せい はいはい どく とう ツムラ。 新型コロナに対する漢方治療の考え方〜漢方薬局編〜(予防処方と清肺排毒湯の効果)

清肺排毒湯(せいはいはいどくとう)について その2~

せい はいはい どく とう ツムラ

こういった数値は被験者数がそれほど多くない場合は眉唾ものですが、今回の処方は61449人に対して行われたという信用に値するビッグデータです。 西洋薬と漢方のハイブリッドが効果的 中国・湖北省の「中西居医結医院」が、新型コロナウイルスで入院した後に無事退院した52例からデータ取りを行ったところ、 ・西洋薬のみを処方した18例 ・西洋薬と漢方を併用した34例 とでは、後者の方が症状の沈静化が顕著で、退院までの時間も早かったとのことです。 中国全土に漢方薬「清肺拝毒湯」の使用を通達 中国の専門家チームが漢方薬「清肺拝毒湯 せいはいはいどくとう 」を98名に投与したところ、 ・投与の3日後に咳の症状がおさまった割合が3割 ・同じく投与の3日後に発熱がおさまった割合が8割 ・投与の6日後には79人に症状の緩和・改善が確認 という、レポートがありました。 そしてその専門家により、2020年2月6日付けで中国全土に清肺拝毒湯の使用を通達しています。 その通達の12日後の2月18日付で、中国国家衛星健康委員会が清肺拝毒湯の使用を推奨するガイドラインを策定しました。 この中国国家衛星健康委員会は日本の厚生労働省にあたる機関で、まさに中国国家レベルでのお墨付きが得られたわけです。 東洋と西洋の良いところ取りを 中国4000年の歴史に裏打ちされた漢方薬というのは、西洋医学では治せない難病を治す神秘的な幻想が昔からあったと思います。 しかし漢方に限らず、そういった神秘的なベールというのは情報化社会により幻想が打ち砕かれたケースは多々あります。 医療においては西洋医学が重視され、日本政府のガイドラインも西洋医学に基づいたものばかりだと思われますし、実際急病のケースで効果的なのは西洋薬でしょう。 中国では西洋の薬よりも漢方薬の処方が優先されます。 さすがに急病の場合は西洋薬が投与されますが、コロナウイルスの場合はそこまで急病というわけではなく、ある程度中期的な闘病となるはずですので漢方薬が大活躍する機会となったのでしょう。 前述した、日本の厚生労働省にあたる中国国家衛星健康委員会は、今回の改善報告を日本の厚生労働省及び国立感染症研究所にも報告済みで、十分な精査の後に日本でも推奨される可能性があります。 新型コロナウイルスはまだまだ未知数なものですので、多角的な視野で総力戦で戦うしかない現状ですが、漢方薬の効果という一筋の光明が見えたかもしれません。

次の

清肺排毒湯(せいはいはいどくとう)について その2~

せい はいはい どく とう ツムラ

日本での市販、医療用のエキス剤などは存在しません。 名前の類似している清肺湯(ダスモック)、辛夷清肺湯(チクナイン)はまったくの別物ですのでご注意ください。 日本で手に入れるには? 市販または医療用のエキス剤を組み合わせることで同様のものをつくることはできます。 パターン1 麻杏甘石湯+胃苓湯+小柴胡湯加桔梗石膏 麻杏甘石湯• 麻黄 マオウ• 杏仁 キョウニン• 厚朴 コウボク• 蒼朮 ソウジュツ• 猪苓 チョレイ• 陳皮 チンピ• 白朮 ビャクジュツ• 茯苓 ブクリョウ• 生姜 ショウキョウ• 大棗 タイソウ• 甘草 カンゾウ 小柴胡湯加桔梗石膏• 柴胡 サイコ• 黄ごん オウゴン• 石膏 セッコウ• 桔梗 キキョウ• 人参 ニンジン• 生姜 ショウキョウ• 大棗(タイソウ) 赤字が清肺排毒湯にも入っている生薬です。 15種類の生薬が同じです。 3種類とも医療用エキス剤がありますので病院での処方が可能な方剤です。 パターン2 麻杏甘石湯+藿香正気散+小柴胡湯 麻杏甘石湯• 麻黄 マオウ• 杏仁 キョウニン• 白朮 ビャクジュツ• 半夏 ハンゲ• 茯苓 ブクリョウ• 厚朴 コウボク• 陳皮 チンピ• 桔梗 キキョウ• 白芷 ビャクシ• 蘇葉 ソヨウ• 藿香 カッコウ• 大腹皮 ダイフクヒ)• 大棗 タイソウ• 生姜 ショウキョウ• 柴胡 サイコ• 黄ごん オウゴン• 人参 ニンジン• 生姜 ショウキョウ• 大棗(タイソウ) 赤字が清肺排毒湯にも入っている生薬です。 12種類の生薬が同じです。 パターン1には入っていない 藿香が入っている組み合わせです。 藿香はシソ科のパチョリの地上部を乾燥をしたもので解暑、健胃、食欲不振、消化不良の作用があると言われています。

