無理だったら大丈夫です 敬語。 「だったら」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

妻からの敬語。

無理だったら大丈夫です 敬語

「大丈夫」の敬語表現とは 普段の生活であれば、「大丈夫ですか?」と尋ねられたら「大丈夫です」と答えるのは至って普通のことです。 しかし、ことビジネスシーンにおいて「大丈夫」はNGワードです。 上司や目上の人に対して使用するのは適切ではありません。 今回は「大丈夫」を中心に敬語への言い換え方を見ていきましょう。 「大丈夫」を敬語に言い換える時は自分が何を伝えたいのか考える 「大丈夫」を敬語に言い換える時はまず、自分が相手に何を伝えたいのか考えることが重要になります。 たとえば、会食の日程について取引先のお客様から提案のメールがあったとします。 その提案に対して了解の返事をしたい時、「大丈夫です」というのは目上の人に対しての言葉遣いとしては不適切です。 当然、「OKです」や「了解しました」もNGとなります。 この場合「その日程で問題ない」ということを伝えたいのでメール文では以下のようになります。 「結構です」は目上の人には使えない 敬語に肯定の意味で使われる 「結構です」がありますが、これは本来、目上の人が目下の人に対して使われる言葉なので、 部下が上司に対して使うのは間違いです。 正しくは「問題ございません」となりますので、意識して正しい敬語を使用しましょう。 また似たような言葉に 「構いません」という表現がありますが、これは 「してもしなくても、どちらでもよいです」という意味が含まれるうえ、上から目線の言葉になってしまうので厳密に言うと上司や目上の人に使用するのにはあまりふさわしくありません。 同期や先輩など少し砕けた言い方でも問題ない相手には使用しても良いでしょう。 ビジネスシーンでの言い換え表現を覚えよう 普段、家族や友人との間で使用する分には問題ない言葉もビジネスシーンにおいてはNGであったり、通用しなかったりすることが多々あります。 敬語への言い換えは1日や2日で習得できるような簡単なものではありません。 言い換えを瞬時にできるようになるためには、普段から意識して使用する必要があります。 以下はビジネスメール(取引先のお客様とのメール)においての言い換え表現になります。

