スポーツ ジム コロナ 感染。 ジムでのコロナウイルス対策5選~感染症から身を守るには~

【コロナウィルス】私が働くスポーツジムで行っている対策はこんな感じ

スポーツ ジム コロナ 感染

コロナウイルス感染経路 コロナウイルスの感染経路は未だ完全にはわかってはいませんが、 手や鼻、口からウイルスが体内に入り込むことが多いと考えられています。 そのため、トレーニングジムにおけるコロナウイルス対策としては 手や鼻、口からのウイルス侵入を防いだり、 ウイルスを殺菌することが有効と考えられます。 それでは、ジムでのコロナウイルス対策として 具体的にどのような方法があるのかについて紹介してみます。 ジムでのコロナウイルス対策 トレーニング中、頻繁にアルコール消毒 ジムでは、多くの利用者が汗をかきながら、 素手でダンベルやトレーニング器具を握ってトレーニングをします。 そのため、 コロナウイルス感染者が器具を素手で触った場合は、 器具にウイルスが付着する可能性があり、 その後に器具を使う人々は手からウイルスに接触する危険性が多く存在します。 その対策として有効なのが、 器具に触る前後で手にアルコール消毒を吹きかけることです。 コロナウイルスはアルコールに弱いといわれていますので、 手をアルコールで消毒しておけば、 たとえウイルスに触れても、ウイルスを死滅させやすくなります。 トレーニング中は様々な器具を触ることになると思いますので、 頻繁にアルコール消毒を行いましょう。 最近では、トレーニングルームのなかや入口に アルコールスプレーやアルコールジェルが設置されているジムも多くあります。 私の通っている市営のジムも 手を消毒するためのアルコールスプレーが ジムの入口とトレーニングルームの入口にそれぞれ常備されています。 もしジムにアルコールが置かれていない場合は、 自分で購入して持参することをおすすめします。 また、度数の高いアルコールは殺菌効果が高い反面、 手荒れなど肌に対するダメージも強くなる場合があるため、 肌が弱い方はトレーニング後にハンドクリームなどを塗って、 手を十分に潤しましょう。 トレーニング後に手洗い・うがい コロナウイルス対策には手洗い・うがいも推奨されています。 ジムでトレーニング後は速やかに手洗い・うがいをしてから 帰宅することをおすすめします。 手洗いは20秒以上行うと効果が大きいとのことですので、 トレーニングの疲れを癒しながらじっくり手を洗ってみてはいかがでしょうか。 マスク着用しながらトレーニング 鼻や口からのウイルス感染を防ぐためにはマスク着用も効果があります。 最近はマスクを入手するのも困難になってきましたが、 マスクを持っている方で、トレーニング中も苦にならない方は マスクを着用してトレーニングするのも手かと思います。 手袋着用しながらトレーニング 手からのウイルス侵入を防ぐためには、 素手でウイルスに触れないようにすることも重要です。 そのため、ダンベルやトレーニング器具を扱う際は 手袋を着用するのもウイルス対策として有効かと思います。 ウェイトトレーニングなどを行う方は 専用のトレーニンググルーブを持っている方も多いと思いますが、 ウイルス対策としては、 できれば指先まで覆われているグローブのほうがおすすめです。 トレーニング中、スマホを触らない スマホなど表面がツルツルしたものには コロナなどのウイルスが溜まりやすいそうです。 ジムでもトレーニングの合間にスマホをいじったり、 スマホの音楽を聴きながらランニングしている方を多く見かけますが、 トレーニングジムは日常よりウイルス感染の危険性の高い環境であるため、 トレーニング中はできるだけスマホ利用は控えたほうがよさそうですね。 トレーニングルームの定期的な換気 トレーニングジムは人も密集していることが多く、 温度や湿度の管理上、普段は締め切った空間であることも多いです。 ただ、そういった環境は ウイルスがまんえいしやすい環境でもあるので、 できれば定期的に窓を開けるなどして換気をしたほうがいいですね。 窓を開けてもよいかはジムのスタッフに確認するようにしましょう。 まとめ 今回はトレーニングジムでのコロナウイルス対策として有効と考えられる 具体的な方法をまとめてみましたので ジムに通われる方は是非参考にしてみてください。 トレーニングジムはコロナウイルスなどの感染症リスクもありますが、 対策をしっかりとれば恐れることはないと思います。 コロナ対策をしながらトレーニングをして ウイルスにも負けない身体を作っていきたいですね。

