将 国 の アルタイル ネタバレ。 将国のアルタイル「漫画コミック単行本23巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

将国のアルタイル 21巻 感想 ネタバレ あらすじ

将 国 の アルタイル ネタバレ

【22巻】9月9日発売 【収録話】第113話〜第120話 将国のアルタイル22巻が発売されたのは9月9日 収録話は第113話〜第120話。 賭けに敗北したトルキエ軍が数日中に退軍する、というところで22巻(120話)は締めくくられました。 「密偵網からも知り得ぬ罠だ。 復讐者ごときに帝国は渡さん」 というルイ大臣の力強いセリフが印象的でしたね。 ちなみに… 将国のアルタイル22巻の続き(第121話)は、少年シリウス19年10月号に掲載されています。 そしてU-NEXTというサービスを使えば、少年シリウス19年10月号をお得に読むことができます。 U-NEXTはスマホやパソコンで雑誌・漫画・動画を視聴できるサービス。 無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえます。 正式には公表されていないものの、将国のアルタイルの過去の単行本の発売日を振り返れば、おおよその発売日を予想できます。 では、将国のアルタイル23巻はいつ発売されるのか?というと… 2020年9月9日ころと予想します。 参考資料として、将国のアルタイルの単行本の発売日をまとめたので、確認していきましょう。 単行本 発売日 発売周期 20巻 2017年12月8日 6ヶ月 21巻 2018年9月7日 9ヶ月 22巻 2019年9月9日 12ヶ月 23巻 2020年9月9日 12ヶ月 また、将国のアルタイル23巻の収録話と少年シリウスの対応号が次の通り。 収録予定話 対応号 発売日 121話 少年シリウス10月号 8月25日 122話 少年シリウス11月号 9月26日 123話 少年シリウス12月号 10月26日 124話 少年シリウス2月号 12月26日 125話 少年シリウス3月号 1月24日 126話 少年シリウス4月号 2月26日 127話 少年シリウス5月号 3月25日 128話 少年シリウス6月号 4月25日 少年シリウス ただし、収録話の増減や対応号のズレ(休載など)が生じる可能性もあるので、参考程度に見ていただけると幸いです。 【漫画】将国のアルタイル22巻の続き121話以降をお得に読む方法 ここからは、将国のアルタイル22巻の続き121話以降をお得に読む方法をご紹介! 将国のアルタイル第121話は、少年シリウス19年10月号に収録されています。 そしてU-NEXTというサービスを活用すれば、お得に読む事が可能。 ) というのも、無料会員登録で600円分のポイントがもらえるからです。 流れとしては下記の通り。 続いて会員情報の入力をしていきます。 31日間無料トライアルという画面が表示されたら、以下のお客様情報を入力してください。 カナ氏名• 生年月日• メールアドレス• パスワード• 電話番号(ハイフン無し)• 無料トライアルに申し込むにチェックが入っていることを確認したら、決済方法を選択。 決済方法は下記4つの中から選択します。 クレジットカード• ドコモ払い• auかんたん決済• ソフトバンクまとめて支払い 決済方法を選択し送信ボタンをタッチすれば、登録手続きは完了! これで少年シリウス読む準備ができました。 U-NEXT内で「少年シリウス」と検索 U-NEXTの画面上部にある検索窓に「少年シリウス」と入力しましょう。 すると、少年シリウスの作品情報が表示されます。 作品情報が表示されたら続きを読みたい号数(19年10月号)を選択し、読むボタンをタッチ。 最後に購入ボタンをタッチすればOK。 jpの画面が表示されるので「まずは30日無料お試し」のボタンをタッチ。 続いて連携するIDを選択します。 Google ID・Facebook ID・その他(mopita)・docomo・au・Softbankのいずれかを選択してください。 ここではGoogle IDを選択してみます。 (クレジットカードをお持ちでない方は、携帯料金とあわせて支払いをすればOK) 連携が完了すると、クレジットカード情報登録の画面が表示されます。 クレジットカード番号・有効期限・セキュリティコードを正しく入力しましょう。 最後に確認画面が表示されます。 購入サービス music. jp 月額1922円(税込)、支払金額1,922円/月と表示されますが、30日間は無料お試し期間なので、この期間中は費用がかかりません。 なので心配しなくてOK 「登録」ボタンをタッチすれば、music. jpへの登録手続きが完了となります。 これで少年シリウスをお得に読む準備ができました。 music. jp内で「少年シリウス」と検索 music. jpの画面上部にある検索窓に「少年シリウス」と入力しましょう。 検索結果が表示されたら「コミック」の項目をタッチ。 続いて少年シリウスをタッチ。 すると、少年シリウスの作品情報(最新号)が表示されます。 作品情報が表示されたら続きを読みたい号数(19年10月号)を選択し、読むボタンをタッチ。 最後に購入ボタンをタッチすればOK。 music.

