イギリス 旅行 持ち物。 イギリス旅行に必要な持ち物2020年版

イギリス旅行に絶対必要!超便利な無料アプリ16連発☆入れておいて損はなし!

イギリス 旅行 持ち物

イギリス旅行の持ち物【必需品編】 パスポート パスポートを忘れたらイギリスに行くことができませんので必ず必要な持ち物です。 観光・ビジネス・留学など目的や滞在日数によってビザが必要かどうかは変わってくるので事前に確認しましょう。 クレジットカード イギリス旅行ではパスポートとクレジットカードが2大必需品というのがほぼ常識になってきています。 それほどクレカが必要と言われる理由は• 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。 手持ちの現金が減るので盗難の被害を抑えられる。 金欠になる心配がない。 クレカを持っていくのはほぼ常識なので1枚は用意しましょう。 海外旅行おすすめクレカ1位 海外旅行用の 最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているで私自身もそう思います。 が旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。 年会費が 無料• 海外旅行保険が 無条件でついてくる• 2,000円分ポイントがもらえる• 旅行の直前でも 即日発行できる 条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。 まずは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる 無条件自動付帯 上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。 の保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。 ヘアアイロン ヘアアイロンは基本海外の電圧には対応していないので、変圧器が必要になります。 液体の化粧品は機内持ち込みができません。 必ず預入の荷物の中にいれてください。 イギリス旅行の持ち物まとめ イギリスに必要な持ち物はたくさんありますが、 パスポート、、、があればとりあえずなんとかなりますので、絶対に忘れないようにしてください。 イギリス旅行の基本情報 イギリスの気候と服装 イギリスは北海道よりも北に位置するが、暖流の影響により日本の方が冬の冷え込みは厳しいです。 日本同様に四季があります。 イギリスの春は3月から5月にあたりますが3月はまだ寒い日が続き夜は氷点下を下回るので厚手のコートやマフラーが必要です。 4月ごろから気温が徐々に上がりはじめます。 日中は暖かく薄手のコートやパーカーで過ごせますが、朝晩は冷え込むこともあるのでダウンジャケットなどがあると安心です。 5月になると天気も安定しカーディガンや日本の春の服装で過ごせます。 6月〜8月はイギリスの夏にあたります。 7月8月は最高気温が25度程度で湿度も低いため日本よりも快適に過ごせます。 朝晩は夏でも肌寒くなるので薄手のカーディガンやジャケットが必要です。 また日照時間も長くなり日差しも強くなるので帽子やサングラス、日焼け止めクリームを用意しましょう。 9月から11月は秋になります。 9月は暖かい日もありますが日によっては気温が下がり冷え込むので体温調整できるジャケットなどを用意しましょう。 10月、11月は天気の悪い日も多くなり冷え込むので厚手のコートやジャケットが必要です。 12月から2月はイギリスの冬になり天気が悪い日が多くなります。 厚手のコートに加えマフラーや手袋など防寒対策をしっかりしましょう。 また急に雨が降り出すこともあるので折り畳み傘など雨具があると安心です。 イギリスの観光 イギリスの首都ロンドンやマンチェスターといった世界有数の観光都市や山や湖など広大な自然も楽しめます。 ロンドン中心部にはバッキンガム宮殿やウエストミンスター寺院、大英博物館、エリザベスタワーなど世界的にも有名な見所が満載です。 また市内を流れるテムズ川やウィンザー城やロンドンの公園など美しい街並みを楽しむことができます。 イギリス北部には湖水地方があり国内最大の国立公園となっています。 湖の麓にある街の風景はイギリスで最も美しいと言われています。 レイクサイドハーバースウェイト鉄道に乗りレヴァン渓谷を眺めながら旅をしたり、グラスミアやニア・ソーリーといった美しい町巡りも人気です。 イギリス南部には石灰質の白い崖、ドーバ海岸や古くからのリゾート地として有名なワイト島、森に囲まれたリーズ城、世界遺産のストーンヘンジなどたくさんの美しい観光地があります。 イギリス中部にはロンドンから200Kmほど離れた場所には人々が自然と共にのどかにクラス小さな村々があるコッウォルズがあり絵本のような風景が楽しめます。 海外旅行用最強カード 海外旅行用の 最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているで私自身もそう思います。 が旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。 年会費が 無料• 海外旅行保険が 無条件でついてくる• 作ると 2,000円分ポイントがもらえる• 旅行の直前でも 即日発行できる 条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。 まずは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる 無条件自動付帯 上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。 の保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

