チック タック 約束 の 時計 台。 西野亮廣さんの絵本のチックタック〜約束の時計台~を戸田恵子さんの朗読で見聞きして感動

絵本「チックタック ~約束の時計台~」の内容紹介

チック タック 約束 の 時計 台

チックタック ~約束の時計台~ 主人公のカラーバリエーション「西野亮廣エンタメ研究所」2018年1月20日 次回作の絵本『チックタック ~約束の時計台~』の主人公であるチックタックのカラーバリエーション。 個人的には一番下の段の色が好きなんだけれど、物語の舞台が『森』なので、色がバッティングしそうだなぁ~という懸念。 そう考えると、真ん中の段の白シャツがいいのかも。 この作品は、映画『えんとつ町のプペル』公開前にリリースして、弾みをつけたいな。 今回は『絵コンテ』のチームも作って、僕が描いた絵コンテをもとに、「いやいや、コッチの角度からカメラを狙った方がいいんじゃねえの?」「ここは、もう少しカメラを後ろに引いた方がいいんじゃねぇの?」と意見を出し合い、絵コンテだけでも数百枚。 ガンガンに手と口を挟みながら、しかし、「いつまでもこのままじゃいけない」「こんなやり方が長続きするわけがない」とも思っている。 先日、小室哲哉さんの会見で一番頭に残ったのは、不倫のことでも、引退のことでもなく、「才能の枯渇」という言葉だった。 あれだけの男でも、やはり老いには抗えなかった。 宮崎駿さんもそうだし、三谷幸喜さんもそうだ。 大好きなので認めたくないけれど、もう全盛期を過ぎている。 横に並ぶのは恐れ多いが、こうして僕のパンチが当たるのは今だけで、きっと10年後には、もう僕は古くなっている。 ダウンタウンの松本人志さんは、その辺りが上手くて、自分の作品が通用しなくなったと見るや、クリエイターから、オーガナイザーの方に、しれ~っとシフトチェンジした。 『ドキュメンタル』や『すべらない話』の立ち位置だ。 ただ、やっぱり僕は『作品』からは離れたくないな。 40歳になっても、50歳になっても、60歳になっても、新作を生み続けたい。 そして、常に時代を捉えておきたい。 そう考えると、現場の最前線で戦いながら、その間に、自身がクリエイターで居続けられるシステムを作ったウォルト・ディズニーと秋元康は天才だな。 歳を重ねることで衰える部分は外注して、 歳を重ねることで伸びる部分だけを担当している。 30代の自分の力に頼り過ぎずに、そこにいかなきゃいけねーな 絵本を2冊同時進行で作ってます「西野亮廣エンタメ研究所」2018年2月15日 今、絵本を2冊同時進行で作ってます。 実はこの2つの物語の舞台は同じで、『しるし書店』はスピンオフ的な位置付けになるかと思います ページ数もいつもの半分くらい。 今、悩んでいるのは「『しるし書店』を流通に乗せるかどうか?」 つまり『出版』はせずに、個展会場などの「おみやげ グッズ 」として販売してみようかしら?ということです。 そうした場合、『しるし書店』は「売る」ことが目的ではなくて、個展の集客装置として活躍してもうことになります。 ただ、若干、奇をてらいすぎなのかなぁ?とも思っています。 普通に出版して、普通にたくさんの人に読んでもらうのもアリです。 はてさて、どうしようかしら? まぁ、まだまだ先は長いので、もう少し考えてみます。 とりあえず、「今、こんな状況になってますよー」という報告でした。 写真の説明はありません。 本のサイズは、これまでの絵本と同じ 正方形。 ただ、ここらで違う層にアタックしていかないと、活動がフェードアウトしていくのは火を見るより明らかで、「挑戦しないこと」にはデメリットしかありません。 こういう言葉をあまり使いたくありませんが 「幼児向け」の絵本でもヒットを狙いにいきます。 「変化球すぎるのも嫌い。 うーむ…」 次々回作の絵本『チックタック ~約束の時計台~』の舞台となる時計台を開発中。 天井を取っ払ったパターンやら、色をのせたパターンやらを、試していく。 時計台の中には、大量の弱い灯りを設置しようと思うんだけれど、エジソン電球がいいのか、和風のランタンがいいのか、キャンドルがいいのか… 一番無難なのはエジソン電球なんだけど、見たことがある景色になりそうで。 ただ、変化球すぎるのも嫌い。 うーむ… 『えんとつ町』も、こうやって作っていった。 もちろん、このまま使うわけではなくて、シーンに合わせてカメラを動かしてカットを決めて、それをベースに、描き足していく。 奇襲は続かない 新作の制作費が途切れない仕組みを作る必要があるな。 オンラインサロンの売り上げは『えんとつ町のプペル美術館』に回すとして、はてさて新作絵本はどうしようかしら。 『DMM』は定期的なエロ収入があるから挑戦を続けることができる。 『えんとつ町のプペル美術館』は毎月のオンラインサロン収入があるから建設を続けることができる。 モノ 挑戦 作りは、そこを作るところから始まってるよな。 分業制の絵本制作のソレを探さないと。 考えはじめた時点で、思いつく気しかしない。 【追伸】 いいアイデアがあれば、聞かせてください。 【絵本2. 絵本を世に出してから回遊をデザインするのではやく、回遊を見越して絵本を作る。 ゆくゆくは、ARで、キャラクターを出せたらいいな。 美術館まわりを絵本のキャラクターが実際に歩かせて、現実世界とファンタジーの境界線を曖昧にする。 『えんとつ町のプペル美術館』まわりは、本当に「えんとつ町」にしたいな。 アパートや居酒屋の外観もイチイチ『えんとつ町』にしたい。 おそらく移り住んでくる人も出てくると思う。 美術館以外の建物のデザインも本当に大事だろうな。 丸投げすると、平気でダサイ建物 それじゃないよ感満載の建物 が建ちそうなので、恐い。 この辺りのデザイン面に関しては、まったく信用していない しろよ!。 景観を守ろうとするヨーロッパや京都のように、ある程度の建築ルールを設けておいた方が、皆が幸せになるんだろうな。 とにかく建物デザインは徹底したい。 もし、移り住む人がいたら、遠慮なく相談してください。 建物のデザインを一緒に考えたいっす。 同じ世界観 同じ町、同じ時間 で展開される『ほんやのポンチョ』の火事も、それが理由です。 この二作品には『火』は外せなくて、僕自身、絵本で『火』を表現するのは初めてなので、試行錯誤の連続です。 『火につつまれるシーン』が完成するまでの、一部始終をご覧ください。 そこで、原因と打開策を練る西野監督。 もちろん、これはラフです。 【追伸】 タイトルロゴは「デザイン部」に投げようなぁ。 14 エンターテイメントを止めるな「西野亮廣エンタメ研究所」2018年9月14日 おはようございます。 西野です。 昨日は劇場出番終わりで、また被災地に行ってきました。 今回は台風21号の被害の大きかったサロンメンバーの自宅へ。 家が根本からやられていて、生まれた時から住んでいた家を取り壊すしかないそうです。 精神面はもちろんのこと、金銭面の問題もあります。 現場の画像や動画は『災害対策部』の方にアップしておきました。 詳しいことはそちらに書きましたが、画像や動画をアップした理由は、今度、吉本興業が立ち上げるクラウドファンディングのプロジェクトオーナーに被災した彼を押し出して、金銭面でサポートする為です。 なるべく多くの人に生々しい現状を見ておいてもらった方がいいと考えました。 彼の意思ではなく、僕の独断なので、「なんで、オマエだけ」といった一切の批判は僕にください。 