金星人 相性。 金星人マイナスの性格的特徴や相性・運勢【細木数子六星占術】

金星人プラスと相性のよいタイプとは?性格・運勢・恋愛傾向を徹底解説【2020年版】

金星人 相性

【六星占術相性】六星占星術とは? 六星占術とは? 六星占術とは、芸能人であり占い師、そして宗教家でもある 細木数子さんが提唱した占いです。 中国古来から伝わる占いの方法である「易学」や「算命学」、そして「万象学」などがルーツとなって作られました。 自分の六星占術を知る方法 自分の六星占術を選ぶのには多くの数字の表から自分のナンバーを見つけることから始めます。 まずはこちらのサイトから自分の番号を見つけてみてください。 参照: この数字に生まれた 「日」を足します。 この数字が 60以下の場合はそのままになります。 61以上の場合は、60を引いた数字を出します。 この数字が「0~10」なら土星人、「11~20」なら金星人、「21~30」なら火星人、「 31~40」なら天王星人」、「41~50」なら木星人、「51~60」なら水星人となります。 六星占術のプラスとマイナスとは 上記では自分の星を調べることができましたが、 六星占術ではここからさらに「プラス」と「マイナス」の素質を分けます。 この場合、生まれた干支によってプラスかマイナスかが決まります。 プラスとマイナスでは性格に違いが出てきますが能力には違いはありません。 ですが、六星占術によって「プラスの方が如実に影響を受ける」とされていて、マイナスの方が占いの結果に左右されない不確定要素が強いとされています。 六星占星術の相性とは 六星占星術では相性と呼ばれるものが存在します。 星同士ではもちろん、プラスかマイナスか、そして相手が異性か同性かによっても相性が変わってきます。 あなたの周りでも「初対面なのにウマが合って話しやすい」という人もいれば「何年一緒にいてもイライラすることが多い」という人がいるかと思います。 これは六星占星術における相性が悪い、という可能性もあります。 相手の生年月日が分かっていれば星が導き出せますので、自分だけではなく友達、家族、恋人、好きな人の星を調べて相性を占ってみましょう。 2人の間の関係性をより良くするためのヒントが分かるでしょう。 【六星占星術相性】各六星占術ごとの特徴と恋愛傾向 土星人マイナス 土星人マイナスは、 束縛を嫌う個人主義の人です。 チームワークを大事にすることは苦手ですが、自分だけに任せてもらえるのであれば素晴らしいパフォーマンスを発揮します。 責任感が強く、仕事や人間関係や恋愛にも誠実です。 土星人プラス 土星人プラスは 自分の価値観を強く持っている人です。 自己流のルールや慣習を大事にしていて、正義感に満ちていて頑固なところがあります。 マイペースに生きていて恋人を含めた他人を気にしません。 意思が強い人です。 金星人マイナス 金星人マイナスは 自分のペースを何よりも尊重する人です。 時には意固地に見えるほどに、恋人よりも自分のアイデンティティを守り抜くことを第一に考えています。 たまに空気が読めないこともありますが、それも自分のタイム感があってこそです。 金星人プラス 金星人プラスは とにかく性格が明るい人です。 自らの欠点すらもジョークに変えて場を盛り上げます。 ムードメーカーとしての素質はピカイチなのですが、何かと目立つため八方美人だと揶揄されることも少なくありません。 火星人マイナス 火星人マイナスの人は、 一見社交的で人間関係を器用にこなしていく人です。 ですが押しに弱く、他人の意見に流されてしまいがちです。 自分が責められることを恐れていて、ヘイトを集めてしまうくらいであれば長いものに巻かれます。 火星人プラス 火星人プラスの人は、 警戒心と洞察力が高い人です。 人見知りな人が多く、恥ずかしがりやさんの気質があります。 団体行動は苦手であり、その理由は「上手く振舞えるか分からない」からです。 気分屋な一面もあり、周りを振り回します。 天皇星人マイナス 天王星人マイナスは、 集団のリーダーになる素質を持った人です。 楽観的でいつも明るく、周囲にポジティブなパワーを与えることができます。 ですが時折とても破天荒な一面があり、常識の外れた行動を取るので周囲は驚きます。 天皇星人プラス 天王星人プラスは、 人に対して深い愛情を注げる人です。 現実主義な所があり、過程より結果にこだわる人が多いです。 なのでプレゼントを貰うことも好きで、利回りに関心があります。 基本的には大らかで優しい人です。 