次の

スポーツ関係の新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインについて:スポーツ庁

スポーツ ジム コロナ 感染

先日、千葉県のスポーツクラブの利用者から3名のコロナウイルス感染者が確認されました。 テレビで大々的に報道されているため、ジムを利用している方はウイルス対策について不安を覚える人も多いのではないでしょうか? 不特定多数の人が通う「スポーツジム」は同じ器具を使ったり、利用者が近い距離で汗をかくなど感染の可能性を注意しなければいけない環境です。 人が集まる場所にできる限り行かないのがベストな対策になりますが、とはいえ体調が万全な方はジムに行ってトレーニングしたいですよね。 本記事は健康状態がいい人がジムを利用する際の新型コロナウイルス対策について、くわしく解説していきます。 本記事は下記の方におすすめです。 混雑時の時間帯を避ける• 除菌シートやアルコールを使用• 手洗いうがいをこまめに行う• スタジオプログラムの参加を避ける 1つずつ、掘り下げていきます。 混雑時の時間帯を避ける 混雑する時間帯の利用は避けるようにしましょう。 ウイルス対策として「人がたくさん集まる場所は控える」「人と濃厚接触を避ける」ことが推奨されています。 ジムが混雑する時間帯は、夕方から夜にかけての時間帯です。 ちなみにぼくが通っているジムの混雑状況は下記になります。 24時間ジムの場合、早朝の時間帯が比較的空いています。 人との接触をできる限り避けるため、ジムが混雑していない時間帯に利用しましょう。 アルコールや除菌シートを利用する ウイルス対策として入口にアルコール消毒液が置いてあるので、入館したらすぐにアルコール消毒しましょう。 消毒用アルコールを利用することがウイルス予防対策につながります。 マシンを使う場合、下記の写真のような除菌シートやアルコールを利用しましょう。 汗ふきタオルの場合 ジムによっては汗ふき用のタオルが用意されています。 汗ふきタオルはマシンに付いた汗をふくためのタオルであり、除菌の効果はありません。 ウイルス対策には消毒用アルコールが効果的なので、もし汗ふきタオルしかなければ一度ジムのスタッフに除菌シートやアルコールがないか確認してみましょう。 手洗いうがいをこまめに行う ジム利用時に手洗いやうがいをこまめにしましょう。 ぼくたちがカンタンにできる最大の予防策は手指の消毒やうがいです。 ジムの洗面所で手を石けんなどでよく洗い、感染予防しましょう。 スタジオレッスンの参加を控える たくさんの人が閉ざされた狭い空間で同時にトレーニングするスタジオレッスンの参加は控えるようにしましょう。 ウイルスの拡大にともない、たくさんの人が集まるイベントはすべて中止になっています。 ジムのスタジオレッスンはイベントほど大人数ではないとはいえ、スタジオは密閉された空間です。 繰り返しになりますが人と濃厚接触を避けることがウイルス感染の予防策になるので、スタジオ系のプログラムは参加を控えましょう。 ちなみにルネサンスではスタジオレッスン後のインストラクターと参加者のハイタッチは禁止になりました。 ジム利用後の新型コロナウイルス対策 ジムから帰宅後もウイルス対策をしましょう。 手洗いうがいをする ジムから自宅に帰るまでにウイルスが手に付着するので、帰宅後すぐに手洗いうがいをしましょう。 栄養バランスが摂れた食事 筋トレなど激しいトレーニングは体に負担をかけます。 トレーニング後は体の免疫力が弱っている状態なので、栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。 健康で力強い体にするためにはトレーニングと同じくらい食事が重要です。 ダイエットのために糖質制限や過度な食事制限をしている方もいますが、バランスの良い食事が摂れていないと体の免疫力はどんどん弱っていきます。 免疫力が弱い状態のままだとウイルスに感染しやすくなるので、ジム後はたんぱく質だけでなく炭水化物やビタミンなどバランスの取れた食事をしましょう。 睡眠をしっかり取る 食事と同じくらい大切なのが睡眠です。 睡眠不足になると翌日に疲れが残っていたり、いつもの調子が出ない経験をした人も多いですよね。 睡眠と健康は相互に関係しています。 ジムに行った日:7~8時間の睡眠• ジムに行かない日:最低6時間の睡眠 ジムに行った日は特に体が弱っているので、普段より多めの睡眠時間を心がけましょう。 サプリメントで免疫力を上げる 食事と睡眠にプラスしてサプリメントで免疫力を上げることも大切です。 サプリメントはちょっとと思う方もいるかもですが、栄養バランスの取れた食事を心がけていてもすべての栄養素をまんべんなく取るのは難しいです。 サプリメントは食事において足りない栄養素を補う役割があります。 プロのアスリートやトレーニングを続けている人は、みなさんサプリメントを飲んで体のケアをしています。 足りない栄養をサプリメントでカバーし、トレーニング後の弱った体をサポートしましょう。 ちなみにぼくがオススメするのはグルタミンです。 ジムで運動したときや疲れがたまった時にグルタミンは大量に消費されるので、グルタミンを飲んでリカバーすることが大切です。 ぼくはグルタミンを飲み始めてから大きな風邪をひくことがなくなりました。 グルタミンを飲んでいる多くの人が同じ効果を実感していて、価格もリーズナブルなので試してみてはいかがでしょうか? ジムを利用する際の注意点 ここからはジムを利用する際の注意点について触れていきます。 体調が悪かったり熱がある場合はジムに行かない 体調不良や熱がある場合は当然ですがジムに行くのを控えましょう。 体を動かしたい気持ちもわかりますが、スポーツジムは不特定多数の人が近い距離で汗をかいたり同じ器具を使ったりするので、ウイルスの感染のリスクが高い環境です。 コナミスポーツやティップネスなど各スポーツジムのHPでは体調がすぐれない時は利用を控えてほしいとアナウンスしています。 自分の健康を大切にするとともに、ジムの利用者が快適に利用できるよう心配りも忘れないようにしましょう。 マスクをしてトレーニングするのはNG 「咳くらいの症状であればトレーニングしてもOK」という記事を見かけることがあります。 その記事ではマスクをしてトレーニングすれば大丈夫と書かれていますが、咳など軽い症状でもジムの利用は控えましょう。 もし仮にマスクしながらジムを利用している人を見かけたら嫌な気分になりますよね。 体を動かしたくなる気持ちも分かりますが、たとえ症状が軽くてもジムの利用はやめましょう。

