マルチワ 飼い方。 チワマル (チワワ×マルチーズMix) ブリーダー・子犬販売

チワマル(マルチワワ,マルチワ)の性格,カット,成犬の体重・大きさなどまとめ

マルチワ 飼い方

見た目は?マルチーズとトイプードル、どっちに似てる? まずは、マルチーズ、トイプードル、マルプーの画像を見比べてみましょう。 それでは、全体的な特徴から、各パーツまで詳しく見ていきましょう。 でも、よくよく見てみるとマルチーズの特徴もちゃんと出ているのが分かります。 次に、各パーツごとに見ていきましょう。 しかし、成犬になるとカールした顔の毛がトイプードルの雰囲気を出しながらも、 顔つきに マルチーズの特徴が強く出てくる子が多いようです。 もともと両親犬が可愛らしい目をしており、マルプーはその特徴を十二分に受け継いで いて、とても愛くるしい目をしています。 マルチーズの大きな丸い目と、トイプードルのクリッとしたアーモンド形の目、どちらの特徴が出ても可愛いことには違いないですが、 どちらを受け継ぐかはさまざまのようです。 どちらの特徴が出やすいかはさまざまのようです。 どちらかというとトイプードルの巻き毛が多く出ることが多いですが、マルチーズのストレートの子も少なくありません。 両親はどちらもシングルコートなので、当然シングルコートになります。 ちなみに、耳は直毛だけど、顔は巻き毛といったように、身体の場所によって巻き毛とストレート毛が生えている子もいます。 そのため、両者のミックスであるマルプーは様々な毛色が出ますが、 白、クリーム色が最も多いです。 成犬になると、違う毛の色へと変化するケースがあります。 また、 毛色によって性格なども変わってきます。 【一般的な色】 最も一般的な色は、白、クリームです。 その他にも、アプリコット、褐色、グレー、シルバー、パーティーカラー(2色の組み合わせ)があります。 [マルチーズの性格] 落ち着きがある 甘えん坊 気が強い 頑固 警戒心が強い 無駄吠え・警戒吠えが多い [トイプードルの性格] 陽気・活発・遊び好き 甘えん坊 社交的で人懐こい 従順 非常に賢い 訓練能力が高い マルチーズとトイプードルに共通する 「甘えん坊」なところが、最大の特徴です。 さらに、トイプードルの高い知能も受け継いでいるので、 とても賢いです。 人が特に大好きで、 社交的な性格をしているので、子供たち(7歳以上)とも仲良くできます。 中には臆病なコもいるようですが、社会化をして徐々に慣らしていってあげれば問題ないでしょう。 しかし、マルプーは人が大好きな分、長時間放置されると人(犬)一倍、分離不安に苦しむ傾向があります。 そのため、 長時間のお留守番はなるべく避けたほうが良いでしょう。 この点は、マルプーの飼い方として注意が必要な部分になります。 また、マルプーは 人の気持ちを敏感に察知できるため、セラピードッグの素質もあるといわれています。 これは、3000年以上も愛玩犬として親しまれてきたマルチーズの特性と、トイプードルの知性・繊細な性格が上手にミックスされたゆえの結果だと思われます。 毛色によっても、性格が変わってくるといわれています。 レッド・アプリコット 陽気でやんちゃな反面、協調性が乏しい子が多いので、しつけがしにくく多頭飼いには向かないと言われています。 ブラック 知能・忠誠心ともに最も高く、物静かで、毛色の中で最もしつけがしやすく飼いやすいといわれています。 他の犬にも友好的です。 運動神経も抜群です。 ホワイト 温厚で甘えん坊です。 他の犬にも友好的です。 