カリスマ 予想 真田。 カリスマ馬券

福島牝馬ステークス 2020【穴馬】あのレースの見極めが全て!その驚きの真相と穴馬の正体とは?! | おすすめ競馬動画まとめKING【YouTube(ユーチューブ)】

カリスマ 予想 真田

まずは心より御礼を申し上げます。 ファンの皆様からの熱い応援があったからこそ、 渾身の軸馬 クロノジェネシス が 優勝で、馬連で大勝利することができました! 生半可な予想はしない! そう、1週間前にファンの皆様とお約束した通り、 実際に提供した最終予想では・・・ なんと、1人気 サートゥルナーリアを馬連で バッサリ消して 的中することができました! 上半期最後のG1は 「 勝ち馬を言い当てる ! 」 という 信念の元、予想を構成し彼女の優勝を見抜けることが出来ました。 もう本当に、レース後は涙が止まりませんでした。 本当に2020年シーズンの半年間、これまで沢山の応援と叱咤激励をありがとうございました。 その決断から逃げることなく、真っ向からぶつかり、 勝つのは、この馬だ! そして 危ないのは、この馬だ! と、「買える人気」と「危険な人気馬」の決断から逃げずに、結論を出せたことに ギャンブルとしての勝利があったと思います。 例え軸馬でクロノジェネシスを選べたとしても、そこから1人気サートゥルナーリアと3人気ラッキーライラックの、 この2頭とも馬連で買っていては、6人気キセキの馬連を抑えることはできなかったでしょう。 勝つのは「クロノジェネシス」 危ないのは「サートゥルナーリア」 この2つをセットで公開できたからこそ、 購入できた6人気キセキの 馬連34倍だったわけです。 そんな我々が・・・ 「外して文句を言われるのが怖いから・・・ とりあえず人気から全部買っておこう。 」 などと、そんな誰にでもできる予想を提供するようでは、お金を頂戴する訳には参りません。 あえてハッキリと申し上げます。 リスクから逃げては、 勝利はない。 馬券を買って勝負する以上、競馬とはとどのつまり最後は、勝つか?負けるか?の「 ギャンブル」の世界です。 そして、本当にギャンブルで勝ちたいのなら、 安全を買う 「安心する馬券」では、 勝利を手繰り寄せることなど、絶対にできません! 「点数をもっと増やせば、勝率も上がるのでは?」と思うファンも多いかと思われますが・・・ それは絶対に違います!むしろそれが最大の落とし穴なのです! 点数・頭数を増やす=当てやすい ではありません! むしろ 点数・頭数を増やす= 迷いやすいになってしまいます! だからこそカリスマ馬券は、迷いの種を排除する為に、常に軸馬を1頭に厳選し、常にそのレース毎の勝ち馬の発掘に力を注いでおります。 この様に、 その一瞬だけの勝負に 命を燃やし情熱を注ぎ、 強引にでも勝利を手繰り寄せようとする! s そんな、 勝つための一打がなければ、 馬券で勝つことなど不可能です! そんな「誰にも真似できない」覚悟が乗り移っている予想こそが、皆様が手にするカリスマ馬券師から送られる最終予想です! つまり、皆様に購入して頂きたいのは、 単なる予想ではありません。 」 会員様のご要望にお応えしてこそプロフェッショナルです。 さて、上でご紹介したカリスマ馬券の持ち味のなかでも、最も大切にしているのは、やはり「勝つ馬を必ず1頭お教えする」という点。 何故なら、 予想をする人間にとっては軸馬(勝ち馬)こそが全てだからです! 軸馬さえ決まれば、必然的に相手は絞られます。 (馬券点数を絞ることもできます)そしてその軸が勝ち馬になってくれば、馬券は的中したも同然! とにかく軸馬なんです! 引き続き、どうぞご期待ください。 JRAの売上の 約半分は3連単の夢馬券である.

