結婚指輪 いつ。 結婚指輪はいつからつけましたか?【100人結婚調査】

彼女が喜ぶ婚約指輪の渡し方は?いつ、どんなタイミングで渡す?|ポンテヴェキオ

結婚指輪 いつ

男性のみなさん。 彼女に喜んでもらえる婚約指輪を渡すタイミングって、いつだと思いますか? プロポーズと一緒? それともプロポーズの後? やっぱりサプライズが喜ばれる? 初めてのことでよくわからない婚約指輪。 とはいえ、まさにここからふたりの人生が新たにスタートする、かなり大事な場面です。 何事も最初が肝心。 今回は、そんな婚約指輪を渡すタイミングについてご紹介します。 さて、あなたならどうする? 婚約指輪を渡す時期やタイミング、どうしたらいいの? 「婚約指輪は、いつ渡したらいい?」これは、結婚の意志を固めた男性なら悩むところですよね。 いくら女ゴコロに疎い男性でも、女性なら誰しも「プロポーズの言葉とともに、突然手渡される小さな箱…」そんな光景に強い憧れを持っていることも知っています。 だからこそ、少しでもその理想に近づけられたら、と頭を悩ますわけですが、でも実情はちょっと違うようで…。 いくら愛する彼がプレゼントしてくれたものであっても「気に入らないから、彼の前でしか着けない」や「気持ちだけ受け取って我慢してる」、「あらためてふたりで買い直した」などの意見も、それほど珍しいことでもないようです。 では、 彼女に喜んでもらえる婚約指輪の選び方や渡し方とは、どんなものなのでしょうか? 婚約指輪受け取る側の女性のホンネは? また、受け取る側の女性はどんなふうに考えているのでしょうか。 アンケートから見えてくる女性のホンネをご紹介します。 8% サプライズではない 66. 1% できれば一緒に選びたい/作りたい 50. 4% 正直、どちらでもかまわない 14. 7% 妻 23. 1% 2人で 43. 7% その他 0. 女性にとってはロマンチックなムードでの渡され方も憧れだけど、一生の宝物となる特別なリングだからこそ、自分好みのデザインや、憧れのブランド、いつも身に着けていたいと思うものをセレクトしたい…というのがホンネのようです。 彼女の指輪のサイズを事前に調べる難しさや、万が一、サイズや好みが合わなかった時のリスクを考えると、一緒に選んで、きちんと試着してから購入したほうが間違いなさそうです。 結婚は準備の段階からふたり一緒に取り組むもの、と考えれば、 サプライズにこだわる必要はなさそうです。 婚約指輪の渡し方、一番喜ばれる方法を考える たしかに一緒に選べば、失敗もなくきちんと彼女に喜んでもらえる納得の婚約指輪を購入することができます。 ですが、指輪の出来上がりと同時にそのまま渡すのは、あまりロマンチックとは言えません。 ちょっと味気なさすぎるようにも思います。 せっかく夢にまで見た婚約指輪をプレゼントされるなら、とっておきの方法で渡してもらいたいと思うのが女性の憧れ。 だからこそ、 ただ渡せばよいのではなく、 渡すことに意味を持たせてはいかがでしょうか。 最大限喜んでもらうためには、自分なりの思いを込めた演出で渡してあることができれば、きっと彼女にも喜んでもらえると思います。 恥ずかしいから、なんて言わずに彼女の喜ぶシチュエーションを用意してみませんか? 