鈷印を結び、他の腕には武器や斧を持ち、顔は三ツ目でとぐろを巻く蛇を身に纏った姿で像形されることが多い。 祓いたまえ、浄めたまえ」 脚注 [ ] []• 佐藤任 『密教の神々: その文化史的考察』 平凡社〈平凡社ライブラリー〉、2009年、309頁。 『ヨーガと浄土: ブッディスト・セオロジーV』 講談社〈講談社選書メチエ〉、2008年、117-118頁。 成瀬貴良 『ヨーガ事典』 BABジャパン、2010年、129頁。 伊藤武 『図説 ヨーガ大全』 佼成出版社、2011年、321-322頁。。 坂内龍雄『真言陀羅尼』平河出版社1981、p. 279-280• 坂内龍雄『真言陀羅尼』平河出版社1981、p. 278-279 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

軍荼利明王

バウン ダリー マイク

コンテンツジャンプ• ステージ上や、ドラムのキックに用いられます 歴史は浅く、近年登場してきたマイクです。 使用用途としては、ステージや舞台上、ライブやレコーディングにおけるドラムのキック、テレビのセットなどに多く用いられています。 理由としてはバウンダリーマイクは他のマイクと異なり、平べったい構造から、マイクを設置しても気になりにくい、目立ちにくいという特徴があげられます。 バウンダリーマイクの構造 指向は無指向性 構造はその多くが15cm程度、正方形や三角形の板の中央に無指向性のコンデンサーマイクが埋め込まれています。 壁面、床、机上などに設置し、また空間なく接地していることから直接音を捉え、跳ね返りの干渉を防ぐことが可能です。 そのため、構造上は無指向ながらも、実際はマイク前面が指向性(裏側に指向性はない)です。 良く似たマイクにPZMがあります Beta 91Aは、ライブなどのドラムのキックではかなり定番のマイクです。 レコーディングの現場などでも人によっては使用します。 キックのホールから直接入れて設置されます。 具体的な場所は、ビーターの近くだったり、中心だったりとエンジニアによって様々です。 またピアノやパーカッションなど低域の収音用にも最適です。 ライブ、舞台などのオーディエンスなどにも用いられることも多いマイクです。 Beta 91Aは、XLRコネクターを使用した、コンデンサー型バウンダリーマイクロホンです。 2ポジションの特性切替スイッチにより、用途に応じた最適な特性を得ることができます。 民製機ではライターなどの録音用などもあります 安価なものですと、例えばこれはライター等の録音用に用いられます。 カフェ等での取材の際に録音機器に手軽に接続し、そのまま机上に接地するだけで、より聴きやすく録音出来ます。 ピンコネクタですので、ボイスレコーダーなどの簡易録音機器やPCなどのマイクinなどにすぐ挿せる形となっています。

次の

バウンダリー・マイクロフォン(BLMとPZM)

バウン ダリー マイク

技術戦略~デザイン~シミュレーションまでMEMS設計の対応。 設計に基づいたプロトタイプ試作~パイロットプロダクション~量産ファウンダリーへ展開も可能。 設計のみ、試作のみ、量産のみ、といったご要望にも対応。 量産は、グローバルに豊富な実績を持つピュアプレイMEMSファンドリー社を活用。 MEMS用ASICの設計~試作~量産は社を活用。 国内外の有用な知的財産(IP)のライセンシング。 MEMS・ASIC設計 MEMS設計 デバイス設計~シミュレーション~試作まで一連の流れでトータルサポート。 MEMS用ASIC設計 加速度センサ・ジャイロMEMS用のASICを提供。 カスタム品や量産対応も対応。 知的財産(IP ライセンシング 国内外技術の知財(IP)利用についてもご相談ください。 MEMS試作・製造(MEMSファウンドリー) 自社保有設備を中心とした少量からのMEMS試作に加え、Silex microsystems社によるMEMS量産ファウンドリー(ファンドリー)サービスも提供。 アプリケーションに対応した加工技術 圧電膜 PZT、AlN、ZnO等のMEMS用圧電膜の成膜・パターン形成に対応します。 膜厚レジスト SU-8、KMPR等、MEMS用厚膜レジストのパターニングを致します。 貫通加工 Si・ガラス・その他基板に、エッチング、サンドブラスト、機械加工等、最適な加工方法で貫通孔を形成します。 TSV Si電極TSV、Cu電極TSVを取り揃えて、アプリケーションに適したTSVを提案します。 犠牲層エッチング 微小ギャップ形成可能な犠牲層エッチング・撥水性コーティングに対応します。 CMP 接合前の鏡面処理、平坦化処理等ご要望に応じたCMP加工を行います。 接合 表面活性化、陽極、共晶、室温、仮ボンド等、様々な接合に対応します。 ステルスダイシング ドライ切削のステルスダイシングに対応します。

次の