ブラウン 落ち着きがありますが、マイペースで独立心が高いため、しつけに苦労することも。 協調性に欠けるところがあり、多頭飼いには不向きといわれています。 運動神経は高めです。 シルバー 中間色なので、協調性に欠けるタイプと、協調性に富みフレンドリーなタイプに分かれると言われています。 運動面に関しては、マルチーズのおっとりした性格も受け継いでいますが、トイプードルゆずりの活発さの影響の方が強いので、 とても遊び好きです。 ジャンプの得意なトイプードルの影響で、嬉しい時はピョンピョン飛び跳ねて飼い主に飛びつくこともあるでしょう。 このような性格ですので、 運動量はやや多めになり、 一日30分程度の運動が必要です。 マルチーズ本来の 頑固さと気の強さが出る場合がありますが、トイプードルの 従順さや攻撃性の低さで緩和されているため、 比較的飼いやすい犬種といえます。 「マルプーはしつけやすく初心者向けで育てやすい」という意見も多いですよ。 ただ、賢い分、甘やかしてしまうと飼い主の思惑を先読みするようなずる賢い子になることがあります。 そのため、毅然とした態度で、きちっとしたしつけを心がけましょう。 この気質のどちらが強く出るかにもよりますが、全体的には無駄吠えは 中程度といったところです。 不審な物音や人物を見たときなど、異常を感じた場合には吠え続けることもあります。 いずれにしろ、きちんとしつけを行うことで無駄吠えは改善することができます。 かかりやすい病気 ミックス犬は、純血種よりも遺伝疾患が発症する可能性が低いと言われています。 しかし、両親犬に共通する遺伝疾患にかからないとは限りません。 ここでは、両親犬に共通する遺伝疾患の中でも、特にかかりやすいと言われている病気をご紹介します。 マルチーズの特徴が強い子の場合だけ多少抜け毛に気を付ければよい程度で、 基本的には、 抜け毛に悩まされることはないでしょう。 抜け毛がほとんどないので、 日頃のブラッシング(毎日が理想的)が必要なくらいでお手入れは楽です。 シャンプーは、トイプードル・マルチーズと同じくらいの頻度( 月に1~2回程度)で問題ないでしょう。 トリミング料金は、 「マルチーズとトイプードルのどちら似か」で変わってきます。 マルチーズ似ならマルチーズ料金、トイプードル似ならトイプードル料金となることが多いようです。 これは、身体の大きさ・毛質・毛量などで、必要な技術や時間などが変わってくるためです。 また、マルプーは涙やけがみられる子もいるので、目の中に毛が入らないようにお手入れをしてあげましょう。 耳については、垂れているため風通しが悪いので、外耳炎にならないように注意が必要です。 トリミング時に、トリマーさんに耳そうじや歯石のお手入れも相談してみてください。 マルプーに限らずミックス犬は、サイズ・顔立ち・毛色など親犬の掛け合せ方にもよるので、子犬の値段が幅広くなってしまうのです。 マルプーの場合は、顔つきがマルチーズ似( 大きな目と 短いマズル等)で、被毛がプードルの 巻き毛、さらに毛色が アプリコットやレッド系だと、価格が高くなりやすいようです。 ブリーダーからも直接購入できます。 里親募集サイトでも、見つけることができますよ。 ただ、マルプーのような人気の高い犬は、悪質な繁殖業者(パピーミル)によって無理な繁殖をさせられ、遺伝的な疾患を発症しやすい子がいるのも事実です。 ブリーダーから購入する場合はもちろんですが、ペットショップで購入する場合でも、必ずブリーダーや両親犬の情報を教えてもらうようにして、信頼できる所から購入するようにしましょう。 