若い彼が払うには大きすぎる額でした。 ぶっちゃけた話、たとえば僕が次に作る絵本の制作を止めて、その制作費をお家の建て直し費用に充てれば、一括で支払うことができます。 ただ、もう少し長い目で見た時に、僕が次の作品を作って、そこで入ってくる売上を被災地に支援にまわした方が、最終的な支援額は大きくなりますし、「あそこを助けよう」と声をかけた時に、賛同してくださる人の数が増えます。 感情だけで判断してはダメで、僕が目先の人助けの為に本丸を空けてしまったら、助けられたハズの人が助けられなくなってしまいます。 なんだかめちゃくちゃドライな判断をしてしまっている自分に若干虚しさを感じながら、もう、算盤をはじかなくても問答無用で全員を助けられるぐらいベラボーに強くなりたいと思いました。 昨日の彼のことは別の形で、必ず助けます。 クラウドファンディングを立ち上げる際は、また相談させてください。 満願寺の住職から「満願寺を盛り上げて欲しい」と依頼を受けたのです。 具体的に言うと「集客を伸ばして欲しい」ですね。 たぶん、日本で一番得意です、それ。 ただ、こういう依頼を受ける時によくあるのが、コチラの提案に対して、「それはちょっと…」と依頼主側からブレーキがかかること。 たとえば、二年前に「『えんとつ町のプペル』の売り上げを伸ばして欲しい」という依頼を僕が受けたとして、その時に「全ページ無料公開しちゃいましょう」も言ったら、確実にNGが出されるじゃないですか? その感じッス。 基本的には前例があることしかやらしてもらえない。 前例のコピペが不発に終わってるから今の状態に陥っているわけで、前例がある打開策では救えません。 なので『満願寺』を盛り上げ隊長を引き受ける時の条件は、「絶対に悪いようにしないから、すべての権限を僕にください」という、まるで鬼悪徳業者。 それに対して、「よろしいでんがな、よろしいでんがな。 ガハハ」と住職。 住職の心の広さと、地元では意外と信頼されている西野氏です。 頭の上が『空』じゃなくて、木や1200年の歴史がある建築物の屋根なので、ここに死ぬ気で作り込んだ光を当てるだけで、展示作品として十分すぎるほど成立します。 【西野】 「住職。 これ、日没後、キチンと入り口で入場料を取って、寺を徹底的にライトアップして、『光る!満願寺展』として、満願寺そのものを作品にしたいんすけど、そういうのって可能ですか?」 【住職】 「最高でんがな、最近でんがなぁー!」 というわけで、来年5月に『光る!満願寺展』を開催することが、その場で決まりました。 全員手伝ってください。 【西野】 「設営スタッフが泊まれる場所を用意してもらえますか? できれば、お寺に泊まれると嬉しいです」 【住職】 「やりまんがなぁ、やりまんがなぁー!ガハハ!」 もう、僕の結婚相手はこのオッサンじゃないかと思いました。 ぶっちゃけた話……お祭りで盛り上げることは、それなりのコストをかければ、できると思うんです。 でも、それって、一過性の盛り上がりじゃないですか? 糞ダセー行政の連中がやりがちな無責任な地方創生ですよね。 僕、自分に賭けてくれた人とは心中したいんです。 つまり、「祭りが終わったらサヨウナラ」ではなくて、これを一生の付き合いにする。 その為には、祭り 光る!満願寺展 の時期以外もお客さんがくるシステムを作らないといけません。 そして、それを僕はボランティアでやってはダメで、必ず僕にもプラスがあるようにデザインしないと、どこかで縁が切れてしまいます。 どうすれば、毎日のように満願寺に人が訪れるのでしょうか? 満願寺は山の上で、駅からも遠く、近くにハズ停があるのですが、田舎バスは、そんなに運行しておりません。 立地的には、なかなか厳しいです。 ところが! 『えんとつ町のプペル美術館』 9月27日に土地の契約が済みます から車10分くらい。 近いんです。 ここで、考える西野氏。 「ん? 『えんとつ町のプペル美術館』からシャトルバスを出して、『満願寺』を、えんとつ町のプペル美術館の別館みたいな扱いにしてしまえばいいんじゃね? 」 1200年の歴史ある寺を、「さも自分の作品のように見せてしまおう」というのです。 僕が満願寺に足を踏み入れた時に最初に思ったのは「『チックタック』 2019年春発売予定 の森みたい!」でした。 満願寺を『チックタックの森』にしてしまって、『えんとつ町のプペル美術館』と『チックタックの森』をバチクソに世界観を作り込んだシャトルバスで結べば、美術館の面積は一気に5000㎡ぐらいになります。 僕にとってはプラスでしかないし、『えんとつ町のプペル美術館』に来たお客さんを満願寺に流せるので、満願寺にとってもプラスしかないと思います。 この許可が出るのであれば、絵本『チックタック』の発売時期は大幅に遅れていいから、今から絵本『チックタック』の中に、満願寺の入り口の門を描いて、「あ!チックタックに出てきた門だ!」にしてしまう。 テーマパークが先にあって、それに合わせて作品を作るという逆の順番ですね。 『カリブの海賊』からの『パイレーツ・オブ・カリビアン』の流れ 1200年の歴史がある寺を自分の作品のテーマパークにするチャンスなんて、そうそう、やって来ないので、ここはウルトラCを決めに行こうと思います。 エンターテイメントのトップを獲りにいきまーす。 YouTubeでフル尺を流す「西野亮廣エンタメ研究所」2018年12月14日 おはようございます。 日頃、「メンヘラが嫌い」「メンヘラが嫌い」と言っていますが、これだけの文章を毎日ブチ込んでいる僕こそが最強のメンヘラなんじゃないかと思い始めているキングコング西野です。 今日は、いつものようにな『西野の気づき』の投稿ではなく、水面下で進めているプロジェクトの進捗状況をサロンメンバーの皆様と共有しておきたいと思います。 1年以上前から水面下でコッソリと進めていた超大型案件がまとまりました。 次回作『チックタック ~約束の時計台~』の主題歌 超大物アーティストとのコラボ の件です。 ことの始まりはファッションブランド『VANQUISH』や『FR2』を手掛ける石川涼さんから、「西野君の絵本は音楽をつけた方がいいし、どうせアーティストさんと組むのであれば、日本の人口ピラミッドで膨らんでいる層 団塊ジュニア世代 を押さえているアーティストさんと組んだ方がいい」と言われて、涼さんに連れられて、そのアーティストさんのライブを観に行ったのが始まり。 あ、そもそも僕、そのアーティストさんのファンです。 ライブは「さすがトップアーティストだな」と感動する内容で、やっぱり最高でした。 その後、涼さんがマネージャーさんと繋いでくださって、そのマネージャーのHさんがまた超最高な人 名前を出すとアーティスト名がバレるので伏せさせてください で、せっかちな僕が一年以上も待てた理由は、そのHさんのおかげ。 そんなこんなで、次回作『チックタック ~約束の時計台~』は、超大物アーティストさんとコラボすることになったのですが、問題は「絵本と音楽のコラボって、どうするの?」です。 先日、そのアーティストさんと、事務所の方と、僕と吉本興業のマネージャー陣が一同に介する打ち合わせがあって、そこで先方の事務所さんから、 「絵本の最後にパスワード的なものを載せて、そのパスワードを打てばスマホで音源が聴けるようにしませんか?」 