次の

「大丈夫でございます」という表現

無理だったら大丈夫です 敬語

「だったら」を敬語で表現したい場合、どのような使い方をするのが自然なのでしょうか。 まずは「だったら」を敬語に直した時の種類や使い方を解説していきます。 「だったら」の敬語に種類はある? 「だったら」を敬語に言い換えた場合、「でしたら」を使うのが一般的です。 目上の方に対して謙譲語を使いたい場合でも「でしたら」を使うことは問題ありません。 他にも「であれば」という言い方も「だったら」の敬語表現に使用することができますが、使い方を間違えてしまうと、相手が不快に感じる場合があります。 「であれば」の使いどころが分からない場合は「でしたら」を使うようにしましょう。 「だったら」の使い方は? 「だったら」の使い方は主に二つあります。 仮定の後に「~だったら」を付ける場合と、相手の話を引き継いで答える場合に「だったら」と会話の出だしで用います。 「だったらこっちが良い」といったように会話の出だしで「だったら」を敬語で表現するときは、「でしたらこちらがよろしい」でも問題ありません。 しかし、目上の方に失礼のないように伝えたい場合は「さようでしたら、こちらがよろしいかと存じます」と表現した方が、より丁寧な敬語の受け答えになります。 「さようでしたら」はとても丁寧な言い方になるので、会社の先輩と打ち合わせするような場面であれば、「であれば」・「でしたら」で問題ありません。 「だったら」のメールでの使い方 メールや手紙の場合は特に形に残ってしまうものなので「だったら」を敬語に直すように務めましょう。 また、メールや手紙は一方的に相手に伝える形になるため、会話で相手の言葉を引き継ぐ使い方である「だったらこっちが良い」というような言い方は、敬語表現であったとしても使用は避けましょう。 相手のメールの返事から引き継ぐ文章だった場合でも、相手の文章を抜粋して仮定の文に直した方が丁寧な文章になります。 また、きちんと言葉を繰り返すことで意思疎通がしっかりするので仮定を省かずに丁寧な文章になるように心がけましょう。 ビジネス会話での「だったら」 ビジネス会話で部下に仮定の話をする場合でも「~だったら」と表現するよりも「~であれば」と表現した方が、「だったら」を使うよりも丁寧さと大人なイメージを相手に与えることができます。 砕けた雰囲気を作りたいときは別ですが、仕事の話をしているときは、相手が部下であっても、こちらが言葉遣いに気を付けることで部下の外部への接し方や部下からのリスペクト具合に影響することも考えられるので気を付けて会話しましょう。 「~であれば」は敬語として使用できますが、使いどころによっては尊大な態度と取られる場合があります。 顧客など外部に対して丁寧な印象を与えたい場合は、「~でしたら」とした方がソフトな印象を与えることができます。 「だったら」を敬語表現するときの例文 「だったら」には二つの使い方があります。 そこで「だったら」を敬語で表現した時の例文をいくつか紹介してきます。 基本の「でしたら」 「ご入用でしたらフロントまでお申し付けください」 ホテルなどの案内で「必要なものがあれば場合に声をかけてください」と言う意味で使用します。 同じ読みと勘違いしてしまう言葉で「要用(ようよう)」という言葉がありますが、必要なものと言う意味で「ごいりよう」と使いたい場合は「ご入用」が正しいです。 「要用」は必要な用事という意味で現代ではあまり使われていない言葉です。 「もしだったら」 「こちらが原因でしたらよろしいのですが」 願望を敬語で表現したい場合に使用することができますが、感想を口にしているだけなので物事を報告するときなどに目上の方に対して使うのはおすすめできません。 仕事では何かを報告する場合は、願望を交えず事実を簡潔に伝えることが大切です。 接客などでは、相手の立場に立って一緒に悩むような場面では、相手に良い印象を与える可能性もあります。 また、ビジネス会話でも顧客と相談している時のやり取りでは使用されることもあります。 例文はその後に原因が他にあった場合などの説明を続ける必要があります。 この例文だけで言葉を止めてしまうと、他人事のように聞こえてしまうので対策などがない場合は不用意に使わないようにしましょう。 相手を励ましたいときの「だったらいいのに」 願望が相手を気遣っての事だった場合は、以下のような表現で伝えることができます。 