スペース シャワー アワード。 SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2020

スペースシャワーTVが新しいアワード「SPACE SHOWER MUSIC ..(株式会社スペースシャワーネットワーク プレスリリース)

スペース シャワー アワード

3月13日、スペースシャワーTVが主催するアワード「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2020」の授賞式が行われ、ロックバンド・ONE OK ROCKが年間最優秀アーティスト「ARTIST OF THE YEAR」に輝きました。 しかし、そこでのボーカル・Takaさんの言動が、ネット上で物議を醸しているようです。 「BEST GROUP ARTIST」と「ARTIST OF THE YEAR」W受賞! おめでとう ワンオクかっこよすぎ! この賞をとれたのもファンのおかげなので賞を辞退してファンにあげる Takaかっこよすぎた — エイジ 音楽垢 Eijiband1001 音楽コンテンツでさまざまな功績をあげたアーティストやクリエイターを、スペースシャワーTVが独自に選出し表彰するアワード「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS」。 その表彰式が13日、東京国際フォーラムホールAにて開催されました。 当初イベントは5000人の観覧者を招待して開催される予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大を受けて無観客での開催になってしまったとのこと。 しかし、スペースシャワーTVでの生中継に加え、uP!!! ライブパスでも生配信されるなど、多くの音楽ファンがその模様を見届けることができたようです。 そして、年間最優秀アーティストに贈られる「ARTIST OF THE YEAR」に、ロックバンド・ONE OK ROCKが選ばれ、最も活躍したグループアーティストに授与される「BEST GROUP ARTIST」との2冠を達成しました。 参考記事: 壇上で『こんな素晴らしい賞をいただけて、本当に光栄に思います』と喜びの心境を語ったボーカルのTakaさん。 しかし賞は辞退することを表明し、その理由について『僕らはいろんな賞をもらっても、どんなところでライブをしても、ただのロックバンドに過ぎないと思ってます。 もちろんこれはうれしいですけど、今日はこういう状態の中でのアワードです。 僕らがここに来た意味みたいなのも全部含めて、いろいろ考えたんですけど、僕らがここに立てたのは間違いなくファンのおかげなので。 僕らはこの賞を今日は辞退させていただいて、僕らのファンにあげたいと思います』と説明します。 そして『これは持って帰りません』と、その場で記念のトロフィーに刻まれた名前をマジックで塗りつぶし、イベントの司会者に返還していました。 こうしたTakaさんの言葉や行動について、ファンからは 「またワンオク好きになったわ…」 「1番努力して苦労してきたのは自分たちのはずなのに、今いるのはファンのおかげですって賞を辞退したの、凄いかっこよかった」 「2個も賞受賞してほんまに素晴らしいのに、ファンに大して謙虚な姿勢がもうほんまに心打たれる」 といった称賛の声が寄せられていました。 関連記事:産婦人科医・宋美玄氏の「可愛い子どもを産んでこそ勝ち組」発言は過去に女医の西川先生も TABLO しかし、その一方で「辞退するのは意味がわからない」といった声も多く、またTakaさんがガムを噛みながら授賞式に登場したことについても疑問の声が上がっているようです。 ネット上では、「ワンオクの辞退意味わからん笑 ガム噛みながら賞を辞退してどこがかっこいいの? 普通に喜ぶ方がいいと思う」といった声や、 「ワンオクの賞辞退はよくわからんし、表彰の場でガム噛み続けとるtakaもよくわからんし、それをカッコいいと見るファンもよくわからん」 「え、これってどうなの?? 辞退するならこの場に来るべきじゃないと思うし、頂いたトロフィーの名前その場で消してファンにあげるとかマジ何ww しかもTakaガム噛んでね?? パフォーマンスだとしてもこういう場で失礼にも程がある」 「何言ってんだかわからないわ。 辞退するなら出なきゃいいじゃない?w カッコいいことしようとしてスベってる様にしか見えないわ」 などといった声が見受けられ、賛否両論となっているようでした。 こうした言動の是非はともかく、今後受賞するアーティストに対して「辞退するべき」といった声が寄せられることにならないといいのですが…。

次の

スペースシャワーTVが新しいアワード「SPACE SHOWER MUSIC ..(株式会社スペースシャワーネットワーク プレスリリース)