木星人マイナス 木星人マイナスは、 優しさと芯の強さを兼ね備えた人です。 相手の気持ちを想像することができるので、多くの星の心を助けます。 ですが1度こうだと言ったら聞かない頑固なところもあります。 恋愛においても精神力が強く、努力家です。 木星人プラス 木星人プラスは、 目標に向かってコツコツと努力を重ねることができる忍耐の人です。 真面目で誠実で、モラルに従うことを望んでいます。 精神的にストレスを溜め込みやすい性格でもあるので、恋人に隠れて1人で苦しんでいる時期も多いです。 水星人マイナス 水星人マイナスは、 独立心がとても高い人です。 何でも1人でこなしていきますので、結婚をしなくても男性に頼らず生きていける人も多いです。 その反面「冷たい人」と思われてしまうことも多く、人付き合いが器用なほうではありません。 水星人プラス 水星人プラスは、 生まれつきの華やかさを持っている人です。 異性からモテる傾向にあり、同時に嫉妬を集めやすい性質です。 また経済や社会に興味を持つ人が多く、お金の流れをコントロールすることに楽しさを覚えます。 霊合星人 霊合星人は 2つの性質を持ち合わせている人です。 「可愛いと思ったらクール」「楽天家と思ったら打算的」のように、2つの対極となる性質を持つことでミステリアスな雰囲気をかもし出します。 またギャップを持っていることで異性からモテやすいです。 【六星占星術相性】各六星占術ごとの相性早見表 土星人マイナス 土星人マイナスと相性が良いのは 火星人マイナスです。 気難しい人が多い土星人マイナスですが、困った時には火星人マイナスの明るさが染みます。 火星人マイナスの自由奔放な明るさに救われることが多いでしょう。 土星人プラス 土星人プラスは 木星人マイナスとの相性が良いです。 木星人マイナスがリードすることで心を開くことができます。 なかなか友達を作りづらい土星人プラスですが、木星人マイナスの優しさに触れることで自分をさらけ出すことができます。 金星人マイナス 金星人マイナスと相性が良いのは 火星人マイナスです。 火星人マイナスはすぐに意見が変わることもありますが見ていて飽きません。 その好奇心旺盛な姿に金星人マイナスは元気や刺激、そして新鮮さと活力を貰うことができます。 金星人プラス 金星人プラスは同じく 金星人プラスと相性が良いです。 お互いに明るく人柄も良く、話が弾みます。 一緒にいると元気を分け与えられる存在です。 自分と同じ悩みを持っているので、数少ない理解者として支え合える関係となります。 火星人マイナス 火星人マイナスと相性が良いのは 木星人マイナスです。 火星人マイナスのお調子者な部分を木星人マイナスの大きな優しさが包み込んでくれます。 カップルであっても友達であっても、ベストな組み合わせとして関係を深められます。 火星人プラス 火星人プラスと相性が良いのは 天王星人マイナスです。 天王星人マイナスは破天荒な部分が目立ちますが、火星人プラスを引っ張っていってくれる存在です。 火星人プラスはその姿に羨望を感じ、心に活力をもらうことができます。 天皇星人マイナス 天王星人マイナスと相性が良いのは、同じく 天王星人マイナスです。 個性が強い組み合わせですが、価値観の違いは衝突の理由にはならずお互いの見識を深める材料になります。 新しい世界をお互いに提示し続けられるような関係になります。 天皇星人プラス 天王星人プラスと相性が良いのは、 木星人プラスです。 猪突猛進な天王星人は時々大きな挫折感に苛まれます。 それを救ってくれるのは木星人プラスの優しさと気遣いです。 天王星人プラスが感謝の気持ちを忘れないことで上手くいきます。 木星人マイナス 木星人マイナスと相性が良いのは、 金星人プラスです。 金星人プラスの明るさは木星人マイナスには新鮮であり、金星人プラスは木星人プラスの穏やかさに自己反省をし、成長をすることができます。 気付きと成長を繰り返していける関係性です。 木星人プラス 木星人プラスと相性が良いのは、 木星人マイナスです。 お互いが思いやり、優しさを分け与えることができる関係です。 平和主義者が2人なので争いは生まれづらく、すれ違いがあったとしても穏やかな話し合いの中で解決することができます。 水星人マイナス 水星人マイナスと相性が良いのは、 金星人プラスです。 金星人プラスは何かと見下されがちなのですが、水星人マイナスは相手の良い所をしっかりと見つけることができます。 金星人プラスはそんな水星人マイナスに感謝をし、水星人マイナスもまんざらではありません。 