次の

イギリス旅行に必要な持ち物2020年版

イギリス 旅行 持ち物

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。 2018年度に、 事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3. この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。 海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。 なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。 そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使いましょう。 持っているだけで、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。 観光スポットの常連である大英博物館やナショナルギャラリーも無料で入れます。 節約旅をしたい方にもぴったりの場所ですよ。 オックスフォード オックスフォードは「学生の街」として有名です。 写真を見て、ハリーポッターを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? ハリーポッター好きの方は、絶対にオックスフォードを訪れることをオススメします。 オックスフォードの街並みは、まるでハリーポッターの世界にいるような気分になりますよ。 その中でも、中心地の端にある「クライストチャーチ」の中には作品の中でも使われていた食堂があります! ただ、お昼(午前11:45〜午後14:00)は見学できないので注意してくださいね。 犯罪発生率も少なくて、治安の良いエリアなので1人旅でも安心して過ごせます。 オックスフォードは、ガイドブックに詳しい地図が載っていることが少ないです。 ただ、現地に着くと細かい地図が書かれている看板が街の至る所にあります。 写真を撮って地図代わりにすることをオススメします。 優しい観光客の方がたくさんいるので、写真も頼みやすかったです。 エディンバラ 「エディンバラ」は、イギリスで最も安全な都市として選ばれました。 エディンバラは、文化の中心地と言われていて、ロンドンの次に観光客が多い都市です。 一人旅で、特に女性は治安を重視する方も多いですよね。 そんな方には「エディンバラ」をオススメします! イギリスに住む住人が「エディンバラ」への移住を勧めるほど安全な都市ですよ! 外せない観光スポットは何と言っても「エディンバラ城」です。 そして、「エディンバラ城」から「ホリールードハウス宮殿」まで続く石畳の一本道はイギリスらしい光景ですよ。 1人旅にオススメの時期 イギリスは雨が多い? 「イギリスは雨が多い」そんなイメージをお持ちではないでしょうか? せっかくの一人旅では、過ごしやすい天気で思う存分楽しみたいと思いますよね。 イギリスは雨が多いと言われていますが、実際はそんなことありません。 イギリスの年間での降水日数は106日です。 日本の年間での降水日数は120日なので、イギリスの方が雨の日が少ないんです。 降水量も日本の3分の1程度で、雨が強く降ることはほぼありません。 ベストシーズンは? イギリス旅行でのベストシーズンは「夏」です! イギリスの気候は、日本の東京とほとんど変わりません。 ただ、違う点もあります。 日本は、じめじめとして蒸し暑いですが、イギリスはカラッと晴れます。 さらに、最高気温も30度を少し超える程度なので過ごしやすいですよ。 気温は低いですが、日差しが強いです。 日傘とサングラスを持っていくと良いですよ! まとめ 1人旅で気を付けることは• 観光客を狙った軽犯罪(スリ、詐欺)• 荷物は最低限に• トイレは有料• 小銭は常備しておく 1人旅でオススメのエリアは• ロンドン• オックスフォード• エディンバラ 1人旅でオススメの時期は• ベストシーズンは夏• サングラスや日傘を持参すると良い 今回は 「イギリス旅行はのんびり1人旅で! 注意点とオススメのエリアは? 」をご紹介しましたが、いかがでしたか? 一人旅に憧れる人も多いですが、不安なこともたくさんありますよね。 今回の記事を参考に、ぜひイギリスへの一人旅を楽しんでくださいね。

次の

海外旅行の持ち物チェックリスト(一般的な旅行の持ち物)

