我慢汁 妊娠率。 我慢汁で妊娠??

えっ…我慢汁(ガマン汁)で妊娠するの?カウパー液との違いとは?

我慢汁 妊娠率

男根から出る汁 女性はセックスの時、体が興奮状態になると膣の中に愛液が流れ出たりします。 男性では興奮状態になるとアソコからガマン汁が出ます。 一般常識として、男性のガマン汁は、妊娠と関係ないとされていますが… はたして本当なのでしょうか? ガマン汁とは、男性が射精する前に、アソコから出る無色透明な液。 医学的にはカウパー腺分泌液と呼ばれており、ガマン汁自体に精子は含まれていません。 カウパー腺分泌液と精液 セックス中、女性に分泌液があるように、男性にも精液以外の分泌液「カウパー腺分泌液」というのがあります。 無色透明の糸をひく液体で、男性が興奮すると分泌され、射精の前の段階でペニスから出てきます。 勃起したらすぐにたくさん出る人とあまり出ない人がいて、量には個人差はありますが、この分泌液には精子は含まれていないので、妊娠とは無関係です。 ただし、カウパー腺分泌液の中に、尿道に残っていた精液や射精を我慢して漏れ出た精液がごく少量混じる場合があります。 その場合、精子が少しだけ侵入しますから、コンドームをつけずに挿入していれば、思い切り射精しなくても微量の精子が膣内に入る可能性は避けられないのです。 ふむふむ カウパー腺分泌液で、妊娠はするのでしょうか? カウパー腺分泌液による妊娠の確率 しかし、妊娠の確率となると、不妊治療の分野で研究が進んでいますが、精液1ccあたり2,000万匹以上精子が含まれていないと男性の不妊症と診断されます。 そうだとすれば、カウパー腺分泌液の中に混じった少量の精子で妊娠する可能性はかなり低いものと考えられます。 ただ、一説には、男性が挿入中に射精をグッと堪えて、ひどく我慢している最中には、精液がそれなりの量出てしまう危険性もあるようです。 ですから「出してないから大丈夫!」と自信過剰になっている男性の言葉をうのみにするのはどうかと思います。 コンドームをつけずに挿入してしまった場合は、あまり引っぱらずに、早めに切り上げるのが無難です。 男女ともにね ガマン汁(カウパー腺分泌液)の役割とは?? カウパー腺分泌液は、前立腺より先の尿道に開口している、尿道球腺(カウパー腺)という外分泌腺から分泌される粘液です。 尿道球腺は、カウパー腺ともいい、前立腺と尿道海綿体の付け根にある左右1対、約1cmくらいの球形をした袋状の器官で、約3cmの導管により尿道へとつながっています。 射精する直前に分泌されるカウパー腺分泌液(尿道球腺液)をつくり分泌します。 尿道球腺のはたらきは、カウパー腺分泌液をつくり、射精される直前に分泌することです。 カウパー腺分泌液は、無色透明のぬるぬるとした粘りけのあるアルカリ性の粘液です。 男性が性的に興奮すると、精液よりも先に、尿道に分泌され、外尿道口に出てきます。 先走り汁、ガマン汁ともいわれます。 尿道をアルカリ性にするとともに、女性の膣内へ陰茎をスムーズに挿入させるはたらきがあります。 また、精液が尿道を通って外に出る際に、その精液と尿が混ざらないようにするための働きをします。 またまた、膣内の酸性の環境をアルカリ性へと変えます。 膣内は普段、外部から侵入してくる細菌を殺すため酸性になっています。 精子も酸性状態では活動が悪く、死んでしまう精子もいるので、アルカリ性の環境が必要となります。 精子は弱アルカリ性の環境では活発に活動できるようになり、射精後、膣から子宮へと卵子を目指して泳いでいけるようになります。 ふむふむ 結果、妊娠しないは迷信• 中出ししなければ、妊娠しないは迷信• 女性のあそこの奥まで入れなければ、妊娠はしないも迷信 妊娠を望まない関係や状態なのであれば、避妊は絶対にしておきましょう。 避妊法あれこれ 興奮状態が高ぶった時、男性は自分でコントロールできないため、無意識に精液が尿道から漏れ出ることがあります。 なので、ガマン汁が付いた手で女性のあそこを触ったり、膣の入り口あたりに擦りつけたり、コンドームについてるガマン汁だけでも十分妊娠の可能性があります。 本当に少量の精液ですが、妊娠の可能性は高くなります。 