うだつ が 上がら ない の 由来。 「うだつが上がらない」のうだつって何?

うだつが上がらないの意味とは?語源や由来・例文を解説

うだつ が 上がら ない の 由来

今の会社にずっと居続けても、 うだつが上がらない気がするよ。 年内には転職しようかな。 この場合は、 「会社にずっといては出世できない・生活が良くならない」 ということを言いたいわけですね。 具体的には、• 給料がほとんど上がらない• 課長や部長に昇進できる気配がない• 福利厚生なども充実されない といったことです。 このように、「うだつが上がらない」は 「将来、生活や地位などが向上されないだろう」と感じた時に 使う言葉と考えてください。 したがって、多くの場合、 この慣用句は良くない意味で使います。 うだつが上がらないの語源・由来 次に、この言葉の語源を確認していきましょう。 「うだつが上がらない」には「語源」がいくつかありますが、 一般的には次の2つの説が有力と言われています。 まず、「 梲(うだち)」とは、 「 建物の梁(はり)の上に立て、棟木(むなぎ)を受ける短い柱のこと」を指します。 簡単に言えば、 「 建物を建てる上で重要な木材」だと考えて下さい。 目立つ部分ではないですが、建築上、重要な箇所と言われています。 この「梲を上げること」は昔から 「棚上げ(たなあげ)」と言い、「家を完成させること」を意味していました。 つまり、 「 うだちを上げられない」=「 家を持てない貧しい人」 を指していたわけです。 ここから、現在の「暮らしがよくならない」 という意味につながったと言われています。 そして、もう1つは 「 卯立(うだつ)が転じたもの」という説です。 「 卯立」とは、 「 屋根より少し高く張り出した壁のこと」を指します。 「卯立」を作る目的は色々あります。 例えば、見た目をおしゃれにして装飾性を保ったり、 雨風を防いだりといったことです。 しかし、 一番の目的は隣家との間に壁を作り、 火災を防止するためだと言われています。 昔は木造住宅が主だったので、 隣の家が燃えると飛び火によって 多大な被害を受けてしまいました。 そこで、 「卯立」を設けて火災を予防したわけです。 この「卯立」を作るには、 それなりに裕福な家でないと作ることができません。 ここから同じく、 「 卯立を上げられない」=「 お金に余裕がない人」 を指すようになったと言われています。 以上、2つの語源を解説しました。 いずれにせよ、「うだつ」という言葉は 建築用語からきたということですね。 木材をそろえるには、ある程度のお金を用意しないといけません。 そのお金を用意できないのは、 「出世ができない人」だと判断されたわけです。 ことわざや慣用句で「類語」と呼べるのは、 比較的少ない印象ですね。 一般的な語だと、 「 売れない・評価されない」といった言葉で言い換えると、 分かりやすいのではないでしょうか。 逆に、「対義語」としては 「 立身出世(りっしんしゅっせい)」が挙げられますね。 「立身出世」とは、 「社会的に高い地位を得ること」を言います。 主に、会社内での出世に対して使う言葉 と考えてください。 うだつが上がらないの英語 続いて、「英語訳」です。 「うだつが上がらない」は、 「英語」だと次のように言います。 「 not get on in the world」 「 not get ahead the world」 「get」は「手に入れる」ではなく、 「出る」という意味もあります。 なので、「not get」で「出ない」という訳になります。 また、「world」は「世界」ではなく、 ここでは「世間・世の中」などの意味で使われています。 以上、2つを合わせることで、 「世の中に出ることがない」=「出世できない」 という訳になりますね。 例文だと、それぞれ以下のように言います。 (ここにいても、うだつは上がらないだろう。 (彼女はうだつが上がらないみたいだね。 ) スポンサーリンク うだつが上がらないの使い方・例文 では、最後に具体的な使い方を 例文で確認しておきましょう。 そんな会社にいたら、いつまで経っても うだつが上がらないよ。 一流企業に入って10年。 未だに平社員なんて うだつが上がらない状態だね。 第一印象は、 うだつが上がらない情けない男という感じだった。 娘には、 うだつの上がらない彼と一緒に居て欲しくない。 うだつの上がらないミュージシャン?早く別れなさい。 飲食店を開業してからずっと、 うだつが上がらない生活です。 参ったよ。 「うだつが上がらない」は、 日常生活からビジネスまで幅広く使えます。 どの場面でも共通しているのは 否定的な意味で使うということですね。 基本的にこの言葉を使う時は、 「現在の収入や地位がもっぱら低い人」を対象とします。 したがって、例文4や5のように 「そんな人と付き合うのはよせば?」 という一種の幻滅のような感情を込めて使われるのです。 ちなみに、最後の例文のように自分自身に対して使う場合は 自己を卑下するような時に使います。 つまり心の中で、 「 自分って良い境遇に恵まれていないな・・・」 と情けなく感じるような時ですね。 関連: まとめ いかがでしたか? 内容を簡単にまとめると 「 うだつが上がらない」= なかなか出世ができない。 暮らしがよくならない。 「 語源・由来」=「梲(うだち)・卯立(うだつ)」を上げられないのはお金に余裕がないため。 「 類語」=「鳴かず飛ばす・芽が出ない・甲斐性・ろくでなし」など。 「 英語」=「not get on in」「not get ahead」 ということでした。 「うだつ」の由来は、「 木材」と「 防火壁」のどちらかです。 いずれにせよ、建築に関係する言葉なので、 この機会にぜひ覚えてみて下さい。