イギリス 旅行 持ち物

海外旅行の持ち物チェックリスト(一般的な旅行の持ち物) 貴重品 パスポート 有効期限が十分に残っているかどうか必ず確認しましょう。 ビザ(VISA、査証) 渡航先によっては必要な場合があるので、事前によく確認しましょう。 航空券 日本旅行の海外パッケージツアーの場合は基本的に空港でのお渡しとなります。 現金 主要通貨は日本の空港で両替が可能なので、少しでも現地通貨に両替していくと安心です。 現地で両替をする場合は、到着するとき両替所が営業しているか、旅程に両替をする時間があるかなどの注意が必要です。 また、空港までの往復交通費と、雑費、両替するためのお金を含め、最小限の日本円を持参しましょう。 サインレスの場合も多いです。 必ず旅行前にPINコード(暗証番号)を確認してください。 海外に行かれる際はマネパカードがオトクで便利! 事前に海外旅行保険に加入されている方は持参しましょう。 各種乗車券 などの乗車券、現地での交通機関の乗車券を事前にお持ちの方は忘れずに持参しましょう。 服・カバン アメリカに旅行する際、TSAロックによる施錠以外は無施錠が要求されるので、スーツケース選びの際はご注意下さい。 リュックは貴重品を入れるのには不向きなので、必ず体の前に抱えられるようなものにしましょう。 セキュリティポーチ 服の下に身に着けるポーチです。 パスポートや高額紙幣などの保管用にあると安心です。 エコバッグ 海外では買い物袋がない場合もあるので、エコバッグを鞄に忍ばせると便利です。 着替え 旅行日数に合わせて用意しましょう。 下着 旅行日数に合わせて用意しましょう。 ルームウェア・パジャマ いざという時、予備の服としても着用できるものだと便利です。 上着 渡航先の気候・季節に合わせて用意しましょう。 ちょっとした防寒対策なら登山用のレインウェアなどが動きやすくおすすめです。 靴 履きなれた靴(なるべくスニーカー)がよいでしょう。 靴下 宿泊日数+1足が必要です。 日用品 歯ブラシ・歯磨き粉 海外のホテルでは備え付けられていない場合も多いので必ず持参しましょう。 飛行機の中で使う場合は手荷物にしましょう。 タオル 割れ物の荷造りの際にも利用できます。 ティッシュ・ウェットティッシュ 帰りに荷物が増えた場合は現地に置いてくることも可能なので多めに持っていくと安心です。 また、国によってはおしぼりが付かない場合や、お金がかかる場合がありますので、手がふけるものを手荷物に入れておくと便利です。 シャンプー・リンスー・ボディーソープ・石鹸 海外のホテルでは備え付けられていない場合もあり、あっても成分が強い場合があります。 使い慣れたものを持参すると安心です。 医薬品・サプリメント 常備薬は持参しましょう。 粉末のポカリスエットなどもひとつあると旅先で体調不良になった際安心です。 不慮の出来事により延泊する場合もあるので、多めに持っていきましょう。 コンタクト(保存液)・眼鏡 必要な場合は持参しましょう。 コンタクトレンズの場合は保存液・洗浄液を忘れずに。 液体の機内持ち込みには制限があるので気をつけましょう。 電子機器類 腕時計・目覚まし時計 ツアーでは集合時間など何かと時間が重要になります。 また、スマホはすられる場合があるので注意が必要です。 携帯電話(+充電器) カメラ・電卓・目覚まし時計としての使用も可能で便利ですが、盗難には十分注意が必要です。 充電器も忘れずに。 カメラ(+充電器) 必ず機内持ち込みにしましょう。 充電器も忘れずに。 海外用電源プラグ変換アダプター 様々なタイプのプラグに対応できるものもあります。 最近は充電が必要な機器が複数あるのでプラグも複数あると便利です。 スマホを利用する場合などは便利です。 その他おすすめ ガイドブック・会話集 機内持ち込みにすれば、移動中に予習も可能です。 筆記用具・メモ帳 入出国カードなどの記入が必要な場合があります。 手荷物に。 雨具 折り畳み傘やレインウェアがあると安心です。 長い傘は施設内に持ち込めない場合もあります。 輪ゴム・ヒモ・袋止め 袋に包まれているお菓子の保存など、特に輪ゴムは重宝します。 洗濯洗剤 下着、靴下等を手洗いすれば荷物も減らすことができます。 小さな液体洗剤がおすすめですが石鹸でも代用可能です。 使い捨てスリッパ ホテルの室内や長時間機内にいる場合にあると便利です。 海外のホテルでは備え付けられていない場合もあります。 100円ショップのもので十分です。 トラベル枕(首用) 長時間移動する際にあると便利です。 ペットボトルの水1本 到着時お店が空いてない場合などもあるので、スーツケースに1本忍ばせておくと安心です。 滞在中に飲んでしまいましょう。 外務省の海外安全情報サービス「たびれじ」に登録しておけば出発前から現地でも情報が入手できるので安心 女性におすすめ 化粧品 機内には液体が100mlを超えて入る容器、スプレー等は持ち込めないので注意してください。 洗顔料・メイク落とし メイク落としシートなら機内持ち込みも安心なのでおすすめです。 生理用品 現地ですぐに購入できない場合もあります。 女性の方は念のため持参しましょう。 また、パンティーライナーなどを旅行中使用するのもおすすめです。 男性におすすめ カミソリ・ひげ剃り 海外のホテルでは備え付けられていない場合も多いので持参すると安心です。 夏におすすめ 帽子 夏はツバ付き帽を日差しよけとして、冬はニット帽を防寒として持っていくと便利でしょう。 水着 夏に海やプールに行く場合、ホテルでサウナなどが利用できる場合は持っていきましょう。 サングラス 紫外線の強い夏場や高緯度の場所へ行く際はあるといいでしょう。 虫よけスプレー 必要な場合は持参しましょう。 スプレーは機内持ち込み不可なので必ずトランクへ。 日焼け止め 夏場以外でも、高緯度の場所、また高地やトレッキングに参加する場合は持参することをお勧めします。 サンダル 必要な場合は持参しましょう。 シャワーブースしかないようなホテルでもあると便利です。 冬におすすめ 防寒具 ダウンなど軽いものだと機内でも便利です。 手袋・マフラー 防寒対策として手袋やマフラーを用意しておくと便利でしょう。 カイロ 防寒対策として持っていくと安心です。 ヨーロッパ• アジア• ビーチリゾート• オセアニア• 北米・中南米• 中近東・アフリカ•

次の