水星人プラス 水星人プラスと相性は良いのは、 天王星人マイナスです。 天王星人の破天荒な個性は、水星人プラスのドライさがあってこそ受け入れることができます。 お互いのパーソナルスペースを守った付き合いをすることで絆が深まります。 霊合星人 霊合星人は、どの星においても 霊合星人同士の相性が良いとされています。 お互いの二面性を理解した上で、自分の個性を尊重してもらえるような関係は居心地が良いです。 特に土星霊合星人同士、金星霊合星人は相性抜群です。 【六星占星術相性】各六星占術ごとの2019年運勢は? 土星人マイナス 土星人マイナスの2019年の運勢は、 慢性的な不安感に悩まされそうです。 1人で解決しようとすると悪循環になってしまう可能性が高いので、周りの強力を仰ぎましょう。 しっかりとアドバイスを受け入れることが大切です。 土星人プラス 土星人プラスの2019年の運勢は、 長かった大殺界が終わりかけて運気が上昇していくことが期待されます。 最後まで油断は禁物なので無理はしないようにしつつ、来年に向けた種を撒いていくことを心がけていきましょう。 金星人マイナス 金星人マイナスの2019年の運勢は、 新しい出会いに恵まれる1年になるでしょう。 恋愛としての異性との出会いはもちろん、新しいビジネスチャンスのきっかけとなるキーパーソンとの出会いも期待できます。 日々アンテナを張っておきましょう。 金星人プラス 金星人プラスの2019年の運勢は、 未来への布石を作っていくことで開運します。 目先の利益だけではなく、より遠い未来のビジョンを描いていきましょう。 去年までに知り合った人を大切にして人脈を広げることも大切になります。 火星人マイナス 火星人マイナスの2019年の運勢は、 今まで努力してきたことが花開く年です。 未知の世界にもどんどん足を踏み入れていきましょう。 ですが周囲への感謝の気持ちを忘れてしまうと運気は下がってしまうので、人間関係も大事にしましょう。 火星人プラス 火星人プラスの2019年の運勢は、 心身の不調が出てくる年になるでしょう。 体調不良に悩まされる時期が続きますので、早めのリフレッシュを取るように心がけましょう。 メンタルコントロールを上手に行うことで運気の滞りを防ぎます。 天皇星人マイナス 天王星人マイナスの2019年の運勢は、 周りの人から良い評価をされてモチベーションが上がりそうです。 上司からも良い印象を持ってもらえるので出世運や対人運が上がります。 新しい挑戦を始めるのにも適している年となります。 天皇星人プラス 天王星人プラスの2019年の運勢は、 突然の不調に悩まされそうです。 仕事や恋愛でもスランプが続きますが、焦っては悪循環になります。 今年は自分のスキルや価値を磨く年だと割り切って、流れに身を任せてみましょう。 木星人マイナス 木星人マイナスの2019年の運勢は、 自分の中に眠っている才能を開花させるべき年です。 今まで諦めてしまっていた夢や目標に再び挑戦することをおすすめします。 行動力を高めた分だけ結果が付いてきてくれるでしょう。 木星人プラス 木星人プラスの2019年の運勢は、 金運に恵まれた1年になります。 臨時収入が貰えたり、給料そのものがアップしたりすることも考えられます。 良い条件があるならば転職や独立も選択肢にいれましょう。 他人のためにお金を使うのも良い傾向となります。 水星人マイナス 水星人マイナスの2019年の運勢は、 メンタルに余裕が生まれて平穏な気持ちで過ごせるでしょう。 日々穏やかに暮らすことができますが、来年は運気が停滞しそうなのでその準備も必要です。 味方や安心材料を増やすことにも努めましょう。 水星人プラス 水星人プラスの2019年の運勢は、 大殺界に入ったことで低迷してしまうでしょう。 今までできていたことができなくなるのはストレスが溜まるかもしれませんが、焦る必要はありません。 周りに強力を仰ぎ、1つ1つクリアしていきましょう。 霊合星人 霊合星人の2019年の運勢は星により異なりますが、全体的には 「悪い時期を抜け出した」と思える出来事が続く傾向にあります。 急に活動的になるのではなく、少しずつ自分のペースを取り戻しながら行動範囲を広げていくと開運します。 まとめ いかがでしたか?六星占術の星の性格や性質、そして今年の運勢などをご紹介しました。 自分の性質を理解することで、良くない時期であっても解決法を模索することができます。 より良い1年にしていけるように、自己理解を深めて前向きな日々を送りましょう!.