男性本人も気づかない場合が多いので、前戯をする前から、しっかり避妊対策をした方が安心です! safety sex ・コンドーム 避妊対策として、一番多く使われるのがコンドームです。 ですが、コンドームが破れたり、付け方を間違えたりなどで避妊失敗に繋がることが多くあります。 ・低用量ピル 卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つの女性ホルモンが含まれた経口避妊薬です。 毎日飲むことでホルモンの分泌を調節し、排卵や受精卵の着床などを防ぐ作用があります。 使いたい場合は、医師に処方してもらう必要があります。 規則正しく服用すれば、約99. 9%もの避妊効果があるため、安全かつ確実な避妊法と言えるでしょう。 また、避妊薬以外の低用量ピルを服用することで、月経不順や月経前緊張症 PMS 、ホルモンバランスの崩れによる肌荒れなどが改善することもあります。 ただし性感染症を防ぐことはできませんので、場合に応じてコンドームとの併用が必要。 また、体の状態や既往歴 過去の病歴や健康の記録 によっては、服用できないこともあります。 IUSは、器具から持続的に放出される黄体ホルモンが子宮内膜に作用し、膜を薄く保つことで受精卵の着床を妨げます。 さらに、膣と子宮をつなぐ子宮けい管の粘液を変化させて精子の侵入を防ぐ作用も。 また、銅付加IUDは、銅イオンを放出する器具を入れることにより精子が子宮内へ入るのを阻止し、受精卵の着床を妨げるといわれています。 どちらも1回の装着で約2~5年間有効で、避妊率99%以上と低用量ピルに迫る高い避妊効果が期待できます。 ただし、産婦人科の医師に装着してもらう必要があり、装着後も定期的に検診を受けなければなりません。 また、出産経験のない女性は子宮の入り口が狭く装着が難しいため、装着時に痛みを伴うことも。 体の状態や既往歴によっては装着が向かない場合もあります。 ・ペッサリー 子宮の入り口に装着するゴム製のフタのような避妊器具で、子宮への精子の侵入を防ぎます。 器具に殺精子剤を塗り、セックスの前に自分で装着。 射精後も約8時間はそのままにし、24時間以内に取り外します。 洗って繰り返し使用できることも特徴です。 使いたい場合は、婦人科の医師に相談して、自分に合うサイズを選んでもらい、使用方法について指導を受ける必要があります。 避妊率は80%程度。 正しく使えれば避妊効果は高いものの、装着が難しく、コンドームと同様に失敗のリスクが高いと考えられます。 ・基礎体温法 基礎体温の変化と月経周期から排卵日を予測し、妊娠する可能性が高い日にセックスするのを避ける方法です。 もちろん、体調によって基礎体温は変動しますし、排卵日を確定することは難しいので、効果は確実とは言えません。 健康管理も兼ねて目安として参考にし、ほかの避妊法を併用するといいでしょう。 直前に膣内に入れる殺精子剤や、手術で避妊する方法 多くのカップルにとってはあまり現実的とは言えないかもしれませんが、こういう方法もあるということはおさえておきましょう。 ・殺精子剤 セックスの直前に、膣内に精子を殺す薬剤を入れておく方法です。 薬剤の種類には、発泡剤、ゼリー、クリームなどがありますが、発泡剤以外は現在、日本では発売されていません。 手軽で副作用もほとんどありませんが、挿入して約5分経過しないと効果が現れず、持続時間も約60分と限界があります。 また、薬の量や濃度が落ちると効力も落ちることに。 単独では失敗の可能性が高いため、コンドームなどとの併用が基本です。 ・避妊手術 女性の場合は、卵管をしばることで、卵子と精子の通り道をふさぐ卵管結さつ術、男性の場合は、精管をしばって精子が放出されないようにする精管結さつ術 パイプカット を行います。 避妊効果は高いものの、一度手術してしまうと機能を元に戻すことが難しくなるため、将来妊娠を希望する人にはお勧めできません。 すでに子どもがいて、これ以上妊娠を望まない人などが、確実な避妊法として選択する場合があります。 失敗する可能性大! 誤った避妊法 多くのカップルが避妊法として選んでいる方法の中には、あてにならない誤ったものもあるので、注意が必要です。 ・膣外射精 射精の直前に膣から男性器を出し、膣外に射精するという方法のこと。 有効な避妊法と勘違いしている人も多いのですが、これは間違い。 精液は射精の前から少しずつ出ているからです。 また女性器の近くに射精した場合は、精子が膣内に入り込む可能性もあります。 ・オギノ式 月経周期から排卵日を予測し、その前後数日間はセックスしないという方法です。 この方法は、もともと妊娠を望む人が妊娠しやすい時期を知り、妊娠率を高めるためのもの。 排卵日を確実に知ることは難しいため、有効な避妊法とは言えません。 中には単独では確実に避妊できないものもあるので、時には複数の避妊法を組み合わせることも必要です。 パートナー任せにせず、2人で話し合いながら、より確実で自分たちに合う避妊法を見つけてください。

次の

射精後の我慢汁で妊娠ってありますか? 我慢汁で妊娠するのはほんとな

我慢汁 妊娠率

世間一般で「素股」と呼ばれる類の性行為についてはご存知でしょうか。 素股とは、基本的には、男性の性器を女性の股にはさみ、前後運動によって刺激と快楽を与える性行為です。 「基本的に」という語句を付けたのは、この行為が男女間だけで行われるとは限らないからです。 女性同氏、男性同士といったように同性愛者間でも行われることが多いです。 女性同士の場合は、性器を擦り付けあうというスタイルで行われがちのようです。 話が少々逸れましたが要するに素股というのは、俗にいう挿入行為は行わず、しかしそれにギリギリまで近い行為と刺激を得るために行われる行為といえます。 挿入行為を行わないため、一般的に考えれば妊娠の可能性はほぼ皆無でしょう。 しかし近年、素股行為によって妊娠を心配し、産科に通院する女性が増えていると聞きます。 ですので今回の記事では、そんな素股行為の基本知識と妊娠のメカニズムの両者を整理し、紹介したいと思います。 この記事の目次• 素股の基本知識 繰り返しになりますが、冒頭でも触れましたように、素股というのは挿入行為を行わない性行為です。 挿入行為を行わない性行為の中では、最も挿入に近い感覚と刺激を得られるため、なんらかの理由で挿入行為を行えないカップルの間で多用される行為となりました。 例えば前述のように同性愛者間のカップルであるとか、もしくは生理などの理由で女性が性行為の本番に非常に消極的であるとか、その理由はケースによって様々です。 また近年は風俗店で人気のサービスでもあります。 というのも、本番の性行為を行わないために、法規制の穴をかいくぐれるからです。 前置きが長くなりましたが、ここではそんな素股という行為の基本的な流れや知識を整理させて頂きたいと思います。 行為の概要 繰り返しになりますが、素股行為によって会館と刺激を得るためには、基本的に圧迫行為と摩擦行為が必要となります。 そのため基本的には男性の性器を女性の股間よりの太もも部、あるいは外陰部などで男性器を挟み込み、圧迫と摩擦を与えます。 またここでいう女性の外陰部というのは、陰核(クリトリス)や小陰唇、はたまた大陰唇や膣前庭(会陰)、膣口まで含みます。 特に陰核部まで密着させて行う場合は男性だけでなく女性にも強い快楽を与える行為になるため行われやすいと言えます。 また男性のペニスを女性が挟み込む時の体勢には様々なものがありますが、特に行われやすいのは、女性が横になって寝そべり、そこに男性が覆いかぶさってペニスを女性の股に挟む(俗に伸展位と呼ばれます)体勢と、女性が俗にいうバックの体勢をとったところに、男性が後ろから女性の股の間にペニスを差し込み挟みこませるケースなどがあります。 また、女性が横向きに寝そべり、また男性も同じように横向きに寝る体勢を取りながら女性の股に挟んでもらう場合などもあります。 何れにせよ、本番行為のように、ペニスを膣に挿入する時の体位や姿勢に類する形を取っています。 行為開始からオーガズムに至るまで とにかく、本番行為に近い体勢でしっかり挟み込めたら、摩擦行為が始まります。 この時摩擦をリードするのは女性であったり男性であったりします。 摩擦行為の際は愛液やローションなどを潤滑剤として行われます。 摩擦行為によって互いに性的快感を味わい、興奮が高まり最高潮に達すると射精が生じます。 