新型 コロナ 世界 地図。 世界各国の新型コロナウイルス感染傾向がわかるストーリー マップを公開

京都)おうちミュージアム 漢字で世界地図、実験指南… [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型 コロナ 世界 地図

世界のBCG接種状況(ReseachGateより)• A(黄色)はBCG接種を義務づけている国で、日本、中国(武漢を除く)、韓国(大邱を除く)、ロシア、インド、ASEAN諸国、中南米(エクアドルを除く)など、例外なく死亡率が低い(人口100万人あたり死者1人以下)。 B(青)はBCGの義務化をやめた国。 EUでは1980年代からBCGを任意にし、日本のようなハンコ型ではない新しい株になった。 右の表のように(小国とイランを除くと) 死亡率のワースト10はすべでBCGを義務化していない国だ。 特にBCG義務化をやめたスペイン(死者93人)と義務づけているポルトガル(死者6人)の差が印象的だ。 C(赤)はBCGを義務づけていない国で、イタリア(死者136人)、オランダ(死者25人)、アメリカ(死者4人)。 この傾向から考えると、アメリカの死者はこれから数十倍に増えるおそれが強い。 の報告は「集団免疫ができるときの死者は(何もしないと)全米で220万人」と予測している。 JSatoNotesより によると、ドイツは1998年にBCG義務化をやめて新しいタイプのBCG株を使うようになったが、図のように(ソ連から導入された) 日本型のBCGを義務づけていた旧東ドイツ地域では感染率が低く(1万人中500人以下)、新型の旧西ドイツ地域では高い(1000人以上)。 一見この地図と合わないのはBCGを義務づけているイラン(死者27人)だが、イラン製の特殊なBCG株を使っている。 日本型のBCGを接種しているイラク(死者0. 9人)とは対照的だ。 BCGを義務化するかどうかよりも、日本型のBCG株がコロナに有効で、新しい株がコロナにきかないのかもしれない。 武漢や大邱は、局地的に多くの人が密集して接触したことや院内感染による例外的な「感染爆発」だったと思われる(中国のBCG株も中国製)。 「ダイヤモンド・プリンセスで日本人の発症率は低くなかった」という反論もあるが、BCGの免疫効果が弱く、大量のウイルスが体内に入ると発症すると考えれば説明がつく。 これは普通の感染症も同じで、免疫は完璧なものではない。 医学的にBCGの有効性が確認されたわけではないが、世界各国で臨床試験が始まっている。 は「BCGでコロナの抗体ができるかどうかは疑問だが、人体への影響を弱めることは考えられる」という専門家の意見を紹介している。 疫学的な相関関係は完璧なので、偶然の一致とは考えにくい。 いずれにせよ日本人が集団免疫に近い状態にあることは十分考えられるので、どれぐらいの比率で抗体をもっているかを政府がでサンプル調査する必要がある。 それによって今後の防疫対策は大きく変わる。 追記:NHKによれば、オーストラリアの研究機関が新型コロナウイルスに有効かどうかを確認するため、医療従事者4000人を対象にBCGの臨床試験を行うと発表した。 これまでの研究では、類似したウイルスに感染した人にBCGを使うと、ウイルスの数を減少させる効果が認められたという。

