ハリー・ウィノカー。 ミスタードーナツ

ダンキンドーナツとは

ハリー・ウィノカー

ハリー・ハムリン ハリー・ハムリン 『タイタンの戦い』 1981年 アメリカ 出演: ハリー・ハムリン、ジュディ・ボーカー、 ローレンス・オリビエ 監督:デズモンド・デービス 内容:ギリシャ神話の世界を背景に、呪いをかけられた王女アンドロメダを救うため、怪獣や魔物の住む世界に冒険の旅に出る勇者ペルセウスの活躍を描いている古代アドベンチャー映画。 レイ・ハウゼンのSFX(特殊効果)シーンたっぷりに描かれている。 『王者の道 マルホランド・ラン』 1981年 アメリカ 出演: ハリー・ハムリン、ジョセフ・ボトムズ 監督:ノエル・ノセック 内容:ハリウッド・ヒルズのマルホランド・ドライブウェーを舞台に、カー・レースのチャンピオンである若者を中心に描いている青春群像劇映画。 カー・レースの背景に流れるロックも魅力的である。 『ゲームの達人』 1984年 アメリカ 出演: ダイアン・キャノン、 ハリー・ハムリン、マリアム・ダボ、 ドナルド・プレザンス 監督:ケビン・コナー 内容:シドニー・シェルダンのベストセラー小説を基に、製作費65億円で完全映像化。 4代・100年間に渡る一族の愛憎と葛藤を描いている全3部作の大河ドラマ。 父親のジェミーがダイヤモンドと海運業で築いた莫大な富は娘のケイトに引き継がれた。 ビジネスはゲームだと確信する彼女を待っていたのは、反逆と愛情が葛藤する世界だった。 『復讐』・『野望』・『制覇』の全3部作。 連続焼死事件を担当した刑事は、奇妙な事実を発見する。 『大統領を作る男たち』 1988年 アメリカ 出演: ハリー・ハムリン、 ロバート・ロジア、 リンダ・コズラウスキー、ランス・ゲスト、ジェームス・ウィトモア、 ジョン・マホーニー、 ロニー・コックス、ケネス・マクミラン、ミッチェル・ライアン、フレデリック・レーン、 リチャード・ブラッドフォード、ステファニー・クレイマー、J・ケネス・キャンベル、ジェイソン・アレキサンダー 製作総指揮・原作・脚本:スティーブ・ソーマー/製作:ジョナサン・バーンスタイン/音楽:ジョン・モリス/撮影:ブラッドフォード・メイ 監督・演出:ジェフ・ブレックナー 内容:権力と欲望が渦巻いているアメリカ・ワシントン。 要人暗殺事件に隠された謎と驚愕の真実。 複雑に絡んだ政治的攻防を描いている傑作ミニシリーズの3部作。 党大会を間近に控えたワシントンDCで、外国の要人の狙撃事件が発生する。 この事件で生き残った若い議員は英雄となり、大統領陣営は大統領再選を目指して彼を取り込もうとする。 しかし、この事件はある人物によって引き起こされたものだった。 ポリティカル・ミステリーの傑作TVムービー。 TVドラマ『L.A.ロー』のハリー・ハムソンや『FBI特別捜査官マンクーソ』のロバート・ロジアなどアメリカTVドラマ界の俳優陣が出演している。 ロバート・ロジアは、TVドラマ『FBI特別捜査官マンクーソ』のマンクーソ捜査官として、事件の解明に乗り出している。 『殺意のサイコロジー』 1991年 アメリカ 出演: ハリー・ハムリン、ジョアンナ・カーンズ 監督:ジェームズ・S・サンドウィズ 内容:妻への虐待癖が、やがて殺人計画へとエスカレートしていく男の異常心理を描いているサイコ・サスペンス映画。 ある罪で6年の刑期を終えて出所した元医師が、彼の無実を信じる女性と再婚するが。 いつしか自分の周辺で不思議な出来事が起こるようになる。 『デッドリー・スネーク 恐怖の毒々パニック』 1999年 アメリカ 出演: ハリー・ハムリン 、シャノン・スタージェス 監督:ノエル・ノセック 内容:大規模な地域開発によって爆破作業が繰り返されるロサンゼルス郊外を舞台に、強力な毒を持つ新種の蛇が人々を恐怖に陥れるパニック・ホラー映画。 TV 『LA・ロー 七人の弁護士』 1986年〜1994年 アメリカ 出演: ハリー・ハムリン 、ジミー・スミッツ、リチャード・ダイサート、スーザン・デイ、ジル・エイケンベリー、コービン・バーンセン、アラン・レイキンス、マイケル・タッカー、ミッシェル・グリーン、ブレアー・アンダーウッド、ジョン・スペンサー 製作総指揮・脚本:スティーブン・ボチコ 法律顧問・脚本:デビッド・E・ケリー 内容:ロサンゼルスにあるマッケンジー&ブラックマン法律事務所を舞台に、男女7人の弁護士たちの活躍を描いている法廷ドラマ。 TV『NYPDブルー』のスティーブン・ボチコが脚本・製作総指揮をしている。 TV『ER』『シカゴホープ』のデビッド・E・ケリーが脚本・法律顧問をしている。 TV『人気家族パートリッジ』(1970年〜1974年)のスーザン・デイ、TV『NYPDブルー』のジミー・スミッツ、TV『ザ・ホワイトハウス』のジョン・スペンサーが出演している。 ジェームズ・アール・ジョーンズ、キャシー・ベイツ、TV『ER/緊急救命室』のエリク・ラ・サルなどがゲスト出演している。