この時に男性器を女性器からすぐに離して射精するのが、妊娠のリスクを下げるためにも一般的です。 もちろん挿入状態での射精ではないため、離さずに射精してしまったとしても、その妊娠リスクは微々たるものです。 ですが、性的興奮が昂るに連れて女性器は充血し広がる場合があると言われています。 つまり素股でオーガズムに達した場合、精液が女性器内に入りやすくなっているかもしれないのです。 そのため、念のために離して射精した方が確実に避妊できます。 妊娠の可能性はどの程度? たった今、「確実に避妊するためには、射精の瞬間に男性器と女性器の間の距離を引き離すべき」だと記述致しました。 「ということは、やはり素股でも妊娠の可能性があるのではないか」と心配される方がいらっしゃるかもしれません。 ですのでここでは、妊娠のメカニズムを整理し再確認しながら、妊娠に関しての素股行為の危険性がどれ程のものか、紹介したいと思います。 もっと言えば、「素股の際にどういう条件を守っていれば、妊娠を防げるか」とうことまで紹介したいと思います。 妊娠のメカニズム 妊娠の仕組みを時系列順に簡単に紹介しますと、• 射精された精子が、子宮頸管を通り過ぎ、子宮内から卵管へと進みます。 卵管の中でも膨大部にたどり着いた精子が、排卵された卵子と遭遇します。 出会った精子が卵子の外膜を取り囲み貫通し侵入します(受精)• 卵子と精子が交わった結果、受精卵へと変わり、それが細胞分裂を繰り返す過程で受精卵が発達しながら子宮に戻っていき、子宮の外壁に着床(受精卵が子宮内膜にしっかり根を張った状態)という流れになります。 つまり、 膣口から内部に少しだけ精液が入り込んだ程度では妊娠にはまず至りません。 少なくとも、精子が子宮頸管と卵管を渡り切る程度の勢いを保つことが妊娠には必要になるのです。 とすると、素股行為による妊娠の可能性はやはり極めて低いように思えます。 とはいえ、それはこの後に確認したいと思います。 その「分岐点」は非常にシンプルです。 それは「精液が膣内深くに入り得たか否か」です。 むしろ素股で「精液が膣内深くに入ってしまう」場合とはどのような場合でしょうか。 ここでは2つ紹介いたします。 「 膣口が広がっており、外部からの射精が中にまで入ってしまった場合」と「 誤って(あるいは故意で)射精の瞬間にペニスが膣内に挿入されてしまった場合」の2つです。 前者に関しましては前述の通りです。 女性の性的興奮が高まりますと、女性器が広がる時があると言われています。 すると運が悪いと、外部からの射精でも精液が膣内奥に入り込んでしまうかもしれません。 とはいえ、そもそも空気に触れると死んでしまう精子が膣内奥部にまで入り込む可能性は非常に低いですし、膣口にかかった程度ではまずそうはなりません。 要するにこれは「心配なら気を付けた方がいい」程度のものです。 むしろ問題は後者のケースでしょう。 素股の際に性的興奮が高まるに連れてコントロールが効かなくなり、誤って挿入してしまうというのはあり得そうなものです。 運悪くそのタイミングで射精してしまうと、当然妊娠の可能性は大いにあります。 また、興奮するに連れて理性を失い、男性側が後先を考えずに不意打ちで挿入し、そのまま射精するというのもあり得そうなケースです。 さらに悪いケースだと、自身の快楽と満足感のためだけに、事故を装って故意で挿入する男性もいるかもしれません。 女性・男性共に性的興奮が高まっていれば妊娠の確率は上がる 男女ともに性的な興奮が高まると、膣内を弱酸性からアルカリ性に変化させる分泌液を排出します。 女性の場合は膣の下部両脇に存在するバルトリン腺からバルトリン腺液を、男性は前立腺に存在する尿道球腺液や前立腺液を尿道から排出します。 これらの分泌液には弱アルカリ性の性質を持っていて、精子が性器の中で長時間生き続けられるような環境を作る役割を持っています。 ですので、性的興奮が高まり沢山濡れていれば濡れているほど、男性は興奮すれば興奮するほど精液の量は多くなるので妊娠の可能性が上がるということになります。 実際の子作りの成功確率について 実際の子作りでの性行為を行った場合の成功率は20%であるという結果が出ています。 