次の

漫画「将国のアルタイル」 123話のネタバレと無料読み放題

将 国 の アルタイル ネタバレ

だが、レレデリク率いる帝国軍4万4千は城壁の町の救援には赴かず、トルキエ将国の首都・金色の町(アルトゥン)へ脱兎のごとく進軍する! それに立ち塞がる四将国。 金色の町は防衛に適してはおらず、帝国軍を首都に行かせることはトルキエの滅亡を意味する。 四将国は猛攻を凌げるか!? それともレレデリクの逆王手なるか!? アニメ人気放送中の『将国のアルタイル』 12月6日に発売された最新刊『将国のアルタイル 20巻』のネタバレありの感想になります。 ネタバレありの感想になりますが、ネタバレありの感想になる前に注意書きをおいてあります。 ですので、未読の方やネタバレを見たくない方でも、そこまでは読んでいただいても大丈夫なはずです。 ネタバレなしの感想 『レレデリク』率いる帝国軍4万4千はトルキエ将国の首都・金色の町への進撃を行う。 窮地に陥ったトルキエ将国を救うべき帝国郡の前に立ちふさがる四将国。 帝国軍をここで止めねば首都・金色の町は陥落し、トルキエ将国は滅亡に陥る。 四将国は『レレデリク』の猛攻を防ぎ、トルキエ将国を救うことはできるのか!?というお話です。 新兵器「警告の鐘」を用い帝国が誇る城壁を崩し、帝国の新貴族たちの反撃すら防ぎ圧倒的な優位にあると思っていた「トルキエ将国」がいっぺん滅亡の危機に瀕するとは予想外もいいところでした。 大半の兵を帝国侵攻に用い兵力が足らず、更に指揮官として『ザガノス』も『マフムート』も不在の絶望的な状況のなか、圧倒的優位な帝国軍の前に立ち塞がったのは、かつて『マフムート』とともに戦った四将国の後継者たち。 これは燃える展開でした。 兵力的にも質的にも圧倒的な帝国軍を前に立ちふさがり、地の利人の和を用いて互角に戦う四将国側の奮闘に手に汗を握りました。 『マフムート』がほぼ登場していない上に、戦場での劣勢という状況が続くため、読者としてのフラストレーションが溜まる危惧すらある展開ともいえますが、そんなことはありませんでした。 かつての四将国の反乱をともに戦った将王たちの成長を、才能を、覚悟を見せ付ける展開の面白さにページをめくる手が止まりませんでした。 戦場で知勇を競い奮闘する帝国軍と四将国の姿にも興奮しましたよ。 集団戦の面白さを描いてくれる作品は少ないですし、それを面白く描いてくれる作品は更に希少ですのでこの作品と出会えたことに感謝です。 共に相手に対する王手をかけ、まさに戦場の決着がつきそうなそのときに次巻に続きましたが、すごく続きが気になりますし読みたいですよ。 雑誌連載分はすべて書籍化されていますし、続きを読みたい場合は今月末発売のシリウスを待つしかないですね。 私は単行本派ですが雑誌を買ってしまおうか悩みますね。 この巻の引きで2018年夏までまつとか無理すぎる 笑 ネタバレありの感想 ここから下は『将国のアルタイル 20巻』のネタバレありの感想になります。 未読の方やネタバレを見たくない方は、ここで引き返すことを推奨いたします。 四将国対帝国軍 歩兵の練度は帝国が上、兵数も帝国4万に対し2万と約半数の四将国側です。 ただでさえ劣っている上に同格の将王が4人 アイシェは将王ではありませんが将王代理として同格としています もおり、指揮権の確率で揉めえる可能性もありました。 ですが、四将国側は揉めることもなく指揮権は『イスマイル』に譲渡されます。 この決断は、四将国の内乱の際に現将王たちが互いの能力を知り得ていたことと、反乱を戦い抜いた同士としての信頼があったからだと思います。 トルキエ将国の弱体化を狙い起こされた四将国の内乱でしたが、弱体化は成功こそしましたが四将国間の連携を強固とし、帝国の起死回生の一手の前に立ち塞がるという失策ともいえます。 