メルカリ オファー 断る。 【値下げ交渉】素人でも成功できる便利なメルカリのオファー機能の使い方

【メルカリ】オファー機能の設定や承認・拒否の方法は?

メルカリ オファー 断る

メルカリを利用していますか? 安く買いたいものがあって 久しぶりにメルカリを物色していたら、 オファー機能というのが登場していました。 あまり使用しないカテゴリーだったので これまで気が付きませんでした。 その話を友達にしたところ、 彼女は先日引っ越ししたのですが、 その際に欲しいものがあって 「メルカリのオファー機能を使って 値引きを申し出たのに、無視された!」 と憤慨していました。 気持ちはよくわかりますが、 メルカリ初心者らしいご意見だなぁと 苦笑してしまいました。 私は現在メルカリのヘビーユーザーではない のですが、メルカリがスタートした翌年の 2014年から使っています。 出品者でもあり購入者でもあるので オファーを無視する出品者の気持ちもわかります。 メルカリは便利なフリマアプリですが、 顏が見えないやり取りのせいか とんでもなく攻撃的だったり失礼だったり する人もたくさんいます。 メルカリってこんなものだなというのを 自分なりに理解して、 割り切って使用しないと 不用意に傷付くので注意してください。 メルカリのオファー機能を調べてみると 「これはいい! 素晴らしい機能ができた!」 と絶賛している人は皆無で、 出品者も購入希望者も戸惑いつつ 「オファー機能は意味があるの?」と 疑問を抱いている人がほとんどのようです。 メルカリのオファー機能とは?購入希望者の使用心得 メルカリの画面でオファー機能が登場する時としない時があるのはなぜ? メルカリガイド「オファー機能とは (希望購入者)」のページによると、 現在は以下の限られたカテゴリーのみで オファー機能が使えるようです。 ・現在「インテリア・住まい・小物」「家電・スマホ・カメラ」「スポーツ・レジャー」カテゴリーを選択し出品されている商品のみでご利用いただけます。 ・大型メルカリ便を出品者が選択している場合、オファー機能は利用できません。 ・Webサイトからは利用できません。 出典: どうりで、大きめの物は メルカリで買わないから 今まで気付かなかったのだ とわかりました。 大型の商品が多そうなカテゴリーですが、 出品者が大型メルカリ便を 選択している場合も オファー機能は使用不可とのことです。 オファー機能とは?オファーしたい時はどのような手順で行うの? 上記同様メルカリガイドを参考にすると、 以下のように説明されています。 オファー機能とは(購入希望者) オファー機能とは、出品者に値引きをお願いする機能です。 値引き交渉をしたいと思った商品について、出品者へ値引きをお願いすることができます。 オファーの手順については以下をご確認ください。 少しわかりにくいですが、通常通り右下の 赤いボタン「購入手続きへ」の左側に 地味な薄いグレーの「オファー」という ボタンがあります。 こちらを押して、オファーの手順を参考に オファー価格を入力してください。 オファーがキャンセルされる場合もあり!キャンセルされたら諦めよう こちらのオファー機能は絶対ではありません。 以下のように、キャンセルされる場合も あることは承知の上でオファーしましょう。 オファーページから 「オファーをキャンセル」のボタンを 選択するだけなので簡単です。 オファーが成立して購入できるのはどんな時?必ず買わなくてはいけないの? オファー価格で購入できるのは、 出品者がオファーを承諾した場合のみです。 しかも、こちらのオファー機能は 24時間以内に出品者が承諾しないと 無効になるため 悪気なく「無視」される結果になることも 多々あります。 また、購入希望者は 同時に10件の オファーを出すことが可能なので、 承諾連絡を先にくれた出品者から購入、 もしくは一番安い出品者から購入する 場合がほとんどでしょう。 ですから、オファーを出して承諾されたから と言って、必ず買わなければいけないという 決まりはありません。 あくまで購入希望者に有利にできている機能です。 メルカリのオファー機能でオファーが無視されるのはどのような場合? オファーが無視されるといっても 意図的な無視と 意図的ではなく結果的に無視 になってしまう2つのパターンがあるでしょう。 1.意図的な無視 出品者がオファーに気付いていても返事をしない場合 理由としては、 オファーが大量に届いて対応できない、 オファーに応じて値下げしたくない (値下げすると利益がなくなる)等が考えられます。 あくまでメルカリという場を借りて 取引をしている、いわば売り手と買い手は 平等な立場です。 オファー機能というのは無言で値下げ交渉を 申し出る機能ですから、 相手から無言で拒否の返事が来たと考えると よいかもしれません。 理由を説明したいけれどできない と苦しんでいる出品者も多いので、 相手の立場も理解してあげてください。 2.意図的ではない無視 出品者が24時間以内にオファーに気付かなかった場合 私などは出品していても、ビジネスではなく 不用品処理にメルカリを使用しているので、 頻繁にメルカリをチェックしません。 私のような出品者の場合、24時間以内に オファーに気付く可能性は低いでしょう。 本格的にビジネスとしてメルカリで事業を している人はマメにメルカリからの通知を チェックしているはずですが、 オファーのプッシュは24時間いつでも届く 訳ではなく、 9時~23時のみ届くように 設定されているそうです。 これなら気付かない場合があっても 仕方がないと思います。 また、自分がオファーした後に、 他の人が購入したら オファーは無効になります。 