距離 感 を はかる。 距離が近い男性の心理は?職場で距離感が近い人の好意を確かめる方法も

人間関係で距離感が分からない時の対処法!相手との正しい距離に悩んでいる人へ正しい距離感を保つコツを伝授!

距離 感 を はかる

心理学のパーソナルスペースとは エレベータや電車の中にたくさんの人が混みあっていると、「もっと自分から離れてほしい」と感じることがあると思います。 これがパーソナルスペースです。 人間は無意識のうちに相手との新密度に応じて、自分との接近を許す心理的距離を使い分けています。 言い換えれば人は誰もが一種のなわばり空間を持っているといえます。 その心理的距離を専門的に調べて発表したのがアメリカの文化人類学者エドワード・ホールです。 彼はこのような人間の空間に対する行動プロクセミックスと呼び、人間の心理的距離を「密接距離」「個人距離」「社会距離」「公衆距離」の4つに分け、さらにそれぞれを近接相と遠方相の2つに分けました。 好かれる人は、このパーソナルスペースをわきまえていて、距離感を絶妙に使い分けています。 人間関係ごとの距離感 ・密接距離(0~45cm) 近接相(0~15cm):息づかいまで伝わる。 特別な2人だけの距離。 身体と身体でのコミュニケーションが主体になる。 遠方相(15~45cm);他人が電車でこの距離まで近づくと、違和感とストレスを感じる。 家族や恋人のための距離。 ・個人距離(45~120cm) 近接相(45~75cm):夫婦や恋人以外がこの距離まで踏み込むと、気持ちを勘違いされやすい。 手を伸ばせば相手をつかまえたり抱きしめたりできる。 遠方相(75~120cm):互いに手を伸ばせば、指先が触れ合うぎりぎりの距離。 個人的な要望や用件を伝えるのに使われる。 ・社会距離(120~360cm) 近接相(120~210cm):微妙な表情を読み取ったり、身体に触れることはできない。 上司・同僚など、仕事仲間と過ごすのに最適な距離。 遠方相(210~360cm):身体を触れ合わせることはできないが、全体的な姿を見ることはできる。 オフィシャルな場で用いられる。 ・公衆距離(361cm以上) 近接相(360~750):簡単な受け答えなら可能だが、個人的な関係を築くのは難しい。 遠方相(751cm以上):身振りでのコミュニケーションが主体になる。 言葉の細かなニュアンスは伝わらない。 公演などで使われる。 非言語コミュニケーション 非言語コミュニケーションとは、言葉以外の情報を手がかりに他者の心理を読み解くコミュニケーションのことで、パーソナルスペースもその1つです。 他の非言語の情報としては、身振り、表情、スタイル、容貌、皮膚の色、匂い、接触行動、などがあります。 この非言語コミュニケーションを通じて、受け手が送り手のことを判断することをディコーディングといいます。 逆に送り手が受け手に対する態度を示すことをエンコーディングといいます。 一般に、男性よりも女性のほうがディコーディング力があり、またエンコーディングも男性よりはっきり行う傾向があるとされています。 女性が恋人のしぐさから浮気を見破ったり、上司に露骨に嫌な態度を取ったりするのはその性質からでしょう。 非言語コミュニケーションで相手のことがわかる例として、「話を聞いている態度」で下記のうちどれが一番話に興味を示しているでしょう。 ・指で机を叩いている ・腕組みそている ・机の上に手を広げて置いている ・額に手を当てる 答えは「机の上に手を広げて置いている」です。 リラックスした態度で興味を示しています。 ただし、この姿勢でこぶしを握ると拒否、威嚇、攻撃の気持ちを表すことになります。 「指で手を叩いている」しぐさは、イライラや緊張、拒否を表します。 「腕組み」は他人を自分の領域に入れないようにと拒否する姿勢です。 ただし、笑顔で腕組みをしたり、相槌を打つと、逆に興味を示していることになります。 「額に手を当てる」は、迷いがあり、相手を信用していない感じがあります。 このように言葉以外でも相手の心理を読み解くことができます。