次の

ダンキンドーナツ

ハリー・ウィノカー

おやつ・差し入れ・ときにはお夜食に…さまざまなシーンで愛されるドーナツ。 「ドーナツ」と聞いて、 最初にイメージするのはどんな形だろうか? 中にホイップクリームやジャムがたくさん詰まった、まあるい形? それとも細い棒状のものがくるくるとツイストされた細長い形? いやいや、ほとんどの人が「ドーナツ」と聞いて思い浮かべるのは、 真ん中に穴が空いたリングの形だろう。 iPhoneでも「ドーナツ」と打つとあのリングの形が出てくるのだ。 では、 ドーナツの穴が一体なんのためにあるのかご存知だろうか? 「そのドーナツの穴、なんで空いてるか知ってる? 」…なんとも披露する機会の多そうなトリビアである。 今回の雑学記事では、このドーナツに穴が空いている理由をご紹介しよう! あの形でも十分食べ応えあるだろ…あれは『アメリカの少年の思いつき』によって作られた穴なんだぜ。 【雑学解説】ドーナツの穴は美味しさの秘訣! ドーナツに穴が空いている理由は、諸説ある。 しかし、その中でも最も有力とされている説は、むかーしむかし「母親の作った 生焼けドーナツを美味しくしようとして、息子が 改良を加えた! 」という説である。 さかのぼること19世紀半ば、当時アメリカに住んでいた ハンソン・グレゴリーという息子が、母親の作ったドーナツが生焼けだったため、なんとか 火の通りを良くしようとして、 穴を空けてみることを考えたとされている。 このハンソン・グレゴリーは、 リング型ドーナツの発明者として、アメリカ合衆国メイン州のロックポートというところに、今でも記念碑が建っている。 母親の作ったドーナツに軽い気持ちで改良を加えたものが、後々世界中に広まって、記念碑まで立っちゃうってすごい…。 ヘビー級に胃にきそうだな… 今でこそ、ドーナツは100円セールとかでも食べることができる、リーズナブルなスイーツの1つ。 しかし当時、この「オリークック」の材料となる砂糖やラードはとても貴重なものだったので、 非常に高級なものとして扱われていたらしい! そのため、 クリスマスなどの特別な日にのみ各家庭で作られ、お互いに贈り合っていたようだ。 で、このオリークックは、まだ真ん中に穴は空いていなかったので、 中央にクルミが乗せるのがお決まりだったそうだ。 ちなみに、「ドー」とは生地のこと。 つまり、 「生地」という意味を表す 「Dough(ドウ)」に、「クルミ(木の実)」という意味の 「Nut(ナッツ)」が足されて、 「ドウナッツ」になったということだ。 たとえば、 水分の多い生地を油の中に輪の形に絞り出し、 その形のまま揚げたものを 「クルーラー」という。 また、先ほど例に挙げた ジャムやクリームが中に入ったドーナツは 「ジェリードーナツ」というらしい。 生地の膨らませ方によっても呼び方が分けられている。 ベーキングパウダーで膨らませた ケーキのような生地のものは、 「ケーキドーナツ」。 イーストで発酵させ膨らませた パン生地のドーナツを 「イーストドーナツ」。 沖縄には『サーターアンダーギー』とかあるよね?ケーキドーナツの一種かなぁ?アレ小さいからどんどん口のなかに入っちゃうんだ…へへへ… …こんなにいろいろ、 ドーナツに呼び方が分かれているなんて初耳である。 どちらにしてもドーナツの「ナツ」が「木ノ実」のナッツだなんてトリビア、すぐ誰かに教えたい! うん、明日の差し入れは穴の空いたドーナツにしよう。 ドーナツ!」と銀行員から呼ばれるようになったそうだ。