更に詳しくは女性の年齢によりこの確率は変動します。 また、最近では男性の精子の以上などで不妊になってしまうケースも増えていますので、それを排除した上でも20%という結果になっています。 特に妊娠しやすいのは16歳〜20代前半までの女性で20%の妊娠率、40代を超えると妊娠確率は1桁%にまで落ち込みます。 実際の妊娠は射精、子宮に精子が届く、精子が移動する、排卵してきた卵子と結びつき受精卵となる、受精卵が細胞分裂しながら子宮に戻る、着床する。 までの流れを完全に踏まないと妊娠が確定しないのです。 着床までたどり着けなかった受精卵は通常の生理同様に、細胞の活動限界期間を過ぎてしまうと体外に排出されてしまいます。 ですので妊娠がいかに容易なものでないと言うことがわかります。 しかし、避妊していても1発で妊娠してしまうことのあるのが妊娠ですのでしっかり避妊は行った方がいいでしょう。 妊娠しやすいタイミングについて 子作りを意識的に行う夫婦が狙って性行為を行うタイミングがあります。 女性の卵子は生理周期の内に1日だけしか排卵されません。 しかも、この卵巣から排卵された卵子は24時間しか卵管内で行きていることは出来ません。 また卵子に受精可能な時間については6時間程度とされています。 この期間を過ぎた場合、体外に排出されてしまいます。 なので、この排卵のタイミングに精子が卵管に到達していないと妊娠が出来ないということになります。 精子が子宮内で行きていられるのは長くても1週間。 女性の生理周期のタイミングをしっかり確認しながらタイミングを見計らって排卵予定日にあわせて行為を行うことで妊娠の確率をあげる事が出来ます。 逆に言えばこのタイミングを避ければ、他の日は妊娠しづらい日ということになります。 排卵期は一般的には生理周期2週間目の前後5日程度になります。 生理周期1日目とは経血が発生し確認されたその日です。 精子が1週間生きるということを考慮すると出血から数えて1週間目から長くとっても2〜3週目までの間は妊娠の確率が高い日(言い方によっては危険日)ということになります。 生理周期は一定ではない しかし、女性の生理周期は生活習慣などで簡単にずれこみやすく、排卵日も一定ではありません。 場合によっては1ヶ月以上ずれ込む事もあります。 ですので実際には危険日安全日などというのは簡単には見分けられません。 どうしても快楽を求めるのであれば、妊娠の覚悟、中絶の覚悟を持った上で性行為を行いましょう。 そこまでの覚悟が出来ない人には避妊がおすすめです。 避妊方法について有効な方法を紹介しますので舌の予防法を参考にしてみてください。 予防法 では次に、素股での妊娠リスクを0にするために必要なことを紹介致します。 何度も紹介させて頂いたように、そもそも素股で妊娠してしまう可能性は極小ですが、それを0にするに越したことはない筈ですので紹介致します。 事前にこころがけること・しっかりコンドームを使用する 前項で記述させて頂いたように、素股で妊娠するとすれば「男性側が誤って(もしくは故意に、性的欲求に負けて)挿入し射精してしまう」ケースでしょう。 素股をしてまでしないと性欲を満たせない男性が素股だけで満足するはずがありません。 隙あらば簡単に挿入してきます。 ですので、そういった事故が起きないように予防策を練るべきでしょう。 例えば、「素股でもコンドームを装着させる」などは有効でしょう。 当たり前ですが、コンドームを付けさせていればたとえ挿入されたまま射精されても妊娠リスクをほぼ0に出来ます。 相手の理解が得られれば実行するべきでしょう。 とはいえ、素股行為での着用を拒否する男性もいるかもしれません。 その場合は、「相手が興奮して挿入されても、すぐ逃げられる体勢を確保する」ことが大事でしょう。 そう考えると、少なくとも後背位の体勢は避けるべきでしょう。 腰を男性にしっかり掴まれてしまったら逃げづらいでしょうから。 風俗嬢の避妊テクニック 余談ですが、素股を性サービスとして提供する 風俗嬢は、妊娠を防ぐためにあるテクニックを活用しています。 それは「 素股に見せかけて、実際にはペニスを手で擦る」という方法です。 ある意味、裏技ですね。 