日常的に身に着ける結婚指輪と違って、 婚約指輪はふたりにとっても大切な記念品です。 先輩カップルたちの渡し方・渡され方を参考に、自分たちなりの演出を考えてみましょう。 彼女の笑顔を想像しながら、 その演出を考えるのもまた楽しいはずですよ。 教えて! みんなの婚約指輪の渡し方・渡され方事情。 婚約指輪は、結婚をするという決意と誠意の形と言えるもの。 プロポーズの演出と一緒に渡すにしても、一緒に選んで彼女を満足させるにしても、人それぞれにドラマがあるようです。 ・「婚約指輪は彼女と一緒に購入しに行きました。 当初言われていた受取日より早く出来上がったと連絡があったので、すぐに取りに行き、彼女の誕生日に合わせて渡すことができました。 思いがけないタイミングだったので、彼女も喜んでいました」 ・「プロポーズと一緒に『結婚してください」と婚約指輪をプレゼントすることが彼の憧れだったのですが、絶対に私が自分で選びたいと言い張ったため、残念ながら彼の夢は叶えられませんでした(笑)。 おかげさまで私は大満足です!」 ・「婚約指輪をふたりで買いに行った時、店員さんが『真剣に一緒に選んでくれる男性は少ないので、素敵な旦那さんですね』と言ってくれたことで、想いがこもっているような気がしてすごく嬉しかった」 ・「ディナーを食べているときに渡そうとしていたらしい彼。 しかし私は彼のバックの中に指輪らしきものが入っていたのが見えていたので『今日渡されるんだ…』とはじめからバレバレで、プロポーズではちょっと笑っちゃいました」 ・「結婚が決まってから一緒に選びに行きました。 自分がつける物なので、自分の好みの指輪が良いですからね。 」 ・「ふたりで買いに行ったんだけど、買った後に指輪の入った紙袋を、そのまま渡されてしまった。 ふたりで一緒に見て選ぶまではいいけれど、せめて渡すときに何か演出とか欲しかったなぁ」 ・「付き合うことになった思い出の場所へ食事に行きました。 食事の後、付き合い始めたきっかけの話になった流れで、『結婚しよう』と指輪が登場。 記念日でもなんでもない日で、全く予想してなかったのでびっくりでした。 」 ・「うちは結納の日取りが決まってから買いに行きました。 でも、ドラマみたいに指輪がプロポーズって言うのも憧れです」 ・「誕生日にディナーを食べにいき、最後のデザートと一緒に婚約指輪を店員さんが運んできてくれました! 気持ちは本当に嬉しかったけど、ベタすぎるシチュエーションに、照れくさいやら恥ずかしいやらで内心早くお店を出たかった…」 ・「私はプロポーズの時、空の指輪ケース渡されました。 『買いに行く時間なかった』そうです。 それでもこのことを笑える性格で良かったな、と自分で感心しています。 指輪は後で一緒に買いに行きました」 ・「『エンゲージリングは必要ない』と言っていた私に、それでも彼はサプライズで購入するつもりだったそうです。 でも結局決められず一緒に買いに行くことに。 結果的には私好みのデザインが選べて嬉しかった。 やっぱりエンゲージリングは特別な指輪なので、もらうことができてよかったと思いました」 ・「同棲生活している部屋で、いつもどおりの週末にテレビを見ながら、なんの前置きもなく指輪を渡された。 