プロテイン amazon。 初心者はここに気をつける!失敗しないプロテインの選び方

【徹底比較】ホエイプロテインのおすすめ人気ランキング18選

プロテイン amazon

糖質制限ブームなどにともない、たんぱく質が効率よく摂取できるプロテインが注目を集めています。 プロテインは筋肉ムキムキになるものというイメージをいまだに持たれている方も多いかもしれませんが、ダイエットや美容にも効果のあるサプリメント。 「プロテインを摂ってみたいけど選び方がわからない」「いつ、どのくらい飲んだらよいかわからない」といった疑問を持つ、まだプロテインを飲んだことのない方にプロテインの種類や飲み方など基本をお教えします。 プロテインを飲むべき理由とは? プロテインは運動する人が飲むものと思われているかもしれませんが、運動をしない人にも取り入れる価値は大いにあります。 そもそもプロテインとはたんぱく質のこと。 人間の身体を構成する筋肉や骨、歯、皮膚、血管、内蔵、髪の毛など多くの部分がたんぱく質でできており、毎日、代謝に使う新しい原料(たんぱく質)が必要です。 その量は、まったく運動していなくても1日ごとに、脂肪を除いた体重1kgあたり1g。 たとえば、除脂肪体重が60kgであれば1日60gとなり、このたんぱく質量を食事で摂る場合、1個約6. 5gのたんぱく質含有量があるといわれるゆで卵なら9〜10個、納豆なら7〜8パック(1パックあたり約8. 3g)を食べなければなりません。 除脂肪体重がわからない人は、厚生労働省「日本人の食事 摂取基準2015」で推奨されている1日あたりの平均必要量「成人男性50g、成人 女性40g」を目安に摂るようにしましょう。 食品に含まれるたんぱく質量をいくつか見てみると(上の表参照)、1日に必要なたんぱく質量も3食で分ければ簡単に摂れそうですが、栄養バランスを意識していない人やダイエットをしている人は不足しがち。 また逆に、食品によってはカロリーを採りすぎてしまうこともあるので、カロリーを抑えてたんぱく質を補えるプロテインは便利なのです。 たんぱく質が足りないと肌や髪の毛のハリ、ツヤがなくなるほか、筋肉量が減って基礎代謝量が落ち、太りやすくなったり、免疫力や集中力が低下してしまうといった不調を引き起こすおそれもあるので、プロテインを食事と併用して上手に栄養管理しましょう。 ゆで卵のカロリーは1個(60g)約90kcal。 1日に必要なたんぱく質60gをゆで卵で摂る場合9〜10個となるので、カロリーは810〜900kcalになります。 ほかの食品をあわせてたんぱく質量を計算しないと、カロリーオーバーする可能性もあるので注意しましょう。 なお、一般的なパウダータイプのプロテインの場合、同たんぱく質量を摂取してもカロリーは約330kcalで済みます なお、ランニングや筋トレなど運動をしている人は前述のたんぱく質量よりもさらに多く摂取するのが理想的。 まったく運動しない人の1日に摂取すべきたんぱく質量が除脂肪体重1kgあたり1gなのに対し、運動している人は1. 5〜2倍摂るといいといわれています。 「運動+プロテイン」=「ムキムキな体」をイメージされるかもしれませんが、適正カロリーを大きく超えるような食事を続けなければ簡単にはマッチョにはならないので安心してください。 運動したあとの筋肉は細かい傷が入ったような状態になり、その筋肉を回復させるためにたんぱく質は必須。 スレンダーでほどよく筋肉がついた代謝のいいボディを目指すなら、筋肉の原料となるたんぱく質が不足しないようにしましょう。 プロテインの種類を知ろう! プロテインを利用すればたんぱく質が効率よく摂取できることは理解できても、プロテインは「マズくて飲みにくい」という印象があり、懸念している人も多いのではないでしょうか。 しかし、それはもはや過去の話。 昔のプロテインは大豆を原料とした「ソイプロテイン」が大半で、水に溶けにくいため飲みにくく、味やニオイに強いクセがありました。 今でもソイプロテインはありますが、水溶け具合が格段によくなり、飲みやすさは劇的に改善されています。 ただ、近年はさらに水に溶けやすい「ホエイプロテイン」が主流。 