機種 変更 iphone。 【iPhone機種変更】旧機種で をオフにし忘れても大丈夫。オフにせずデータ移行をしたり、旧機種を初期化してしまった場合の対処法!

新型iPhoneに機種変更した時のLINEデータを引き継ぐ方法と復元手順

機種 変更 iphone

スポンサードリンク 「iPhone SE」が届いた 発売日である2020年4月24日に、新しい「iPhone SE」が届きました。 iPhone 8の筐体を利用し、廉価版と呼ばれるモデルながらチップはiPhone 11と同等で、的な感じになっています。 購入したのは128GBモデルで、実はこれは次男が自分で貯金して購入した初めてのiPhoneとなります。 ファーストiPhoneだから愛着もあるだろうし、その分、中身が最新のiPhone 11と同じチップということで、長く使えて良いのではないかと思います。 「iPhone SE」が初めてのiPhoneだというお子さんも全国にたくさんいるのでしょうね。 手元にあるiPhone 7 PlusやiPhone 11 Pro Maxと比較すると液晶画面は小さく感じますが、単体で持つと片手で持ちやすい、良いサイズ感だと思います。 ということで、見た目のファーストインプレッションもそこそこに、これまでお下がりで使っていたiPhone 7 Plusから新しい「iPhone SE」にデータ移行することにしました。 「クイックスタート」できない iOSを最新にアップデートしていれば「クイックスタート」という機種引き継ぎ、機種変更のためのデータ転送機能が利用できます。 新しいiPhoneを起動し、すぐそばに古いiPhoneを置くと、Bluetoothでお互いを認識し、設定やアプリなどをWiFi経由で転送できるという機能です。 最初は「こんなことができるのか!」と感動したものです。 これでiPhoneの機種変更も捗るな、と。 症状としては、iPhone 7 Plus側がApple IDを送信するのだけど「接続中」と表示されたまま先に進めないのです。 WiFiを変更したり、何度も起動し直したりしたのですが、どうしてもiPhone 7 Plus側で設定を進めることができませんでした。 検索してもそれらしい症状を訴えている人は他におらず、Appleのサポートページでも同症状は見つかりません。 1時間ほどトライを繰り返すも、全く先に進めないため「クイックスタート」は断念しました。 「手動で設定」のその先には、iTunesでデータ移行(復元)するとか、最初から設定を始めるとかあるのですが、ここで救い主となるのがiCloudからの復元です。 そうそう、クイックスタートが導入される前はiCloudにiPhoneの中身をバックアップしておいて、そこから復元したものですよ(そのさらに前はiTunesで復元)。 ということで、iCloudバックアップから復元することで、無事に「iPhone SE」への機種変更を果たしました。 iCloudバックアップというのは、ネット上のクラウド環境にiPhoneを丸ごとバックアップしておくというものです。 WiFi&電源に繋がっている状態で動作し、iPhoneを使っていない時に中身が自動バックアップされます。 iPhoneを落とした時にも、前夜のiCloudバックアップに救われました。 現在は200GBで月400円、2TBで月1,300円です。 有料ですが、絶対に課金しておくことをオススメします。 今回のようなiPhoneの機種変更にも使えますし、万が一、iPhoneをなくした時にも中身のデータは取り戻すことができます。 物理的なiPhoneは買い直しができますが、中身のデータはプライスレスですから。

次の

【2020版】LINEの引き継ぎ方法 機種変更時に失敗しないやり方【iPhone/Android】

機種 変更 iphone

新しいiPhoneを購入し、最初にやることといえば、以前使っていたスマホから設定や写真、アプリといったデータを引き継ぐ、いわゆる移行作業だ。 機種やOSによって、いくつかの方法があるが、iPhoneには、この移行作業を iPhone同士をかざすだけでとても簡単に行える「クイックスタート」という機能がある。 ここではiOS 12. 4以降で利用できる「データを直接転送する機能」を中心に解説する。 パソコンを持っていなくても、有料のiCloudに加入していなくてもiPhoneのみでデータを移行することが可能だ。 とても便利な機能なのでぜひ活用してほしい。 iPhoneをかざすだけでデータを移行できる「クイックスタート」とは クイックスタートを行うための確認事項 ・OSのバージョン クイックスタート自体はiOS 11以降で利用できるが、iPhone間の直接コピーを行うにはどちらの機種もiOS 12. 4以降である必要がある。 現在の最新版はiOS 13. 3なので、都度アップデートを行っているのなら問題はないが、念のために確認しておくといいだろう。 ・ストレージ容量 次に重要なのは、ストレージの容量だ。 新iPhoneの容量が旧機種の容量よりも少ないとコピーできない可能性がある。 もし、旧機種のストレージ使用量が新iPhoneの容量よりも多いようであれば、写真をiCloudやGoogleフォトなどにバックアップしてから削除するなど、ストレージの使用量を減らしておく必要がある。 ・Wi-Fi環境 データ移行は、2台を同じWi-Fiネットワークに接続してワイヤレスで行う。 ただし、Wi-Fiが不安定、あるいは自宅にWi-Fiがないという場合には有線での転送も可能だ。 この場合には別売りのLightning-USBケーブルのほか、Lightning-USB 3カメラアダプタが必要になる。 注意点:個別で設定が必要なアプリなど なお、データが転送されるとはいえ、一部のアプリではアカウントへの再ログインや再設定が必要になる。 GoogleアカウントやLINE、Suicaなどがその筆頭だ。 念のため、インストールされたアプリは一通り立ち上げて確認してみたほうがいいだろう。 ・LINEの引き継ぎ LINEは、旧機種で電話番号、メールアドレス、パスワードや引き継ぎの設定をしておき、新iPhoneで引き継ぎ作業をしなければならない。 旧機種で同じOS間であれば以下のデータを引き継ぐことができる。 あわせて読みたい ・Googleアカウント GmailやGoogleマップなど、Google関連サービスを起動すると、ログインを求められる。 通常通り、Googleアカウントのパスワードを入力し、ログインしよう。

