うつ伏せ 練習。 【医師監修】赤ちゃんのうつぶせ練習はしなきゃだめ?腹ばいにさせる際の注意点

赤ちゃんのうつ伏せ練習はいつから?効果や、やり方のコツもご紹介!

うつ伏せ 練習

うつぶせを嫌がる理由を見極めよう! 赤ちゃんのうつぶせ嫌いの大まかな理由をフローチャート分けしました。 あなたの赤ちゃんがうつぶせにした瞬間から怒ったり、びっくりして泣く場合は うつぶせの感覚に慣れていないのかもしれません。 普段仰向けが多い赤ちゃんは、うつぶせになることで視界がひっくり返ることに驚いてしまいます。 また、普段は体重のかからない胸で体を支える、という感覚も最初は怖がる子もいます。 そりゃあ、身体の中で一番重たい場所ですからね。 かつ、仰向けで寝かせていると頭の重さを感じる機会がありません。 急にこんな重たいもの乗せないでー!と怒っているかもしれません。 頭を持ち上げるためには、首の力、背中の力、かつ腕を自由に動かす力が必要です。 最初は頑張れるけど、少しずつ疲れてくると頭が下がり、怒ってしまう子も多いです。 大好きな大人と見つめあったり、喃語でおしゃべりしたり、背中をマッサージしたり… 赤ちゃんが気持ちよいと感じる刺激をたくさん送ってあげましょう。 機嫌よくうつぶせでいられる時間を少しでも長くできればOKです。 頭の重さにびっくりしてしまう子、筋力がなくて頭が徐々に下がってきてしまう子には このように体に角度をつけてあげることをオススメします。 ポイントは• 両腕をしっかり前に出してあげること• 正面におもちゃ等を置いてあげること です。 これによって、両手が自由に動かしやすくなるので、体の重さを負担に感じづらくなります。 時間はお子さんが少しぐずり始めるかな…?くらいまでは続けてOKです。 泣きだしたら、無理に続けず休ませてあげましょう。 そんなの、赤ちゃんだって楽しくない!ということで、楽に体を支えながらたくさん遊ぶことができます。 しかも、この枕取り外しして洗えるようです。 衛生的。 よだれまみれになること間違いないですからね笑。 まとめ 今回は、うつぶせを嫌がる赤ちゃんのための原因の見つけ方とその対策を紹介いたしました! うつぶせ遊びは、ハイハイやずり這いだけでなく、立つ歩くといった長期間の発達に影響するといわれています。 大人も赤ちゃんも、楽しいうつぶせ遊び、Tummy Timeを過ごしましょう! 疑問やお悩みがある際は、こちらからお気軽にどうぞ!.

次の

【赤ちゃんのうつ伏せの練習】始める時期と練習方法から、気を付ける点まで!