「YouTubeで最初の1分だけを流して、『全部聴きたい人は絵本を買ってね』というふうにしませんか?」 と提案されたのですが、個人的にはシックリこず、そこで、おそらくシックリきていないであろう僕の気持ちを察したアーティストさんの方から「西野君がやりたいようにやろう!」とピシャリ。 ついに、西野さんにバトンが渡ってきたわけです。 ここで西野節が炸裂します。 絵本やCDを買わなくても、誰でも聴けるように!」 このオンラインサロンのメンバーの皆様からしたら、べつだん驚きの作戦でもないとは思いますが、お相手の事務所は「団塊ジュニア世代」のチャンピオンですから、「無料公開」には、やっぱりアレルギーがあるんですね。 おそらく先方の事務所さんの頭の中にあるのは、 「どこでマネタイズするの?」 です。 アーティストさんは「いいね!無料公開、やろう!ギャラは焼き肉奢りで!」と超ノリノリで受けてくださいましたが、事務所としては、ビジネスにならないアクションはなかなか厳しいでしょう。 すごく良く分かります。 そこで、帰り道、「絵本の印税のパーセンテージを先方の事務所さんに受け取ってもらいましょう」とマネージャーに提案。 本の印税というのは、本の売り上げの約10%が作家に入るのですが、「その10%を分け分けしましょう」という話ですね。 くれぐれも言っておきますが、これはアーティストさんの希望ではなく、先方の事務所さんの希望でもなく、大人同士の話し合いを進める為の僕の希望です。 やっぱり絡んでくださった方には、キチンと目に見える形のメリットをお渡ししたいし、「フル尺の無料公開でも売り上げが出る」という前例を作ってみたかったので。 アーティストさんからは、「アーティスト名は伏せて どうせ声でバレるけど 、絵本のキャラクター名をアーティスト名にしたい」という申し出がありました。 逆に話題になりそうで、大賛成です。 そんなこんなで話がまとまって、とりあえず今、こんな感じで話が進んでおりまーす。 2019年の結構なニュースになると思います。 絶対にナイショだよ。 2019. 30 そんなこんなで『満願寺』「西野亮廣エンタメ研究所」2019年1月30日 【ここ最近の あらすじ】 西野の地元・兵庫県川西市を盛り上げるべく、有り金を全額ブチ込んで『えんとつ町のプペル美術館』を作ることを決めた西野だが、美術館を作る上で彼が最も大切にしているのが「地元の皆さんにも求められる美術館を作る」ということ。 時間があれば地元に帰り、地元住民の皆さんとの『対話』を繰り返す中で、美術館建設予定地から車で10分の場所にある『満願寺』の御住職から「満願寺を盛り上げて欲しい」という依頼を受けた西野。 美術館建設も進めなければならないが、困っている地元のお寺さんを見捨てるわけにもいかない。 はたして、どうなる?? 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 おはようございます。 まもなく大腸内視鏡検査で肛門にカメラをブチ込まれるのですが、カメラよりも以前に僕の肛門に入ってきたのは、『ゴッドタン』収録時の劇団ひとりサンの中指でした。 西野です。 昨日、サロンメンバーさんの方から『えんとつ町のプペル美術館』の近所の物件の申し込みが3つもあったそうです。 くれぐれも、地元の皆様の生活と気持ちを最優先に考えて、行動していきたいです。 何卒、御協力くださいませ。 購入される物件の用途に関してはまだ詳しく聞かせていただいておりませんが、お店を出されるのであれば、具体的に応援しますので、LINEグループを組みましょう。 そして、もう一つ。 何度も申し上げておりますが『西野亮廣エンタメ研究所』はロム専 読むだけの人 を大歓迎しております。 今回のように、『えんとつ町』の物件を買われるような方はサロンメンバー2万人の中で1~2人というメチャクチャ稀なケースなので、物件購入を基準にして「それに比べて、私は何もできていない…」と考えるのはやめていただきたいっす。 町作りに具体的に参加する人もいれば、町ができていく過程をリアルタイムでニヤニヤしながら見ている人がいてもいいと思います。 他人には推し量ることのできないその人なりの事情がありますので、『西野亮廣エンタメ研究所』は全ての選択肢を肯定チームでありたいです。 その満願寺の御住職から「満願寺を盛り上げて欲しい」というお話をいただいたのが去年の秋頃。 やっぱり地元の方の声は無視するわけにはいかないので、二つ返事でお受けして、次回作の絵本『チックタック ~約束の時計台~』の発売に合わせて、キングコング西野亮廣presents『チックタック ~光る絵本と光る満願寺展~』を開催することに決めました。 『えんとつ町のプペル』の光る絵1セット 41枚 も、エディション 世界で限定4セットしかない を付けて販売して、投資家の方に買っていただいたり、高野山に奉納させていただいたりしたのですが、今回の『チックタック』の光る絵1セット 42枚 も同じようにエディションを付けて販売しようと思っています。 絵の売り上げは全額、満願寺の個展の開催費用に充てます。 あ、つまり、満願寺の個展の開催費用は全額コッチ 株式会社にしのあきひろ で持とうと考えています。 スタッフと話し合って、「川西市に対する僕らなりの誠意と覚悟を見せよう」と結論しました。 ギャラリーなんかで絵を売ってしまうと、絵の売り上げの半分ぐらいがギャラリーに入ってしまって、それは僕らが思っているところではないので 売り上げは満願寺を盛り上げる為に使いたい 、近々、クラウドファンディングを立ち上げて、そのクラウドファンディングのリターンで『チックタック』の光る絵 1セット42枚 を2セットだけ出そうかと思っています。 クラウドファンディング上の販売だと、手数料が15%で済む上に、個展 満願寺 の宣伝にもなるので。 昨日、『チックタック ~光る絵本と光る満願寺展~』の打ち合わせがあって、美術スタッフさんと照明スタッフと音楽スタッフさんには「制作を進めちゃってください。 お金はなんとかします」と言ってしまいました。 見届けてください。 よし、やるぞ。 その前に、肛門にカメラをブチ込んできます。 現場からは以上でーす。 2019. 08 『チックタック ~約束の時計台~』「西野亮廣エンタメ研究所」2019年2月8日 おはようございます。 TBSの前でタクシーを降りて、TBSの反対側にあるビル 広告代理店さんとの会議をするビル に吸い込まれていく自分に、タレントの終わりを見たキングコング西野です。 現在、僕は、20~30個ぐらいの仕事を抱えておりまして、 自分の頭の中を整理する意味でも、 サロンメンバーの皆様と共有しておく意味でも、 今日は僕が現在抱えている仕事の今後の進め方をコチラにメモっておきます。 こちらの作品は大物アーティストのコラボの話があったのですが諸事情により話が流れてしまいました。 この理由に関しては、どうしたって僕の味方 見方 をしてしまうこの場所で詳細を語れば語るほど、悪者が生まれてしまうと思うので、理由を語るのは控えさせてください。 何卒、ご理解いただけると助かります すぐに別のアーティストさんからの話もいただいたのですが いやはや、ありがたい 、「話が流れたから、コッチ!」とペロっと乗り換えるのは少し下品だと思うので、お断りするにしても、話を進めるにしても、この辺は少し慎重にやりたいです。 