次の

真田幸村【難波にて可憐に散った戦人 六文銭の忠義】

カリスマ 予想 真田

真田幸村【難波にて可憐に散った戦人 六文銭の忠義】 転々とする幼少期 1567年(仙台真田代々記によると1570年)に真田昌幸の次男として甲斐(山梨)に生まれ幼名を「弁丸」と名付ける。 真田家は乱世の波に巻き込まれ次々と主君を変え、それに伴い住まいを移動していた。 甲斐の武田に仕え、1575年に長篠の戦で武田勝頼が敗れると信濃(長野)上田へと移住し織田信長の配下となった。 1582年、本能寺の変で信長がこの世を去ると後ろ盾を失った真田家は北条氏直に仕え、その後、徳川家康に寝返ることとなる。 しかし、真田の領土であった上野国(群馬県)沼田を北条氏に返すよう徳川家康から命令されたことに不満を抱き、越後(新潟)の上杉景勝を頼り上杉家に住まいを移す。 この時、幸村は上杉家に人質として差し出された。 後の1585年、豊臣秀吉に臣従(仕える)を誓い、大阪城で暮らすこととなる。 この時、弁丸(幸村)19歳であった。 プロフィール 身長:不明だが小柄 生没:1567〜1615年(享年49才) 通称:左衛門佐(さえもんのすけ) 幼名:源次郎、弁丸 本名:真田信繁 特徴:物静かで無口、穏やかな性格 好きな物:焼酎 真田一族、強者伝説 事の発端は家康と北条氏の同盟にあった。 1584年、家康は小牧、長久手の戦いで秀吉と争うこととなるがこれに合わせて北条氏と同盟を結んだ。 その条件として家康は、真田家の領地である上野国(群馬)沼田を勝手に北条氏へ譲渡するのである。 これに怒りを覚えた昌幸はそれまで仕えていた家康に反感し、1585年、越後(新潟)上杉家を頼り、弁丸(幸村)を人質として差し出す代わりに救援を求めたのである。 弁丸は松代(長野)「海津城」にて暮らすこととなる。 その頃、真田家の居城である上田城が徳川軍に攻め込まれていた。 徳川軍7千に対し真田軍2千の兵、世に言う「神川の戦い」である。 これに我もと上杉の了承を得た弁丸は「上田城」へと出陣するのであった。 昌幸、信幸(兄)と共に戦い、徳川軍1300の死者、かたや真田軍は40人の死者を出した程度で大勝利にて幕を閉じ、真田家の名は戦国の世に知れ渡るのであった。 豊臣家への忠義 幸村が秀吉に仕え始めたのは1585年からである。 と同時に大阪城で暮らすこととなるのだが、生涯に通して幸村の豊臣家への忠義は図り知れないものであった。 1890年、小田原城攻めに繰り出した秀吉に従軍として出陣し、その8年後に秀吉がこの世を去ると豊臣家の家臣であった家康に従えるが、関が原の戦いが勃発すると西軍である石田三成(豊臣家五代家老)に従軍し父である昌幸と共に戦うこととなる。 西軍が敗北し、東軍である家康が勝利すると昌幸と幸村は窮地に立たされるが、兄の信幸が東軍に加勢(昌幸の策略)していたため高野山での謹慎処分で事なきを得た。 その後、紀伊(和歌山)の九度山へと移され、1601年には長男である大助(幸昌)が誕生した。 10年後には父である昌幸が他界する。 そんな矢先、幸村の人生で最大の戦となる「大坂の陣」が幕を開けるのであった。 大坂、冬の陣 1614年、その知らせは幸村の耳に入る。 豊臣2代目を継いだ秀頼が家康に言い掛かりを付けられ大坂城にて合戦が開かれるという。 「冬の陣」である。 居ても立ってもいられない幸村は息子の幸昌を連れて九度山を抜け出し、大坂へと向かうのである。 幸村は後藤又兵衛と共に城外での合戦を進言するのだがこれを聞き入れてもらえず、秀頼は城内に立籠り応戦する道を選んだ。 しかし、大坂城には攻め込まれる隙があった。 玉造口(大坂城の南側)である。 そこで幸村はここに長宗我部盛親と協力し真田丸(出城)を構えて自らが応戦する道を選び、弱点を克服しようとしたのであった。 家康は20万の大軍を率いて大阪城を包囲すると近隣を固めていた砦を次々と破っていく。 砦を守っていた豊臣軍は大坂城内へと撤退し秀頼は劣勢を強いられていた。 