次の

天王星人×金星人の相性

金星人 相性

Contents• 【占い師が解説!】金星人マイナスの性格や特徴 金星人マイナスの人は子供のような純粋な心を持った人です。 何事にも好奇心をもち、思いついた途端に行動できるほどのフットワークの軽さが魅力的な人です。 なので、じっと座っているのが苦手で、気になるものにつられてどんどん体が動いてしまいます。 とはいえ本人は、失敗するかも、などとはあまり考えず、猪突猛進に行動を起こしていきます。 また、思ったことをそのまま口にするので、裏表がなく、はっきりしているという長所もあります。 ときにその性質が災いしていますこともありますが、本人に全く悪気があるわけではありません。 基本的には素直な性格なので、金星人マイナスを知る友人にとっては憎めない長所だといえるでしょう。 男性でも女性でも、かわいげがあってなんでも許されてしまう人です。 また、初対面の人と話す時でもあまり緊張せず、交友関係が広いところも特徴です。 マイナスな事を引きずらず、とてもポジティブなので、周りの人に一緒にいてほしいと思わせる太陽のような人です。 また、ステージなどたくさんの人の注目を浴びる事が好きで、とても自分に合っていると感じているでしょう。 何かをやらせても、すんなりと要領よくできてしまうので、周りから褒められたりするととても嬉しくなり、一層仕事や勉強にも励みます。 さらに、美的センスも持ち合わせているので、芸能界や芸術関係などセンスを余す事なく発揮できる分野がとても向いています。 明るくカリスマ性もあり、周囲の状況によく気がつくという性格でもあるので、グループ内ではとても重宝される人です。 金星人マイナスの長所とは?あなたが優れているのはどんなところ? 金星人マイナスの人は情報にとても敏感です。 今、何が流行っているのかなど人よりも早く察知する能力があります。 さらに、行動的で人見知りせず、誰とでもコミュニケーションを取れるので、流行に関する情報を多く手に入れられるでしょう。 そのため、金星人マイナスの人はおしゃれな人が多いです。 その上、金星人マイナスの人は誰かに何かをしてあげたいという気持ちが人一倍強い人でもあります。 友だちの誕生日パーティーを企画したり、飲み会を開いてくれたりと、みんなで集まって楽しく過ごしたいといつも考えています。 社交的な金星人マイナスなので、幹事をすればたくさんの友人が集まってくれる事でしょう。 常にニコニコしていて、一緒にいるととても明るく楽しい気分にさせてくれます。 金星人マイナスの魅力をたっぷり診断! 金星人マイナスの人はとてもエネルギッシュです。 仕事も、習い事も、遊びも、とにかく元気という言葉に尽きます。 周りの人が驚くくらい活発的な人が多く、一緒にいるとたくさん元気を分けてもらえます。 ときには寝ている時間を惜しんでどこかに出かけてしまう、なんて事もあるかもしれません。 また、おしゃれにも気を遣っている人が多く、いつまでも若々しい雰囲気の持ち主です。 基本的にプラス志向なので何か失敗したとしても立ち止まりません。 すぐ行動に移していきます。 くよくよ落ち込んでいることは少なく、過去の事はあまり引きずらず、常に前を向いて行動できるポジティブ思考の持ち主です。 他にも、旅行などの計画も進んで立ててくれるという長所もあります。 クラス会や同窓会の幹事を金星人マイナスの人に持ちかければ、進んで準備してくれるでしょう。 意外な一面!? 金星人マイナスの隠れた本質や資質 一見、自由で何も考えずに行動していそうですが本当は頭の中は時計のように忙しく動いています。 非常に合理的で、お金や時間など無駄に使う事があまり好きではありません。 また、どんな事でも自分自身で考えて行動したいので他人の忠告にはあまり耳を貸しません。 人に何かを言われて動くよりも、自分の思うように行動したいのです。 さえらに、金星人マイナスの人は現実的な考え方の持ち主です。 計画をしっかりと立ててから実行するので、うまい話に簡単に乗るような事は意外と少ないのです。 ただ、いつもニコニコと優しそうに見えますが、自分のことを優先することが多いので、気づかないうちに周りを振り回しているなんてこともあるかもしれません。 