手順としては、まず自分の手と女性器にたっぷりローションをつけ、手で相手のペニスを自身の女性器、特に陰核のあたりまで誘導し押し付けます。 そのまま摩擦を手と股間で与えコントロールし、射精する瞬間は股間を遠ざけ、手だけで絞っています。 このやり方だと、そもそも 自身が主導権を握り、素股行為をコントロールできます。 そのため、相手が興奮しても余程のことがない限り、挿入はさせずに済みます。 ピルの使用する どうしても相手の欲求を断れずに、避妊をしない状態で素股、あるいは性行為に及んでしまった場合はピルを性行為後に使用する事でも避妊が出来ます。 ピルは生理周期を整える目的や避妊目的として毎日決まった時間に使用される薬が一般的ですが、性行為後に摂取しても避妊が行える商品もあります。 行為後に使用するタイプのピルはアフターピルと呼ばれる商品です。 ピルの避妊成功率は毎日飲むもので99%以上、実際コンドームよりも高い避妊成功率を誇っています。 アフターピルでは使用する時間や商品によって成功率が変わってきます。 おおよそ24時間以内の服用で95%、72時間以内の服用で75%の成功率があります。 性行為後に慌てなくても良いように、意志の弱い人、なかなか断れない人などはアフターピルを常備しておいたほうが良いかもしれません。 しかしアフターピルには副作用が存在します。 通常のピルに比べて成分が3〜4倍ほど多く嘔吐や吐き気、腹痛、頭痛などの症状が発生します。 まとめ 今回の記事は以上となります。 要するに、素股という行為で妊娠する可能性はやはり極端に低いと言えます。 妊娠のメカニズムという観点からもです。 しかし、相手が誤って挿入するなどの例外があれば別です。 つまり、この「例外」が起きてしまうのを防げば妊娠は防げます。 しかし想定外の何かがあり、どうしてもその例外を防げず、部分的にでも膣内で射精されてしまった場合は、早急に病院に行き検査と指示を受けるべきです。 とはいえ、基本的な避妊のテクニックを使い、そもそもリスクを生まないように楽しむことが何より大事だと思われます。 関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。 ・ ・ ・ ・.

次の

我慢汁で妊娠する確率って?女性の排卵日との関係は?正しい知識と対処法を教えます。

我慢汁 妊娠率

そもそも我慢汁って何だろう? さてまずは「我慢汁(ガマン汁)」の正体を簡単に解説。 そういえばその特徴をとらえたように「先走り汁」と呼ばれることもあり、英語では「precum」…pre(前、あらかじめ)、cum(精子、精液、射精)と表記されるそう。 ちなみに自分は我慢汁が出ないという人に会ったことがありません。 それくらい男性においてはポピュラーな存在かなとも思っております。 我慢汁は一般的に男性が性的興奮を感じることによって、ペニスの先っちょである尿道口から自然と無意識にトロッと出てくる体液のことをさしており、射精のときにドピュッと大量放出される精液とは別物になります。 絵面的には突出したペニスの先っちょからトロトロとあふれてくるため、どうしたってその様はやや不格好に感じることが多い。 その見た目を恥ずかしいと感じる男子が多くても仕方なし。 …ちなみに我慢汁に対してほとんど知識がないという女性は少なくないので、「なんか出てる?」とやっぱり驚くケースが多いようです。 しかし「相手も興奮してくれているのかと思うと嬉しい」といったアンケートの回答もあるように、自分に対して性的興奮を感じてくれるひとつの分かりやすいサインとして安心や嬉しさを感じる人も多いようです。 もちろん我慢汁に対しては肯定的な意見ばかりではありませんが、女性はそれほど悪い印象を感じていないことが多いようですね。 続いて語るカウパー液のこと ここからはもうちょっと深く掘り下げてカウパー液の話。 最近ではかなり知られる存在となったカウパー液ですが、これはエンドウ豆ほどの大きさの「尿道球腺」でつくられている分泌液のこと。 このカウパー液は見た目が乳白色の精液と違って無色透明であり、ぬるぬるとしたほどよいぬめり感とそれなりの粘り気を帯びています。 