ズ アカ ハネ ナガ インコ。 アカクサインコ: PETIT FREEBIRD'S インコたちの日々

アカクサインコ: PETIT FREEBIRD'S インコたちの日々

ズ アカ ハネ ナガ インコ

アカクサインコの雛が3羽いました。 アカクサインコは、クサインコの仲間で最大級のインコですので、さぞ繁殖も難しいだろうと覚悟していましたが、今のところまでは意外にもすんなりいっています。 繁殖期には攻撃的になるとの情報も、ほんまかいな、といった現状です。 今日は、メス親が巣箱から出ていました。 雛が安心できるまで成長したからでしょうか、雛たちはまるまるして何の問題もなく育っているようでした。 そのうち差し餌で育てるつもりですが、ここしばらく差し餌を休んでいましたので、気持ち的に準備万端です。 手強い相手になるかもしれませんが、挑みがいがありそうなので、今から楽しみです。 なかなか思い通りにはいかないのが鳥の繁殖ですが、こんなサプライズは大歓迎です。 オスが昨年産まれなので、1歳での繁殖は無理だろうと勝手に思っていましたが、おっとどっこい産まれました。 数日前からオスがしきりに大きな鳴き声を出すようになったので、何かの変化の兆候かもしれないと思っていました。 そこで、外付け巣箱に耳を当ててみると、確かに雛の鳴き声でした。 1羽のようでもあり、複数のようでもあり、羽数は分かりませんが、孵化は間違いありません。 メスが昨年末、オスが今年2月にやってきたばかりですので、これは我が家の成果と言うより、前のブリーダーからのプレゼントのようにも思えます。 いずれにせよ、(ビセイを小型とみるなら)我が家初めての中型インコの孵化です。 あとは、このまま順調に成長してくれることを願うのみ。 そして、時期が来れば差し餌に移行。 そして、べた馴れのアカクサへと。 人に群がる野生のアカクサの動画を思い出します。 捕らぬ狸になりませんように! 待ってました! どうやら、アカクサインコ・シルバーのペアが繁殖中のようです。 ゴールデンウイークに入ったころから、メスが姿を見せなくなりましたので、おそらく抱卵中だろうと思います。 もしうまくいけば、我が家で初めての中型インコの繁殖成功となります。 初めての中型ペアのスミレインコは一瞬のうちにペア崩壊、続くテンニョインコも同様で、そのあとのナナクサインコはおそらくオス同士と、なかなかうまくいきませんでしたが、今回は意外にあっさり進行中のようです。 産まれれば、もちろん重量感のあるアカクサの手乗りを目指します。 このまま順調なら、孵化は下旬に入ったころとみていますが、期待に応えてくれるかどうか、心うきうき、少々不安の毎日が続きます。

次の

ネズミガシラハネナガインコ 種類 特徴 性格 育て方 寿命

ズ アカ ハネ ナガ インコ

mesotypusは P. senegalusへ統廃合 アフリカンパロットとは、ヨウム属2基亜種,クロインコ属3基亜種,ボタンインコ属9基亜種,ハネナガインコ属10基亜種の合わせて4属24基亜種とその亜種からなるインコたちの総称です。 ノリノリに陽気な南米パロットとは違って、物静かで哲学的なアフリカンパロットと比喩されることもあります。 そのアフリカンパロットの中で最もインパクトの強い和名が採用されていると思うのが「ネズミガシラハネナガインコ」。 頭が鼠色のハネナガインコ属の仲間という意味で、漢字表記は「鼠頭羽長鸚哥」。 候補に「ネズミイロガシラハネナガインコ」や「ハイガシラハネナガインコ」は無かったのかと思わないでもありません。 最近では英名の「セネガルパロット」と明記している販売店も見かけます。 ネズミガシラハネナガインコのイエロータイプ&オレンジタイプ(カノネズミガシラハネナガ) ネズミガシラハネナガインコには腹の色の違いで3種類のカラータイプが存在します。 黄色タイプ,橙色タイプ,赤色タイプの3カラーです。 この違いは性別ではありませんし、作出された色変わり品種でもありません。 それぞれ生息地域が異なる亜種です。 色変わり品種としてはパイド,シナモン,イエローがおり、現在はもっと増えているかもしれません。 パイドのネズミガシラハネナガインコ 原産は西アフリカ熱帯雨林地域、およびその北側に広がるとの移行帯である(Sahel)と呼ばれる半乾燥地域(サバンナ森林帯)に生息し、乾季と雨季で移動もあります。 最適な環境とされるのはアフリカバオバブ Adansonias digitataやニシアフリカフサマメ Parkia filicoideaが生い茂る比較的広大なサバンナの森林だそうで、乾季と雨季で移動もするそうです。 ガーナでは湿地帯にも生息しているため、環境適応能力は高いのかもしれません。 セネガルパロットの名の通りにも生息するのですが、セネガルを西端としてとの国境あたりまでを東端とした東西に長い生息域をもちます。 この生息域である西アフリカのセネガル,ガンビア,ギニア,ブルキナファソ,トーゴ,ニジェール,中央アフリカ共和国など殆どの国はGDPの世界ワースト30の最貧困国です。 貧困国では密猟だけではなく森林伐採が絶え間なくあるため、生息地域の喪失は広がっているようですが、それであってもRED-Listは低危険種(LC:Least Concern)の逞しい種です。 「カノ」はナイジェリアの 付近に生息するという地名由来。 「versteri」はドイツ人のFlorentius Abraham Verster van Wulverhorst博士が由来。 アカハラネズミガシラハネナガインコにはまだ出会えておらず、自分撮影の写真がありません。 旧亜種カノネズミガシラハネナガインコ このオレンジ腹のカノネズミガシラハネナガインコを上記で亜種と記しましたが正式には違います。 以前は亜種扱いだったのですが基亜種へ統廃合されたため、正式な分類上からは抹消されています。 とはいえ、基亜種の黄色い腹色とひと目で違うカラーリングのオレンジ腹ですので、専門店やマニアの間では現在もカノネズミガシラとしてわけられています。 ネズミガシラハネナガインコはペットバードやコンパニオンバードとして広い層に飼いやすいという印象はあります。 もちろん主観ですし個体差もありますが、騒々しく騒がず、物静かで社会性があり、お喋りも出来て、ふれあい好きで柔らかい触り心地も良く、香りも芳しいです。 成鳥になると点目が強くなり、万人から愛おしく思われるような顔つきではないかもしれませんが、点目は点目でとても可愛いものです。 どうしても点目を嫌う方にはチャガシラハネナガインコの方が良いかもしれませんが、チャガシラハネナガインコの流通は滅多にありません。 気質は陰か陽で言えば陰の気質で臆病系ですが、人工繁殖個体であれば穏やかで接しやすい印象です。 とはいえ、ネズミガシラハネナガインコも他と同じように発情適齢期には突然に凶暴化するものもいますし、1羽飼いだとオンリー1化しやすいかもしれません。 本気で叫べばそれなりに耳障りな鳴き声で響きますし、噛まれればそこそこのダメージはあります。 ネズミガシラハネナガインコは20年程前なら安価なメジャー種でしたが、最近では見る機会もすっかり激減して価格も高騰しています。 当時は4~5万円程度でしたが、CITES-DBによると1994年~2003年までの約10年間に、ネズミガシラハネナガインコの野生個体の正規の輸出数は セネガルから173,794羽 ギニアから約164,817羽 マリから約60,742羽 その他も合わせて41万羽以上がアフリカから世界へ輸出されていたワイルド特需時代でした。 1992年に規制が掛かる前の方が多かったという記載もあり、輸出される前に落ちた数もいれると膨大な数が捕獲された事でしょう。 しかし乱獲されたわりに野生下での減少懸念はLCで低く、もちろん地域にもよりますが種の保存に問題はない生息数とされています。 ネズミガシラハネナガインコには40年の飼育記録があり、ほかの多くの中型インコ同様に長生き出来る可能性があります。 もしかすると陽気に動き回るタイプより長寿インコのポテンシャルは高いのかもしれません。