とはいえ、このような性格は、いつも明るく周りの人を引っ張っていけるという長所にもなりえるといえるでしょう。 【2020年運勢】金星人マイナスにとってどんな一年? 金星人マイナスの一年は「成果」が得られたり理想的な実りを実感できるような一年となるでしょう。 一年の成果や実りは、今まで取り組んできたことを引き続き継続させていくと表れるようになります。 またこの一年で新しく始めることに対しても、良い結果が得られやすい運気の流れがあります。 この結果は短期間で得られるものではなく、長期的に幸せを手にできるような長く大きなものです。 金星人マイナスの方はこの一年の働きが、未来を左右する一年だということを常に頭に入れておくことを覚えて起きましょう。 それと同時に金星人マイナスの方が取り組める範囲で的確に行動をすると、長期的な幸せに繋がっていく特徴があります。 良い流れを継続して起こすためにも、何事に対しても否定的な見方をせずに、肯定的な目線を持つ事も大切です。 特に金星人マイナスの方はこの一年の中で、自分へのイメージをポジティブなものにすることが重要です。 悲観的な見方や、自分を否定するような気持ちは、金星人マイナスの運気の働きを鈍らせてしまうので、常に肯定感を保つように心がけましょう。 そうした働きかけが、金星人マイナスの一年をより良い運気へと引き寄せる決め手となります。 金星人マイナスの運気だけではなく、才能の開花や能力の向上に繋がるので、自分を褒め、人から褒められることを率先して行うようにしましょう。 [恋愛運]モテ期はいつ?運気UPのポイントは? 恋愛運に関しても金星人マイナスの方は成果を実感しやすい一年です。 今まで恋愛や愛情について、継続して取り組んできたことがあれば続けていきましょう。 この継続して取り組んできたものの中には、心情や心構え・モットーが含まれます。 「人に対して優しくしていよう」といったモットーがあれば、それを引き続き保つようにすると金星人マイナスの運気が自分の幸せな恋愛のために動きやすくなります。 ポジティブな気持ちで恋愛に臨むと、モテ期が到来しやすなるのも金星人マイナスの一年の特徴です。 このポジティブな気持ちを作るために、過去の恋愛での失敗やトラウマを払拭する必要があります。 そういった恋愛に対するネガティブなものを解放すると、ポジティブな気持ちが作れるようになり幸せな恋愛を引き寄せられていくのです。 2020年は良い運気の流れがあるので、ネガティブなものに心当たりがあるならすぐに払拭するように心がけましょう。 ポジティブな気持ちが作れるようになり、運気が味方になると突然アプローチを受ける事も訪れるようになるでしょう。 突然、良いと思うような素敵な人から話しかけられたり、人との出会いも増え忙しくなる事も十分にあり得ます。 どの人も隔たりなく丁寧に対応すると、心から良いと思える相手を引き寄せられるようになるでしょう。 結婚のタイミングはいつ?良縁を掴む秘訣とは? 金星人マイナスの人は、結婚に関しても大きな飛躍が得られる一年となるでしょう。 これも、積極的な行動が幸せな結婚を手に入れるポイントとなるので、パートナーがいるのであれば、お互いの未来を真剣に考える時間を作ると吉です。 パートナーがいない場合は、結婚をする上で必要なものが何か考える時間を作りましょう。 それぞれ必要なものが見えてきたら、必要なものを手にする為に、すぐ動き出すことが重要です。 ですが、状況や状態によってすぐに動き出せない場合もあるかもしれません。 その場合は、動き出せない理由を探り、解決へと向かわせることで、結婚のタイミングや良縁をより引き寄せられるようになります。 [仕事運]適性・適職を診断!今年のテーマは? 金星人マイナスの仕事運は、周りの人から大きなサポートを得ながら、成長をしていくような運勢です。 ですので人との調和・協力・学習を軸に仕事をしたり活動をしていくと、願っていたような好機が舞い込み、納得がいく毎日を過ごせるようになるでしょう。 また金星人マイナスの人は、同じ作業であっても手を抜かずに行う事も、好機を引き寄せる上で欠かせません。 