次の

人間関係でのいい距離感とは?好かれる女性がやってる4つのこと

距離 感 を はかる

距離間と距離感の違い 距離間と距離感の違いを分かりやすく言うと、 距離間は距離感の間違った使い方、距離感は相手に対して心の隔たりがあると思うことです。 一般的には距離間という言葉は存在しません。 漢字の成り立ちや読み方が似ていることから、距離感のことを間違えて距離間として使っている人がほとんどです。 正しい言葉である距離感を使った分かりやすい例としては、「一定の距離感を保つことは大切です」「最近彼女との距離感を感じる」「アイアンショットの距離感が難しい」「同期の男性の距離感が近くてもとても嫌です」などがあります。 距離感という言葉はあっても、距離間という言葉は存在しないことを覚えておきましょう。 同時に距離感という単語の意味について「相手に対して心の隔たりがあると思うこと」と覚えておくようにしてください。 距離感を英語にすると「sense of distance」「feeling of distance」となり、例えば上記の「彼女との距離感」を英語にすると「Feeling of distance from her」となります。 距離間の意味 距離間とは、 距離感の間違った使われ方を意味しています。 距離間という言葉は存在せず、間違った言葉として広まっています。 読み方が似ているため、距離感と混同してしまう人が多いようですが、間違った言葉なので使わないように気を付けてください。 距離間という言葉はないのですが、似た言葉の距離は辞書に載っています。 距離とは二つの場所や物事の間の隔たりや、人との関係で相手に対する気持ちの隔たりのことを意味しています。 距離間の間の字を使った別の言葉としては、物と物との間の距離のことを意味する「間隔」、決まった食事と食事の間に食べることを意味する「間食」、中間に他のものを置いた状態で物事が行われることを意味する「間接」などがあります。 距離感の意味 距離感とは、 相手に対して心の隔たりがあると思うことを意味しています。 その他にも、対象までの距離を把握する感覚のことを意味しています。 「他人との距離感はとても難しい」「恋愛を長続きさせるには適度な距離感が大切です」「彼氏との距離感を縮めるために隠し事はしないようにしよう」などの文中で使われている距離感は、「相手に対して心の隔たりがあると思うこと」の意味で使われています。 一方、「相手と適度な距離感を取ることで新型ウイルスの感染を防止する」「パットの距離感を掴むために毎日練習している」「外野フライの距離感がわからない」などの文中で使われている距離感は、「対象までの距離を把握する感覚のこと」の意味で使われています。 距離感は二つの意味を持っているのですが、相手に対して心の隔たりがあると思うことの意味で使う場合は、人にしか使わず心理的な距離を表す言葉です。 もう一方の、対象までの距離を把握する感覚のことの意味で使う場合は、人にも物にも使うことができ、主に物理的な距離を表す言葉です。 距離感のよく使われる表現方法としては、「距離感を保つ」「距離感が遠い」「距離感が近い」などがあります。 特に心理的な意味で距離感を使う場合は、この表現をすることが多いです。 距離感の類語・類義語としては、近付きすぎず、そうかといって離れもしないで、一定の距離を保ちながら関係を続けることを意味する「付かず離れず」、互いに打ち解けて仲が良いことを意味する「親しい」、隔たることを意味する「隔たり」などがあります。 距離感の感の字を使った別の言葉としては、不安がなく心が安らかな感じを意味する「安心感」、落ち着いていて安定していることを意味する「安定感」、しっくりしない感じを意味する「違和感」、他人の意見や感情にその通りだと感じることを意味する「共感」などがあります。 距離間の例文と使い方.