次の

インコ オウム 販売情報 ズアカハネナガインコ 2羽♂♀ お譲りします(シンガポール トップブリーダー産)

ズ アカ ハネ ナガ インコ

ネズミガシラハネナガインコ 特徴 性格 飼い方 中型インコ インコ科 オウム目インコ科ハネナガインコ属 和名 鼠頭羽長鸚哥 原産地 アフリカ 全長 約23㎝ 体重 約110~125g 平均寿命 約30年 ネズミガシラハネナガインコは、アフリカ中西部、セネガルなどの林に、つがいか少数の群れを作って生活をしています。 野生下での食事は、種子、穀物、果物などを食べています。 灰色の頭が特徴的! ネズミガシラハネナガインコは、頭部がネズミ色をしているのが特徴的です! この事から、ネズミガシラ 鼠頭 と言う名前がついたと思われます。 灰色の頭というと地味なイメージがありますが、胸から下腹部の辺りはオレンジ色、首から胸元辺り、太ももの辺り、背中の羽は緑色、尾羽は灰色と緑が混じったような深緑色をしていて、とても鮮やかで綺麗な色をしています。 そして、虹彩 目の色 も特徴的で、若いうちは焦げ茶色のような色をしていますが、大人になるとはっきりした黄色になります! とても特徴的で、可愛らしい顔立ちですね! お話しが上手な子が多い ネズミガシラハネナガインコは、会話能力が高いと言われている種類です。 知能も高く賢いので、おしゃべりやものまねができる子が多いと思います。 活発で明るい性格 ネズミガシラハネナガインコの性格は、とても活発で明るく、やんちゃで好奇心旺盛なんです! 遊ぶ事も大好きなので、活発に遊べるおもちゃや、手に持って遊べるおもちゃ、バードジムなどを用意してあげましょう。 とても活発に動くので、ケージの中を逆さまになって移動したり、面白い動きや行動、運動神経の良い姿を見せてくれるかもしれません。 神経質で臆病な面もある とても活発で明るく、好奇心旺盛なインコですが、気性が荒い面もあり、神経質で臆病な性格も持ち合わせています。 なので、人に慣れるまでに時間がかかる事があるようです。 ですが、人に慣れてしまえばとてもなついてくれて、甘えん坊さんになってくれる子が多いです。 ネズミガシラハネナガインコの鳴き声 ネズミガシラハネナガインコは、中型インコの中では鳴き声は大きくない方です。 鳴く頻度も多くなく、比較的飼いやすい種類になります。 ケージの大きさ ネズミガシラハネナガインコが、両方の羽を広げた時にぶつからない広さのケージが必要になります。 とても活発で遊ぶことが大好きな性格をしているので、余裕のある広さが良いと思います。 ケージの中にはおもちゃを入れてあげましょう。 ネズミガシラハネナガインコの食事 ネズミガシラハネナガインコは中型インコになるので、中型インコに合ったシードかペレットをあげましょう。 シードの場合は、ひえ、きび、あわ、カナリーシード、ひまわりの種、麻の実、そばの実、大麦、エンバク、サフラワー、落花生などをあげます。 ペレットの場合は、ネズミガシラハネナガインコに合った物を選んでください。 副食は、青菜、緑黄色野菜、その他の野菜、みかん、バナナ、りんごなどの果物、ボレー粉、カトルボーン、塩土などをあげて下さい。 カテゴリー• 1 記事一覧•

次の