他者の購入とオファーキャンセルの通知に タイムラグがあれば スポンサードリンク 無視されたように感じる空白の時間が できてしまいますが、 その場合も仕方がないと思います。 これらは出品者の意図に関わらず、 結果的に無視のように感じられることもあるケースです。 以上のように、すべてが一概にオファーの 無視という訳ではないと思われます。 「一度オファーしたら無視されたので、 24時間すぎてまたオファーしたら ブロックされた」という人もいましたが、 どちらのパターンにせよ、 値引きを拒否されたか、タイミングが悪くて 気付いてもらえなかったということなので 厄介な購入希望者とみなされて ブロックされるよりも、 潔く諦める方がよいと思います。 オファーは無視されたのに、コメントで値下げ交渉成立はあり!? もともとメルカリでは コメント機能にて 値下げ交渉がされてきました。 しかし、実際は別の人もシステム上 購入可能なので、 値下げされたのを見て直接購入し、 横取りしてしまう人もいます。 私も実際にやられました。 メルカリに問い合わせた際には、 専用は認めていないので、 購入者に商品を送るように言われました。 横取り購入者はおそらく確信犯でしょうが、 専用で購入予定だった人が 「誠意は示してもらえたので諦めます。 」 と言ってくれて、 結局は横取り購入者に商品を送りました。 「専用になっているのに買ったヤツの気が しれないけれど、くれぐれもマナー違反は 止めるよう言っておいてください。 」 とも言われましたが、 メルカリ運営側では認められていない慣習 なので、出品者の私が言っても説得力はゼロ! このようなトラブルも日常茶飯事だと思うので、 おそらくオファー機能ができたのでしょう。 しかし、オファー機能を好まない出品者は オファーを無視して、 従来どおりコメントにて値下げ申請してくれた人 と取引することも多いようです。 購入希望者と同じように機械的にお断りの 意思を伝えているにすぎません。 一方、コメントは一応挨拶から始まり、 丁寧な人だとやり取りの途中で好感がわき 実際に値引きすることも増えます。 当然オファーよりも、値引き交渉が成立する 可能性も高くなります。 となると、 オファー機能の価値はいかほど? という疑問がわきますが、 実際にはコメントで値引き交渉する文化が 根強いままなのだと思います。 メルカリのオファー機能に振り回されない!出品者の対応心得 メルカリでは値引き交渉されて当たり前だと諦める 私がメルカリの出品者から退いたのは、 値下げ要求してくる人がとても多いのに 疲れてしまったせいです。 それほど高い価格を設定している訳では ありませんよ。 たかだか高くても1万円弱、 ほとんど1,000円~2,000円程度の物を 出品していることが多かったのですが、 呆れるほど図々しい割引きを要求してくる人が 多くてびっくりしました。 そもそも送料を引いたら利益は数百円? もしかしたら利益ないよ~という場合でも 容赦なく値引き交渉してきます。 今はラクマとフリルが統合されましたが、 旧ラクマやフリルではメルカリほどでは ありませんでした。 そのまま値下げに応じることも多々ありますし、 取引も気分よくできます。 しかし、メルカリは…どうも強引な値引き 交渉が多くて、 「そんなに言うならその(別の)安い方で 買えばいいんじゃないですか?」 と、こちらも心の声を荒げたくなることが 多々あります。 人によって感覚は違うので、値下げ交渉が 楽しい人もいるでしょう。 海外旅行で値切る文化のある国などに行き、 値切ることそのものをコミュニケーション として楽しむ人もいると思います。 しかし、もしそうなら 爽やかに気持ちよく 取り引きしてほしいものです。 私と同じように、出品者としてコメントの やり取りで嫌な思いをしたことがある人は、 コメントよりもオファーの方が気が楽でいい という場合もあるかもしれませんね。 お断りの場合も、24時間以内にオファーを 承諾しなければよいだけなので、 コメントであーだこーだ言われるよりも ストレスは少ない場合もあるでしょう。 メルカリ運営側は当然のごとく、 購入者側の味方なので 出品者のストレスについては あまり重視していないでしょう。 メルカリにはとにかく安く買いたい人が 日本全国から集まってきているので、 値下げ交渉は永遠になくなりません! メルカリの環境や客層を理解したうえで、 自分なりの妥協点を見つけ、 割り切って使用するのが一番いいと感じます。 私はメルカリに疲れて、 副業で物販をするのをやめました。 今は不用品処理のためにたまに出品する程度 なので、仕入れの必要もなく、 とても気が楽です。 捨てるより使ってくれる人がいたほうが いいかな?という気持ちなので、 売れるとただ純粋にうれしいです。 メルカリでオファーに応じて値引きしたのに無視されても、キリキリせずに諦める メルカリのオファー機能では、 購入希望者の立場でも出品者に無視された とキリキリする人がいますが、 一方で逆の立場から、 オファーが来たから承諾して値下げしたのに 申請者が商品を買ってくれなかった と言ってキリキリする出品者もいます。 その気持ちもよくわかりますが、 購入希望者にも選ぶ権利があるので、 他にもっと安いお店を見つけたのかも しれないし、もう買う必要がなくなった のかもしれません。 そのような場合は潔く諦めましょう! 相手は一度に10件まとめてオファーできるのです。 その全部から承諾の返事が来るとは 限りませんが、その中で自分の商品が 選ばれなくても仕方がないですよね。 ただ単にそれだけのことです。 素人もプロも入り混じっているのが メルカリです。 いろんな人がいて当たり前! そのような雑多な場では、ついつい 何かあると振り回されてしまいがちですが、 気持ちよく取引きしたいのなら、 気持ちよく取引きできる人だけを選んで 対応すればよいと思います。 まとめ.