しかも『とりあえず結婚しましょう』と。 とりあえずって何だよ!? と思いましたが、まあ仕方がないかと受け止めました。 それでも嬉しかったですよ」 ・「わたしのお気に入りの指輪がないと思っていたら、いつのまにか彼が私の指輪のサイズを知るために持ち出していたことが後日判明。 いつのまにか婚約指輪を買ってくれていました。 当然サイズはバッチリでした。 」 ・「サプライズで婚約指輪をもらって嬉しかったですよ。 でも、私はジュエリー好きだったので、ドラマチックさよりも一緒に買いに行ってほしかったです。 デザイン的な好みもありますし、サイズの問題もあります。 彼には申し訳ないけど、私にとってはそれとこれとは違うのに、という気持ちがしてしまっています」 多くの場合、知らない間に準備をしてくれている、という 心遣いがさらに喜びを大きくしてくれるようですが、必ずしもそれが彼女の希望通りではないこともあり得ます。 大事なのは、独りよがりのサプライズではなく、普段からの彼女が発するシグナルに耳を澄ませ、 彼女が受入れやすいシチュエーションを意識して渡すことが重要なことのようです。 プロポーズや婚約指輪を、心から喜んで受け取ってもらうために、購入のその前に、考えておくべきポイントをご紹介します。 ・予算はいくらにするのか? 「給料3ヶ月分」などとも言われますが、相場はあってもいくらにするかの決まりはないので、ご自身の誠意で良いでしょう。 見栄をはって、後々ふたりの家計から切り詰めるのを喜ぶ女性はあまりいません。 ・どこで買うのか? 彼女の好きなブランドをきちんと把握していたり、一緒に買いに行こうと思っているなら、お店選びは彼女にお任せしてもいいでしょう。 サプライズでの購入なら、あらかじめ好きなブランドや、指輪のサイズの知っている必要があります。 いざ当日渡した時に、サイズが合わなかったりするとガッカリですし、この人、私のことわかってくれているの?と彼女を不安がらせてしまいます 上記のように「彼女が持っていたリングを借りて調べた」など、事前にきちんとリサーチしてください。 彼女の指輪のサイズの調べ方はこちらの記事も参照にしてください。 ・いつ渡すのか? よほど衝動的なことがないかぎり、おおよそプロポーズの日や婚約指輪を渡したいと思っている日は決めているかと思います。 ここで注意しておきたいのは、婚約指輪は購入から指輪の受け取りまでに 約3週間~3ヶ月程度、時間が必要な場合もあります。 サプライズでも、結納または両家顔合わせでのお披露目にしても、 渡すタイミングから逆算して用意できるようにしましょう。 何よりまず、家庭を持つ心構え、できていますか? 何よりも大切なことですが、心構えはできていますか? これからは自分ひとりではなく新しい家族を作ることになります。 男性として守るべき家族のことを優先に考える必要があります。 だからこそ、きちんとプロポーズして、婚約指輪を渡すことで「この人と結婚するんだ」「この人を一生守り続ける」という覚悟をあらたにすることが大事なのです。 そうした覚悟をもって、プロポーズしてくれる。 そんなあなただからこそ、彼女の心もついてきてくれるのかもしれません。 、 幸せな家庭を築くための第一歩です。 がんばってください。