次の

新型コロナ感染 日本国内・世界各国マップ

新型 コロナ 世界 地図

おさえておきたい世界の新型コロナマップ4選 世界中に感染が拡大する新型コロナウイルスの情報をまとめるため、海外ではさまざまなコロナマップが開発されています。 世界のコロナマップを4つご紹介します。 WHO:感染者数・死亡者数・感染確認国・感染者の累積数まで WHOが公開しているのが「Novel Coronavus(COVID-19)Situation(新型コロナウイルスの感染状況マップ)」です。 リアルタイムではないものの、正確な感染状況を把握するのに役立ちます。 韓国:マップで感染者数や感染者確認場所が可視化 韓国では、大学生が新型コロナウイルスの最新状況が分かる「コロナマップ」を開発し、大きな話題となりました。 リリース当初は疾病管理本部から提供を受けたデータをもとに、感染者の移動ルートを地図上で確認できました。 現在は感染者数や患者が確認された場所などを見ることができます。 外国人旅行者のために、英語版の提供も行っています。 さらに3月9日からマスクマップを正式リリースする予定です。 生年月日によってマスクを購入できる日が指定される取り組みで、このマスクマップでは購入できる店舗や在庫状況を確認できる仕様となるようです。 すでに薬局など25,000か所の販売店が登録されています。 中国:感染・死亡・回復データを可視化だけでなくデマ対策まで 多くの中国人が新型コロナウイルスの最新情報を確認しているのが、杭州・医療系ユニコーン企業「丁香園」の速報サイトです。 「丁香園」のミニプログラムには、新型コロナウイルスに関する「うわさ」について、医学的な観点から回答を紹介する「うわさコーナー」があります。 「お灸でウイルスを防げるか」「電子レンジでマスクを消毒できるか」といった質問に対する回答が紹介されており、デマ対策としても一役買っているようです。 アメリカ:症例数、死者数、回復者数の情報を大学が提供 アメリカでは、ジョンズ・ホプキンス大学が、新型コロナウイルスの感染状況をまとめたWebサイト「」を提供しています。 日本人向け新型コロナウイルスマップ コロナマップは日本でも開発されています。 ここからは日本人向けのコロナマップを2つご紹介します。 日本経済新聞:新型コロナ感染 世界マップ 日本経済新聞が公開している「新型コロナ感染 世界マップ」では、世界中に広がる新型コロナウイルスの感染状況をマップで見ることができます。 WHO、中国国家衛生健康委員会などの発表をもとに、地図上に感染者の数が円の大きさで示されます。 画面右側は世界全体の感染者数や死者数、国別の感染者数などがグラフで確認できます。 日本語のコメントが付いており、海外のコロナマップでは外国語の理解が難しい日本人にも、分かりやすくなっています。 日本国内における新型コロナウイルスの感染状況は、厚生労働省や各地方自治体から逐次発表されています。 これらの情報を一元的に取りまとめてダッシュボードマップとして可視化することで、一般の人にも分かりやすく伝えています。 地図やグラフを活用することで、感染者の数やエリアなどが一目でわかります。 画面右側には、発表された症例の一覧も掲載されています。 誤った情報が拡散され、人に伝播していくことで混乱が生じる現象は、「インフォデミック(Infodemic)」と呼ばれます。 平常時であれば起こらないことが、目に見えない外敵への不安によって判断を鈍らせています。 多くの人がデマに振り回されてしまうのは、「不安を解消したい心理的な衝動」と「正しい情報源を知らない」ことが大きな理由と考えられます。 SNSは個人の意見や根拠のない情報が行き交う場所です。 デマ情報の騒動からもわかる通り、SNSで知った情報をそのまま鵜呑みにするのは日常生活に悪影響をおよぼす可能性があり非常に危険です。 冷静に対応するためには、正しい情報と正しい知識を身に着け、不安になりすぎないことが大切です。 また情報を発信するメディアによって、伝え方や注目するポイントは異なります。 情報源は1つではなく複数持っておき、「何が正しいのか」や「どのような意見や考え方があるのか」を総合的に判断できるとより情報に振り回されることは少なくなるでしょう。 正しい知識を身に着け判断力を養えば、不安から来る過剰反応がなくなり、混乱が起こりづらくなるでしょう。 今回ご紹介したコロナマップなどを活用し、必要な時に正しい情報源にアクセスできるようにしておくことは、デマに惑わされず冷静に対応するために役立つでしょう。 <参考> 日本経済新聞: ジャッグジャパン株式会社: WHO: の地図API: 杭州・医療系ユニコーン:.