牛乳に含まれる「乳清」を原料としたホエイプロテインは味が淡白で飲みやすく、水溶性ビタミンやアミノ酸なども豊富なため人気です。 左がホエイプロテインで、右がソイプロテイン。 粒子の大きさはほぼ変わらず、牛乳や大豆のニオイもしないので、見た目で違いはわからないかも ひと昔前のソイプロテインはシェイクしても粉が残りましたが、近年のものはきれいに溶けます ココアやバニラ、コンソメなどいろいろな味がラインアップされているほか、少量タイプも発売されているので、まずは少量タイプで試して自分にあうものを見つけるのもいい方法です ザバス「ホエイプロテイン100 ココア味」と「ソイプロテイン100 ココア味」で溶け具合や味を確かめてみました。 どちらも水でシェイクしたので薄めのココア味という感じでしたが、飲み終わったあとに若干粉っぽさが口に残ったのはソイプロテインのほう。 ただ、飲みにくいほどではありません。 いっぽう、ホエイプロテインは粉っぽさはないものの、試飲後、口に牛乳っぽいニオイが少し残りました プロテインは水だけでなく、牛乳や豆乳など、ほかの飲料と混ぜてもOK。 ただ、水よりもカロリーは高くなるので注意しましょう。 筆者は、ココア味のプロテインを水とコーヒーでシェイクするのがお気に入り!(カフェモカのような味で、けっこうイケます!) ただし、ホエイプロテインを選ぶ時には少し注意が必要。 製造方法が異なる「コンセントレートタイプ(WPC)」と「アイソレートタイプ(WPI)」という2種類があり、WPCのホエイプロテインには「乳糖」が含まれているのです。 この乳糖は、牛乳を飲んでお腹がグルグルする「乳糖不耐症」の方には適しません。 WPCタイプを選ぶと、牛乳を飲んだ時と同様の症状が出るおそれがあります。 そんな方には乳糖がほとんど含まれないWPIのホエイプロテインを選べばいいのですが、パッケージに製法は記載されていません。 たんぱく質量が75%前後のホエイプロテインはWPCタイプ、85%以上であればWPIタイプと判断してOKです。 なお、WPIタイプの中には「アイソレートタイプ」や「乳糖不使用」とパッケージに書いてあることが多いので、見極めが不安な方は参考にしてください。 ザバス「ホエイプロテイン100」のパッケージには製法のタイプは表記されていませんが、たんぱく質含有量が75%なのでコンセントレートタイプ(WPC)であることがわかります このほか、ホエイプロテインと同じく牛乳を原料とした「カゼインプロテイン」もありますが、乳清以外の成分で作られているので、乳糖でお腹がゆるくなる方には不向きかもしれません。 飲みやすさはホエイプロテインとほぼ同じです。 パウダータイプ以外のプロテインもあり! パウダータイプのプロテインが水に溶けやすくなったとはいえ、まだ抵抗がある方はタブレットやドリンク、ゼリータイプを選ぶのもいいでしょう。 シェイカーを用意したり、飲んだ後に洗う手間がないのが魅力です。 ただし、商品によってたんぱく質の含有量が大きく異なるため、ものによってはたくさんの量を一度に飲む必要があったり、ドリンクタイプの中には味にクセが強い商品があることも。 また、パウダータイプよりもコストが高めなので、日常的にプロテインを飲むならパウダータイプをメインにし、補助的にその他タイプのプロテインを摂るようにしたほうがいいかもしれません。 錠剤に抵抗がなければ、飲みやすさはタブレットタイプがダントツ! しかし、たんぱく質20gを摂るためには50粒以上必要なので、パウダータイプと同じペースで摂取すると割高になります たとえば1日30gのたんぱく質量を、Kentaiのタブレットタイプ「」(5,200円)とパウダータイプ「」(4,600円)で摂取した場合、パウダータイプは34日間で飲みきることとなりますが、タブレットタイプは30g=80粒となるため、11日で終了。 このことから、タブレットタイプは外出先で手軽に飲んだり、1度の摂取量を少量に留めるといった使い方がいいかもしれません いつ飲めば効果的? プロテインがもっとも吸収されやすいのは、運動後30分くらいといわれています。 