次の

メルカリのオファー機能!出品者側の対応方法とは?

メルカリ オファー 断る

フリマアプリ「メルカリ」で、購入者さん側からの値下げ依頼を断りたい場合に出品者さん側が送るコメントやメッセージのテンプレート例文です。 メルカリでは、場合によっては商品の値下げ交渉が可能です。 しかし、出品者さん側から考えると、最初に決めた金額で即購入をしてもらえるのが一番です。 値下げ依頼に対応したくない場合、購入希望者さんが不愉快な気持ちにならないよう、また購買意欲を削がないように気を付けつつ、上手にお断りすることが大切です。 出品している全ての商品に対して値下げをしたくない場合は、プロフィール欄にはっきりと「値下げ交渉不可」「お値下げは出来ません」などと書いておくのが得策です。 商品によって、値下げが出来るもの、出来ないものがある場合は、個々の商品ページになるべく目立つように「値下げ交渉承ります」「値下げはできません」などの記載をしておきましょう。 また、商品購入後の値下げはメルカリのシステム上できません。 購入後に値下げ依頼をされた場合は、購入者さん側とよく相談して、場合によってはメルカリの事務局に「購入者都合」での商品購入キャンセルを依頼しましょう。 購入者さん側からの値下げ依頼を断りたいとき、どのような内容を書けば良いのか分からない方や他の方の内容が気になる方はこのページの情報を参考にしてみてください。 はじめまして。 コメントをありがとうございます。 こちらの商品についてですが、現在提示している金額がお値下げを考慮した金額となります。 これ以上のお値下げはできませんので、ご了承ください。 メルカリはフリマアプリなので、値下げ依頼や値下げ交渉は多々あります。 商品の状態や、売り上げ状況によっては、値下げ依頼に応じるのもひとつの手段ですが、あくまで出品者さん側の負担にならない程度にとどめておくことが重要です。 送料、手数料なども含めて赤字にならない様に計算しながら商品の値段を決めるようにして、不本意な値下げ依頼はしっかりとお断りするようにしましょう。 値下げ依頼を断る場合、現在の値段がすでに「値下げをした状態の値段」であることを伝える一文を添えると、購入者さん側の購買意欲を削がずにお断りすることができます。 プロフィールに記載してある時の例文 コメントをいただき、ありがとうございます。 プロフィール欄はご覧になっていただけましたでしょうか?現在、出品しているどの商品に対してもお値下げ交渉は受け付けておりません。 提示している金額でご購入いただきますようお願いいたします。 出品者さん側がプロフィール欄に「お値下げ不可」と書いていても、プロフィールを見逃してしまう購入者さんもいます。 その場合は、プロフィール欄を確認してもらうよう促すのが良いでしょう。 そういった場合も「そのお値段では厳しいです。 現在、お値下げ交渉は受け付けておりません」など、はっきりとお断りのコメントを返すようにします。 商品の値段は、一度下げてしまうと元の金額に戻すことが難しくなります。 出品者さん側からすると元の値段に戻しただけでも、購入者さん側からは値上げをしたと勘違いされてしまう場合もあるので、注意しましょう。 単品で値下げ交渉をされた時の例文 コメントをありがとうございます。 こちらの商品ですが、単品でのお値下げは難しいです。 現在出品しております他の商品と同時に購入をしていただけるようであれば、商品をおまとめして送りますので、送料分のお値下げは可能です。 ご検討くださいますよう、お願いいたします。 商品単体での値下げが難しい場合、出品している他の商品も同時に買ってもらえるように誘導するのもひとつの手段です。 まとめて購入してもらうことで、出品者さん側も発送の手間がはぶけます。 また、商品をまとめて送ることで、購入者さん側に送料分の値下げをしてあげることが出来るようになる場合もあります。 