そのため手についたりするとそこそこびよーんと伸びる。 その粘り具合についてはおそらく個人差があるのでしょうが。 これは見た目の違いもさることながら触った感じも精液とはちょっと違ったもので、女性が性的興奮時に愛液によって濡れるのと同じように、カウパー液の流出は男性版の「愛液で濡れる現象」といったところ。 …せっかくなので役割の話も少ししておくと、カウパー液の役割はどちらかと言えば周りをサポートしてくれる感じのお仕事。 まず潤滑油のようなものとして精液の排出を滑らかにしてくれています。 先走りなんてちょっと残念っぽい印象の呼ばれ方もありますが、先行してスムーズな射精放出のお手伝いをしてくれていたんですね。 他のお仕事にも関連してくるのがカウパー液のpH。 カウパー液のpHはアルカリ性で、尿道の酸性度(健常者の尿は弱酸性)によって精子が弱ってしまわないようカウパー液が中和してくれています。 あと普段から酸性の状態に維持されている膣内部において、カウパー液は精液と共に精子を守る役割も担っています。 カウパー液は決して目立つことはないが縁の下の力持ちといった感じで、そっと陰から支えてくれる存在となっているわけです。 我慢汁の出し方とは? 「我慢汁ってどうやったら出るの?」という質問もあるので簡単に解説。 もともと我慢汁が出てくるのはあくまで生理現象であり、射精感を我慢することとは関係なく性的興奮時に自然と生じるものです。 まぁある意味我慢しているタイミングで出ていることも少なくないので、我慢しているから出る…といった誤解を招いても仕方ないのかもしれませんが。 例えば男性がキスや愛撫などの前戯をじっくり楽しんでいるときであっても、我慢することとは無関係に我慢汁が出てくることは珍しくありません。 他にも人によってはそこまでオナニーをしたいというタイミングでなかったとしても、ちょっと心に響くようなエッチなシーンを見てしまい、しばらくそれを見ているだけでもそのうちじんわりと出てくることもあります。 まぁ自分の意志ではコントロールできないというのが困ったものですね。 いずれにしても我慢汁の出し方は基本的に簡単でコツはいりません。 一般的には性的興奮によって本人の意思とは無関係に出てくるものなので、アダルト動画をそのまま長時間見ていても出やすい。 もちろんオカズになり得る興奮度の高いものであるほどよくて、ピクリとも興奮しないような駄作では長時間見ても出てこない可能性あり。 本番での前戯においても、男性が我慢できなくなるほど女性がリードしてお預け状態にすればかなり出やすくなるでしょうね。 射精感を我慢できるのであれば普通にオナニーしてみるのもOKで、ほどよく刺激して性的興奮度を高めてあげればあとは自然と出てくるかなと思います。 関連記事: 妊娠とカウパー液と我慢汁 ここでは最初にわざわざ我慢汁とカウパー液を別々にして解説していますが、これにはあえてそうした理由がそれなりにあります。 そう…いつからかカウパー液は予期せぬタイミングでの妊娠において、要はそこそこ多くのケースで真っ先に悪者扱いされることが多い。 しかし厳密に言えばカウパー液そのものが悪いわけではなく、このように広まってしまった事情にはちょっとした誤解もあるのです。 …そもそもただの純粋なカウパー液では妊娠することはありません。 これについては「カウパー液でも妊娠することがあります。 」と言われることもありますが、厳密かつ実際にはただのカウパー液で妊娠することはありません。 まずカウパー液を分泌している尿道球腺という部位では精子をつくっておらず、構造上においてここに精子を直接送り込む手段もないため、ただのカウパー液自体には精子が含まれることはなく、カウパー液だけでは妊娠したくてもできないのです。 一般的には悪者扱いされて一躍有名になった感じもしますが、純粋なカウパー液自体が妊娠の引き金になることは構造上ないわけなんですね。 …それと色々調べてみると「我慢汁は厳密にはカウパー液のこと。 」と言っている人も多いのですが、これも本当の意味で厳密な言い方をすれば我慢汁はカウパー液だけをさすものではないのでこれも若干正しい表現とは言えません。 