次の

AppleストアでドコモのiPhoneを機種変更する手順

機種 変更 iphone

移行する際のポイント• 移行元のiOSは11以降になっていること。 移行元iPhoneとiPhone 11の容量は、iPhone 11のほうが大きいか同等であること。 Wi-Fi環境さえあれば、特にバックアップなど必要ない。 この3つがクリアしていれば、超簡単に移行できます。 特にポイント2ですが、筆者は移行元の容量を勘違いして、iPhone 11のほうが少ない容量を購入してしまいました。 そのため、移行するデータが容量オーバーしてしまい、そのままでは実行できません。 しかたがないので、容量の大きい写真や動画をすべてGoogle Photoでバックアップ(ふだんからバックアップしていました)。 本体内の写真と動画をすべて削除することで、移行できる容量まで減らしています。 購入する際、容量だけは注意しましょう。 では、移行手順を追っていきます。 まずポイント1の通り、 移行元のiOSは11以降である必要があります。 筆者は念のためiPhone 11と同じiOS13にしてから実行していますが、iOS12で確認したところ、特に問題ありませんでした。 ポイント3の Wi-Fiが使える場所で移行作業をするというのは、アプリをダウンロードしたりするためです。 店舗によってはフリーWi-Fiがあるので、それを活用するのもいいでしょう。 購入したiPhone 11は、キャリア版の場合、店舗で起動して確認するため、すでにホーム画面になっているかと思います。 その場合は、 「設定」の「一般」から「リセット」を選択肢、「すべてのコンテンツと設定を消去」を実行します。 キャリア版でも配達されたり、SIMフリー版なら、SIMを入れて起動すれば、初期設定の画面からスタートするので問題ありません。 移行作業はここからスタートします。 初期設定が始まると、まず「日本語」を選択し地域も「日本」を選択します。 すると 「クイックスタート」の画面が表れます。 ここで、起動している 移行元のiPhoneを近づけると、画面に「新しいiPhoneを設定」が表れるので、「続ける」をタップします。 iPhone 11の画面が「ほかのiPhoneを待機中... 」となり、イメージが表示されます。 それを移行元のiPhoneで、丸い枠内に入れると移行元のiPhoneのパスコードを入力する画面になり、パスコードを入力します。 その後、アクティベートが始まり、しばらくすると、Face IDの設定になります。 登録したら(あとで設定も可)、続いて移行元からデータを転送する作業へ移ります。 「続ける」をタップすると、移行元のiPhoneから直接データを転送してくれます。 利用規約などに同意し、ApplePayの設定(あとで設定も可)などをしたあと、転送を開始します。 このため、これまで面倒だったバックアップ作業が不要となり、転送するデータが容量内に収まれば、あとは終わるのを待っているだけでほとんどの移行作業は終了します。 もし、容量オーバーの場合は、失敗に終わり再度リセットされ、最初の初期画面になります。 そうならないためにも、もし容量が移行元より少ない場合は、移行に必要な容量を確認し、収まるように調整しておきましょう。 再設定が必要なアプリもあるホーム画面が表れると、アプリのダウンロードが開始され、元の状態になるには、しばらく時間がかかります。 また、一部のアプリはここまでの移行作業では反映されないものもあり、それらは個別に対応する必要があります。 別途設定が必要の主なアプリは以下のとおりです。 LINEのアプリ(LINE、LINE Pay、LINEカーナビなど)• Googleのアプリ(Google、Gmail、Googleカレンダーなど)• ドコモメール• モバイルSuica• 楽天ポイント ほかにもありますが、以上のアプリはログインやインストール、設定などが別途必要となります。 この中からちょっと特殊なアプリの設定方法をいくつか紹介しよう。 LINEまず移行元のiPhoneから、LINEを起動し、「設定」の「アカウント引き継ぎ」をオンにします。 続いて、iPhone 11でLINEを起動。 「本人確認する」をタップし、メアドとパスワードを入力します。 「引き継ぎ認証」画面で、「続行」をタップすれば移行完了します。 あとは、iPhone 11からLINEを起動し、本人確認などをする。 ドコモメール機種変してSIMを差し替えると、メッセージアプリにドコモからメッセージが届ききます。 その中にアプリの追加とドコモメールの設定方法が記されています。 記載されたURLへアクセスすると、dアカウントのログイン後、プロファイルをダウンロードします。 ダウンロードしたプロファイルは、「設定」から「プロファイルがダウンロードされました」というメニューが表示されるので、それをタップ。 プロファイルのインストールを実行しましょう。 実行すると、アプリのショートカットが多数ホーム画面上に表示され、必要に応じて削除したり、インストールを実行する。 ドコモメールはメールアプリに登録されるので、特に設定する必要はありません。 モバイルSuica移行元のiPhoneで、WalletアプリのSuicaを選択し、「設定」から「このカードを削除」を実行。 その後、iPhone 11でWalletアプリを起動し、「追加」から「Suica」を選択。 自分の名前と残高が表示されるので確認し「次へ」をタップすれば完了。 iPhone 11のWalletアプリからSuicaを追加すればいい。

次の