次の

「うだつが上がらない」の意味・使い方|言葉の由来は徳島の「防火設備」!

うだつ が 上がら ない の 由来

「うだつが上がらない」という言葉を聞いたことがあると思います。 「うだつが上がらない」や「うだつが上がらない人」などの、「うだつ」とは何を意味しているのでしょうか。 「うだつの上がらない人」の意味を分かるには「うだつ」のことを知る必要があります。 日本語の中には、語源が気になるものが多くあります。 気になる言葉の中には「うだつが上がらない」の「うだつ」もあります。 「うだつが上がらない」という言葉の意味を、なんとなく分かったようなつもりでいる人も多いのではないでしょうか。 なんとなく分かっていると思っていても、子供に「うだつ」のことを聞かれても正しく答えることができませんね。 次に、うだつとは何?・うだつの上がらない人の意味、などの紹介をします。 「うだつ」とは 「うだつが上がらない」のうだつとは何?と聞かれたときに困らないように、「うだつ」の紹介をします。 「うだつ」のことが分かれば、「うだつの上がらない人」の意味も分かるのではないでしょうか。 「うだつ」は、日本家屋の屋根に取り付けられています。 日本家屋の屋根に取り付けられている小柱・防火壁・装飾になります。 「うだつ」の漢字には「卯建」や「宇立」などがあります。 平安時代の頃は「うだち」と言っていたようです。 室町時代以降に「うだつ」になったようです。 「うだつ」とは、本来は梁(うつばり)の上に立てる小さい柱のことでした。 時代の経過とともに自家と隣家との間の屋根を少し持ち上げた部分を「うだつ」と呼ぶようになったとされています。 桃山時代に描かれた洛中洛外図屏風にも「うだつ」のある長屋が描かれています。 桃山時代から江戸時代初期にかけては木製のうだつが存在しています。 当初の「うだつ」は、防火壁と言うよりも屋根が強風で飛んだりするのを防ぐ防風の意味合いや、また装飾的な意味合いが強かったとされています。 防風や装飾的ものだった「うだつ」が変化したと考えられています。 隣家と接するケラバ部分の壁を少し持ち上げて、独立した小屋根を乗せたものを「うだつ(本うだつ)」と呼ぶようになったと考えられています。 その後、「本うだつ」の下端が、平側の1階屋根と2階屋根の間の部分にまで張り出すようになって、その壁部分が小さい防火壁として独立して「うだつ(袖うだつ)」と呼ぶようになったと考えられています。 防火壁と「うだつが上がらない」 うだつとは何?と聞かれたら防火壁のことだと答えてください。 防火壁が「うだつ」のことだと知っても、うだつの上がらない人の意味とは繋がりませんね。 防火壁と「うだつが上がらない」のことを紹介します。 隣り合い連続している町家が、隣家からの火事が燃え移るのを防ぐために造られた防火壁を「うだつ」と呼びます。 この「うだつ」が、江戸時代中期頃になると装飾的な意味に重きが置かれるようになったようです。 自己の財力を誇示するための手段としての「うだつ」になったと考えられています。 上方を中心に商家の屋根上には競って立派な「うだつ」が上げられたようです。 関西方面の街道筋の古い街並みを歩くと、連接している家屋の境目に、屋根よりも一段と高くこしらえた壁が造られているのを見かけます。 これが、漢字の「卯(う)」の字に似ているので「うだち」・「うだつ」と呼ばれるものです。 美馬市には「うだつ」が江戸時代のままの姿で保存されています。 防火壁としての「うだつ」の姿を見ることができます。 この、防火壁の「うだつ」が「うだつが上がらない」の語源だと考えられています。 徳島県観光協会のサイトには、「うだつ」を造るには相当の費用がかかったので、裕福な家しか設けることができませんでしたと紹介してあります。 「うだつが上がらない」という言葉は、富の象徴と関係していると考えられます。 「うだつの上がらない人」 うだつとは何?「うだつ」とは防火壁のことです。 次ぎに、「うだつの上がらない人」の意味を紹介します。 現代の「うだつが上がらない人」の意味は、仕事でもパッとする活躍ができない情けない人になるようです。 ネガティブな表現ですが、最低の人というわけではありません。 特にひどく悪くはないけれども、特筆すべき活躍もない情けない人という意味が込められているようです。 「うだつが上がらない人」のパッとしない原因には、 ・自分のできないところに目を向けない ・「後で」や「いつか」が口癖になっている ・不誠実な部分が目立つ ・言い訳が多い ・責任感がない ・時間に無駄があり時間にルーズ ・視野が狭く、考えも浅はか ・協調性に欠けていて気分屋 ・自己コントロール不足 ・効率的な思考ができない ・生活習慣が乱れている ・自分に甘いのに人に厳しい ・学ぶ姿勢がない ・他人をねたんで他人の成功を喜べない ・観察力不足、などがあります。