一つ学んだことは、「絵本の主題歌を無料にして、本の印税のパーセンテージをアーティストさんに支払う」というやり方が可能だという点。 僕は印税は要らないので、このやり方 コラボ方法 は、今後、結構取り入れていくと思います。 『チックタック』の光る絵 41枚 を満願寺に展示するのですが、それだけでなく、満願寺自体もライトアップしようと思っています。 結構な予算がかかると思うのですが、川西や満願寺が盛り上がった方がいいので、開催費用は全額自分が持とうと思います。 開催にあたって、クラウドファンディングをスタート立ち上げるのですが、そのクラウドファンディングのリターンで41枚の光る絵を1200万円で販売しようかと思っています。 その売上を「個展開催」という形で、全額、満願寺にプレゼントしようと思います。 実は『えんとつ町のプペル 光る絵本展』の時も光る絵 41枚セット を販売していて、こちらはエディション 「もうこれ以上、複製しないよー」という約束 がついていて、2セットは僕、1セットは投資家さん、そして、もう1セットは高野山に奉納されております。 買い取っていただいた『光る絵』のその後の使い方に関しては「好きにやっちゃってください」にしています。 昨日、クラウドファンディングの準備をしていたところ、クラウドファンディング上での決済の限界額が999万9999円だということを知り、光る絵 41枚 に関しては、リターンで出すものの、購入者様とはメールか電話でやりとりさせていただき、指定の銀行に振り込んでいただき、「振り込んでいただいた額をクラウドファンディングの支援総額に追加する」という手順で進めようと思います。 エディションを『3』にして、販売するのは限定2セット。 1セットは僕が買って、その後、『えんとつ町のプペル美術館』に展示しようと思います。 満願寺オリジナルカバー版は、基本、満願寺でしか買えません。 「西野亮廣エンタメ研究所」2019年3月4日 コチラの満願寺オリジナルカバー版は、基本、満願寺でしか買えません。 ネットで買えるのは今回かぎり。 この発売に合わせて、個展を開催するところを見ると、お察しのとおり、どうやら今回の西野亮廣は本気です。 チームラボの猪子さんとの特番 テレビ東京 も入っておりまして、こちらもお互いの作品 僕は『チックタック』 を取り上げていただきます。 『チックタック』のことを取り上げていただけるのであれば、どんな場所にも伺おうと思います。 久しぶりに「ヒットの為なら、やれることは全部やるスイッチ」が入りました。 そのうちの一つとして、とりあえず予約段階でAmazonの総合ランキングで1位をとっておきたいです。 人の少ない夜中にまとめて予約注文をすれば、比較的簡単にAmazon総合ランキング1位をとれることは分かったのですが、「朝の8時半頃だとどうだろうなぁ?」というのが今回の挑戦 ワガママ です。 ランキングに反映されるのが、少し後なので、昼休み前ぐらいのタイミングで「Amazon総合ランキングで1位になっていたらいいなぁ」と思っています。 「昼休みにポチる層」狙いです。 本来、この場所では、皆さんの為になるような話を一つ二つするべきだと思いますし、この場所を使って皆様にお願いするのは心苦しいのですが、 きっと今回の勝負で僕が勝った方が、その後に皆様にお返しできる内容も濃くなると思うので、ここは僕がシュートを決めに行きたいです。 今朝の投稿を楽しみにされていた方、ごめんなさい。 本当に。 今回の挑戦が終われば、また、お友達のイベントの応援や、地元の応援や、サロンメンバーの挑戦の後押しに戻りますが、今回だけは、僕にパスをください。 必ずゴールを決めてくるので。 同じタイミングでブログも更新するので、もし良かったら、そのブログもシェアしていただけると嬉しいです。 どうか、宜しくお願い致します。 いつもワガママばかり言ってごめんなさい。 いつもありがとうございます。 好きです。 西野亮廣 やったーー!!!「西野亮廣エンタメ研究所」2019年3月8日 やったーー!!! ありがとーーー!!!!! 嬉しー!!! みんなのおかげーー!!!! 泣ける! いや、もう泣いてる!!! 今、撮影合間だから、後でキチンと御礼の文章を書きますーー! 「西野亮廣エンタメ研究所」へ入会する 『そういえばJASRACがムカつくから、JASRACをカモにする』「西野亮廣エンタメ研究所」2019年3月9日 2019. 09 おはようございます。 Facebook社に、猫アレルギーの社員さんがいらっしゃったのかもしれません。 「8時半に仕掛けて、徐々にランキングが上がって、何も知らない方が昼休みにAmazonを開いた時にランキング1位の作品になっていたらいいな」と思っていたら、まさに、その通りになりました。 あのタイミングでランキング1位になったことで、『チックタック』を知った人がたくさんいると思います。 今回証明できたのは、「オンラインサロンメンバーで『せーの!』でいけば、Amazonランキングを制することができる」ということ。 とても大きな力だと思います。 が、この力に頼るクセはつけないようにしようとも思います。 いずれにせよ、ドキドキした1日をプレゼントしてくださって、本当にありがとうございます。 好きです。 さてさて。 『西野亮廣エンタメ研究所』のコンテンツには「西野亮廣のアイデアメモが共有できる」というのもあったと思うので、今日は、昨日ボンヤリと思いついたアイデアをここで共有しておきまーす。 要は、「俺たちが管理してる曲を使ってんだから、金を払えよ」という内容です。 この言い草がメチャクチャ上から目線だったので、軽くムカついた西野は『Candy』オリジナルソング『ちんぷんかんぷんトンチンカン』という名曲を作ります。 『ちんぷんかんぷんトンチンカン』 作詞・作曲 西野亮廣 もちろん、JASRAC登録など致しません。 後日、JASRACさんには「御社の迷惑行為のおかげでハワイ旅行をいただきました」という御礼メールをお返しします。 大切なのは「ニュースを出す」ことではなくて、「ニュースになる」ことで、その点、「新聞の一面を個人で買う」は過去に二度やっちゃっているので、もう広告効果 ニュース性 はないと思います。 そんなこんなで、昨日、「何か、広告費のデタラメな使い方がないかなぁ?」と考えていたら、思いつきました。 やりたいことは先着1000名様を対象に「この『チックタック』のお代は西野にツケといてキャンペーン」です。 「本屋さんでタダで本を持ち帰れる」という非日常体験っす。 ぶっちゃけた話、1000冊を配るだけなら、僕が幻冬舎から買えば、著者割引的なもので少し安く買えたりするのですが、1000冊は本屋さんから買って、本屋さんで配られた方が意味があると思います。 西野ざまあ!」とツイートして、紀伊國屋書店と『チックタック』の宣伝になる。 キャンペーンをおこなうのは、協力してくれる本屋さんが現れれば別に紀伊國屋書店さんじゃなくてもいいのですが、ある程度、大きな書店さんじゃないと、万が一、人が殺到した時に、他の作品 著者さん に迷惑がかかるので、このキャンペーンに協力してくれる、なるべく大きな書店さんを探します。 駅の看板枠を買うより、このキャンペーンの方が広告効果があると思います。 現場からは以上でーす。 僕らは、何にお金を払っているのか?「西野亮廣エンタメ研究所」2019年3月20日 こんにちは。 ラオスにて。 