「よい結果であることを祈っております」 こちらがお願いすることではなく、応援する言葉を贈りたい場合は積極的に使うことをおすすめします。 もちろん一緒にやっている仕事など、自分も関わっている場合は「他人事」と取られてしまう恐れがあるので、使用は避けましょう。 「だったら立たないと」 「でしたらお立ちになられた方がよろしいかと」 相手の話を聞いた上での敬語での丁寧な返答として使用できます。 相手の相談でアドバイスを返したいときに「だったら」ということで、相手の言葉を引き継ぐ形になります。 「でしたら」・「そうしましたら」と返答するようなやり取りは受付業務などでよく耳にすることが多いです。 「だったら」の別の敬語表現例 「だったら」は他の言い方があるのでしょうか。 そこで別の言葉で敬語表現に置き換えた例文を紹介します。 「そうしたら」・「そしたら」 「そういたしましたら、こちらの商品がおすすめです」 「そうしたら」・「そしたら」を敬語に直して「そういたしましたら」にすると丁寧な印象になります。 「だったら」の敬語である「でしたら」よりも、謙譲語も含んでおり丁寧で、少し柔らかい話し言葉になります。 しかし、「そうしたら」・「そしたら」は前に仮定の文を置くことができないため、話し言葉として相手の話を引き継いで使う形しか取れません。 ビジネスに置いては人によって会話で使うことはありますが、メールなど文章で使うことはほとんどありせん。 「それだったら」 「それでしたらこちらで承ります」 「そうしたら」・「そしたら」と同じように使用することができます。 「そういたしましたら」は謙譲語が含まれているので丁寧さは上がるのですが、個人の好みや会社の指導などでどちらとも同じように使われています。 「だったら」の類語・言い換えの敬語表現 次に、類語など「だったら」と似たような使い方をする他の表現方法の例文を敬語に直して紹介していきます。 「であれば」 「再発するようであれば、対応いたしますのでお手数ですがご連絡ください」 「であれば」はどちらかというと、相手に指示を出す場合などに用いられることが多いです。 顧客などに対して使う場合は「でしたら」を使う方が丁寧な印象を与えられます。 例文の言い方は顧客に対して使う方も多く居ます。 相手と常に連絡を取っているような間柄であればこのように伝えても不快感を感じる人は少ないでしょう。 文章的にも後半では「お手数ですが」や「ご連絡ください」と丁寧に伝えていますので失礼な言い方にはなりません。 「~であれば」の後半で敬語や気づかいの文が無いと、尊大な印象を与えてしまう恐れがあるので注意しましょう。 「できましたら明日までにご連絡いただければ助かります」 「できれば」は敬語に直して「できましたら」にすると丁寧な印象をになります。 「できれば」は「可能であれば」と同じような意味で使うことができます。 こちらも目上の方に対しては使用を避けましょう。 「可能であれば」と同じように「差支えなければ」に置き換えることをおすすめします。 「差支えなければ」 「できれば」と同じ例文で目上の方に同じような事を伝えたい場合は以下のように伝えることができます。 「差支えなければ明日までにご連絡いただければ幸いです」 「差支えなければ」は敬語としてはもちろん、目上の方に対して失礼のないように何かをお願いするときに使うことができます。 例文は目上の方からどうしても連絡をしてもらう必要がある場合に使用することができます。 ただし、目上の方から連絡をしてもらうこと頻繁に依頼するのは失礼に当たります。 できる範囲でこちらから連絡を取る形を取りましょう。 いつもの話し言葉で相手の気分を害さないように! 話しの内容に集中しすぎてつい「もし~だったら」と言ってしまわないように、仕事や目上の方に対して話をするときは注意しましょう。 もちろん目上の方であっても、普段からフランクに会話できる相手であれば、多少崩した言葉でも気にされない方もいます。 しかし、普段から気を付けることで、もっと目上の方や丁寧に話さなければいけない場面でついいつもの口調が出てしまう恐れも考えられます。 よほどかしこまった言い方をしなければ、敬語は相手にとって気分の悪くなる言い方にはなりません。 目上の方であれ部下であれ、相手に失礼にならないように普段から言い換えられるものはなるべく敬語に使っても差し支えのない言葉を選ぶように心がけましょう。