ここで幸村は策を打つ。 家康方として参陣していた加賀(石川)の有力大名である前田利光(2代目金沢藩主)を挑発し、野外戦へと発展させるのである。 勇将、真田幸村 1614年12月4日、散々に前田軍を挑発した幸村は、真田丸に押し掛けてきた兵たちに銃撃を浴びせ大ダメージを与える。 それを知った徳川軍の井伊直孝と松平忠直が家康の許可を得ず八丁目口、谷町口で真田軍に攻撃を仕掛けるが、長宗我部盛親との攻防に手間取り、さらには真田丸に押し掛けてきた徳川の援軍にまで大ダメージを与えた。 最終的に「真田丸の戦い」において徳川軍は、2千を超える死傷者を出す結果となってしまい、家康は退却を命じることとなった。 ホッとしていたのも束の間、秀頼は家康と和平を交わし、大阪城の本丸のみを残して後は破壊することを条件とした。 また、大野治長、織田有楽斎(長益)が息子を人質に出すという条件も付け加えられていた。 この和平により、大坂冬の陣は幕を下ろすのであったが… 大阪、夏の陣 冬の陣から1年、またもや戦火は切って落とされた。 発端は、和平の条件により大阪城の本丸以外を撤去していた徳川軍が、秀頼に許可なく大坂城の外堀を埋めだしたのである。 これを抗議するも家康は透かすばかりで、遂に秀頼は軍を編成し徳川軍の攻撃に備えるのである。 ここぞとばかりに家康も、2万の軍勢を率いて再び大阪城を包囲した。 1615年4月26日、戦国時代最後の合戦となる「夏の陣」が幕を開けた。 幸村は冬の陣で家康が陣を構えていた茶臼山に軍を配備した。 この時、上田(長野)の姉たちに向けて手紙を書いたという。 要するにこの度の戦で、死を覚悟していたのである。 5月6日、後藤又兵衛、木村重成らが道明寺の戦いにて討ち取られると、撤退する豊臣軍の殿軍(軍の後方で追ってくる敵と戦う)を務め家康に加勢する伊達政宗の騎馬隊や鉄砲隊1万5千を蹴散らし、見事な退却戦を演じた。 伊達軍の後に続いていた関東勢は、真田軍の勢いに恐れをなし、追撃をやめ退却を余儀なくされた。 この時、幸村は「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候」という言葉を残している。 可憐に散った六文銭 5月7日、幸村は息子の大助(幸昌)を大阪城に送り、秀頼の警護に当たらせた。 幸村は岡山口で徳川秀忠率いる軍勢相手に奮闘している大野治長に勝機を感じ、家康が1万5千の軍を率い本陣を構えている天王寺口に突撃を決心する。 しかし、家康の陣地前には本多忠朝ら1万6千の軍が待ち構えていた。 打つ策は無し。 ここが死に場所と決意し、突撃するのみであった。 この突撃は後世にも語り継がれるほど、幸村、一世一代の晴れ舞台となった。 同日正午、幸村は3千の真田軍を率い六文銭の旗をなびかせながら突撃を開始した。 一度と言わず二度、三度と猛攻を繰り返し、徳川軍の旗本(大名)を蹴散らし大将旗を掲げる武将どもを討ち取る。 この時、家康は幸村の突撃に死を覚悟し、自害も考えていたという。 しかし三度目の攻撃で真田軍全員が討ち取られると、幸村自身も「安井神社」にて西尾宗次に討ち取られこの世を去る。 享年49歳であった。 幸村の息子である幸昌も、秀頼の後を追い大阪城にて自ら命を絶っている。 語り継がれる武勇説 その凄まじい戦いざまを見た島津家久は、後に以下のような言葉を幸村の国許(故郷)へ送っている。 「五月七日に、御所様の御陣へ、真田左衛門仕かかり候て、御陣衆追いちらし、討ち捕り申し候。 御陣衆、三里ほどずつ逃げ候衆は、皆みな生き残られ候。 三度目に真田も討死にて候。 真田日本一の兵。 古よりの物語にもこれなき由。 徳川方、半分敗北。 惣別これのみ申す事に候。 」 【真田日本一の兵。 古よりの物語にもこれなき由】 「真田の兵は勇敢さも強さも日本一であった。 昔から伝わる物語にすら真田の兵に匹敵する強者どもはいない」と、勇敢さを讃え、記した言葉である。