次の

新型コロナウイルスように新たに調合された漢方薬「清肺排毒湯」の代用になるものは?

せい はいはい どく とう ツムラ

これを書いてるのは日曜なのですが、 町に出ても人がほとんどいないですね。 唯一人が集まるのはスーパーくらいですかね。 やっぱり皆んなマスクして、予防をしっかりしてて偉いですよね。 でも、思うのですが、 「コロナがマジで怖い。 」 って思ってる人ってどれくらいいるのかなと。。 ・・・ 僕なんかは、 「季節性のインフルエンザ」程度に考えてるのですが 予防はするけど過度に心配することはない。 と思って生きています。 なぜそう言えるかと言うと、数字をみると コロナの致死率はそれほど高くないからです。 恐らく日本ではさらに数字は低いはずです。 コロナの数字に基づく話をします。 僕はどちらかと言うと 「予防」や「免疫を維持する=体温を下げない」ことに 日々気をつけてたりするのですが、、 できるだけ自然の食品で、健康を維持することをやっています。 今回はその一つをご紹介するのですが、 「マヌカハニー」ってありますよね。 これは、ニュージーランド産の「はちみつ」ですが、 ヨーロッパなど(たしかドイツあたり)では、 風邪をひいたら、お医者さんで処方してくれます。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 自然の殺菌成分なので、夜歯磨きをした後でも舐めて寝てもOKです。 「虫歯にならないの?」 と思うかもしれませんが、舐めると口の中のバイ菌を殺菌してくれます。 ・・なので、味も美味しいので、日々の予防として マヌカハニーは一つの選択肢としてありだと思います。 ぜひ試してみてください。 ・・・ ・・・ さて、ここからはちょっと摩擦がありそうなネタなのですが・・ <コロナに漢方薬>は、実際に効果があるのかどうか。 これって気になるところだと思います。 たとえば、 中国なんかでは、西洋医学よりも、中国医薬(漢方薬)を優先的に使います。 積極的に現場で使うよう政府が主導した。 既に2月19日には国家中医薬管理局が,10省57病院で確認されたCOVID-19患者701例に対する「清肺排毒湯」の治療成績を発表している。 それによると130例が治癒・退院し,51例は症状が消失,268例は改善,212例は悪化しなかった。 政府として『清肺排毒湯』の使用を推奨し、日本の厚労省と国立感染症研究所にも報告している。 この、「清肺排毒湯」(せいはいはいどくとう) がどうやら中国、日本ともに推奨しているみたいですね。 ただ、これって検索しても「清肺排毒湯」っていう商品は出てこないのですね。 (その代わり、調合方法は出てきます。 ) ただし。 その代わりと言ってはなんですが、 お医者さんが実際に薦める、「コロナに使う漢方薬」というものがあります。 これはお医者さんで処方もしてくれますし、 普通にアマゾンでも買えます。 僕と家族は、万が一コロナにかかった時に備えて、 この漢方薬を常備しているのですが・・ まあ、こういったモノがあると、 家族の精神的ストレスは柔らぎますよね。 なのですが、具体的な漢方の名前を出すと、 薬事法だとか、 商品買占めとか、 面倒なことがあったりするので、 ここで明言するのは避けておこうと思います。 もし、詳しく知りたい方がいたら、 こちらから専用メールに登録しておいてくださいね。 ・助成金や融資、国の補償・・なんかの最新情報を配信する予定です。 オンタイムで参加できなくても、音声は渡せると思いますので 気になる方は上のページから参加しておいてください。 それでは! 瀬名.

次の