次の

「大丈夫でございます」という表現

無理だったら大丈夫です 敬語

「大丈夫」の元々の意味 「大丈夫」は元々 「危険がなくて安心なさま」「間違いなく確かなさま」を意味します。 「大丈夫」は中国からきた言葉です。 周時代の長狭の単位で「一丈」とは約180cmを表していました。 「丈」の長さが周時代の男性の平均身長に近いことから、成人男性は「丈夫」、成人男性の中でも強くて立派な男性のことは「大丈夫」と呼んでいました。 「大丈夫」が伝わり、日本でも立派な成人男性のことを「大丈夫」と呼びました。 そこから、立派な男性がいれば安心であることから「大丈夫」という言葉の意味が変化し、「安心なさま」「確かなさま」を意味するようになりました。 しかし、 現在では「大丈夫」は本来の意味とは違って使われています。 例えば「お弁当は温めますか」「いや、大丈夫です」とした場合。 この場合の「大丈夫」は本来の「大丈夫」では意味では成り立たない会話です。 「大丈夫」の正しい例としては、「この仕事は彼女に任せて大丈夫」「病院に行くにはこっちを曲がって大丈夫?」となります。 「大丈夫」は敬語ではないので注意 上から目線なニュアンス 基本的に「大丈夫」は相手の問い合わせに対して、 「構わない」「問題ない」という意味で使います。 しかし、 ビジネスシーンにおいて「大丈夫」を使用するのは、なるべく避けるべきです。 「大丈夫」は自分を基準としている言葉のため、相手を基準としなければいけないビジネスシーンでは不適切な表現になります。 ビジネスシーンでは、もし自分に決定権があったとしても、相手が目上である場合は敬意を表さなければ失礼にあたります。 肯定とも否定ともとれ、意味が曖昧 また、 「大丈夫です」は否定するときにも肯定するときにも使うため、曖昧な表現です。 例えば「お水は飲みますか」と聞かれ、「大丈夫です」と答えると飲むのか飲まないのか曖昧になります。 このように「大丈夫です」は誤解を招いてしまうこともあります。 「大丈夫です」は日常会話でも使う便利な言葉ですが、目上の人には使用しないように気をつけましょう。 同等や目下の人に対して「大丈夫です」は使用可能です。 「大丈夫です」の敬語表現とその例文 相手の発言に賛成のときの「大丈夫です」の敬語 「大丈夫です」の敬語表現は何になるのでしょうか。 「特に異論はない」「それでいいですよ」という意味で「大丈夫です」を使う場合は、 「問題ありません」「問題ございません」と言い換えるのが良いでしょう。 「問題ありません」は「困ることではありません」「問題にするほど重要なことではありません」という意味になります。 「問題ありません」は目上の人に対して使うことができます。 「了解」という意味の「大丈夫です」の敬語 また、「了解」「OK」という意味で「大丈夫です」を使う場合は、 「承知しました」「かしこまりました」と言い換えます。 「了解です」「OKです」などは軽い印象を与えてしまうため、目上の人に対しては相応しくありません。 「承る」は謙譲語ですが、「承知」は厳密には謙譲語ではありません。 しかし「承知」は「承」という文字を含むため丁寧な表現です。 「承知」だけでは失礼ですが、「承知しました」「承知です」といったふうに丁寧語をつけることで、目上の人に使用するのが適切になります。 「かしこまる(畏る)」は「つつしんで目上の人の言葉をお承る」という意味の謙譲語です。 「かしこまりました」は「承知」を表す言葉のなかで最も丁寧な言葉に当たります。 しかし、最近では「何か飲み物でも飲む?」などの問いかけに対して「大丈夫です」と返答することが多くなりました。 この場合の「大丈夫です」は、「飲みません」と否定の意味で使われています。 この断るときの「大丈夫です」は、そもそも「大丈夫」の使い方としておかしいとも言われていますが、若者の間では定着しつつあります。 敬語として使うのはもちろんNGです。 断るときは「大丈夫です」ではなく、「いいえ、飲みません」「遠慮しておきます」などとはっきりと言うのが適切になります。 例えば「ビール、もっと飲める?」などの問いに対してに、「大丈夫です」と答えた場合、「飲めます」と捉えることができます。 他にも「いつなら会えそう?」と聞かれたときに、「どの日でも平気」という意味合いで「いつでも大丈夫です」と使うことがあります。 ただし、「大丈夫です」は否定の意味でも使うので分かりづらく、コミュニケーションに齟齬が生まれる可能性もあります。 