次の

シルクロードS2020予想

カリスマ 予想 真田

ついに来年2016年よりNHK大河ドラマ「 真田丸」が放送されます。 主人公となる 真田幸村こと 真田信繁を演じるのは脂の乗りまくってる堺雅人、さらに脚本は三谷幸喜ということで、今まで大河に興味なかった人たちからも大注目の作品となっています。 真田十勇士のとしてのイメージもありカリスマ的なヒーロー像として現代にも受け継がれています。 信長や家康であれば、あの有名な事件や戦などが想像できる人は多いでしょう。 では、信長を凌ぐほどの人気のある幸村が何をした人物なのか知っている人はどのくらいいるのでしょうか? 真田幸村が何をした人物か言える人はたったの15% 調査結果によると幸村が何をした人物なのか具体的に言うことができる人はわずか15%。 ほとんどの人は真田幸村という人物を知っていても、彼の成し遂げた偉業は分からない。 予想通りと言えば予想通り。 超メジャーな戦国武将の中で、ここまで創造上のキャラクター像だけが先走る武将は幸村以外にはいないですからね。 じゃあ幸村は何をした人物なのかというところですが、史実に基づいた平凡な答えを言うのであれば「大坂の陣」での活躍。 大河ドラマのタイトル「真田丸」は幸村が大坂の陣の際に築いた曲輪。 大坂城を守るための防衛線のようなもので城攻めの徳川勢を撤退させるほどであったという。 しかし、父である真田昌幸の智将としての才を受け継いだとされているが、実際の幸村の活躍の場は非常に少なかったんです。 結論的に、天下分け目の戦いも徳川の勝利という結果を見れば・・・ 真田幸村は歴史的に大したことはしていない!! だから、今回の調査結果になることは必然と言えます。 それでも、幸村がここまで人々を魅了する理由は何なのでしょうか? 信濃の小国の大名であった真田家は上杉、武田、北条、徳川、豊臣などの大国の間で一族を守るために、時には卑怯と呼ばれながらも生き抜いてきた歴史があります。 幸村自身、幼少から人質として他国で過ごした過去があり、戦乱に振り回され関ヶ原では兄と戦うことにもなるわけですから不遇の人生と言えるわけです。 戦況不利であった大坂の陣で、玉砕覚悟で天下の徳川に挑み散っていった生き様が、江戸時代の人々の心に響いて現代に受け継がれているわけです。 真田の魅力の一つとして強い敵に対しても臆することなく挑んでいく美学的なものが影響しているんじゃないでしょうか。 にわか幸村ファンならこれだけは覚えておけ! 幸村の偉業を知らなかったとしても、大したことはしていないっていう史実があったとしてもですよ、 それでも「好きな戦国武将は真田幸村です」って大声張りたい人はいるでしょう。 「名前がかっこいいから」とか「(ゲームの中で)イケメンだから」っていう理由だって、それは個人の自由だし、他人に否定される筋合いはないですから。 とりあえず、幸村については最低でもこれだけは覚えておけば大丈夫でしょう。 本名は真田信繁(のぶしげ)でちょっとダサめ 初めて本名を知った時のショックは大きいと思いますけど、残念ながら「のぶしげ」です。 芸能人の本名を知った時と同じような感覚ですね。 大坂の陣で活躍して徳川のタヌキ親父を苦しめた。 最終的には敵軍に討ち取られてしまったが、多勢の徳川軍を苦しめた戦いっぷりから「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と称されたわけです。 人質にされたり、幽閉されたりと割と酷な人生 父である昌幸の智略として上杉や豊臣に人質として出されている。 関ヶ原での敗戦後、九度山に10年以上幽閉されてる。 なので、唯一と言っていい大坂の陣での活躍の時は50歳近くのおっちゃん。 真田十勇士はかっこいいけどほぼフィクション 物語自体は架空のものである。 十勇士も空想上の人物であるが、実在の人物をモデルにしているという説もある。 最後に 結果言えるのは、大した偉業も成し遂げてないのにここまで語り継がれる幸村はやっぱりすごいということ。 実際には、親父やじいちゃんのほうがすごかったりとか言っても、真田と言ったらやっぱり幸村。 大河「真田丸」の堺雅人さんがどんな幸村を演じてくれるのか楽しみにしてます。

次の