次の

結婚指輪はいつからつける?6割が挙式後と回答した理由とおすすめのタイミングをご紹介

結婚指輪 いつ

結婚指輪は通常結婚式をする場合には挙式日と関係してきますが、そうではない場合には入籍日との関係も出てきます。 結婚指輪と入籍との関係についてよくある疑問について今回はまとめて解説をします。 結婚指輪と入籍日!挙式日と入籍日とに期間の開きがあるとき 通常冒頭でもいいましたように結婚式の日にはじめて結婚指輪をつけるというようなカップルがかなり多いですし、最も多いといえます。 ただ最近は• 入籍日を重視していて挙式日のかなり前に婚姻届を提出する• その後数ヶ月ほどして挙式日がめぐってくる というようなパターンも多いといえます。 法的にはたしかに入籍日が夫婦となる日となり、結婚指輪をはじめてつける日としてはふさわしいといえます。 ただ一般的にはやはりこのような場合でも結婚式まで結婚指輪をつけないカップルが多いです。 プロポーズから挙式までは婚約指輪をつける• 結婚式後は結婚指輪をつけていく というような流れが一般的な形です。 結婚式では招待客もいますし、自宅などで自分たちだけで結婚指輪をはじめてつける儀式をするよりも感動的な思い出となりやすいといわれています。 結婚指輪はいつ買うべき?入籍前?入籍後? また結婚指輪は入籍日の周辺になりやすいのですが、まず前提として結婚指輪は店にいってすぐに持ち帰ることができるものではないとなっています。 名前や日付の刻印を指輪の裏側にすれば2週間• 海外ブランドは3ヶ月• オーダーメイドだと1~3ヶ月 参照 「」 というように発注してから届くまでにこのような期間がかかります。 刻印なし、既製品で、かつその店の在庫にあるもの(ショーケースのものは展示用で持ち帰れない)という条件を満たせば即日持ち帰ることもできますが、通常可能性としては低くなります。 そのためはじめて結婚指輪をつけるであろう日からこの納期までの期間を逆算して発注しなければいけないとなります。 結論からいいますと• 通常は結婚式にはじめて指輪をつける• 結婚式をしない場合には入籍日にはじめて指輪をつけることが多い• 結婚式をしても入籍日にはじめて指輪をつけたい といくつかの結婚指輪をつける日、タイミングというものがありますが、このそれぞれの日から逆算して結婚指輪を発注しなければいけないということです。 入籍前に結婚指輪をつけるのは非常識?おかしい? 結婚指輪をつけるタイミングに決まりはありません。 そのため別に入籍前につけてもおかしくありませんし、特に女性の心理として入籍前にも指輪が届いてしまうとすぐにつけたくなるものでもあります。 あとは二人の気持ち次第といえます。 もし結婚式をするという場合には、• 結婚式までに結婚指輪に傷がつく• 結婚式で新鮮な気持ちが損なわれる というデメリットがありますが、これらが気にならないのであれば特に問題はないかと思います。 傷に関しては最悪、クリーニングすれば挙式当日などにきれいに戻せるということもあります。 参照 「」 結婚指輪が入籍に間に合わない?問題ない? 結婚指輪の店めぐりや発注が遅れているという人がいて、上のような納期までの期間からすれば入籍までに結婚指輪が届かない、間に合わないというようなケースもありますが、特に問題ないかと思います。 最低でも結婚式当日に指輪が間に合えば良い• 入籍後、結婚式の後にゆっくりと結婚指輪を探すカップルもいる ということで結婚指輪は自分たちのペースで買えば良いと思います。 入籍、結婚式まで期間がなく間に合わない状態で、しかも両方の日にどうしても結婚指輪が欲しいという場合には• とりあえず在庫のある結婚指輪に決める• 即日で持ち帰る• 刻印などは入籍、結婚式が終わった後にまた店に指輪を預けることで行ってもらう というように一旦預けるということであれば店によっては融通してくれることもあります。 個人的には結婚指輪は耐久性などを重視して本当に気に入ったものを選んで欲しいのであまりおすすめはしません。 参照 「」 「」 ちなみに結婚指輪の品質についてはこのページにかなり詳しく解説していますので、購入前には絶対に目を通しておいて欲しいと思います。 結婚式の準備で役に立つサイト ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。 全国の式場から検索ができます。 予約まで行えば 10,000円の商品券の特典があります。 やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。 一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。 来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。 スポンサード リンク 結婚式って高いとあきらめていませんか?.

