日本 の 底力。 日本の底力!(韓国経済危機特集)

『日本女性の底力』(白江 亜古):講談社+α文庫|講談社BOOK倶楽部

日本 の 底力

日本の技術の底力 幕末にやってきた ペリー艦隊は、蒸気船に代表される近代科学技術で日本人を驚かせたが、逆に ペリー一行も日本人のもの作りの底力に目を見張った。 一行が帰国後にまとめた「ペリー提督日本遠征日記」には、次のような一節がある。 機構製品および一般実用製品において、日本人はたいした手技を示す。 彼らが粗末な道具しか使ってなく、機械を使うことに疎いことを考慮すると、彼らの手作業の技能の熟達度は驚くほどである。 日本人の手職人は世界のどの国の手職人に劣らず熟達しており、国民の発明力が自由に発揮されるようになったら、最も進んだ工業国に日本が追いつく日はそう遠くないだろう。 他国民が物質的なもので発展させてきたその成果を学ぼうとする意欲が旺盛であり、そして、学んだものをすぐに自分なりに使いこなしてしまうから、国民が外国と交流することを禁止している政府の排他的政策が緩められれば、日本はすぐに最恵国と同じレベルに到達するだろう。 文明化した国々がこれまでに積み上げてきたものを手に入れたならば、日本は将来きっと機構製品の覇権争いで強力な競争国の一つとなるだろう。 (『日本の技術レベルはなぜ高いのか』風見明/PHP) 日本は将来きっと強力な競争国の一つとなる ペリーらをこのように驚かせた「 一般実用品」の一つが、贈与された 蒔絵漆の硯箱だった。 硯箱のゆがみのない直線、バラツキのない厚み、そしてガタのない嵌めあいは、 とても手作業とは思えない高精度の仕上がりであった。 当時アメリカではすでに各種の工作機械が使われていたが、日本人がこれだけの技能でさらに工作機械を使いこなしたら、「最も進んだ工業国に日本が追いつく日はそう遠くないだろう」と予測したのも当然であろう。 「 機構製品」については、 茶運び人形を目にしたのかもしれない。 これはからくり人形の一種で、人形の持っている茶台にお茶を入れた茶碗をおくと、人形は前進して客の所に行き、客が茶碗をとれば止まる。 飲み終えた茶碗を置くと、180度方向転換をして、元の所に戻る、という動作をする。 鯨のひげで作ったゼンマイを動力源として、歯車や腕木など50個ほどの部品からなるロボットである。 こうした 技術に関心の高い日本人は、ペリー一行が持ってきた文明の利器に対しても、 強い好奇心を発揮した。 1マイルばかりの電信線を張って、通信ができることを見せると、「日本の役人や人民は、日ごとに寄り来たって、(米人)技師に向かってその使用を懇請し、その機械の動きを飽かず興味をもて眺めていた」。 またミニチュアの蒸気機関車を走らせると、「真面目くさった役人が、寛闊(かんかつ)なる着物を翻しながら1時間20マイルの速力をもて、円を描いて軌道を運転する図は、実に滑稽のいたりであった」(『近世日本国民史 開国日本(3)』徳富蘇峰/講談社)。 こうした「 学ぼうとする意欲」から、「日本は将来きっと 機構製品の覇権争いで強力な競争国の一つとなるだろう」とペリーらは考えたのである。

次の

本当は凄い 日本の底力()

日本 の 底力

孫泰蔵 [Mistletoeファウンダー] そん・たいぞう/1972年、福岡県生まれ。 連続起業家(シリアルアントレプレナー)。 世界の大きな課題を解決するスタートアップを育てるため、投資や人材育成、コミュニティー創造などを行うMistletoe(ミスルトウ)を創業。 Collective Impact Community(コレクティブ・インパクト・コミュニティー)という新業態を掲げている。 ソフトバンクグループ社長の孫正義氏は実兄。 監修した書籍に、『ブロックチェーン、AIで先を行くエストニアで見つけた つまらなくない未来』がある。 孫家の教え 「週刊ダイヤモンド」の人気連載、孫泰蔵氏の「孫家の教え」。 人工知能(AI)やロボットの進化、そして長寿命化の進展によって、今の常識が全く通じなくなる時代に突入しています。 将来も「食べるのに困らない」、そんな未来を切り開く人材を育てるにはどうすればいいのか。 ソフトバンクの孫正義さんの実弟であり、自らも数々のイノベーションを起こしてきた孫泰蔵さんに、共に育った「孫家」における教育内容に基づき、語ってもらいます。 英語版もお届けします。 Taizo Son, who up till now has focused on supporting domestic and overseas ventures, has decided to enter the education business in earnest. シリコンバレーにあるスタンフォード大学。 既存の発想を打ち破る学問や理論が多く研究されてきた 『ジャパン・アズ・ナンバーワン』。 社会学者のエズラ・ヴォーゲルさんが1979年に出したこの本は、日本国内で70万部を超えるベストセラーとなり、日本の高度成長を象徴する言葉となりました。 80年代になると、全米に「ジャパンバッシング」(日本たたき)の波が押し寄せ、日本製品を破壊する動きに発展しました。 しかしながら、その勢いはバブル崩壊で失われ、日本は今なお「失われた20年」を抜け出していません。 こうした状況を打開するためには、イノベーションをいかに起こすかで、異論はないでしょう。 実際、日本では米グーグルや米フェイスブックを生んだシリコンバレーの仕組みに再び注目が集まっており、日本企業によるシリコンバレー企業の視察が後を絶ちません。 ベンチャーキャピタルにアクセラレーター、アーリーステージにデモデー……。 スタートアップを成長させる仕組みを学ぶことは大いに良いことですが、正直なところ僕は不安を感じています。 僕自身、シリコンバレーにはかれこれ20年は行き来しており、普通では会えないような人々とのつながりがあります。 そこで話をしていると、シリコンバレーのモデルすら、もはや「遅れているのではないか」と感じてしまいます。 つまり、日本企業が今、シリコンバレーをまねして良いのだろうか。 その気持ちが日増しに強くなっているのです。

次の

【日本の底力を見せましょう】

日本 の 底力

ご視聴頂きありがとうございます。 日本人の強さに世界が驚愕した!! 外国人衝撃!! 【海外の反応】 詳細は動画を御覧ください。 《おすすめ動画・関連動画》 外国人衝撃!! 米国で消えてしまった牛乳屋が日本で大躍進!! その進化に全米がびっくり仰天!! 「米国発だったのか」【海外の反応】 外国人衝撃!! 義手の日本人女性に世界中が感動し涙!! ある映像に心振るわせずにはいられなかった…【海外の反応】 外国人衝撃!! 「そりゃあ日本が愛される訳だ」誠実すぎる対応に世界が感動の渦に!! 海外メディアの紹介で世界中に広がった驚きの出来事とは!? 【海外の反応】 外国人衝撃!! 「まさか日本に喧嘩を売るとは!」カナダ首相のある発言に現地から怒りの声が殺到!! その理由とは…【海外の反応】 【海外の反応】 驚愕!! 米国メディアが衝撃発表!! 「本気で日本化を考えよう」「今こそ欧米は日本のような社会を目指すべきだ!」に外国人もびっくり仰天!! youtube.

次の