とはいえ、プロテインは分解・吸収スピードが速いホエイプロテインでも吸収されるまで1〜2時間程度かかるため、体がたんぱく質をもっとも欲する状態となる運動後30分に吸収されるように調整するのはなかなか難しいもの。 本気で取り組んでいる人はトレーニング中にもプロテインを摂ってベストなタイミングを逃さないようにしていますが、一般の方であればそこまでシビアにならなくても大丈夫です。 たんぱく質が吸収されるタイミングが運動中にきても問題ないので(むしろイイ!)、ホエイプロテインなら運動を始める1〜2時間前に飲めばOK。 その他のソイプロテインやカゼインプロテインは吸収されるまでに5〜6時間かかるので、運動を終える時間から逆算して飲むタイミングを決定しましょう。 なお、このように吸収されるタイミングが計りやすいことも、近年、ホエイプロテインの人気が高い理由のひとつです。 運動の種類にあわせて調整したプロテインも発売されているので、用途が決まっている人はこのような商品を選ぶのもいいでしょう。 アミノ酸はプロテインを吸収しやすいように分解したものなので、運動で負荷がかかり傷ついた筋肉の回復に役立ちます。 ただ、アミノ酸はプロテインよりも割高なため、プロテインと同じ量のたんぱく質をアミノ酸で摂るのは現実的ではありません。 たとえば、味の素「アミノバイタル GOLD 30本入り」の価格は約4,000円(2018年1月26日時点の価格. com最安価格)。 ですが、1本に含まれるたんぱく質は4. 7gであるため、毎日20gほど摂取しようとすると1週間でなくなってしまいます。 たんぱく質は少量でも体の疲れを緩和する作用があるので、より早く筋肉に届くアミノ酸を摂取したあと、たんぱく質量を補うためにプロテインを飲むようにするのがいいでしょう。 アミノ酸補給が手軽にできるとして人気が高いのが、味の素「アミノバイタル」。 いくつかの種類がありますが、運動後の体のリカバリーには「アミノバイタル GOLD」が適するそうです では、運動しない人はいつ飲めばいいのでしょうか。 摂取する時間にキマリはありませんが、効率を考えるなら、朝がベスト。 栄養が不足したままで過ごすと筋肉や内蔵などが分解されるおそれもあるので、朝食を食べない、簡単なもので済ませているならプロテインをプラスしてみましょう。 さらに、就寝前にプロテインを飲むとよりよい効果が望めます。 寝ている間は成長ホルモンが分泌され、体が栄養を取り込みやすい状態になるので、たんぱく質を摂っておくと肌や髪、爪にも作用し、美容にも高価あり! もちろん、運動した夜の就寝前にもプロテインを飲むほうが、筋肉の回復に役立ちます。 なお、睡眠時間は長いのでホエイプロテインにくわえ、ゆっくり吸収されるソイプロテインやガゼインプロテインを飲むのもいい方法。 ように、吸収時間の異なる2種類のプロテインを混ぜたプロテインを選ぶのもありです。 プロテインに含まれるカロリーは少ないですが、運動をしないので少量のカロリーも気になるという人はダイエット用のプロテインを選ぶのもあり。 ソイプロテインのザバス「ウェイトダウン」は1食分(21g)でたんぱく質は16. 8g摂れるほか、11種類のビタミン、3種類のミネラルを配合しながら、カロリーは79kcalに抑えられています どのくらいの量を飲めばいい? たんぱく質は1度にたくさんの量を摂っても吸収されにくいので、1回10〜20gを目安にし、1日3回程度飲むのが理想的です。 また、プロテインを過度に摂り続けると肝臓に負担がかかるので、適正量を意識するようにしましょう。 パウダータイプで20gのたんぱく質量を摂る場合、液体とシェイクすると約200〜300mlになります(ザバスのプロテインで推奨されている量)。 意外と量があるので、なかには飲みきれない人もいるかもしれません 液体は量的に飲みきれないと心配なら、プロテインバーを食べるのも手です。 森永製菓「ウイダー in バー プロテイン」は1本で10g以上のたんぱく質を摂取可能。 カロリーは少々高め(100〜200kcal)ですが、時間がない時にも役立ちます.

次の

プロテインのメリットと効率的な飲み方とは?