次の

結婚指輪はいつから準備するべき?オススメのタイミングを紹介

結婚指輪 いつ

「結婚指輪はいつから準備するべきなのか」に悩む人は少なくありません。 「式の直前だと大変だろうし、かといって1年も前から準備しておくのもなんだかおかしい気がする」と悩んでいる人のために、今回は 「結婚指輪を準備するオススメのタイミング」をご紹介します。 また、 結婚指輪の歴史や由来、 どうして結婚指輪を薬指にはめるのか?といった豆知識もまとめているので、指輪を選ぶときの参考にしてくださいね。 この記事のポイント!• 結婚指輪を購入・準備しようとしている人向け• 指輪はいつから準備し始めるとよいかがわかる• 指輪交換の歴史や意味を知ると、結婚指輪の大切さがわかる• 結婚指輪をいつからつけ始めるのかがわかる 結婚指輪は挙式の半年前から準備しよう! 結婚指輪はいつから準備するべきか迷ったら、 「挙式の半年前から指輪探しをはじめる」ことをひとつの基準にしましょう。 結婚指輪を探しはじめてから購入まで平均2ヶ月かかる 「」によると、結婚指輪を買って式を挙げたカップルは 平均して式の約8ヶ月前から指輪を探しはじめ、1. 8ヶ月後に指輪を決めています。 つまり、 結婚指輪を決めるのに約2ヶ月はかかるということです。 「挙式の直前にジュエリーショップに駆け込んで決めた」というカップルがいないわけではありませんが、二人で長く使うものなのでじっくり選ぶことをオススメします。 挙式の3ヶ月前までに準備しておくのがオススメ 一般的に 挙式の3ヶ月前になると式の準備で忙しくなります。 二次会の計画や細かい打ち合わせが増えてきますし、招待客の管理なども必要なので、ゆっくり指輪探しをしている暇がありません。 結婚指輪をオーダーメイドする場合、ブランドにもよりますが 納品まで3ヶ月程度はかかります。 親や恩師から譲り受けた指輪をリフォームして自分たちだけの指輪につくり変える場合も同様に時間がかかります。 そのため、少し余裕をもって、挙式の半年前から準備をはじめることをオススメしています。 挙式まで時間がない!などの特別な事情がある場合は、できるだけ早め早めに準備を始めましょう。 結婚指輪を交換する意味とは? 「」によると、 結婚したカップルの「98. 5%」は結婚指輪を購入しています。 しかし、なんとなく結婚には指輪が必要なものだと思ってつけるより、 どういう理由があって指輪交換という風習が現代にまで伝わってきたのかを知っておいたほうが、結婚指輪も結婚相手も大切にできるでしょう。 結婚指輪をせっかく購入するのなら、つけないという選択肢はできるだけ避けたいところですね。 では、結婚指輪の歴史をみてみましょう。 結婚指輪の交換は古代ローマや古代エジプトから行われている 「結婚する相手に指輪を渡す」という行為は、 紀元前にまでさかのぼります。 結婚していることを周りに示す、 結婚相手をその他大勢とはっきりわける、 加工の必要な指輪を用意することで財力や権力を示す、 身につけていても邪魔になりづらいなど、さまざまな理由を満たすのに指輪という形が最適だったからでしょう。 現代式の結婚指輪を正式に認めたのは、9世紀のローマ教皇ニコラウス1世という人物です。 ときの権力者であるローマ教皇が結婚指輪を身につけたことで、当時の貴族へと一気に結婚指輪の文化が広まりました。 ちなみに、日本に結婚指輪という風習が伝わってきたのは江戸時代の終盤。 当時の出島を通して入ってきた指輪文化は、明治、昭和と歴史が進むにつれて日本でも一般的になりました。 結婚指輪をはめる薬指は、命につながる指 結婚指輪は薬指にはめます。 どうして薬指なのかというと、古来より 左手の薬指は命、つまり心臓につながっている指だと信じられてきたからです。 命につながる左手の薬指に指輪をはめることで、 相手を災いから守る、お互いの命を預け合う、という気持ちを示しています。 買ってすぐ?入籍日?結婚式の日から?———結婚指輪はいつからつけるのか 意外と悩むのが 「結婚指輪はいつからつけるべきなのか」という問題です。 神社で行う神前式や手続きを自由にプランニングできる人前式では「指輪交換がないので指輪をつけない」場合もありますが、 教会式の結婚式では指輪交換が必ず行われます。 ブライダル・ウェディングは女性の憧れ。 そのため、 「指輪交換を終えたあとからつけはじめる」という人が大半です。 また、「式より前からつけ始めてしまうと外すタイミングがわからないし、お風呂に入ったり着替えたりする間に傷つくのが嫌」という現実的な考えの人もいます。 しかし、 式を挙げない、神前式を行う、指輪を見せたい人がいるといった場合、 式を待たずに結婚指輪をつけても問題はありません。 教会式で結婚式を挙げる方と同様の理由で、結婚式の当日ではなく入籍日からつける人もいます。 まとめ• 先輩新郎新婦は、指輪を決めるのに 平均2ヶ月かけている。 指輪は式の準備で忙しくなる3ヶ月前には間に合うよう、 挙式の半年前から準備するのがオススメ。 結婚指輪の歴史は紀元前にまでさかのぼる! 由緒正しい風習なので、指輪と結婚相手は大切にしよう。 結婚指輪は、 結婚式での指輪交換後からつけるのが人気!• ただし、 買ってすぐや入籍日につけてもOK 結婚指輪はいつから準備するべきか、オススメのタイミングをご紹介しました。

次の