うつ伏せ 練習

うつ伏せはいつから? まず、 うつ伏せは生後1ヶ月くらいから始めてもいいとされています。 ですが、 うつ伏せの練習は必ずしないといけないわけではありません。 というのも、赤ちゃんは寝返りが出来るようになり、ずりばいができるようになり、ハイハイやお座りが出来るようになっていきます。 その為うつ伏せは成長していく上で、必ずすることになるんです。 なので赤ちゃんが自然に寝返りが出来るようになるまで、うつ伏せをしないのも問題はありません。 ですが我が家ではうつ伏せの練習をさせました。 私が始めたのは生後1ヶ月半くらいのときからです。 始めのうちは頻度も時間も短くしていました。 生後3ヵ月くらいには寝返りに向け、よくさせるようになりました。 ではどのように練習させたらいいのでしょうか。 我が家のうつ伏せの練習前にやったこと 育児も初めてだった私は、 首がすわっていないわが子にいきなりうつ伏せにさせるのが不安でした。 なのでうつ伏せをさせる前に、予行演習を始めました。 それは ラッコ抱きです。 ラッコ抱きとは、名前の通り赤ちゃんをラッコのようにお腹の上に乗せる抱っこの仕方です。 赤ちゃんを方でゲップさせるような状態から、お腹(胸)の上に移動させ、そこから少しずつ寝るような体制にしていきます。 この時にいきなり寝る状態にするのも不安だったので、まずはソファーに浅く座り、 赤ちゃんがもたれかかれるくらいから始めました。 そこから何日かかけて、お腹の上でうつ伏せにさせるようにしました。 — 2020年 1月月15日午前6時10分PST うつ伏せは急いでさせる必要はありませんが、たくさんのメリットがあります。 筋肉がつくということ以外にもメリットがあるので、ご紹介していきます。 首がすわりやすくなる うつ伏せにさせると、 赤ちゃんは顔を持ち上げようとするので筋肉がついていきます。 すると 首もすわりやすくなったり、横を向くのが早くなります。 首がすわっていない赤ちゃんは、抱っこをしたりお風呂に入れたりするときに不安ですよね。 首がに安定しやすくなるので、育児も少し楽になりますよ。 ゲップが出やすくなる うつ伏せの体制にしてあげると、 ゲップが出やすくなります。 これはうつ伏せになることで、 お腹が圧迫されるからです。 背中をさすってもうまく出ない時には、うつ伏せにさせてあげましょう。 またミルクや母乳を吐き戻してしまう時にも、うつ伏せにしておくとうまく空気だけを出せるのだそうです。 もしうつ伏せにしても便秘が解消されない時には、綿棒浣腸をしてみましょう。 私は初めての時に苦戦しましたが、コツが分かれば簡単です。 鼻で呼吸をしやすくなる うつ伏せにすると、口が閉じやすく 鼻呼吸ができるようになったり、肺が広がりやすい体制なんです。 そのため 肺の機能が鍛えられ、赤ちゃんの呼吸も深くなるのだそうです。 また、口で呼吸をすることは、たくさんのデメリットがあります。 ・風邪をひきやすくなる ・浅い呼吸になる ・口が開いているので、顎の筋肉が弱まる 引用: 小さなうちから鼻呼吸を意識しましょう。 授乳や指しゃぶりなども、鼻呼吸になるというメリットもありますね。 寝つきがよくなる? うつ伏せの姿勢は、 体幹や背中などいろんな筋肉を使います。 — 2020年 1月月17日午後9時21分PST うつ伏せのメリットは分かりましたが、首が座っていない赤ちゃんには注意しなければいけないことがあります。 赤ちゃんの命にも関わることなので、チェックしておきましょう。 目を離さない まず、赤ちゃんにうつ伏せの練習をさせる時には、 絶対に目を離さないでください。 自分で首を持ち上げたり寝返りができませんので、しっかりと見てあげてください。 ちなみに我が子はうつ伏せで横をうまく向けませんでした。 ずっと顔を持ち上げようとしていて、疲れてきたら「助けて」というようにぐずるように教えてくれました。 慣れてくると、いきなりボフっと布団に顔をうずめることもあったので、しっかりと見てあげましょう。 うつ伏せのまま寝かせない うつ伏せにさせたときに、うまく横を向いて転がっていたとしても、そのまま寝させることはしないでください。 うつ伏せの状態で顔の向きを変えようと思ったら、一度顔を持ち上げないといけません。 まだうまくできないので、 窒息してしまう危険があります。 また、うつ伏せの姿勢のまま寝かせると SIDS 乳幼児突然死症候群 の危険もあります。 SIDS 乳幼児突然死症候群 とは、まだ原因がはっきりしていません。 SIDSは、何の予兆や既往歴もないまま乳幼児が死に至る原因のわからない病気で、窒息などの事故とは異なります。 成30年には60名(概数)の乳幼児がSIDSで亡くなっており、乳児期の死亡原因としては第4位となっています。 寝かせる時にうつぶせに寝かせたときの方がSIDSの発生率が高いということが研究者の調査からわかっています。 医学上の理由でうつぶせ寝を勧められている場合以外は、赤ちゃんの顔が見えるあおむけに寝かせましょう。 引用: 無理にうつ伏せを続けない うつ伏せの練習をさせる時には、赤ちゃんが嫌がっている、ぐずる時にはすぐに仰向けに戻してあげましょう。 慣れない状態からうつ伏せを長くさせると、 赤ちゃんにストレスがかかってしまいます。 今まで仰向けばかりだったので、いきなり体制が変わると赤ちゃんも不安になってしまいます。 もしうつ伏せを怖がるようであれば、無理をせず少し期間をあけてから始めるようにしてみましょう。 柔らかい場所ではしない 赤ちゃんをうつ伏せにする場所にも注意が必要です。 もちろんフローリングのような冷たくてかたい場所もいけませんが、 ふかふかの柔らかい場所も危険です。 例えば、柔らかい布団の上でうつ伏せ練習をしたとき、赤ちゃんが 横を向いても布団で口や鼻がふさがってしまい呼吸ができないことがあるからです。 うつ伏せ練習をする時には、赤ちゃんが埋もれるような柔らかい場所はさけるようにしましょう。 うつ伏せ練習のまとめ 赤ちゃんは自分から寝返りをしたり、はいはいをしたりと成長していきます。 その間にうつ伏せには必ずなるので、 うつ伏せの練習は必ずしないといけないものではありません。 ただこのようなメリットがあります。

次の

赤ちゃんのうつぶせの練習はいつから?腹ばいの効果と注意点は?タミータイムを親子で楽しもう!

うつ伏せ 練習

助産師さん訪問や自治体の育児ガイドでも推奨されていたので、ウチでもすくすくと実践中です!ゆうくんの成長も感じられて楽しいです。 うつ伏せ練習の意味やメリット うつ伏せ練習をすることの意味やメリットは、身体機能の発達や体の調子を整えるなど、実に様々です。 寝がえりやハイハイに必要な筋肉の発達 うつ伏せ練習は赤ちゃんが自らの力で頭を持ち上げることから、 首や肩、背中の筋肉を鍛えることができます。 それによって首がすわりやすくなるほか、寝がえりやハイハイに必要な筋力も育ちます。 また、うつ伏せの姿勢は胸やお腹、手足の筋肉を発達させることにもつながります。 便秘の解消でうんちが出やすくなる うつ伏せ練習をすることで、 適度にお腹に腹圧がかかり、赤ちゃんのうんちが出やすくなります。 ウチのゆうくんも2・3日の便秘に悩んでいますが、うつ伏せ練習をした後にうんちが出ることが多いです。 心肺機能を発達させることができる 普段寝ているときは背中側ばかりに圧力がかかっていますが、うつ伏せの姿勢を取ることで 肺が広がりやすく、心肺機能を発達させることができます。 それにより、赤ちゃんの呼吸も整うようになり、鼻で呼吸する習慣も身についていきます。 好奇心の促進 うつ伏せ状態から頭を持ち上げる姿勢により、赤ちゃんは普段とは違った視線で物や周りの景色を見ることができます。 これにより、赤ちゃんの好奇心を刺激することができ、退屈しやすい赤ちゃんにも効果的です。 とくに、うつ伏せをしている赤ちゃんの前におもちゃを置いてあげることで、触ろうと必死に体を動かし、遊び感覚で身体機能を発達させることにもつながります。 赤ちゃんの成長を実感できる これはママやパパにとってのメリットですが、数週間前よりも赤ちゃんの頭が上がるようになったり、少しずつ左右に動こうとしたりするのを確認できるので、 赤ちゃんが目に見えないところですくすくと成長しているのを実感することができます。

次の