我慢汁はあえて言うなら単に興奮時に出てくる体液の総称をさしているだけで、これをそもそもカウパー液だけと考えるのが間違いなのかもしれません。 女性の愛液が複合液であるように、男性の愛液…いわゆる我慢汁も人によっては複合液であることがあるので単にカウパー液だけとは限らないのです。 我慢汁とカウパー液の真実 …ではなんでこうもカウパー液がこれだけ悪者扱いされているか。 それは前項目でも触れたように純粋なカウパー液だけでは妊娠しませんが、実は「射精以外で精液が流出していることがある」というだけなのです。 その射精以外のときに流出したごく少量の精液が尿道にてカウパー液と混じり、いわゆる我慢汁…いわゆる愛液…すなわち複合液となって出てくるのです。 これは正直なところ男女の性別に関係なくほとんどの人が知らないことかもしれませんが、あの妊娠で最も避けたい精液が射精以外でも流出しているなんて、知らなかった人にとってはなかなか驚愕の事実かもしれませんね。 精子は意識して射精する以外にも少しずつもれていることがあります。 男性自身がそういったタイプなのかどうかを調べようと思えば調べられると思いますが、基本的にそこまでして特定している人はほぼいないはず。 しかし精液の流出の可能性がある以上、これまでやや警戒の緩かった我慢汁もしっかり警戒対象にしておくのが無難と言えるでしょう。 つまり「我慢汁=カウパー液+精液(可能性)」と考えるのが、妊娠を回避するための賢明で安全な対策となるわけなんですね。 Hum Fertil Camb. doi:10. 2010. 520798) これは人数の少ないやや小規模な調査だったので、大規模な調査においてはもっと割合も変動するかと思いますが、いずれにしても重要なのは射精以外でも精液流出の可能性があるという事実でしょう。 このテーマのひとつの回答にもなるかと思いますが、先にも触れたように純粋なカウパー液には精子が含まれていないので受精することはありません。 しかし男性の構造上において射精以外でも精液流出の可能性があり、場合によっては「我慢汁=カウパー液+精液」となる可能性があるため、厳密にはカウパー液ではなく単に精液流出によっての妊娠もしくは我慢汁によっての妊娠はあるということ。 関連記事: 我慢汁の危険性と外出しの話 我慢汁の話でつながりの深い話が「外出し」。 外出しをするということは自然と挿入は「生挿入」を行うということであり、最終的にはタイミングを見計らって外出し(膣外射精)をすることになるわけですよね。 もうお気づきの方も少なくないと思いますが、そう…つまり生挿入を行った時点でもうすでに妊娠する「可能性がある」ということ。 それは前項目でも書いた通り射精の有無には関係がない…。 「外出しで失敗した!」…といったエピソードは珍しくありません。 しかしそもそも生挿入を行った時点で、人によっては射精以外のピストン中などにも精液が流出している可能性があるわけで…。 もちろん射精時ほどの精液量が出ているわけではないので、理論上では妊娠する確率はかなり低くなります。 それでもまだ妊娠を望んでいないといったタイミングであれば、しっかりと我慢汁も警戒すべきということ。 これは補足になりますが、とある研究調査において「使用1年妊娠率」での理想的な外出しで4. Ardent Media, 2011. ) 同データにおいて避妊しなかった場合の1年での妊娠率が85. まぁ実際のところ精液流出の可能性の有無、流出していたとしても少量といったことを含めて考慮すると、妊娠率が大幅に減少する理由も納得のいく数値。 …とはいえ外出しはもともと男性主導の選択肢であり、事故が起これば防ぎようがないわけですが下手な人は事故が多い。 そういった事故というリスクまでも考えていくと、一般的な方法で22. もともと外出しもかなり警戒すべき選択肢ではありましたが、我慢汁というものの正体を知るとこれを警戒した対策も必須なのかもしれません。 ところで性的興奮時に出てくる体液を、我慢汁ではなく「先走り汁」という言い方をすることもあるという話をしましたよね。 こうやって調べてみて明らかになったことではありますが、先走り汁という表現はある意味その真意に近しい言い得て妙な言い回しなのかもしれませんね。 関連記事:.

次の