次の

【コロナ】千葉の感染者が使用していたスポーツジムの場所や時間は?

スポーツ ジム コロナ 感染

名古屋にあるスポーツジムで新型コロナウイルスに感染したとの報道がありました。 今全国で感染が拡大している新型コロナウイルスですが、愛知県でも徐々に感染者が増えている状況です。 愛知県は他県よりも新型コロナウイルスの感染者が多いですし、愛知県に住んでいる人はいつ自分の身の回りの人、あるいは自分がウイルスに感染するんじゃないかと恐怖におびえているかと思います。 しかも今回の感染者が利用したスポーツジムは1つだけじゃなくて、なんと複数のスポーツジムを利用していたとのこと。 複数のジムを利用していたというところがタチが悪いですね。 もしその中の1つでも利用している人がいたら感染の可能性があるわけですから。 皮膚の接触観戦だけでなく、感染者が触れたモノからでも感染する新型コロナウイルス。 利用したスポーツジムが多いこともあって、感染者が触れた器具や道具がたくさんあると思います。 スポーツジムは利用者がたくさんいますから、そこから他の人に感染してウイルスの範囲が拡大していく可能性も十分ありえます。 もし今回の感染者と同じスポーツジムを利用していた人はウイルスに感染しているかもしれませんので気をつけましょう。 今回名古屋で確認された新型コロナウイルス感染者ですが、どんな経路で感染してどこのスポーツジムを利用していたのでしょうか? そこを調査してきました。 名古屋で新型コロナウイルスに感染したのは女性インストラクター?感染の経路は? 感染したのは女性インストラクター 今回名古屋で新型コロナウイルスに感染した人ですが、60代の女性でSNSで飛び交っている情報によるとスポーツインストラクターをしているとのこと。 実際にSNSでは、感染者がインストラクターなんじゃないか?という投稿を見かけます。 また名古屋で感染者がでてきたわー どうやら、ハワイ帰りの女性は、スポーツジムのインストラクターっぽい。 だから数か所のスポーツジムが閉鎖されているよう。 — 中村清 kiyoshinakamur5 名古屋市のハワイ帰りのコロナ女性がスポーツジムをハシゴした理由は、何らかの講座を持つインストラクターの方だと思う。 — kazuiwa king2000kazu インストラクターという情報に関しては、あくまでSNS上でささやかれているだけなので確証はありませんが、もしインストラクターだとしたら複数のスポーツジムを利用していたのも納得がいきますね。 しかもインストラクターなら多くのお客さんと交流する機会が多いでしょうから、確実に他の人に感染しているとみて間違いないですね。 ここまでくると誰が感染者と接触したのか把握しきれないでしょう。 もしかしたらあなたのすぐそばに感染者や濃厚接触者がいるかもしれません。 外出する際はとくに注意しましょう。 60代女性の感染経路 ウイルスに感染した60代女性ですが、どのような経路で感染したのでしょうか? 情報によると、女性は2月14日に感染が確認された60代の男性の妻らしく、ともに2月7日までハワイに旅行していたとのこと。 夫婦そろって新型コロナウイルスに感染したということですね。 これが感染するまでの詳しい経路になります。 