プロテイン amazon

筋トレ・プロポーション維持に効果的で、プロテインの王様とまで呼ばれるホエイプロテイン。 しかしタンパク質配合量・製法・味も異なる多種多様な商品が販売されており、一体どれが本当に優秀でおすすめの商品なのか気になっている方も多いはず。 そこで今回はザバスやDNSなど、 Amazon・楽天・Yahoo! ショッピングなどで売れ筋上位のホエイプロテイン18種類、全41商品を全て購入し、最もおすすめのホエイプロテインを決定したいと思います。 検証は、 全ての商品を実際に飲んで以下の2点を比較・検証しました。 タンパク質含有量• 味 果たしてどの商品が最もおすすめのベストバイ商品なのでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね! 今回はホエイプロテインの選び方について、パーソナルトレーナーやフィジーク選手としてご活躍されている、湯浅さんに取材しました。 <取材協力:湯浅幸大さん> 株式会社ワークアウト・ライフ代表取締役。 パーソナルトレーナー兼フィジーク選手。 2016年世界選手権準優勝 2017年アーノルドクラシック(アーノルドシュワルツェネッガー主催の国際大会)優勝。 フィットネスクラブに入社後、全国約40店舗の中で売上業績全国No. 1を維持する一方、所属店舗の業績も全国トップにした経歴を持つ。 現在は渋谷、恵比寿、赤坂を中心に、一般の方からアスリート・モデル・ボディビルダーと、幅広い層のトレーニングを指導。 定期的にも開講中。 今回検証した商品• THINKフィットネス|ゴールドジム ホエイプロテイン チョコレート風味 720g• ファイン・ラボ|ホエイプロテインピュアアイソレート ミルクココア風味• 明治|ザバス アクアホエイプロテイン100 アセロラ風味• ボディウイング|ホエイプロテイン• Muscle Pharm|コンバット 100%ホエイ プロテイン• ドーム|プロテインホエイ100 チョコレート風味• エクスプロージョン(同)|ホエイプロテイン ミルクチョコレート味• 明治|ホエイプロテイン100• MyProtein|Impact ホエイプロテイン バニラ• アルプロン|ホエイプロテイン100 ココアミルク風味• Real Style|ビーレジェンド プロテイン• ボディプラスインターナショナル|バルクスポーツ プロテイン ビッグホエイ アーモンドチョコレート• 江崎グリコ|パワープロダクション マックスロード ホエイプロテイン• BSN|シンサ-6 アイソレート• オプティマムニュートリション|パフォーマンスホエイ• チャンピオンニュートリション|チャンピオン ピュアホエイ プロテインスタック バニラ タンパク質含有量も申し分なく、溶けやすさも十分なゴールドジムのホエイプロテイン。 甘味は強いもののコクのある味わいではないので、毎日飲むのにもぴったり。 ただ普段からプロテインを飲みなれている人にとっては、やや甘すぎるという声もありました。 しかし 甘さがプロテイン特有の匂いを緩和してくれるので、初めてのプロテインとしても自信を持っておすすめできます。 チョコレート風味はチョコ系プロテインの中でもひと際評価が高く、 チョコドリンクのようにジュースの代わりとしても飲めそう。 ストロベリーはストロベリーシェイクのような甘さで、プロテインを飲みなれていない人にもぴったりなベストバイホエイプロテインです!.