帝国の侵攻軍の前に立ち塞がりました四将国側ですが、地の利 進撃路が決まっていることと、泉の街からの砲撃あること)人の和 四将国の団結 があれど戦況は劣勢です。 普通に考えて練度が劣るうえに兵数が倍違うのですから、勝率はかなり低いこととなっています。 元々考慮していた勝機は帝国軍指揮官『レレデリク』を討ち取り、帝国軍の指揮を崩壊させるという作戦でしたが、「山の楽団」の初撃を防がれた時点で勝率はより下がっているように思えます。 しかも、逆に四将国側の総指揮官『イスマイル』の前に敵軍機変が迫りつつあるとう状況です。 逆に指揮官を打ち取られ四将国側の敗北すら見えてきています。 普通に考えれば四将国側の敗北でしょうが、ここで気になる点が2つほどあります。 まず1つ目は「頭が死ねばあんたらは楔を失う」と帝国軍に対していっている点ですね。 逆に言えば四将国側は「頭が死んでも楔を失わない」と言っているようにも思います。 元々同格の将王4人の連合軍の形である四将国側は、たとえ『イスマイル』を失ったとしても他の将王に指揮権が引き継がれる様に打ち合わせをしているか、瓦解したとしても将国単位でまとまるかするように思います。 逆に言えば、『イスマイル』目指して進撃した騎兵の穴を四将国側がつく可能性もあるのではと思います。 開戦前に『イスマイル』が述べていた「あんたらの命より目標の達成を優先しますよ?」という言葉の中には、『イスマイル』自身の命も暗に含んでいた気がします。 自身の命を大事にするよりも目標達成を優先する。 つまり勝機があれば自身の命すらおとりにするような作戦だと思います。 2つ目はトルキエ将国の希望の星『マフムート』の存在です。 帝国軍にはこれ以上の援軍はありませんが、トルキエ将国側には援軍の存在があります。 しかも『マフムート』が砦の町を通過した際に『イブラヒム』の独白で「首都に戻ったところでもうトルキエに帝国を迎え撃つ余力は残っていないかもしれんぞ」とある通り、『マフムート』が首都に戻らず、駆けつけた勢いのまま帝国軍に突撃する気がしますね。 それにしても『将国のアルタイル 20巻』の本編では2コマしか主人公『マフムート』が登場しないとは(笑) それでも内容が濃く、とても面白く感じるのは、作品自体が個人に焦点を当てただけの内容ではないことと、各登場キャラが主人公に劣らず存在感を放っているからでしょう。 そんな魅力的なキャラクターが次巻では何人散っているか、その予測もつかない展開にも興味と興奮がつきませんね。 次巻も発売を楽しみに待ちたいと思いますが、それ以上に本編の続きが読みたいので連載分に手を出してしまおうかな。 帝国軍の陣営 今巻では帝国首都攻防戦は膠着状態との事もあり印象が薄いです。 堀の水の抜き方はダイナミックでしたが、戦況が動いたわけではありませんからね。 きっと帝国首都攻防戦が次の局面に移るのは、四将国対帝国侵攻軍の戦況が伝わった時になるかと思います。 そして艇庫常備軍ですが、失った将官たちの数を知ると物語上の敵ですが寂寥感すらありますね。 『将国のアルタイル 20巻』のスタッフロールの見開きは帝国常備軍の将官が描かれています。 既に死亡した将官、この場にいない将官は黒塗りつぶしとなっていますが、ほぼほぼ塗りつぶされすでにソンザしない状態となっています。 その状態ですらトルキエ将国の侵攻を防ぎつつ、逆侵攻でトルキエ将国首都に迫りつつあるという恐るべき陣容ですね。 こんな相手を救国の一戦を戦わざるを得ない四将国側に同情をしてしまいます。 そして以前スタッフロールのページで描かれていたのは四将国側も同じです。 その時には黒塗りつぶしをされた将王はいませんでしが、次巻『将国のアルタイル 21巻』のスタフロールの見開きページで何人の将王が黒く塗りつぶされることになるのか。 そのページを見ることが少し怖いですね。