ですので、こういった場合には、 はっきりと「はい、飲みます」だったり、「空いているのでどの日でも良いですよ」と詳しく答えることが適切です。 「支障ありません」は 「さしつかえありません」「都合は悪くありません」という意味になります。 相手や状況によって「差し支えありません」だと少々丁寧すぎるなと思うときは、代わりに「支障ありません」を使えます。 例文 ・その件に関しては何も支障はありません。 ・こちらの製品を入荷できるのであれば、支障ありません。 「大丈夫です」の敬語表現「差し支えありません」 「差し支え」は「都合の悪い事情」「さまたげ」「支障」を意味します。 「差し支えありません」は 「都合は悪くありません」「支障はありません」という意味になります。 より丁寧な表現にしたい場合は、「差し支えございません」とします。 例文 ・時間がかかっても差し支えありませんので、気をつけてお越しください。 ・お返事は明日でも、差し支えありません。 「大丈夫じゃないです」の敬語表現とその例文 相手の発言内容に反対のときの「大丈夫じゃないです」の敬語 例えば、相手の発言内容に反対するときに「大丈夫じゃないです」と言うことがありますが、これは目上の人に対して失礼に当たります。 相手の意見に反対するときは、 「賛成できかねます」「賛成できません」と言うのが適切です。 「かねる」は「〜しようとして、できない」「〜することが難しい」を意味します。 「賛成できかねます」は「賛成することは難しい」「賛成することはできない」という意味合いになります。 ・残念ですが、そのことについては賛成できかねます。 「分かりません」の意味の「大丈夫じゃないです」の敬語 「分かりません」という意味で「大丈夫じゃないです」と言うことがありますが、間違いです。 「分からない」ということを伝えたい場合は、 「わかりかねます」「存じ上げません」を使うのが適切になります。 「存ずる」は「知る」「承知する」の謙譲語です。 「大丈夫じゃないです」と答えるよりも、「存じ上げません」と答えた方が丁寧になります。 「わかりかねます」は「分からない」の丁寧な言い回しです。 「かねる」は「〜しようとして、できない」「〜することが難しい」を意味します。 例文 ・その件についてはわかりかねます。 「できない」という意味の「大丈夫じゃないです」の敬語 例えば「この仕事、一人でできる?」「いえ、大丈夫じゃないです」と返事をすることがあると思います。 「できない」ということを伝えたい場合は、 「できかねます」「いたしかねます」を使います。 「かねる」は「〜しようとして、できない」「〜することが難しい」を意味します。 「できかねます」は「〜することができない」を表しています。 「いたしかねます」は「する」の謙譲語「いたす」に「かねる」が付いた言葉なので、目上の人に対して使用することができます。 例文 ・誠に申し訳ありませんが、今回のご注文はお請けいたしかねます。 ・誠に残念ですが、本日中の納品はできかねます。 「結構です」も目上の人には使えないので注意 「結構」の意味は、 ・すぐれていて欠点がないさま ・それで良いさま、満足しているさま ・気立てが良いさま ・それ以上必要としていないさま となります。 「結構です」とする場合は、肯定と否定(断り)の2つの意味で使われます。 「結構です」だと肯定と否定の2つの意味があるため、相手に真意が伝わらない可能性があります。 例えば「こちらの商品でよろしいでしょうか?」と聞かれ、単に「結構です」と言った場合は、「この商品で良い」のか「この商品じゃなくていい」のかと、肯定か否定か判断できません。 誤解を招かないためにも、しっかり「こちらの商品で結構です」「こちらの商品じゃなくて結構です」といったように具体的に文章を繋げる必要があります。 もしくは、「結構です」の前に「はい」か「いいえ」を付けるだけでも意味は伝わります。 否定をするとき・・・「いいえ、結構です」「もう結構です」 肯定をするとき・・・「はい、結構です」「これで結構です」「それで結構です」 「結構です」は少々上から目線な印象を与えてしまう可能性があるので、一般的に 目上の人が目下の人に対して使います。 一見間違っていないようで実は間違っている敬語表現 敬語を正しく使っているようで、実は間違っていたり、相手に対して失礼な言い回しになっているということがあります。 そこで正しい敬語の使い方について身につけましょう。 *「参る」は謙譲語のため、相手の行動に対しては使えない.

次の