次の

「BCG有効説」眉唾だが懸けてみる価値アリの訳

新型 コロナ 世界 地図

おさえておきたい世界の新型コロナマップ4選 世界中に感染が拡大する新型コロナウイルスの情報をまとめるため、海外ではさまざまなコロナマップが開発されています。 世界のコロナマップを4つご紹介します。 WHO:感染者数・死亡者数・感染確認国・感染者の累積数まで WHOが公開しているのが「Novel Coronavus(COVID-19)Situation(新型コロナウイルスの感染状況マップ)」です。 リアルタイムではないものの、正確な感染状況を把握するのに役立ちます。 韓国:マップで感染者数や感染者確認場所が可視化 韓国では、大学生が新型コロナウイルスの最新状況が分かる「コロナマップ」を開発し、大きな話題となりました。 リリース当初は疾病管理本部から提供を受けたデータをもとに、感染者の移動ルートを地図上で確認できました。 現在は感染者数や患者が確認された場所などを見ることができます。 外国人旅行者のために、英語版の提供も行っています。 さらに3月9日からマスクマップを正式リリースする予定です。 生年月日によってマスクを購入できる日が指定される取り組みで、このマスクマップでは購入できる店舗や在庫状況を確認できる仕様となるようです。 すでに薬局など25,000か所の販売店が登録されています。 中国:感染・死亡・回復データを可視化だけでなくデマ対策まで 多くの中国人が新型コロナウイルスの最新情報を確認しているのが、杭州・医療系ユニコーン企業「丁香園」の速報サイトです。 「丁香園」のミニプログラムには、新型コロナウイルスに関する「うわさ」について、医学的な観点から回答を紹介する「うわさコーナー」があります。 「お灸でウイルスを防げるか」「電子レンジでマスクを消毒できるか」といった質問に対する回答が紹介されており、デマ対策としても一役買っているようです。 アメリカ:症例数、死者数、回復者数の情報を大学が提供 アメリカでは、ジョンズ・ホプキンス大学が、新型コロナウイルスの感染状況をまとめたWebサイト「」を提供しています。 日本人向け新型コロナウイルスマップ コロナマップは日本でも開発されています。 ここからは日本人向けのコロナマップを2つご紹介します。 日本経済新聞:新型コロナ感染 世界マップ 日本経済新聞が公開している「新型コロナ感染 世界マップ」では、世界中に広がる新型コロナウイルスの感染状況をマップで見ることができます。 WHO、中国国家衛生健康委員会などの発表をもとに、地図上に感染者の数が円の大きさで示されます。 画面右側は世界全体の感染者数や死者数、国別の感染者数などがグラフで確認できます。 日本語のコメントが付いており、海外のコロナマップでは外国語の理解が難しい日本人にも、分かりやすくなっています。 日本国内における新型コロナウイルスの感染状況は、厚生労働省や各地方自治体から逐次発表されています。 これらの情報を一元的に取りまとめてダッシュボードマップとして可視化することで、一般の人にも分かりやすく伝えています。 地図やグラフを活用することで、感染者の数やエリアなどが一目でわかります。 画面右側には、発表された症例の一覧も掲載されています。 誤った情報が拡散され、人に伝播していくことで混乱が生じる現象は、「インフォデミック(Infodemic)」と呼ばれます。 平常時であれば起こらないことが、目に見えない外敵への不安によって判断を鈍らせています。 多くの人がデマに振り回されてしまうのは、「不安を解消したい心理的な衝動」と「正しい情報源を知らない」ことが大きな理由と考えられます。 SNSは個人の意見や根拠のない情報が行き交う場所です。 デマ情報の騒動からもわかる通り、SNSで知った情報をそのまま鵜呑みにするのは日常生活に悪影響をおよぼす可能性があり非常に危険です。 冷静に対応するためには、正しい情報と正しい知識を身に着け、不安になりすぎないことが大切です。 また情報を発信するメディアによって、伝え方や注目するポイントは異なります。 情報源は1つではなく複数持っておき、「何が正しいのか」や「どのような意見や考え方があるのか」を総合的に判断できるとより情報に振り回されることは少なくなるでしょう。 正しい知識を身に着け判断力を養えば、不安から来る過剰反応がなくなり、混乱が起こりづらくなるでしょう。 今回ご紹介したコロナマップなどを活用し、必要な時に正しい情報源にアクセスできるようにしておくことは、デマに惑わされず冷静に対応するために役立つでしょう。 <参考> 日本経済新聞: ジャッグジャパン株式会社: WHO: の地図API: 杭州・医療系ユニコーン:.

次の