次の

マイプロテインはAmazonでも購入できる?価格や送料や味を比較 | 筋肉総合NO.1/筋トレするならマッスルホールディングス

プロテイン amazon

概要 [ ] プロテインサプリメントは日本でいうの一種である。 これらはをバランス良く、あるいは極端に偏って配合してあり、不足が予測される栄養素を補助するために用いられる。 その多くはに類似した外見を持つ乳白色のであるが、風味を加えたものは様々な着色された製品も見られる(後述)。 この粉末を水などの液体に溶いて流動食のようにして食べる()。 やはトレーニングの後に損傷した筋肉の修復の為タンパク質を必要とし、このとき摂取したタンパク質は、筋肉の修復に使用される。 場合によっては筋肉が肥大し、筋力が上昇する可能性が出る。 筋肉が肥大し筋力が上昇するか否かは、トレーニング内容と強度、栄養状態、その他たくさんの条件から決定される。 いわゆるアナボリックな状態で、筋肉に危機感を与えるトレーニングをしなければ、筋肥大はしない。 トレーニング期間が浅い場合は、ある程度体が発達しやすいが、特に筋肉の大きい上級者は、筋肉が刺激に慣れていることからさらなる発達は難しく、ハードなトレーニングと複雑な工夫が必要となる。 タンパク質は・・といったや、ないしといったなどからも摂取できるが、それらからタンパク質を大量に採取しようとすると、往々にして動物からは分が、植物の場合にはを大量に摂取することに繋がり、その結果としてカロリー摂取過多となり余分なをつける原因となる。 5gから2gのタンパク質が必要となる。 このため炭水化物や脂肪分を除去し精製し、タンパク質含有率を高めたプロテインが必要となる。 市販されているプロテインの多くはホエイプロテインであり、その中でもホエイプロテインコンセントレート WPC が最も多い。 ホエイプロテインアイソレート WPI はホエイプロテインコンセントレートよりタンパク質を高純度に含有するが一般にWPCよりも値段が高い。 また、WPIはろ過の過程でタンパク質以外の栄養成分が失われる。 WPIは日本人がお腹を壊す原因となることの多いも除去するので、の人はWPCよりもWPIを選ぶ方がよい。 原料は、特定の動植物から得られたものである場合もあれば、などを使って合成・抽出される場合もある。 いずれの場合においても、不純物が混入しないよう、様々な化学的工程を経て精製されたものである。 プロテイン摂取の際でも、類や各種、その他のは通常の食事で摂取する必要がある。 徹底してを好む、あるいは栄養バランス調整を行っている者は、他の栄養素もサプリメントから得ようとする場合もみられる。 この場合は的観点から必要摂取量を測っているなら問題は生じないが、生半可な知識で行うとの恐れもある。 なお、プロテインサプリメントとしては様々な機能性食品(など)としての機能を持つものがある。 一般に行われるダイエットなどでは摂食制限から栄養失調に陥る危険性も指摘されているが、そのダイエット向けプロテインサプリメントでは、総合栄養食として不足しがちなやなどのを配合してある、所定のダイエット食品と一緒に食べることを前提とした製品も見られる。 これらはその前提に沿う限りにおいて、カロリー制限されながらも必須栄養素をバランス良く含む食事が行えるようになっている。 プロテインの用途と一般的な認知 [ ] 主に、を維持または増強する目的で摂取されるが、プロテインサプリメント自体は単なる「高タンパク食品」でしかなく、的な筋肉増強効果はない [ ]。 適切なトレーニングや食事と併用し、これらを数ヶ月あるいは数年といった長期にわたって継続することで初めて効果が期待できる。 しかし、一部ではの選手やが愛用しているなどのイメージから、のような筋肉増強剤と混同している者もおり(増強剤は市販されていない)、運動せずとも摂食すれば、筋肉がつくという誤ったイメージを持つ者もいる [ ]。 プロテインは、食事からの摂取でも粉末状サプリメントでも、体内では同じように分解され同じアミノ酸として吸収されるので、食事で摂るタンパク質と同様である。 痩身目的でのプロテイン [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2008年3月) 健康ブームやブームの一端としては、を目的として摂取するサプリメントとしても人気が高まっているが、プロテインは単なる栄養補助食品で、薬理効果はない。 タンパク質は栄養学的にが存在する(プロテインサプリメント1gで3. 