次の

将国のアルタイル 20巻 感想 ネタバレ あらすじ

将 国 の アルタイル ネタバレ

121話のネタバレ 121fasil 復讐者 トルキエ将国は帝国の喉元まで迫っていたが、策略によって橋を落とされ、先行していた隊長たちが運河に落とされてしまった。 幸運のヌルザーン将軍と建築家のセキ将軍は命からがら助かっていた。 鎧を着ていては水に沈むだけだ。 鎧を脱ぎ捨てるように命ずる将軍たち。 すぐに狼のクルト将軍が船で救出作戦にはいる。 しかし、なんと運河がモーセの十戒のように真ん中から真っ二つにわれて、崩落している。 あきらかにトルキエ将国の行動を先読みして罠がしかけられていた!! ここまできてしまっては迷っている時間はない!!退却命令が全軍に出される!!毒薬のザガノス将軍が狼煙をあげる!! 蹄鉄のジェミル将軍はしかたなく引き返すことにしたが、前方には敵の部隊が迫ってきていた! このままでは城塞と挟み撃ち!!町にも閉じ込められてしまう!! 城塞からは矢が雨あられで降ってきた!! ジェミル将軍の馬も矢で射貫かれる!!地面に投げ出されるジェミル将軍!! ここまでかと思った瞬間、駱駝のイルカイ将軍の助けが入った。 イルカイ将軍は自分も矢で貫かれながらも、帝国の投射器を奪って、逆に矢で応戦しているのだ。 しかしイルカイ将軍も帝国のトリスタン将軍に追い詰められ絶命しようとしていた。 巨大な大砲がならんでいる。 毒薬のザガノス将軍の合図で聖ミヒャエル城に向かって大砲が放たれる!! 次々に斉射される巨大大砲!! しかしこれは妙であるとバルトライン帝国の将軍どもは思っていた。 すでにトルキエ帝国の襲撃は橋を落とすという奇策によって瓦解している。 すでにトルキエ帝国側には撤退命令が伝達されているはずではないかと…。 バルトライン帝国筆頭大臣ビルヒリオ・ルイや財務大臣シモン・ブランシャールも聖ミヒャエル城に砲撃を受けながら冷静にそう判断していた。 ふたりはこれは撤退前の虚勢にすぎないと感じていた。 事実ビルヒリオ・ルイはこの緊急事態に聖ミヒャエル城の彫刻の心配をしていた。 しかしそれは一変することになる。 バルニエ伯が突然倒れたからだ! これは遅効性の毒ではないかと…。 ビルヒリオ・ルイは秘密裏に城の井戸のすべてを調べさせる。 結果13カ所の井戸から毒が検出された…。 それではこのままお城に籠城することは不可能ではないか…。 謁見の間でシモン・ブランシャールは提案する。 秘密通路を使って脱出すべきと…。 しかし陛下は余がこの城をはなれるわけにはいかぬと…。 最初こそ討ち死に覚悟で攻め入ってきた帝国軍であったが、ここ数日は完全に撤退している。 やはり初戦のトルキエ将国の大勝利がきいて、攻めあぐねているのではないかというものもいた。 しかし、ブチャク将国の武器商のイスマイルはここ4日間の停滞は、攻め入るための準備期間だといってみせる。 アゼル将軍とエミルハン将軍、マフムート将軍、そして大将軍(ビュラクバシャ)は次の攻撃が山になるだろうと意見を一致させていた。 その夜… 遠くに四つの大きな炎がともるのを大将軍はみていた。 帝国軍夜襲が開始されたのだ。 バルトライン帝国の4将軍が兵を大勢の率いて城壁に向かってそのまま城壁に攻め入っていく。 総攻撃の様相である。 バルトライン帝国の第一将軍アンセルム・トットは城壁の上に部隊を率いてたっている。 どうやらバルトライン帝国は主力をこの城壁にあてがってきたようである。 その裏で場内貯水場をしずかに進む部隊があった! バルトライン帝国のグララット・ベルルリックである。 トルキエ将国でつかっている水路はバルトライン帝国の作りと同じであった。 侵入は容易なことであった。 しかしこの舞台が水路の切れ目につくころには剣のオルハンが待ち伏せていた!! イスマイル将軍の読み通りであったのだ。 剣のオルハンにとってはこれが雪辱戦となるが…。

次の