ジュースを飲んで、アイスクリームを食べて、川に飛び込んで、疲れて寝ちゃったワンパク敏腕マネージャーを持つキングコング西野です。 この作品の為に個展までやるところを見ると、この作品にかける西野の意気込みは大変なものだと思われます。 発売に合わせて販促 販売促進 プロモーションを仕掛けていて、今回『アナザースカイ』のロケで、 チックタックのモデルとなった舞台の一つでもある ラオスに来させてもらっているのも、やはりプロモーションの一つなのですが、そういったメディアを使ったプロモーションをしつつ、ドブ板営業も忘れません。 その一つが『呑み会 絵本付き 』です。 4月18日に福岡で呑み会があり、4月19日に東京で呑み会があります。 4月30日は群馬、5月1日は長崎、5月2日は大阪、5月24日は札幌、5月25日は帯広で、それぞれ呑み会を予定しています。 各会場で、参加チケットの値段に違いがあるのですが、そもそも「チケット代」の価格設定が、どこに由来しているのかのお話をさせていただこうと思います。 結論から先に言っちゃうと、僕らは『距離』にお金を払っています。 同じ曲を聴いても、同じパフォーマンスを観ても、S席とA席とB席で値段が違うのは、表現者までの距離が、S席が近く、B席が遠いからです。 最近だと、バックヤード 楽屋など を見学できるチケットが売られていたりしますが、バックヤードは、表現者までの距離がS席よりも近いので、チケット代はS席よりも割高になります。 「『クオリティー』に払っている」というのであれば、バックヤードを見学にきたお客さんに表現者が見せなければいけないものは「S席のお客様に見せたパフォーマンスよりも、高いパフォーマンス」になるハズですが、実際問題、表現者がバックヤードでお客さんに見せているのはパフォーマンスでも何でもなく、「オフショット」です。 オフショットの方が「距離が近い」からです。 「高いお金を払ったファンが、アイドルに直に会える時間が長くなる」というAKBのCDの売り方は、エンタメの価格設定の理にかなっているわけですね。 福岡は20人限定で、東京は150人限定です。 当然、人数が多ければ多いほど、西野までの距離が遠くなるので、値段は安くなります。 昨夜、東京の呑み会の参加チケットを売り出したところ、即完して、参加チケットが手に入らなかったメンバーから「追加チケットを出して」とお願いされたのですが、『追加チケット』を出してしまうと「距離」が遠くなるので、答えは「NO」です。 いくら売れるからといって、売っちゃいけないものがあるんですね。 皆さんと、とことん付き合います。 現場からは以上でーす。 『チックタック』を売る人を増やす」「西野亮廣エンタメ研究所」2019年3月21日 おはようございます。 『アナザースカイ』のロケで、ラオスの子供に変顔をしたら爆ウケしたので、変顔を連発させていたら、スタッフが大仏みたいな顔をしていました。 つまり、鬼のようにスベりました。 キングコング西野です。 今日もラオスからお届けしております。 電波状況が、あまり良くなくて、変な時間の更新になっておりますが、何卒、怒らないでください。 僕はプロなので、今回も、内容は勿論のこと これは言うまでもない! 、数字でもキチンと結果を出す気マンマンで、特にサロンメンバーの皆様には、そこの部分を包み隠さずお話しようと思っております。 解かなきゃいけない問題はシンプルで、「一人でも多くの人に届ける為にはどうすればいいか?」です。 あの手この手があると思いますが、僕の考えの方向性としては、「『チックタック』を買う人を増やすのではなくて、『チックタック』を売る人を増やす」です。 特に「満願寺バージョン」などは、下手すりゃ、定価よりも高く売られてしまうかもしれませんが ダフ屋と違って数量限定ではないので、高騰しすぎることはない 、転売することで小遣い稼ぎをする人を容認することで、作品が一人でも多くの人に届くのであれば、よくよく考えると誰も傷つけていません。 海外まで買い付けに行っている古着屋さんと同じノリです。 お察しのとおり、これも、「札幌時計台の『おみやげ』としえ売れたらラッキー」ぐらいにしておいて、売り場の本丸は『メルカリ 転売 』です。 どうしても、転売にはネガティブなイメージが付きまとって、運営は転売屋を潰しがちですが、 上手く付き合えば転売屋は最大の味方になる可能性を秘めています。 『チックタック 光る絵本と光る満願寺展』会議「西野亮廣エンタメ研究所」2019年4月7日 おはようございます。 シンプルに足が速いキングコング西野です。 ポスターデザインもサロンメンバーならば、 映像作品として残す撮影スタッフもサロンメンバー。 ついでにいうと、ボランティアスタッフもサロンメンバーなので、今回の個展の主催は、 『吉本興業』でもなく、 『川西市』でもなく、 『西野亮廣エンタメ研究所』となっております。 ボランティアスタッフの最大の特典は、イベント終了後の、人がいなくなった『光る満願寺』 総制作費4000万円 を独り占めできる点でしょうか。 滅多にない機会なので、是非、カメラにおさめてください。 幸い、すべての個展スタッフがこのサロンに目を通しているので、個展の演出に関するあれやこれやをこの場でやりたいと思います。 この駐車場から個展会場までの『夜道』がとても最高で、とくに都会で暮らしていると『闇』はアトラクションなので、この暗さは活かす方向で進めてください。 「誘導灯を持った案内スタッフを道中に立たせる」というアイデアが出るかもしれませんが、「会場はあっちかな?」と、お客さんになるべく頭を使わせた方がお客さんの記憶に残るので カーナビを使っていると道が覚えられない理論 、道案内は、道路脇に導線となる竹灯籠を置くぐらい 少し乱暴 でいいと思います。 今回は「夜の寺」「夜の森」が舞台なので、『不安』を完全に消しちゃダメです。 『不安』を随所に配置して、最初から最後まで「ヒヤヒヤドキドキする空間」作りを徹底してください。 一方で、怪我人が出てはいけないので、起こりうる事故のパターンを全て出して、全て潰して、 不安は消さずに、安全を確保してくださーい。 あとは、電車の中吊り広告も。 いやはや、ありがたいかぎりです。 僕らが能勢電鉄さんにお返しできることは、個展期間中に「能勢電鉄の乗車率 売り上げ を上げること」だと思います。 なので、250台の駐車場の案内は、駅のポスターおよび、中吊り広告には出しません。 ポスターによって、駐車場の案内が入っていたり、入っていなかったりしますが、そこには「能勢電鉄の乗車率を上げる」という意図があることをスタッフの皆様で共有しておいてくださーい。 お客さんの満足度を考えた時に、作品の前に「人だかり」ができてしまうのは、あまりよろしくありません。 そこで、会場をウロウロしているボランティアスタッフさんのポケットに入っているスマホから「鈴虫」の音を出してチョ。 音源はコチラで用意します。 また何か思いついたら、追加します。 昔、イベントの演出を叩き込んだ後輩の山口トンボ君にも同じことを言ったのですが、判断に迷った時は「西野ならどうする?」を基準に考えていただけると嬉しいです。 あとは、宜しくねー!! 現場からは以上でーす! エンターテイメントを終わらせない「西野亮廣エンタメ研究所」2019年4月13日 おはようございます。 