次の

2000年代|ミスタードーナツの歴史|事業情報|ミスタードーナツ

ハリー・ウィノカー

スポンサーリンク ミスタードーナツはいつ誕生したの?? ミスタードーナツは1955年に創業者 ハリー・ウィノカー氏がアメリカ合衆国のマサチューセッツ州ボストンにて創業したのが始まりとされています。 ロゴの秘密 ちなみにミスタードーナツのロゴは ハリー・ウィノカー氏がボウタイをしたヒゲのコックとなっている姿を図にしたものが採用されているとのことです! 色は主にオレンジと白が使われていますが、サブカラーとして茶色が使用されている場合もあるとか。 アメリカにおけるミスド 1955年にアメリカにて誕生したミスタードーナツですが、1990年にアメリカ合衆国の食品大手企業 アライド・リヨンズに買収され、北米の一部の店舗を除いて同社が所有している ダンキンドーナツ 現・ダンキン に転換されました。 その後アライド・リヨンズはダンキンドーナツを含むレストラン部門ダンキン・ブランズを トーマス H. リーパートナーズ、 カーライル・グループ、 ベインキャピタルの3社に売却し、ミスタードーナツ・オブ・アメリカは消滅してしまいます…。 カナダにおけるミスド 1961~1962年にミスタードーナツはカナダでの店舗展開を開始しており、1970年にはオンタリオ州、ケベック州を中心に27店が存在していましたが、1990年代後半から規模が縮小され、2010年前後にはオンタリオ州トロントにあった最後の3店舗も閉店してしまいました。 アジア各国および中米におけるミスド 現在の主力事業地域はアジア市場であり、日本とフィリピン、インドネシア、タイで大規模に事業運営を行っているほか、台湾にも進出中なんだとか。 タイでは スシド・デライトという寿司を模した商品が販売されていたり、台湾ではダスキンと、食品製造・食品加工などを行っている 統一企業が 統一多拿滋ブランドを共同運営しているそうです。 日本におけるミスド 日本でミスタードーナツが初めて開店したのは1971年で、第1号店は 箕面ショップだそうです。 ちなみに日本では清掃業務を中心に外食産業を展開している ダスキンが事業を展開しているのですが、この理由としてはダスキン創業者の 鈴木清一氏がアメリカでハリー・ウィノカー氏と出会い、意気投合したためだとされています。 また、 ダンキンドーナツが日本進出した際に鈴木氏が 「うちと似た名前のドーナツ屋があるらしいので、間違えてドーナツはないのかと客に言われる前に作ってしまおう」 と言った冗談をきっかけに米ミスタードーナツと提携した…なんて説もあるとか! 1970~1980年代初頭までは アメリカ文化や高級感を醸した店構えや広告宣伝戦略を採用していましたが、所ジョージ氏をテレビCM起用したり、 低価格メニューの拡充・宣伝での強調、 未成年 特に女子 をターゲットにデザインした景品キャンペーンの打ち出しを次第に行い、大衆化路線に転じていったとされています。

次の