マルプーを飼った体験談 実際にマルプーを飼っている方からアンケートをとりましたので、ぜひ参考にしてくださいね。 犬種の一般的な傾向だけでは、分からない部分も見えてくると思います。 あなたのご年齢:30歳 2. あなたのご性別:女性 3. あなたのご職業:主婦 4. あなたのお住まい:愛知県 5. お住まいの環境:一戸建て 6. 同居人数:家族3人と同居 7. ワンちゃんの性別:男の子 9. ワンちゃんの年齢(何歳のときのことを書いたか):4歳 10. ワンちゃんの体重や大きさ:体重8キロ。 大き目で太り気味 11. ワンちゃんの毛の色:クリーム色 12. 吠えぐせにはかなり困りました。 臆病なところもあるので初対面の人には警戒します。 トイレの失敗も昔からほとんどしていません。 来客時のチャイムが鳴った時、家の前を誰かが通った時によく吠えます。 少しずつ改善されてきました。 1カ月に1回程度トリミングへつれていき、カットとシャンプーをお願いしています。 長時間置いていくことができないので、我が家は犬と行けるところへよく出掛けるようになりました。 それはそれで楽しいですが、行けるところが限られることと、荷物も増えて大変は大変です。 ・吠え癖 うちのわんこの吠えぐせは仔犬の頃のしつけが甘かったからです。 仔犬の頃のしつけがかなり重要なので、甘やかしすぎずにきちんとしつけるべきだと思いました。 あなたのご年齢:32歳 2. あなたのご性別:2. 女性 3. あなたのご職業:会社役員 4. あなたのお住まい:岡山県 5. お住まいの環境:一戸建て 6. 同居人数:家族2人と同居 7. ワンちゃんの性別:男の子 9. ワンちゃんの年齢(何歳のときのことを書いたか):1歳~3歳 10. ワンちゃんの体重や大きさ:体重4キロ。 少し大き目で太り気味です 11. ワンちゃんの毛の色:全身真っ白です。 ・ 購入代金 :15万円。 負担した経費は狂犬病のワクチン代金と空輸代などの交通費のみでした。 とっても甘えん坊なワンコで 家で過ごす時は、飼い主の膝の上が大好きで私が座っていると必ず膝の上で寝ています。 おもちゃが見つからず、探して欲しい時も近づいてきて吠えてアピールしてきます。 ご近所さんへの影響が気になるので、壁に吸音マットを立てかけています。 口の周りの毛が長いと汚れがついて臭いが気になるので、口の周りの汚れを濡れタオルで拭き取っています。 シャンプー後も、ブラッシングしながらしっかり乾かしてあげないと、もつれてしまい皮膚病の原因になるので注意が必要です。 ・定期的にトリミングが必要 ブラッシングをしていても、毛が伸びてしまうのでトリミングにも定期的に連れて行く必要があります。 ・家を空けられないので旅行ができない これはうちの犬に限ったことではありませんが、犬を飼っていると長時間家を開けておくことはとても難しくなります。 旅行の時には信頼できる預け先を確保しなければいけませんし、旅行の費用とは別にワンコの宿泊費も考えなければいけません。 さいごに マルチーズとトイプードルは非常に人気の高い犬種ですので、そのミックスであるマルプーの人気も高いのは当然といえるでしょう。 また、カット次第で色々な可愛さを追求できるのも、人気の秘密ではないでしょうか。 抜け毛・ニオイが少なくお手入れが割と楽ちんで、なおかつ賢くて甘えん坊さんなマルプー。 ぜひ、このマルプーの可愛さに癒されてみてはいかがでしょうか? 最後に、マルプーちゃんの子犬の動画をご覧ください。 コロコロ感がとても可愛くて癒されます!.