転職サービス『キャリオク』に登録してみたところ、面接オファーが4件きたので、前向きに転職を検討しているキングコング西野です。 すでに脚本は書き終えていて、『えんとつ町のプペル』から3年後の「えんとつ町」の物語です。 順調にいけば2年後に発売となります。 自殺願望なんぞ1ミリもありませんが、とはいえ、僕の意思とは関係なく、ある日突然終わってしまう可能性があるわけで 健康は気をつけます 、その時、僕が止まっちゃうのは仕方がないのですが、僕が仕掛けている「エンターテイメント」には、たくさんのスタッフの方やファンの方が絡んでいるので、「エンターテイメント」を止めるわけにはいきません。 てなわけで、僕は僕が突然死んでしまうことを見越して、僕のエンタメを設計しておく必要があります。 昨日、「バーチャル西野」の見積もりが出ました。 静止している状態だと、500万円ぐらいだったので、さっそく開発に入って、たぶん、Instagramあたりからコッソリ、バーチャル西野に置き換えていきます。 ビジネス書の表紙とかも、バーチャル西野でいいと思います。 『えんとつ町のプペル』からスタートした、分業制の絵本は、あれやこれやとテストを繰り返しながら、「西野の絵」を描ける仕組みが出来上がってきました。 今はまだ僕が作画に参加していますが、僕がこの作業から卒業するのは時間の問題だと思います。 『ドラゴンボール』の鳥山明さんのノリです。 一応、向こう30年分ほどの脚本は書きましたが、30年で終わってしまっては面白くないので、僕らのチームが次にやらなきゃいけないのは、映画『魔女の宅急便』のように、絵本の原作を探す作業と、探し続ける仕組み作りだと思います。 分業制の絵本制作には結構な予算がかかるので、この運動を止めない為には、安定的に予算が入ってくる仕組みを作らねばなりません。 たぶん、それは『サグラダファミリア』をモデルにした方がよくて、制作過程を販売することだと思います。 今は、それがオンラインサロンでできているのですが、このサロンは「生身の西野が文章を書いている」というところに価値が発生していると思うので、10年後、20年後の制作過程を販売方法は、また別のやり方になってくると思います。 ボンヤリ考えているのは、『えんとつ町のプペル美術館』の中に「絵本工房」を作ってしまって、イラストレーターが描いたイラストを巨大スクリーンに映し出せるようにしたらいいんじゃねぇかなぁ、と思っております。 毎日、ライブペインティングがおこなわれている状態です。 そして、新作絵本のインタビューはバーチャル西野が受ければいいと思います。 僕が作らなきゃいけないのは、100年後も200年後も西野亮廣の最新作が出続ける環境で、そこに向けてエンヤコラと汗を流しているわけですが、こんな話を表ですると、とても怖がられてしまうので、ここでコッソリと話しています。 エンターテイメントを終わらせないことが僕の目的なので、お葬式は絶対にしないでください。 あんなものをされて、僕の設計図が壊されたら、とても成仏できないっす。 なんだか怖い話になっていますが、健康には、それなりに気を使っているので安心してください。 エンターテイメントで世界を塗り替えます。 現場からは以上でーす。 『チックタック』の印税、何に使う?「西野亮廣エンタメ研究所」2019年4月21日 おはようございます。 その昔、ファンの方から涙目で「私、西野さんのファンを辞めます」と言われて、「オッケー」と返したら、「最低っ!」と怒鳴られてしまったキングコング西野です。 なんで? さて。 近大のスピーチが凄まじくバズっておりまして、YouTubeの再生回数は3日で100万回を突破しました。 これから挑戦する人達にエールを贈りながら、内心「チックタックの話を入れておいて良かったぁぁぁ!」と思っている黒西野がいます。 お祝いにハイボールを奢ってください。 一応、何かを食べないと死ぬらしいので、最低限の収入は必要なのですが、生活費なんて月に10万円もあれば十分で ホントに! 、オンラインサロンの売り上げや、本の印税は、日頃応援してくださっている方や、困っている方に再分配するべきだと思っております。 何も充実していない村の人達が、こんなにも笑っているのを見て、「ここに文明を入れることが、はたして正解なのか?」という葛藤です。 裸足で走り回っている子供達を見て、「痛そうだな。 靴をプレゼントしてあげたい」と僕らは思ってしまうのですが、彼らは生まれた時から裸足で、足の裏の痛みはさほど感じていないんですね。 ここで靴をプレゼントしてしまうと、今度は裸足で石を踏んだ時に「痛い」という感情が生まれてしまいます。 はたしてそれが幸せなのかどうかが本当にわからなくて…たぶん正解は無くて…去年の視察では、小学校建設を見送ったんです。 ただ今回、『アナザースカイ』のロケで、再び、あの村を訪れて、今度は村の人とガッツリ喋ってみたら、村の大人は「安全な場所で勉強させてあげたい」と言い、子供達は「勉強したい」と言いました。 僕が行った「ララ村」には、「ほったて小屋」のような学校があるのですが、一年ぶりに行ってみると、かなり傾いていて、しかし『建て替えるお金がない』という状況。 お金は僕が出しますが、きっとこういうことは皆が知っていた方がいいし、皆で一緒になって悩んだ方がいいと思うので、小学校建設の進捗状況のイチイチをサロン内で公開していきますね。 付き合ってください。 現場からは以上でーす。 大好きです。 技術スタッフさんには後ほど個人的に御礼をお伝えするとして、今日は、個展の運営ボランティアとして、2週間頑張ってくださったオンラインサロンメンバーの皆さんに御礼を言いたいと思います。 雨の日も、風の日も、お客さんがたくさん来すぎてしまって会場がパンクした日も、決して笑顔を絶やさず最後の最後まで接客にあたってくださって本当にありがとうございました。 本当に。 Twitterのタイムラインには、スタッフの皆様の評判がたくさん上がっていて、その全てが、丁寧に丁寧にお客さんと向き合ってくださったスタッフの皆様への感謝の言葉でした。 僕も時間が許すかぎり会場に足を運びましたが、皆さんがチームとして日に日に強くなっていることを感じ、自分は何もしていないのに、なんだか勝手に誇らしい気持ちになりました。 今回、ボランティアスタッフの皆さんとの向き合い方の中で、一つだけ決めていたことがあります。 それは「皆さんの待機場所となっている事務所には、 必要以上に 行かない」ということです。 僕が行ってしまうと、やたらと気を使わせてしまいますし、ボランティアスタッフの皆さんの指揮は田村Pに全て任せていたので、田村Pをリーダーとした『チーム田村』としてまとまった方がいいと判断したからです。 それによるメリットもデメリットも、いろいろ考えた上で判断したつもりですが、もし、僕の判断が間違っていたら、ごめんなさい。 「今回の個展での僕の役目は何かなぁ?」と僕なりに考えた結果、『ボランティアで働いて良かったと思ってもらえるような圧倒的な世界観作り』と『資金調達』だと判断しました。 皆さんのゴールデンウィークを丸ごと奪ってしまうわけですから、一生の思い出になるような圧倒的な世界を作ることに終始しました。 空間演出の只石さんや、照明の矢野さんや、音楽のヤナエルさんや渡邊さんが出してくださった設計図を、それぞれ一回以上はひっくり返しました。 