次の

距離感がおかしい人の心理を解説!なんで詰めてくるの?と思ったら方【必見】距離感の詰め方と近すぎる人の心理

距離 感 を はかる

人間関係のちょうどいい距離感がわからない• 仲良くなりたいけど、どうやって距離感をつかめばいいのかわからない についての記事です。 どーも、まっさんです。 実は人間関係の適切な距離感は、 まず自分本位でいい。 そこから、微調整していくのが相手との距離感の計る方法としてはわかりやすいし、ベストな方法です。 実際、私は10年以上対人恐怖症(社会不安障害)を経験し、人間関係について誰よりも多くの悩み、苦しんできました。 様々な書籍やネットの情報、医師やカウンセラーとの治療を通して、克服に向けて様々なことを学び、行動してきました。 そして、現在、対人恐怖症は克服しています。 だからといって、人間関係の構築がうまくなったわけではなく、今でも人見知りだし苦手です、 昔は、無理して明るくフランクに接してみたり、逆に迷惑かけるからと、全く話さなかったりと距離感がわからず、かなり苦労してきました。 そんな私の経験をもとに、自分本位から人間関係の距離感を測り、自分に合った人間関係を構築す術や、人間関係が苦手な人が人間関係を構築する方法などをお伝えします。 この記事を読んでいただくと、人間関係の距離感の測り方がわかり、今後の人間関係の構築にかなり役に立つます。 もくじ• 1.人間関係のちょうどいい距離感とは? 人間関係の距離感って、人間関係が苦手な人はなかなかわからないものです。 私も近づきすぎて嫌われたり、逆に心が開けずに遠すぎて孤立したりしてました。 ですが、最近は人間関係の距離感なんて、悩んでも仕方ないかもと感じるようになりました。 こんなこと言うと元も子もないのかもですが、人間関係の距離感って相手によって人それぞれだし、 こんなことで悩むのはもったいないことす。 許容する距離感って今まで生きてきた過程で培われるもので、人それぞれ正解が違います。 だから、出会いによってその都度、相手に合わせた距離感を測っていくしかないからです。 今まで出会ってきた人を思い出して例にしてみると、いきなりフランクに溜め口で話すのがOKという人もいれば、それを拒否する人もいる。 人見知りでゆっくり仲良くなりたい人もいるにもかかわらず、人見知りは話さないから嫌いと、すぐに拒否して関係を張って産させない相手もいたり… 若い人は苦手と始めから、年下と話さない人もいるし、年上は怖いからと年下としか話さない人もいる。 こうやって、私の少ない人間関係を思い返しても人それぞれでした。 だから、人間関係の距離感を悩む必要はないのかも。 ですが、 『人間関係の距離感を測る方法はきっとあるはずだ!』って思う人もいると思うので、 次の項目からを具体的な方法をご提案いたします。 2.人間関係の距離感は自分本位から始めてトライ&エラーで測るもの 何でもそうですが、基準をまず知ることって大事です。 その基準から、プラスしたり、マイナスしたりして、ちょうどよさを測っていくことは世の中に数多くあります。 例えば、仕事の出来やお金のこと、対戦ゲームでもそういう事あるし、楽器の演奏でも強弱を変えたり、あと体重もそうですね。 人間関係の距離感も基準をもとにプラスマイナスして測っていくものです。 そのためには自分が気持ちのいい距離感、自分が楽な距離感で接していき、そこを基準にします。 というのも、相手が心地のいい距離感なんて、その人本人しかわからない。 だから、自分の心地のいい距離感を基準にすることしかできないし、それがあなたの正解だからです。 その正解を一旦の基準にして、塩梅を調節して、相手の心地のいい距離感を明確にしていきます。 少しづつ形を整えるように。 例えば、絵をかくときに、まず鉛筆で下書きをして大枠を描いてから、色を塗っていったり、細かい部分を描いていきます。 自分の心地のいい距離感から始めるということは、この鉛筆での下書きです。 まずはどんな絵にするかの計画をしてスタートするのと同じように、人間関係の距離感もまず自分の子k地のいい距離感という大枠をベースにして、それに肉付けをしたり、逆に要らない部分をそぎ落としたりして、相手との距離感を最適な形に整えていくんです。 3.人間関係の距離感を一気に詰めて、仲良くなりたい場合にできること 一気に距離感を詰めて仲良くなることが効果的な場面も生きていると数多くあります。 