購入希望者さんとコメント欄でよく相談をして、複数購入であれば値下げ交渉に応じるのも良いでしょう。 値下げを諦めてくれない時の例文 度々コメントをいただき恐縮ですが、こちらの商品に対してのお値下げは考えておりません。 現在、こちらの商品に対する「いいね!」の数も多く、即購入を検討してくださっている方もいらっしゃいます。 申し訳ありませんが、ご予算に合った値段で出品されている他の方からのご購入をお願いいたします。 出品者さん側が購入者さん側の値下げ依頼に対して「値下げは出来ません」と返信をしても、諦めずに何度も価格の交渉をする購入者さんもいます。 良い商品を、ほんの少しでもお得に買いたいと思うのが購入者さん側の素直な気持ちです。 しかし、出品者さん側が赤字になってしまうようでは困ります。 お断りをしても、諦めずに値下げ依頼をされた場合は、出品商品についている「いいね!」の数が多いことを説明して、他にも購入を検討している人がいることをアピールしましょう。 また、もっと安い値段で同じような商品を出品している他の出品者さんからの購入を促すのもひとつの手段です。 はっきりとしたお断りの言葉を繰り返しても、それでも値下げ依頼を諦めてくれない場合は、メルカリの事務局に相談しましょう。 メルカリ事務局への連絡は、メルカリアプリの左上にある「三」をクリックすることで出てくるメニュー一覧から、「お問い合わせ」を選択します。 連絡の際には、取り引き中の商品IDを添えることも忘れないようにします。 システム上値下げできない時の例文 この度は、商品をご購入いただきまして、ありがとうございます。 先ほどメッセージでいただきましたお値下げの依頼ですが、大変申し訳ないのですが、メルカリのシステム上、商品購入後のお値下げは出来ない仕組みになっております。 万が一、このお値段でのご購入が難しい場合は、まだ発送をしていないのでキャンセルもできます。 もう一度ご検討をいただき、再度ご連絡ください。 よろしくお願いいたします。 購入者さんの中には、メルカリの仕組みがよくわかっていない状態でアプリを利用している方もいます。 商品購入後のお値下げ交渉についても悪気があるわけではなく、単純にメルカリの初心者さんである可能性があります。 メルカリアプリではシステムの構造上、商品購入後のお値下げは出来ないようになっています。 出品者さんは、そのことを購入者さんにしっかりと説明しましょう。 まだ商品の発送がされていなかった場合は、購入をキャンセルすることも出来ると伝えましょう。 双方が合意した上でのキャンセルでも、キャンセル理由は「購入者都合」となります。 商品購入をキャンセルをする場合は、出品者さん側からメルカリ事務局にキャンセルの連絡をしましょう。 メルカリの事務局への連絡は、メルカリアプリの左上にある「三」をクリックすることで出てくるメニュー一覧から、「お問い合わせ」を選択します。 連絡の際には、取り引き中の商品IDを添えることも忘れないようにします。 大幅な値下げ交渉をされた時の例文 はじめまして。 コメントをありがとうございます。 お値下げについてですが、ご提示いただいた金額まで下げるのは難しいです。 ご希望額までとはいきませんが、送料分ほどでしたらお値下げも可能です。 ご予算などを踏まえて、もう一度ご検討いただけますよう、お願いいたします。 購入者さんの中には、大幅な値下げを交渉する人もいます。 「大幅」がどれくらいの金額になるかについては人それぞれですが、出品者さん側が「大幅だ」と感じたのであれば、お断りするのが良いでしょう。 お断りのコメントを返す際、出品者さん側が値下げ可能な金額を提示するのもひとつの手段です。 もちろん、値下げ不可能な場合は、はっきりと「値下げはできません」と伝えるようにします。 丁寧にお断りをすることで不要なトラブルを防ぐことが出来ます。