1月28日 18時~19時の名鉄特急『ミュースカイ』に乗車し中部国際空港へ到着、その後ハワイへ渡航 1月28日~2月7日 ハワイ滞在 2月7日 ハワイから中部国際空港に帰国、その後20時7分発の『ミュースカイ』に乗車、『神宮前駅』で降りた後徒歩で自宅まで帰宅 2月9・10・12日 イオンタウン熱田千年にあるイオンスポーツクラブ3FITを利用 2月13日 夫(陽性反応)の救急車搬送に付き添う夜間、微熱・頭痛を発症 2月14日 市内の病院である『永田内科医院』で受診 2月15日 新型コロナウィルス陽性反応、その後中川区の掖済会市内病院に入院 ハワイ帰りの人で新型コロナウイルスに感染している人が他にもいますから、同じ飛行機に乗った人、そして同じ電車に乗った人は感染する可能性が高いですね。 ちなみに夫がコロナウイルスに感染したことが発覚してからもスポーツジムに通っていたという話も。 夫が感染したということは自分にも感染していると思わなかったのでしょうか? もしそうだとしたら危機感がまるでないことになりますね。 新型コロナウイルスに感染した60代女性が利用したスポーツジム 今回新型コロナウイルスに感染した60代女性ですが、合計で4つのスポーツジムを利用していたとされています。 そのスポーツジムがこちらになります。 イオンタウン熱田千年のイオンスポーツクラブ3FIT グリーンスポーツクラブ ルネサンス名古屋熱田24 アクトスWill名古屋みなと店 全部名古屋市内にあるスポーツジムですね。 感染した女性は感染が発覚するまでの間これらのジムを利用していたそうです。 その時間帯がこちら。 イオンスポーツクラブ3FIT 2月9・10・12日の午前中 グリーンスポーツクラブ 2月13日12:00~13:00 ルネサンス名古屋熱田24 2月14日15時30分~17時 アクトスWill名古屋みなと店 2月14日10:30~12:00、2月15日10:00~12:15 同じ時間帯でこれらのスポーツジムを利用していた人は十分注意しましょう。 気づかない間に感染者と接触しているかもしれませんし、感染者が触った器具や道具を触っている可能性がありますから。 名古屋のジムで新型コロナウイルスの感染者が出たことを知った人々の反応 今回の新型コロナウイルス感染報道を受けて、人々からは多くの反応がありました。 着々と増えている新型コロナウイルス感染者を見ていると、誰しも不安になりますよね。 ハワイから戻られた御婦人。 御主人が発熱なのに名古屋市熱田区や港区の複数のスポーツジムへ出入され、その結果二次感染も含めて約15人が新型コロナウイルスの感染者に。 名古屋高速の事務員の男性も二次感染のようです。 名古屋の場合、熱田のスポーツジム関係の人ばかりだからあまり意識しなくて大丈夫って説もあるけどわからないもんねえ。 — taiwanoyaG taiwanoyaG 名古屋市熱田区でコロナウイルスが出た 旦那が14日に陽性と診断されてからもジムに行っているという常識はずれな人 自分のせいで感染が広がったという自覚を持って欲しいものだ — 山田太郎 p6hQOzQ8ORE70uA 名古屋の屋内施設と報道されてるけど、該当スポーツジムはHPでコロナウイルス陽性の方の利用時間を公表してます。 心配な方はご確認を! イオンタウン熱田 グリーンスポーツクラブ アクトスwill港 ルネッサンス熱田 — ゆうこ ネコって素晴らしい yuuko10024 まとめ 今回の件は感染者が多くのスポーツジムを利用していたということもあって、今後二次感染が広がっていきそうですね。 新型コロナウイルスの感染力は強大です。 1人1人が意識して予防をしないといけませんね。

次の