クソ素人が本当にごめんなさい! たとえば、今回は僕のワガママで、個展開催直前になって、『えんとつ町のプペル』の光る絵画を展示することになりました。 「あの場面 個展会場のちょうど中盤あたり では、コンセプト弁当よりも、幕の内弁当の方が、お客さんの満足度が勝る」と判断したからです。 両方のパターンを試したわけではないので、今回の僕の判断が正しかったのかどうかは分かりませんが、とにもかくにも徹底して「お客さん目線」で設計図を描いたつもりです。 お客さんの笑顔や感動している姿が、ボランティアスタッフの皆様の報酬になると思ったからです。 そして、もう一つは『資金調達』ですね。 もともとの見積りでは1300万円ぐらいで作れるハズでしたが、こだわればこだわる程、予算がかさみ4000万円近くかかってしまうことが分かりました。 表では「ひっくり返った。 死んだ!」と言っていますが、田村Pから「このままだと、個展の制作費が4000万円になるかも…」と知らされた時には、1ミリの迷いもありませんでした。 すぐに、「クラウドファンディングを使って、光る絵を売って、講演会の権利を売って、4000万円を集めよう」と思いました。 報告のつもりでも、こんなことを言ってしまうと、少し押しつけがましくなってしまいますが、これは僕の役割なので、御礼は本当に要りません。 最終日だと皆さんと会わずに済むので。 今日は、これから福岡で講演会をしてきます。 このサロンを通じて皆さんと出会えて良かったです。 また一緒に面白いことをしましょう。 そして、 個展会場にお客さんとして足を運んでくださったサロンメンバーの皆さん、 個展の感想を呟いて拡散してくださったサロンメンバーの皆さん、 生あたたかい目で見守ってくださったサロンメンバーの皆さんに、感謝します。 そして、田村さん。 田村さんがいてくれて本当に良かったです。 また、ゆっくり呑みましょう。 僕は、また面白い新ネタを拾ってきます。 この2週間、本当にお疲れ様でした。 そして、本当にありがとうございました。 大好きです。 西野亮廣 光る満願寺展のイベント改善点をメンバー全員で共有していきたいと思います。 メンバーは、ここらで一休みしたいところだが、「世界の鬼畜」こと西野亮廣はそれを許さない。 疲れて休んでいるサロンメンバーを叩き起こし、さっそく改善会を始めるのであった。。 〓〓〓〓 おはようございます。 昨夜の品川・中田・西野の合同交流会で誰よりも先に酔っ払って眠ってしまって、もう絶対に死んだ方がいいキングコング西野です。 僕のミスです。 改善案としては、「挨拶まわりの徹底」の他に、地元住民の方を対象にした『プレオープン』を初日の前の日におこなうのがいいかも! これは『えんとつ町のプペル美術館』でも同じですね。 とにもかくにも、地元の方のケアを更に徹底しましょう 僕も頑張る。 こうなることを見越して、ポスター等には「駐車場アリ」の案内を出していなかったのですが、読みが甘かったですね。 これも僕のミスです。 今後は、ポスターには「駐車場はありません。 交通機関をご利用ください」という案内を出しておくぐらいがいいかもしれません。 良かれと思って用意した駐車場が、お客さんの不満を生んでしまう場合があるので、次からは「駐車場を用意するか否か」はキチンと議論した方がよさそうです。 とはいえ、今回の個展では『渋滞問題』をたった一日で改善してくださったスタッフの皆様に感謝感謝です。 これに関しては「時間制チケットを販売する」という手もありますが、一方で、「行列=ストレス」を逆手にとったエンタメを用意しておくという手もありそうです。 最終日前日。 僕は渋滞にハマり、途中でタクシーを降りて、歩いて満願寺に向かったのですが、その道中、渋滞にハマっている車一台一台に声をかけてまわったんですね 時には写真撮影も。 すると、まさか向こうから西野が来るとは思ってないもんだから、「渋滞にハマってラッキー」とメチャクチャ喜んでもらえたんです。 本来、行列はストレスなので、『行列を作らない』という結論になりがちですが、『行列ができた時にしか発動しないエンタメ』を用意しておけば、ストレスからの落差でかなりの満足度を獲得できると思います。 ファミリーエンターテイメントをやる以上、切っては切れない問題ですね。 幸い、僕が会場にいる時だったので、子供は僕が抱っこをして、「会場にいる皆でお母さんを探す」というエンタメが生まれたのですが、僕が会場にいない日もあるわけなので、迷子発生時のオペレーションは整えておいた方が良さそうです。 また何か気づいたことがあれば、あらためて、お伝えしますね。 現場からは以上でーす。 ここまでです、スゲーでしょう.

次の

にしのあきひろさんのスピーチに物語の全てが詰まってた

チック タック 約束 の 時計 台

この絵本の 内容紹介 ( あらすじ ) 町外れのホタルの森に11時59分で針が止まっている不思議な時計台がありました。 この時計台は壊れてもいないのに針は止まったままで時を刻まないのです。 そこで暮らすのは偏屈じいさんのチックタック。 針が止まったままの時計台の歯車を毎日手入れしているのです。 ある日、時計台を修理をするために役場の男がやってきますが、「この時計は、こわれてなんかおらん」とチックタックは一点張り。 時計台は11時59分で時を止めたまま、12時の鐘を鳴らすことはありませんでした。 時計の針が昼の12時を指すと鐘の音が鳴り響きました。 「よるの12時にきく鐘は、もっと感動するぜ」 住み込みで働くチックタックは、この時計台のことなら何でも知っています。 ある日、チックタックの暮らす町の孤児院に新しい仲間:ニーナが越してきます。 火の鳥に襲われ、暮らしていた町を追われてきたのです。 火の鳥というのは、火の雨を降らす恐ろしい雲のこと。 ここ最近は、各地でその雲が猛威を振るっていたのです。 孤児院に引っ越してきたニーナは、おてんば娘。 そして、すっかり町の人気者です。 時計台に遊びに来たかと思えば、はしゃぎ回ってさあ大変。 時計台の中は精密機械が詰まっています。 なので、チックタックは走り回らないようにと注意しますが、ニーナの耳には届きません。 初めての時計台の中に、興奮冷めやらぬ様子なのです。 ところが、抜けた床に足を取られると、ニーナは大げさに転げてしまいます。 しかも、転んだ拍子に時計台の歯車を壊してしまったのです。 チックタックは、謝るニーナを引っ張って町の部品屋に走ります。 部品屋でチックタックが買いものをする間、ニーナは罰の悪い思いで小さくなるばかり。 ところが、チックタックが油まみれになりながら時計の修理を始めた頃には、ニーナは興味津々で作業の様子を見守ります。 あっという間に時計を修理したチックタックも自慢気な様子です。 歯車が無事に動き始めると、時計の不思議な話を始めたチックタック。 「ながい針はだいたい1時間にいちどは、みじかい針に追いつくんだけど、11時台だけは追いつかないんだよ」 「ふたつの針がつぎにかさなるのは、12時。 そこで、やっと会えるんだ」 チックタックの話は、時計にも人の心があるかのように感じさせます。 「なんだか、恋人どうしみたいね」とニーナ。 大の仲良しになったチックタックとニーナは、毎日、時計台でいろんな話をしました。 ところが、ニーナにはチックタックに話せていないことがあったのです。 ある日、ニーナはチックタックに話せなかったことを打ち明けることにします。 