次の

チワマルの性格の特徴:完璧な容姿といい子を育てる方法

マルチワ 飼い方

今人気のの中でもとても人気なのが、マルプーと呼ばれるマルチーズとトイプードルの両親をもつミックス犬です。 人気の訳には見た目はもちろん可愛いらしいですが、性格にもその可愛らしさが溢れています。 そこで、マルプーの性格についてご紹介します。 両親それぞれの性格に似る ミックス犬は両親の性格を受け継いでいるので、マルプーの親となるマルチーズとトイプードルの性格から知る必要があります。 まず、マルチーズはとても利口と言われています。 飼い主にはとてもよく懐つき、愛情深く従順で賢いためしつけもしやすい犬種で、子供とも仲良くできます。 ただ、神経質な為、嫌がることでもやらせるように大人がよく見ている必要があります。 賢いために小さいうちからしつけをしないと、無駄吠えや家族の中でも自分より立場の下だと思った人間には牙を剥くことがあるので、しっかりと教えておくことが必要です。 マルチーズは小型犬で毛が長く優雅な雰囲気があるので、抱き犬として扱われていました。 しかし野生的な面も持ち合わせているので走り周ったりして遊ぶのが大好きで、更に勇敢な面も持っているので、自分よりも大きな犬にと負けじと立ち向かって行きます。 知らない人などには懐きにくい面もあります。 次にトイプードルです。 プードルがとても利口で一番しつけのしやすい犬種と言われていて、頭ののよさは大きさに関係ないと言われているので、トイプードルもとても利口で飼いやすいでしょう。 また、感情表現が豊かで飼い主に喜んで貰おうと一生懸命になりますし、飼い主からの命令にも従順です。 トイプードルには、毛色でも性格が違ってくるとも言われています。 レッドとアプリコットは明るくやんちゃ、やや神経質な子が多く、自己主張も強いのでプードルのなかではしつけがしにくいと言われています。 ブラックはおとなしく穏やかなで、一番賢いと言われ服従心も一番、ホワイトは穏やかで甘えん坊で性格が強いが比較的他の犬とも仲良くできます。 ブラウンは独立心が強くしつけにはやや根気が必要で、運動能力が高くマイペース。 シルバーもあまり協調性がなく独立心が高いと言われていますが、カラーが中間色の為性格が二分するともいわれています。 マルプーは賢く従順な一方、気の強い場合も 上の2匹を親にもつマルプーは、どちらに似ても利口で賢い確率がとても高いのでしつけもしやすく、飼い主に従順なので愛情深く絆が深めやすい犬種になります。 また、活発で遊ぶのが大好きなので、お子様がいる家庭にも向いているのではないでしょうか。 ただ、マルチーズの性格を強く受け継いだ子の中にはとても気が強い性格を持つ子がいます。 あとは、トイプードルが毛色により多少性格に違いがあるので、どの色のトイプードルを親にもつかで多少変わってきますが、基本的には利口で賢い飼い主が大好き犬種なので、初めて犬を飼う方にも飼いやすくオススメの犬種です。 色によって違う性格 トイプードルは毛色によって性格が違うので、それを受け継ぐマルプーもまた、色によって性格が違ってきます。 レッドやアプリコットのマルプーは、トイプードルからとてもやんちゃで気が強く自己主張が強いところと、マルチーズからの気の強さが受け継がれた子が予想されます。 しつけには少し手こずるかもしれませんが、遊ぶのが大好きなのでいつでも元気いっぱいの姿が見られます。 中でもアプリコットカラーのマルプーはとても人気です。 ブラックはマルプーの中では少ないかもしれません。 ただ、ブラックのトイプードルは何をとっても一番と言われているので、ブラックのマルプーも性格が良い確率が多く、しつけもあまり苦労せず一番飼いやすいのではないでしょうか。 ホワイトのマルプーもとても人気で、トイプードルのホワイトは性格がキツイですが、マルチーズの純血種よりも他の犬と仲良くできるマルプーなので、多頭飼いにはどちらかというと飼いやすい性格です。 ただ、甘えん坊な面がある為甘やかしすぎるのは要注意です。 ブラウンは両親が両方とも俊敏で運動能力が高いので、どちらに似てもやはり運動能力は高く俊敏です。 独立心が高いですが飼い主にはとても懐っこい性格ですので、問題なく飼い主にとても従順な子になり、トイプードルのマイペースな性格を受け継いでいるので面白い子になります。 シルバーのマルプーもブラウン同様に独立心が強いですが、しつけ次第ではどうなるかわからない子でもあります。 どの色の子でもトイプードルの基本的な性格はとても飼い主に従順で利口な子が多いので、マルチーズと掛け合わせても利口で飼い主思いの子が多いです。 ですが、マルチーズ同様に賢い為にしっかりしつけて教えないと、イタズラ好きになったり無駄吠えが増えてしまいます。 マルプーの性格特徴を把握しよう マルプーはどちらに似ても見た目が可愛らしく、性格も賢く利口とあって今とても人気なのが頷けます。 毛の色でも性格が変わってくるのでご家庭にお子様がいるか、多頭飼いをするかでも選び方ができますし、ミックス犬ならではの楽しみもできますね。