次の

うだつが上がらないの「うだつ」って何?もともとの意味とは?

うだつ が 上がら ない の 由来

スポンサーリンク うだつが上がらないの語源とは? うだつが上がらないの語源は、大きく分けて二つあります。 そもそも「うだつ」とは何なのでしょう? うだつとは漢字で書くと 「梲」もしくは「卯建」と書きます。 うだつは瓦屋根に付いていて、家の屋根と隣の家の屋根の間にある仕切りの様なもので、防火壁や装飾のこと。 火事になった際、隣に火が燃え移るのを防ぐ役割をしています。 昔は家と家との間がとても狭く、このうだつが必要だったんですね。 どこかで聞いたことがあるなぁと思ったら徳島県美馬市や、岐阜県美濃市にある 「うだつのある街並み」のことですね! この辺りの地区では伝統的なこの街並みの保存に努めているそうですよ。 歴史的なものですから現在の建物にはありませんし、珍しいものなのですね。 うだつという言葉自体がわからないのも納得です。 そして 「うだつ」は、時代と共に役割が変わってきています。 室町時代には家の柱を支える梁と、屋根を支える棟木(むなぎ)の間に立てるものでした。 安土桃山時代になると上記にもあるように、うだつは防火壁としての役割へと変化します。 そして、江戸時代中期頃からは装飾として設置されることが多かったそうで、各家々では立派なうだつをつけるのがステータス。 立派なうだつをつけるにはそれなりの財力が必要で、比較的裕福な家に限られており、 立派なうだつを上げて財力をアピールしていたそうです。 つまり、 立派なうだつがある家=裕福な家「うだつが上がっている」となります。 その反対は「うだつが上がらない」つまり、 あまり裕福ではないという意味になるわけですね。 これが現代の意味に繋がる「いつまで経っても出世しない」「生活がよくならない」になるということです。 そしてもう一つの語源は、 「うだつ」が棟木に上から押さえつけられているように見えることから、上にいる上司に押さえつけられて出世出来ないという風に例えられ、「うだつが上がらない」となった、という説です。 例えば生活が苦しい様を、「 うだつが上がらない生活が続く」と表現するのに使います。 他には 「うだつの上がらない夫」、「あの人はいつまで経ってもうだつが上がらない」とか、 「うだつの上がらない男とは一緒になって欲しくない」など、少しネガティブな表現ではありますが、人物や経済的に苦しい様子に対して使う言葉です。 では、うだつが上がらないの類義語を紹介します。 似た意味で使用されることが多いのが 「甲斐性なし」これは「頼りにならない」様子を意味し、「甲斐性がない夫」などと聞いたことがある人が多いのではないでしょうか? 稼ぎが少なくて頼りにならない様子や、妻が苦労する様を表します。 他には 「ごくつぶし」で、「定職につかず、一人前に食事だけはとる役立たず」という意味。 現代的に言うとニートに近いニュアンスでしょうか。 親のすねをかじる、にも近いかもしれません。

次の