アンビリーバボー アステカ。 アステカの祭壇とは (アステカノサイダンとは) [単語記事]

本物の闇は深かった…アンビリバボーが心霊写真を辞めた理由が…

アンビリーバボー アステカ

スポンサードリンク 『アンビリバボーなどのTV番組が心霊特集を辞めた理由』その原因となった理由の闇が深い・・・ フジテレビ『奇跡体験! アンビリバボー』は 1997年の放送開始から今も続く人気番組です。 世界各国で起きた事件・事故などを再現しながら検証していくという ドキュメンタリー番組で、特に2001年頃までは視聴者から投稿された 心霊写真を霊能者が鑑定するコーナーが人気でした。 しかし、その人気だった心霊写真特集を突然辞めたのです。 その理由をあなたはご存知ですか? これには、ある写真に原因があったのです。 ある時、赤色やオレンジ色の壺のような形をした不可解な物体が写り込む写真が紹介されました。 撮影された日時、人物、場所が全く違う複数の写真たち。 霊能者の立原美幸の鑑定は以下。 「これは古い時代に、ある残酷な儀式に用いられた台である」 それが、この心霊写真に写りこんでいる。 スポンサードリンク この収録以降、心霊写真コーナーはほぼ無くなって行きます。 しかし、今までも恐ろしい心霊写真は山ほどあったはずですが、 辞めるキッカケにはなっていません。 人気コーナーを急遽辞めざるをえなくなった、 この写真の深すぎる闇とは一体何なのでしょうか? 実はこれらの写真は、後にインターネット上で「アステカの祭壇」と呼ばれることになります。 全てに、壺のような形が赤く写りこんでいるのが見えます。 スポンサードリンク そしてこの壺らしきものは何か調査したところ、アステカ文明の祭具だと判明。 その祭具の意味とは・・・ アステカ文明は13世紀から15世紀に繁栄し、日常的に人身御供が行われていました。 スポンサードリンク この放送後、視聴者からは ・何というものを放送したんだ! ・あの映像は二度と放送してはいけない と、フジテレビに抗議が殺到しました。 その中には霊能者の方からのものも含まれていたんだそうです。 彼らの言い分は突き詰めれば同じ内容で、詳しい事は誰も話さずでした。 それが憶測を呼び、 ・アステカの祭壇が写ると、その写真に写った者は亡くなってしまう ・その写真を見ると、必ず不幸なことが起こる とネットで囁かれるようになりました。 そのため、アンビリバボーでもこれ以降 心霊写真自体を辞めたと言われています。 生贄に使用されたことから、そのスモークに怨念があり、 しかもお払いをしていないため見ると危険だとも言われました。 さらに「アステカの祭壇」について詳しく調べていくと、 衝撃の事実も浮上してきたのです!! 「アステカの祭壇」は嘘だった!? そもそもアステカの祭壇における器具などは、エジプト考古学博物館で展示されており 不吉なものというよりは「人類の宝」 さらに、それを見た人が呪われたといったケースは今まで聞いたことがないそう。 ですから、アンビリバボーで紹介された心霊写真「アステカの祭壇」は そもそも嘘だったのではないか?という疑問の声が挙がったのです。 そして実は、多く寄せられたクレームは写真家からのものだったらしいんです! スポンサードリンク 心霊写真「アステカの祭壇」に映った赤い影は、 カメラの不調によるものとする声が多かったのです。 もし本当にとてつもなくヤバイものであるなら、 まず撮影者や見た方すべてが呪われているはずですからね・・・ 何枚かの写真をつなぎ合わせると一つの心霊写真になるというインパクトから、 多くの人が信用してしまったのかもしれませんね。 ネットの反応 ・アンビリーバボーの心霊特集は怖くて面白かったのに・・・ ・放送しなくなったのは「呪いの仮面」のせいだろ ・古い白黒の写真で旅館の窓に写ってた奴が今でもトラウマ ・デジカメの普及で現像しなくなったからね。 心霊写真自体が無くなったんじゃないかな? スポンサードリンク いかがでしたか? 昔は心霊写真特集や宇宙人の特集番組が多くありましたね。 皆さんはどう思いましたか?.