次の

メルカリのオファー機能とは?オファーの仕方、キャンセル方法を紹介!

メルカリ オファー 断る

メルカリでは、毎日24時間あらゆる出品の取引で、出品者と購入者との間で「値引き交渉」が行われています。 また一方で、交渉に応じなければ買ってくれないかもしれないと不安になることもまた当然あるでしょう。 そこで今回は出品者の立場から、 購入者に値引き交渉を持ちかけられた際に 「 安全に」「 穏便に」「 損をしない」取引術を紹介していきます! スポンサードリンク 目次• 値引き交渉によってどのような取引になる? まず値引き交渉を受けるか、断るかについて考える前に、 「 値引き交渉されたことによってどのような取引になるのか」について一度整理しておきましょう。 交渉を受け入れた場合の取引 先ほどのように、出品者側が値引き交渉を受け入れれば、その商品を 買ってもらえる可能性は高くなるでしょう。 購入者の望みが叶うわけですから、大体の場合は買ってもらえます。 いくら自分にとって不要なものとはいえ、売れるならできるだけ高く売りたいのが人間の心理ですよね!しかし、交渉を受け入れてしまえばその道を避けることはできません。 先ほど私は「交渉は受けてもいい」というスタンスで基本考えている。 にはどうしても無理な交渉や、でたらめな交渉をしてくる人がいます。 出品をいきなり半額で交渉してくる人や、1000円の出品の物に対して「300円でお願いします。 」など、 あまりにも常識のない相手は相手にすらしていません。 コメントも無視して消しています。 対応が悪いと判断されるのでは?と思われるかもしれませんが、そのような人たちにまで素直に対応していては全く自分のためになりませんし、時間の無駄です。 私はこのような状況ではすぐに断ることはしません。 確かに1000円に下げるつもりはありません。 しかしここですぐに断るのではなくあえて「1300円までならお値下げできますが、いかがでしょうか?」と 最低条件よりも少しだけ高くこちらの条件を提示します! もう一度言います。 ポイントは、 最低条件よりも少しだけ釣り上げた価格で提示することです。 」と伝えます。 そうすれば、相手には 「この出品者は自分のために限界をこえて交渉にできる限り答えようとしてくれているんだ。。 」というニュアンスが間違いなく伝わります! ここまでくればあとはもう相手次第です。 基本的には「受けてもいい」スタンスでいること。 出品する際に「ここまでなら下げれる」という許容範囲を心の中で決めておく 3. 相手にしない範囲と、交渉の余地がある範囲を決めておく 4. もしこれからメルカリを始めてみようかな!と思う方は「 TETGQF 」を入力していただけると、.

次の