今回逃したらもう会えない人や、合コンなどがそんな場面に当てはまるのではないでしょうか? ですが、距離感を一気に詰めるってなかなか難しいし、私のような人見知りや、人間関係が苦手な方々にとっては至難の業です。 なので、まず行動よりも頭で理解しておくだけしておきましょう! というわけで、下記参考にしてみてください。 もしあなたが目立つ存在だったり、面白かったりと人間関係におけるアドバンテージがあれば別ですが、基本的に待っているだけで話しかけてもらえるなんてことは、なかなかありません。 連絡先などを好感してからも、待つのではなく自分から連絡することが仲良くなるためには重要になります。 あなたに必要とされているという重要感を相手に与えることが仲良くなるためには必要なんです。 自分から話しかけるという行為は、相手に重要感を与えることができ、あなたといると心地がいいという感覚が生まれるため、距離感を一気に詰めることができるんです。 『この仕事は君が適任だから、ぜひ頼みたい。 』なんていわれたらうれしいですよね。 そうやって仕事を頼んでくれた相手を嫌いになることは、なかなかできません。 自分から話しかけるということは、これと同じ効果があるんです。 それには自部の情報を自分から与える、自己開示が効果的です。 人間には自己防衛本能が備わっています。 なので、素性がわからない存在は、本能的に敵だと認識しやすいんです。 ですが、 自己開示を自分からすることで、『私はあなたの敵じゃありませんよ~』という知らせることができるため、防衛本能が解かれ、お互いの距離感を近づけることができるんです、 例えば、背が高くて体もでかい強面のひげ面の男が何も話さず目の前に居ました。 この状況を想像すると結構怖いと感じるはずです。 ですが、、もしその男が『私はこんな見てくれだから、人から怖がられてしまうんですよ…』 と自己開示となる情報を提供してくれたら、どう思うでしょう? 相手のことが少しわかったのと、弱みを見せtくれたという思いから、相手への恐怖は減少するはずです。 このように、自己開示で自身の情報を相手に与えることは、相手の警戒心を解き距離を縮めるためにかなり効果的なんです。 やはり、人間関係には相性という隠れパラメーターがあり、それがかみ合わないとどう足掻いてもうまくいかないのが人間関係だからです。 だから、もし距離感の見極めがバッチリだったとしても、なんかいまいち仲良くなれないなぁなんtことがあったとしても、それはあなたのせいとかではなく、今までの成育歴や価値観などで出来上がった相手の内面と自分の相性が悪いってだけなんです。 今まで出会ったすべての人と仲良くなれてないのがその証拠です。 本当に仲いい人、仲良かったと感じる人なんて、今までの人生でせいぜい10人もいかないと思いますがいかがでしょうか? そんなもんなんです。 そう考えると、 人間関係ってもう少し気楽に捉えてもいいんじゃないのかなんて思いますね。 まとめ 【1.人間関係のちょうどいい距離感とは?】 人間関係の距離感は人それぞれ違うので、悩んでも答えは出ないのであまり悩んでも無駄です ちょうどいい距離感に正解などないので、その都度、相手によっていい距離を測っていくことがベターです。 【2.人間関係の距離感は自分本位から始めてトライ&エラーで測るもの】 自分の心地よさを基準にそこからのプラスマイナスで相手との距離感を微調整していくことを意識すると、相手とのいい距離感測りやすくなりす。 【3.人間関係の距離感を一気に詰めて、仲良くなりたい場合にできること】 やはり、自分から話しかけること、そして、自分の情報をまず与える自己開示をすることが、仲良くなるための最短距離です。 それでも、なかなかうまくいかない場合は、相手との相性が悪いので、潔く諦めましょう! その時、決して自分が悪いとか、魅力が無いからとか考える必要はありません。 だから、人間関係を良くするには自分との関係を良くするなんて言われるのかもしれないと改めて思いました。 自分が心地のいい接し方は相手も心地がいいと思う確率が高いし、逆に自分を見下したり、馬鹿にしたりをして落ち込むというなら、それを他人にしてしまえば、相手を不快にするには当たり前なんだなと… だから、日ごろから自分を自分がどう扱っているかが他人との人間関係に反映されてしまうので、気を付けていきましょう!! と自分に言いたい…・ 笑.

次の