スペース シャワー アワード

日本最大の音楽専門チャンネル スペースシャワーTVが主催する国内最大の音楽の祭典「SPACE SHOWER TV 30TH ANNIVERSARY SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2020」授賞式にTHE YELLOW MONKEYがライブアクトとして出演することが決定しました。 2016年の劇的な再集結からおよそ3年。 前作から実に19年ぶり。 2019年4月にリリースされたニューアルバム『9999』はファンのみならず多くの音楽リスナーから高い注目を集め、アルバムをひっさげ全国を巡ったアリーナツアーは20万人を動員するなど、再集結後止まることを知らないTHE YELLOW MONKEYがライブアクトとして出演します。 なお、THE YELLOW MONKEYは現在結成30周年を記念したドームツアー中。 ドームツアー真っ只中に彼らのライブを観られる大変貴重な機会となるでしょう。 3月13日 金 東京国際フォーラム ホールAで開催する授賞式は、完全招待制で5,000名を招待する予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大、防止に伴い、ご来場者及び出演者・スタッフの健康と安全を最優先に考慮し、すでに無観客開催が決定しています。 この特別な一夜の模様はスペースシャワーTVで完全生中継。 また、auの協力のもとuP!!! ライブパスにて無料生配信となるので、PCやスマートフォン、タブレットでも授賞式の模様を楽しむことができます。 (au以外のスマートフォン、タブレットをお使いの方もお楽しみいただけます) スペースシャワーTVの視点で音楽シーンを総括し、様々な音楽コンテンツで功績をあげたアーティストとクリエイターに、感謝と敬意を込め、表彰する年に一度のアワードです。 日頃よりスペースシャワーTVをご愛顧いただいてる皆さまも、放送では見られない皆さまも、ご自宅で大切な方達とご鑑賞ください。 aiko/Official髭男dism/SHISHAMO/sumika/SEKAI NO OWARI/Perfume/Mrs. また、対象期間は2019年1月から12月になります。 開催概要 SPACE SHOWER TV 30TH ANNIVERSARY SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2020 <日時> 2020年3月13日 金 <会場> 東京国際フォーラム ホールA <主催> スペースシャワーTV <協賛> uP!!! <特別協力> ファミリーマート/LIVE DAM Ai/JCB/三井ショッピングパーク ららぽーと <配信協力> au <出演> 【MC】ユースケ・サンタマリア/いとうせいこう/きゃりーぱみゅぱみゅ 【LIVE】THE YELLOW MONKEY/King Gnu/Creepy Nuts/GEZAN/SIRUP/東京スカパラダイスオーケストラ and more! ライブパス 3月13日 金 18:30~22:30 詳細 公式サイト.

次の

SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2020

スペース シャワー アワード

2010年にリリースされた1stアルバム『ばかのうた』から数えてソロデビュー10周年を迎える星野源が、6月23日 火 にスペースシャワーTVで5時間にわたって特集される。 ソロデビュー日である当日は、「星野源DAY-10th Anniversary-」と題し、ミュージックビデオを90分にわたり届ける「MUSIC VIDEO SPECIAL」や、アルバム発売時にオンエアされた特別番組をアンコール放送する。 アルバム『YELLOW DANCER』 2015年 の発売を記念しオンエアされた特別番組「V. また、アルバム『Stranger』(2013年)の発売を記念してオンエアされた特別番組「星野源 SPECIAL-死に物狂いのストレンジャー-」は、盟友でもある映像作家・山岸聖太がディレクションを担当した。 尚、2016年より5回にわたり開催されているスペースシャワーTVによるアワード『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS』で星野源は5年連続受賞しており、昨年2019年に至っては史上初の4冠を達成。 この功績を凝縮した特別番組「初の5年連続受賞記念! 星野源 SPACE SHOWER MUSIC AWARDS HISTORY」では、過去の受賞風景やライブパフォーマンス、今年受賞の際収録され本編では全てを公開できなかった受賞インタビューの模様などを放送する。 自然体な人柄と多彩な才能で人気を集める星野源の魅力とアルバム『Stranger』を紐解く貴重な番組です。 音楽家として、作詞・作曲まで自らこなすだけにとどまらず、ドラマ・舞台・映画で俳優としても活躍、さらに文筆家として著書の刊行やエッセイの連載を持つなど幅広く活動する星野源。 番組には、ニューアルバム『YELLOW DANCER』に参加、プライベートでも親交の深いハマ・オカモト OKAMOTO'S がゲストとして登場。 また、星野源の趣味でもあるブラックミュージックの要素を自身の楽曲へ落とし込んでいった過程を話したり、ハマ・オカモトがアルバム『YELLOW DANCER』を聴いたときの印象を語るなど、様々な角度から作品の魅力に迫ります。 「見えるラジオ」をコンセプトに収録された本番組には、リラックスムードのラジオブースにカメラが潜入。 アルバム『POP VIRUS』について、本人の口からとことん言及していくのはもちろん、番組に届いた「お便り」にも続々答えていきます。 そして番組ゲストには、親交も深く今や星野源の作品に欠かせない存在となっている長岡亮介 ペトロールズ。 そして星野源のことを大好きすぎる芸人、銀シャリ・橋本直がゲストで登場し、『POP VIRUS』の魅力がたっぷりと詰まった内容で1時間にわたりお届けします。 これを記念して、魅力溢れる彼のミュージックビデオを90分にわたりお届けします。 <初放送> 「初の5年連続受賞記念!

次の