次の

本物の闇は深かった…アンビリバボーが心霊写真を辞めた理由が…

アンビリーバボー アステカ

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 前に、アンビリバボーでアステカの祭壇とよばれる心霊写真を扱ってから、TV... - Yahoo! 知恵袋はてなブックマーク - 前に、アンビリバボーでアステカの祭壇とよばれる心霊写真を扱ってから、TV... - Yahoo! 知恵袋 プレビュー 前に、アンビリバボーでアステカの祭壇とよばれる心霊写真を扱ってから、TV... - Yahoo! 知恵袋はてなブックマーク - 前に、アンビリバボーでアステカの祭壇とよばれる心霊写真を扱ってから、TV... - Yahoo! 知恵袋 前に、アンビリバボーでアステカの祭壇とよばれる心霊写真を扱ってから、TV... - Yahoo! 知恵袋 『の祭壇』は、でとして登場していた立原美幸さんに 端を発した物だった... 続きを表示 『の祭壇』は、でとして登場していた立原美幸さんに 端を発した物だったと思い。 経緯は 立原さんが、の特徴がある数枚のを取り上げた事。 者も日時ももななのですが、 それぞれに的な形の 赤い光が写り込んでいて、 の向きを変えるとそのいずれもが同じ台(杯)の 様な形になり、 立原さんはそれを「あるなに使う台」だと鑑定した。 終了後、局にが掛かってきました。 その中にはの方が含ていました。 彼らの言い分は突き詰めれば同じ内容で 曰く「何というをするんだ」と言う物。 詳しい事は誰も話い様ですが、 只、口を揃えのように「2度とするべきではない」と。 その一方で宛には同じような光の写り込んだが続々と送られてきました。 「これはただ事ではない」 そう思.

次の

アステカの祭壇とは (アステカノサイダンとは) [単語記事]

アンビリーバボー アステカ

アステカの祭壇とは、上での一つである。 概要 撮られた場所も年代ものに写り込むい。 いずれも何かの台やのような形をしているが、これらはすべてテカ文明の祭具が映り込んだものと言われている。 13世紀から15世紀まで栄えたテカ文明。 ここでは的に人身御供が行われ、生け贄をげなければが消滅する、と信じられていた。 その事の際には、生け贄を殺すために縛った台、生き血を入れるためのが使われていた。 その台やが、として現代にった。 それがこの「アステカの祭壇」なのである。 この「アステカの祭壇」のをリーバボーなどのの特集で放送したところ、に多数の霊者から「何というものを放送するんだ」と苦情が入り、での特集が減った原因であるとも言われる。 聞は一見にしかず、「だけじゃ分かんねーよ」という人は下記を見てみることをオススメする。 しかし「見ると呪われる、なことが起こる」とも言われているので 閲覧する際は でお願いします。 (切れ) が、どうやらこういうことらしい。 以下より まず「」で考えてみましょう。 テカ文明には信仰があり、それに活を与える生贄として人身供犠が行われていたのはです。 しかし、生贄にされるのは大変名誉なことで、その対は捕虜やの中から、でルックスのいいが選ばれ、祭事までは非常に丁重に扱われたということです。 の々からすれば残酷な行為ですが、彼らにとってそれは重要なだったのです。 また、テカは中南で栄えた文明です。 それがなぜ、彼らとは縁ももない、遠く離れたでに写るんでしょうか?第一、テカで行われていたのはにを与える祭事であったのに、なんで裏返って呪いになるんでしょうか? さて実際の「アステカの祭壇」のですが…これは現でも何でもありません。 単なる撮時のがで出ただけです。 祭壇に見えるは、内のを押さえつける部品の形です。 つまり、その部品の部分だけちゃんと感してないからああ見える。 部品の形はどの機種でも似ているので、時や場所が別々でも同じようなが撮れてしまうのは当たり前。 の周りがっぽくなるのは、やのは波長が長く、そのような不全な状態のにも入り込みやすいからなんです。 本来そんなはしないものなのですが、やってしまったという点では時のとも言えますね。 それとリーバボーに苦情が来たというのは本当らしいのですが、霊者ではなく、に携わるの人々が「あんなキ放送するな」と言って来た、といった所が相のようです。 実際、などないが世間の流になってからは、ピッタリとこの手のは出て来なくなりました。 時代のなんですね。 ついでにアステカの祭壇の人為的な写し方も書いておきます。 ボディーは、はめ込み式になっているので、だけ本体に隙間を開ける。 要はこの行為によって、上の最後の撮済みのにを方向から感させる事ができる(チカラ技での多重露)。 ボディーをきちんと元に戻してから(が入りそうな場合はテープで止める)、巻き上げを「巻き上げ点」からさらに理やり回し、負荷がなくなるまで回しきる。 これで外に出ていた(最後の)が、全に本体に入る。 今度は全に本体のはめ込みを解除し、本体を外に取り出す。 を屋に持ち込み、・トを依頼する。 この時大事なのは『必ず全部のをトして下さい。 っやが入っているもかまわないからトして下さい。 』と念を押しておく事。 屋によってはに撮とわかるはトしない場合があるため。 ちなみに者が時代に実際に試したところ、アステカの祭壇は撮出来ました。 関連商品 関連項目• 反義者の代表例であるポパーによると、にへの信仰が存在しているとしても、にとって信仰は不要である。 は、自らに対する反可性を認めている。 つまりは「相対的言明」であり、自らが的を受けて、反され得ることを認めている。 一方で、は試されることを。

次の