5kcalから4kcal程度)ので、運動やトレーニングを全くしていない者が、通常の食事に加えてプロテインを摂取するのは、普段の食事量が増える事と同じであり、につながる事がある。 ダイエット目的の場合は、食事に置き換えることが必要である。 食事療法(ダイエット)での痩身は、消費よりも摂取カロリーを抑えることで行われる様式があるが、こういった食事制限による方法では、往々にしてタンパク質摂取量までもが不足し、その結果体重は減ったものの、脂肪よりも筋肉やが大きく落ち込んでしまい、食事制限の中途あるいは終了後に体調悪化や、を引き起こすという場合がある。 これらの対策のため、プロテインが補助的に利用される。 またリバウンド防止の観点からを通して筋肉の総量を増やし、を増加させようという場合もあり、この際にも筋量アップのためにトレーニングと平行してプロテインが利用される。 ただし同体積の筋肉は脂肪に比べて重いので、外見に痩身効果があっても、体重は減りにくいこともある。 高齢者向け・生活習慣病対策目的でのプロテイン [ ] 高齢者や食事療法対象者へ積極的にプロテイン摂取を進める動きがある。 高齢者は若者・中年に比べて必要なカロリー数が減少するため、それに伴い食べる絶対量が減る傾向がある。 しかし、たんぱく質の必要量はカロリー数ほど減少しない。 なお、ビタミンやミネラルは必要摂取量は年代による違いはほぼない。 ) そのため、純粋に食べる量を減らすことで摂取カロリーを減らすと、高齢者はたんぱく質摂取量が不足しがちになる。 たんぱく質の不足は筋力の低下(筋肉減少症:サルコペニアともいう。 )を招き、高齢者の一度落ちた筋力の回復は困難であることや床ずれの原因ともなることから、問題は深刻となる。 その対策としてプロテインの摂取を呼びかける動きがある。 プロテインの種類 [ ] ホエイプロテイン [ ]• にから作られるホエイ蛋白()を使用• 1990年代から浸透膜技術の発達により急速に安価になった• 他の製法ではどうしても残る「粉っぽさ」(これゆえにプロテインを敬遠する人も多かった)が無い為、後述のカゼインプロテインを駆逐した。 現在では、水に溶かすと殆どスポーツドリンクと同じ口当たりの商品さえある 特徴• 摂取後のが速く、タンパク質合成を促進する(アナボリック)• 消化が速い分、(エネルギーとして消費されてしまうこと)を防ぎにくい(こまめに摂取することでカゼイン同様抗カタボリック効果が得られることが研究で示されている)• 他の原材料のプロテインと比較すると相対的に安価である• ホエイパウダー(乳清)、脱脂粉乳(スキムミルク)、粉ミルクを代用する人もいる。 ホエイのプロテインの種類• ホエイプロテインコンセントレート WPC ホエイプロテインの中では一番安価で、をサポートする天然のタンパク質分画が含まれているが、ホエイプロテイン中で(乳糖)が一番多く含まれている。 このためなどの人は、WPC大量摂取をした際に消化・吸収しきれずになる可能性もある。 ホエイプロテインアイソレート WPI WPCより高価だが、単位重量あたりのたんぱく質含有量がWPCより多く、炭水化物が少ない。 精製方式により、クロスフローマイクロフィルトレーション CFM とイオン交換法がある。 CFMの方がラクトフェリン等が残存しやすい。 加水分解ホエイペプチド WPH ホエイプロテインの中で一番精製されているため、単位重量あたりのたんぱく質含有量がホエイプロテインの中で最も多い。 ただし、ホエイプロテインの中では一番高価。 WPCより溶かすのが容易 カゼインプロテイン [ ]• 原料に牛乳に含まれる蛋白を使用• やや高価である 特徴• 摂取後の消化が遅く、異化を防ぎやすい(抗カタボリック) カゼインプロテインの種類• カゼインカルシウム(カゼイン塩)• カゼイン(ミセラーカゼイン) ソイプロテイン [ ]• 原料にたんぱくを使用• ホエイプロテインより安価な製品がある。 大豆の作用を受ける• 大豆由来のイソフラボンが持つ様作用(のように働いてしまうこと)をもたらす可能性がある• 摂取後の消化が遅く、異化を防ぎやすい(抗カタボリック)。 体質により腹痛を起こす場合もある。 消化が遅いため満腹感が有り、やに用いる人もいる。 粉っぽく、何で溶いても飲みにくい。 大豆粉(きな粉とは異なる)、を代用する人もいる。 エッグプロテイン [ ]• 原料になどのを使用• 海外では、卵白に黄色く色を付けることで利用者の心理的負担を和らげた商品なども存在する。 