ニーナは、不治の病に罹っていると言うのです。 ニーナがワンピースの袖を捲ると、呪われた島「太鼓島」にしか生えないヤクの木が腕から生えていました。 このヤクの木は、時間が経つにつれてどんどん大きくなるのです。 ニーナのお母さんも同じ病に罹っていました。 体から生えてきたヤクの木が、どんどん大きくなると、最後は体ごと飲み込んで木になってしまったのです。 ニーナの不安を聞いたチックタックは、植木職人のトムじいさんに相談することを提案します。 トムじいさんなら木の生長を遅らせる術を知っているはずだと考えたのです。 ニーナとチックタックが話し込んでいると、すっかり日が暮れてしまいました。 チックタックは、ニーナを孤児院に送ることにしました。 道中、チックタックは時計台の話を始めます。 夜の12時に鐘が鳴ると、その音で目覚めたホタル達が一斉に輝き、まるで星空の中にいるような光景が広がるのだと言います。 ニーナは門限のある孤児院で暮らしているので、夜中12時に時計台で鐘の音を聞いたことはありません。 来月の院長先生が留守にする日、孤児院を抜け出して12時の鐘の音を二人で聴こうと約束するのでした。 ところが、その約束は果たされないまま、チックタックとニーナに突然の別れが訪れます。 二人が約束をした3日後のこと、大きな大きな黒い雲が空を覆うと、町を一瞬にして火の海にしてしまったのです。 チックタックとニーナの暮らす町を襲ったのは、火の雨を降らす恐ろしい火の鳥でした。 チックタックは、ニーナが行方不明であることを知ると、火をかわして瓦礫をかき分けて町中を懸命に探し回ります。 火の雨が止んでからも三日三晩、ニーナを探し回りましたが、遂に見つけることはできませんでした。 ニーナの葬儀が執り行われますが、チックタックは時計台に閉じこもって、泣き明かす毎日です。 葬儀から数日後、黒焦げになった町の広場にヤクの木が生えているのが見つかります。 それでも、チックタックは、ニーナの死を受け入れられません。 ただただ時計台の中で泣き明かすのでした。 チックタックが閉じこもる時計台は、歯車を回し、容赦なく時間を刻み続けます。 そして、チックタックとニーナが約束した1カ月後の夜12時を指そうとした、まさにそのとき・・・。 時計台のすべての歯車が止まり、時を刻むことを止めてしまったのです。 突然の出来事に、慌てながらもチックタックは時計台を確認しましたが、故障はどこにも見当たりません。 時計台は、故障したわけでも誰かが止めたわけでもありません。 自分の意思で時計台は針を止めたのです。 約束の時間を刻むことを拒んだのでした。 それ以来、針を止めたままの時計台。 また時を刻むときはやって来るのでしょうか・・・。 この絵本では、「」のポンチョも登場することから同じ町が舞台であると考えられます。 また、実際にモデルとした舞台は二箇所あり、著者:にしの あきひろ氏の生まれ故郷である「兵庫県川西市」と同氏が以前訪れた「ラオス」です。 にしの あきひろ氏は、生まれ育った川西市に恩返しをしたいという想いで、満願寺やビックハープ(新猪名川大橋)を絵本の舞台に加えています。 これは満願寺の住職から「満願寺を盛り上げて欲しい」という相談を受けたことも影響しており、この絵本の刊行とともに個展『』も開催しています。 また、ラオスを舞台にした背景には、平和への想いがあったからだと同氏は言います。 昔、ラオスでは多くの爆弾が投下され、今でも不発弾や地雷による事故が続いています。 戦争が続く地域や治安が悪い地域では、人々は「愛と平和」を日常で求めていると同氏。 この絵本の物語の下敷きとしてあるのは戦争。 そして、物語で猛威を振るった「火の鳥」は爆撃機を意味しています。 すぐ側に戦争は潜んでおり、均衡が崩れれば容赦無く争いが起こるのです。 また、エンターテイメントは平和の上に成り立つものであって、平和であることは当たり前のことではないのだということをエンターテイメントを通じて伝えていきたいと同氏は話します。 日本では平和なのが当たり前だと考えられがちですが、平和が当たり前ではないのだということを忘れないために「チックタック ~約束の時計台~」は描かれました。 「にしのあきひろ作品史上、もっとも残酷で、もっとも美しい物語」と打ち出されたこの絵本。 針を止めたままの時計台の行方とは。 【公式 西野亮廣エンタメ研究所】女優:戸田 恵子による朗読 出版社からの内容紹介 にしのあきひろ作品史上、もっとも残酷で、もっとも美しい物語。 町のはずれにあるホタルの森の中に、こわれていないのに11時59分で止まっているふしぎな時計台があります。 その時計台には、ヘンクツジジイのチックタックが住んでいます。 もう何年もまえ、チックタックがもっと若かった頃、ここに、ある孤児の女の子が訪ねてくるようになりました。 彼女の名前はニーナ。 チックタックとニーナは、夜12時の鐘の音を、いっしょにこの時計台で聞くことを約束します。 しかし、その約束がかなうことはありませんでした。 なぜなら、その森に「火の鳥」がやってきたからです。 その理由がわかったとき、必ず涙します。 出版社「」より.

次の

絵本 チックタック ~約束の時計台~│西野亮廣エンタメ研究所記事まとめ

チック タック 約束 の 時計 台

本・雑誌・コミックジャンル• 免責について(注意事項)• ・商品をご購入頂く際には、リンク先の商品情報をご確認の上でお願いいたします。 ページ内の製品とリンク先のショップの商品が異なる場合、までご連絡ください。 ・商品について重要な情報が記載されている場合や、価格・送料・在庫表示等が異なる場合がございます。ご購入前に必ず商品ページをご確認ください。• ・最安価格 税込 は在庫あり・注文可能商品における最安価格です。• ・この検索結果を元に商品ご購入される際には、ご自身でも各商品の詳細についてご確認ください。• ・各製品の情報は各メーカー企業・データ販社などから提供されたデータに基づき表示している参考情報です。各ショップが実際に販売している商品やパッケージの情報とは詳細が異なる場合がありますのでご注意ください。より正確な情報は、各ショップにお問い合わせください。• ・検索結果によって行われる商品取引を楽天市場が保証することはございません。• ・画像は代表製品・代表カラーを共用しております。• ・実際の製品イメージ、カラーとは異なる場合があります。• ・掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。• ・商品情報の更新は定期的に行われているため、実際の商品ページの内容 価格、在庫表示等 とは異なる場合がございます。ご注意ください。• ・ショップレビューは、「みんなのお買い物レビュー」の集計を元に表示しておりますが、定期的に更新しているため、リンク先の表示内容と異なる場合がございますのでご了承ください。• ・購入金額が100円 税込 に満たないお買い物はポイント対象外となります。• ・クーポンの有効期間中であっても利用枚数の合計が先着人数に達した時点でクーポンは利用できなくなりますのでご注意下さい。 (獲得後であっても利用時点ですでに上限枚数を利用されている場合は、お買い物かごでのクーポンの表示はされません)• ・獲得したクーポンを利用せずに商品をご購入されますと、通常価格でご購入いただくこととなりますのでご注意ください。

次の