すないの家 桂。 注目落語家・桂夏丸 「浅草演芸ホールに一年中出ていたい」(2020年7月14日)|BIGLOBEニュース

「結婚させる家」桂望実著|日刊ゲンダイDIGITAL

すないの家 桂

生涯未婚率(50歳まで一度も結婚したことがない人の割合)の上昇が止まらない。 「国税調査報告」により算出された、国立社会保証・人口問題研究所調べの「人口統計資料集(2020年)」によると、2015年時点で男性は23. 37%、女性は14. 6%が未婚。 男性は4から5人に1人が、女性はだいたい7人に1人が、50歳の時点でまだ結婚していないのだ。 ひと昔前は口に出すのもためらわれた、結婚相手を見つけるための活動=婚活が、いまやすっかり定着しているのもそのはず、巷にはこれだけ未婚者があふれているのだから。 何を隠そう、筆者も婚活経験者のひとり。 友人の紹介、合コン、婚活サイト、婚活パーティー、趣味コン、結婚相談所など、数年かけてこれらのあらゆる婚活を行ない、これまでにのべ1,000人の男性に出会ってきた。 時間もコストも精神力もかかる婚活の末、最終的には「たこやきパーティー」で現在の夫と出会ったのだが、婚活にも運にもタイミングがあるため、いつどこで運命の人に出会えるのかは未知のものだといえる。 そんな運命の人を探す50代の婚活物語が、桂望実の『結婚させる家』(光文社)。 40歳以上限定の結婚情報サービス会社「ブルーパール」で働く、カリスマ相談員・桐生恭子の視点から、中高年の婚活模様を描いている。 物語の軸は、恭子の発案でスタートした、大邸宅「M屋敷」で結婚相談所の会員家族が一週間一緒に暮らすという、「プレ夫婦生活」プランを展開するなかでの出来事だ。 桐生さんが神妙な顔をする。 「プロフィールシートだけじゃ、なにもわからないわね。 いえね、入会する時に色々書いて貰うでしょ、プロフィールシートに。 でもそれはあくまでも上辺の情報よね。 嘘を吐いているというのじゃないのよ。 そういうものの下にあって、情報としては現れてこないところに、その人の本当の人生が隠れているように思えてね。 それでどうしましょうかね。 途中だけど宿泊体験はもう止める?」(『結婚させる家』P83より) これは「M屋敷」で「プレ夫婦生活」を送る53歳の田坂直樹に対して、カリスマ相談員である恭子が問うた言葉だ。 一度目の結婚で失敗した直樹はやっと再婚に前向きになり、子どもが欲しいからと、当初は30代女性の紹介を希望していたが、恭子に諭されて52歳の関本梢と宿泊体験をしていた。 「プロフィールシート」は婚活の定番で、名前・職業・年収・家族構成その他を書いて相手に見せる、釣書のようなものだ。 この条件を見てOKかNGかの判断をする場合もあれば、OKを出しても、やはりそれだけで相手の人生を把握することは難しいだろう。 生涯を懸けた「お見合い」は、ほんの数十分だけでも緊張することを経験している筆者は、同小説のように相手の家族と一週間も暮らすなんて負荷がかかりすぎて考えられない。 ただ、もしも「プレ夫婦生活」を送ると、良くも悪くもお互いの意外な一面や家族との相性も知ることで、より確度の高い決断が下せるのかもしれない。

次の

新型コロナ 心は「距離」取らないで 全盲落語家・桂福点さんが訴え 有田市民会館で講演 /和歌山

すないの家 桂

・もともと桓武天皇(かんむてんのう)の皇子である、 葛原親王(かつらはらしんのう)に始まる家柄である 秋葉区ホームページから)とか 豊臣家を祖としていて、形を変えて桂家に至る(横山京著)などその出自に対して色々の諸説のある旧家です。 しかし現在その足跡が殆ど新津には残っていないのが 残念ながら現状です。 今、新津で桂家という名前を聞いたことのない人が、増えてきている感があり、また桂家を実際に知っていた人が、一人減り、二人減りこれが実感です。 そこで郷土に親しむ会として、桂家の 出自、実際の桂家はどのような経済活動を行ったか、 新津の地にどのような影響を与えたか、等出来る限り検証していきたいとしてこの部会を設立しました。 広く皆様に情報をお願いしたいとおもいます。 お寄せいただいた情報で、桂家ご本家の邸宅の一部を移築したとの情報をいただいたり、観音堂の御本尊が発見されたりと今まで無かったと思われていたものが少しづつ見えてきています。 今後わかってきた情報を逐次アップしていきたいと思います。 情報を含め、ご批判もいただきながら桂家の実像に迫っていきたいと思います。 どうかよろしくお願いいたします。 【秋葉の地名のいわれ】 ・宝暦11年(1761年)、桂六左衛門誉春(たかはる)は桂家3代目で 新発田藩より田家山を賜り、自邸内にあった秋葉神社を山に移し秋葉神社を建立した。 これより、山は秋葉山と名付けられました。 桂誉春は通称を六郎左衛門といい晩年は六爺と号した。 誉春は寛延2年(1749年)新発田藩新津組の 大庄屋に命ぜられ、新津近郷22ヶ村を管理する要職についた。 また新津の市(いち)の前身を作ったり、 新津茶の礎を作った人とされています。 現在お墓は、新津と葛塚にあります。 【桂家】 寛文元年(1661年)初代「善左衛門誉秀」は能登より越後にやってきた。 現在12代まで続いている 名家であるがその全容は不確かな部分が多い。 少しでも明らかにしていきたいと思っています。

次の

桂三輝、中川家は中川ケイさんという女性の方かと思った「恥ずかしかったー!」

すないの家 桂

全盲の落語家、桂福点さん(52)=大阪市=による障害者理解をテーマとした講演と落語会「大笑いゼーションでノーマライゼーション」が5日、有田市民会館(同市箕島)で開かれた。 新型コロナウイルス感染症について、「ソーシャルディスタンスが呼び掛けられているが、障害者は近くで人の支えがないと生活できない。 手が目の役割を果たすため、触らないと分からないこともある。 健常者と違うところを分かってほしい」と訴えた。 【橋本陵汰】 コロナのため、福点さんは2月以降に予定していた同様のイベントが全て中止となり、この日が久しぶりだという。 福点さんは目が見えないことで経験してきたつらい過去を振り返り、学生時代にいじめられて自殺を考えたことや、学校の先生を殺したいと思ったこともあると明かした。 その上で、いじめに遭った子どもが犯罪を犯すことについて、「分からないこともない。 なぜ犯罪をしてしまったのか、理解してあげることが大事」と語った。 また、聴覚障害者にコロナ禍で苦労している点を聞いたところ、「口の動きで何を言っているかを読み取っていたが、マスクをしていると分からない」と手話を通じて返答があった。 会場からは「あー、そうか」と納得した声が上がった。 福点さんは「『危ないですよ』や、『大丈夫ですか』といった声かけは誰でもできる。 (障害者に対する)心のソーシャルディスタンスは取らないようにしてほしい」と強調した。 来場した有田市の60代女性は「ソーシャルディスタンスは障害者にとっては大変なことなのだと気づかされた。 考えさせられることがいっぱいあった」と話していた。

次の