日本ではマヨネーズメーカーが副産物として乾燥した卵白を、製菓材料向けに販売しているケースが見られる。 卵の白身だけを摂取すればよいので、ある意味調達が容易。 高価であり、専用の商品は入手が困難。 自宅で卵から卵白を調達する場合、卵黄の処理方法を考える必要がある。 ビーフプロテイン [ ]• 原料になどのやホルモンを使用。 肉の味がする。 塩気がある。 とが含有されている。 高価であり、専用の商品は入手が困難。 ピープロテイン [ ] 詳細は「」を参照• 原料になどのを使用。 豆の味がする。 塩気がある。 アルギニンなどの栄養価が高い。 ライスプロテイン [ ]• 原料になどの天然酵素を使用。 から作られている。 高価であり、専用の商品は入手が困難。 プロテインのパッケージ形態 [ ] プロテインのパッケージには、様々な種類がある。 主なものは、プラスチックボトル、チャック付ポリラミネート袋、容量の多いものは缶などで、開封後も内容物を湿気などから保護する機能を持つものが多い。 備考 [ ] プレーン味の他、や・など様々な風味がついた製品も多く登場している。 これらは大量に摂取する際に、味気ないプロテインをとりやすくするものだが、ダイエット用途ではに低カロリー甘味料を使うなどの工夫が凝らされているものも見られる。 プロテインの消費・流通は日本よりも欧米などや痩身行動の盛んな地域で活発であり、製品間の競争も激しく、市場原理の結果として価格面や製品特色の面で選択肢が広い。 生産量の差もあり、日本国内メーカーのプロテインは、欧米に流通している主要製品と比較し、かなり割高な価格設定となっている。 飲み方 [ ]• パウダー1食分を牛乳や水など300ccに溶かし(シェイク)、食事の補助として飲むのが一般的である。 決して美味なものではないため、味のある牛乳に溶かした方が初心者には飲みやすい。 現在は固形物も出ている。 プレーン味のプロテインにと牛乳などで甘みを出し飲みやすくする方法もある。 溶かす容器は何でもいい。 ネーム入りのシェイカー(シェイクすることを想定し、容量500ccの物が多い)を発売しているメーカーもある。 シェイカーについて勘違いしている人が多いが、これはパウダーだけを持って外出し、遠征先などで作って飲む事のみを想定しており、 ドリンク状にしたものを持ち歩くためのものではない。 シェイカーの蓋に耐水シールは施されていないので、このような事をするとプロテイン溶液が漏れてバッグ内を汚す原因になる。 プロテイン(特にホエイプロテイン)は1回作るごとにその場で全部飲み干すこと(時間をおいた物は重篤なを引き起こす原因となる)。 トレーニング時は、トレーニング開始から30分前、トレーニング後は内臓の血流が落ち吸収が悪くなるのでBCAA等のアミノ酸の方が好ましい。 や維持に、就寝前などの摂取を勧めているものもある(就寝後は分泌が活発になるため)。 は一度に大量摂取しても体内で消化吸収しきれないため、タンパク質摂取量は(他の食事分も合わせて)1食あたり最大でも 30~50g 程度にするのがよいとされている。 1日に必要なタンパク質の量は1kg あたり 1~1. 2g と言われているが、運動やトレーニングをする者はその頻度・強度あるいは年齢性別により、除脂肪体重 1kg あたり 1. 5~3g が摂取の目安とされている。 ス ポーツ選手やボディビルダー以外はとして取りすぎると肥満する。 主な日本の参入メーカー [ ] 日本のプロテイン 左ザバス、右ウィダー• FIX IT 「FIX ITプロテイン」ブランド• S-ING 「SAVE ホエイプロテイン」ブランド• (「X-PLOSION」ブランド)• アスウェル 「ボディウイング」ブランド)• アルプロン(ブランド、ブランド)• (「DNS」ブランド)• ニチエー 「nichie」ブランド• ヘルシーカンパニー• ボディプラスインターナショナル 「バルクスポーツ」ブランド• (「」ブランド)• (「グリコパワープロダクション」ブランド)• 健康体力研究所 「Kentai」ブランド• 浪花屋商店 「540プロジェクト」ブランド• 日本ガーリック 「NICHIGA」ブランド• 八宝商会 「LIMITEST」ブランド• (「」ブランド)• (「ウイダー」ブランド)• ANOMA アノマプロテイン 主な海外の参入メーカー [ ]• THE HUT GROUP 「」ブランド• GLANBIA 「オプティマムニュートリション」ブランド• 「ウエイトゲイナー」ブランド 脚注 [ ].

次の