次の

マルプーの成犬の大きさ・体重,カット,しつけ,飼い方など

マルチワ 飼い方

— 2015 9月 3 1:47午前 PDT もちろん、個体によっていろいろなタイプの子がいますが、どのような特徴が出やすいかの傾向はあります。 どちらかというと、マルチーズ似の印象を受けることが多いようです。 次に、各パーツごとに見ていきましょう。 でも、立ち耳、半垂れ耳の子もいますよ。 ふわふわの飾り毛が付いている子が多いです。 全体的に、マルチーズのふわふわとした印象と、絹のような質感になることが多いようです。 そのため、カットをしてマルチーズの特徴が薄れると、マルチーズ的な風貌が一変し、チワワのような姿に変身することがあります。 その他には、ブラック、ブラウン、あるいはこれらの色の組み合わせもあります。 チワワの色によっては、レッドが入ることもあります。 まず、チワワとマルチーズの共通点としては、 「甘えん坊で人なつっこくフレンドリー」なところと、 「気が強い」ところです。 チワワの気の強さはわりと知られていますが、物静かで落ち着いた雰囲気のマルチーズも見かけによらない気の強さを持っています。 さらに、チワワの影響で、 怖いもの知らずの勇敢さ、あるいは 警戒心が強さが出る子も多く、初対面の人には吠えてしまうことも多いです。 しかし、このような吠え癖は、小さいうちからしつけをすることで改善できます。 基本的に、飼い主に対しては非常に 愛情深くフレンドリーなので、小さい子供(できれば小学生以上)がいる家庭でも飼いやすい犬種です。 マルチワワは、家族を守ってくれる小さな番犬といえますね。 運動量については、チワワゆずりの活発さがマルチーズの物静かさでやや穏やかになっているとはいえ、 運動量は多めなので毎日の適度な散歩が必要です。 スポンサーリンク しつけのしやさ チワマルは、マルチーズゆずりの 頑固な一面をもっているため、できるだけ子犬の頃からしつけを開始して、それを継続することが大切です。 チワマルは 利口なので、きちんと一貫したしつけを行えばすぐに学習してくれるでしょう。 これはしつけで改善できますので、子犬の頃からきちっとしたしつけが必要になります。 かかりやすい病気 マルチワワは 丈夫な犬で、あまり病気に悩まされることはないといわれています。 ここでは、比較的かかりやすいと言われている病気をご紹介します。 ただ、チワワの毛質を受け継いでいる子ほど、抜け毛は多くなってくるようです。 お手入れについて(トリミング・カット、ブラッシング、シャンプーなど) チワマルのお手入れ方法は、 マルチーズ毛質か、チワワの毛質かで変わってきます。 ここでは、マルチーズ毛質の子、チワワ毛質の子のお手入れをタイプ別にご紹介します。 チワマルはミックス犬ですので、この2タイプに綺麗に分類されるわけではありませんので、その子の毛質・毛並みなどの特徴を見極めて、適切なお手入れをしてください。 なお、チワマルは マルチーズ毛質の子が大多数です。 抜け毛が少ない反面、毛が伸び続けて伸びのも早いので、 1~2カ月に1度ほどのカットが必要です。 シャンプーは月に1~2度でいいでしょう。 トリミング料金については、マルチーズ料金になることが多く、地域差にもよりますが4500~5500円ほどです。 マルチーズよりもチワワの方がトリミング代が安いので、「マルチーズとチワワの中間の値段にしてほしい」という飼い主さんもいらっしゃいます。 シャンプーは月に1度ほどでいいでしょう。 中には30万以上の値段がついている子もいます。 しかしながら、昨今のミックス犬人気の高まりを受けて、ペットショップでも比較的簡単に見つけることができます。 里親サイトでは、見つけることがかなり大変になってきますが、根気強く探すことが大切です。 「チワマル」は、「マルチワワ」「マルチワ」「チワチーズ」とも呼ばれていますので、ネットで調べる場合は、これらの名前でも検索してみることをおすすめします。 さいごに いかがでしたか? チワマルは、しつけ面でやや注意が必要ではありますが、基本的には飼いやすい犬です。 フワフワ・モフモフな毛、そして大きなクリクリした目のチワマルにメロメロな飼い主さんが、多数続出しています。 被毛の毛質や色のバリエーションが豊かなチワマルですので、自分だけのお気に入りの子が見つかるかもしれません。 カット次第では、マルチーズとチワワの可愛さを独り占めできてしまいます。 最後に、チワマルの子犬6姉妹の動画をご覧ください。 白、黒、茶色、牛柄の子が勢揃いで、とっても可愛いですよ。

次の