そうした活動を積み重ねていくと能力が認められ昇進をしたり、生活が豊かになっていくチャンスが訪れる可能性が高くなります。 【相性占い】金星人マイナスと他の星人との相性はどう? 金星人マイナスと金星人プラスとの相性 金星人マイナスと金星人プラスは、お互いの違いを理解し、それぞれの感性を素直に受け入れることの出来る相性です。 二人で感化しながら、柔軟に行動することが可能なのです。 適度な刺激を与え合う中で、異なる価値観に触れる楽しみを感じられるでしょう。 休息をはさみながら、同じ目標に向けて突き進むと長く付き合えます。 新しい発想を持つことにも繋がるので、力を合わせて前に進んで行きやすくなるのです。 一人では到底出来ないと思っていたことでも、一緒にいることで感化し合い、打開策を見つけて成し遂げていくことが出来るでしょう。 金星人マイナスと火星人プラスとの相性 金星人マイナスと火星人プラスは、共感できる部分を見つけることで、深い理解に支えられた関係を築きやすい相性です。 心の奥の深いところで繋がりあう関係になれるので、む簡単には途切れることのない友情や相性を育んでいけるでしょう。 相手と自分とで、性格的な面や行動パターンの異なる部分も楽しむことが出来ます。 違いを知った上で、自分には無かった気付きが得られる場面が増えていくのです。 表面上だけではない、お互いの精神的な部分に魅力を感じて惹かれ合うことでしょう。 新しい視点を持って過ごせるような関係になれば、刺激的かつ満たされ合う関係が作られていくのです。 金星人マイナスと土星人プラスとの相性 金星人マイナスと土星人プラスは、同じ目標を掲げて共に頑張り続けられる相性です。 力を合わせて目標達成に向けたアプローチをしていく中で、信頼感が醸成されていくでしょう。 共通の目的さえあれば、協力しあえる関係を築けるので、同じグループや組織の中で親しくなりやすい面があります。 金星人が土星人を持ち上げつつ、巧みに主導権をとると良い方向に進められるでしょう。 計画性を保ちつつ、お互いの長所が随所に発揮できるような関係を目指すことがカギとなります。 力を合わせることで、二人でしか成し得ないようなことにも、挑戦する機会が増やせるのです。 金星人マイナスと天王星人プラスとの相性 金星人マイナスと天王星人プラスは常にお互いのことを大切な思いながら、愛情を注ぎ合える相性です。 誰もが羨むような、仲睦まじく理想的なカップルになれるでしょう。 スケールの大きい天王星人を、金星人が大きな心で認めてあげるとよいのです。 時には驚くような行動をして、どう受け止めれば良いか分からなくなってしまうこともあるでしょう。 そんな時には、金星人が上手くフォローして、一緒に楽しい雰囲気を作っていくことが大切になります。 負担に感じない程度の気遣いと、相手を立てる気持ちがあれば幸福感も高まっていくでしょう。 金星人マイナスと木星人プラスとの相性 金星人マイナスと木星人プラスは、付き合い始めのうちこそギクシャクした状態が続くものの、次第に打ち解けあって親しみを感じられるようになる相性です。 時間の系かとともに、どんどん相性が良くなる傾向があるのです。 すぐに深い関係になろうとせずに、あまり焦らず相手と向き合っていくことが肝心です。 落ち着いて相手の良いところを探していくと良いでしょう。 お互いの尊敬出来る点や、似ている部分が分かってくれば、安心して付き合えるようになります。 信頼できる相手として認め合い、心を許せる状態に、自然な形でなっていくでしょう。 金星人マイナスと水星人プラスとの相性 金星人マイナスと水星人プラスは、一緒に居ると心豊かに、優雅な気持ちでいられる相性です。 華やかで豊かな時間を共に過ごせるので、いつも心が満たされた状態で居られるでしょう。 水星人に対して、金星人が癒しを与えていくと、和やかな雰囲気にできるでしょう。 周囲の喧騒から離れて、二人だけの時間を充実させることに重きを置くことが愛を深めるポイントとなります。 焦る気持ちを取り払い、他人の目を気にすることが少なくなるよう、優しく包み込んであげることが大切です。 安心感を得られれば、心置きなく素敵な時間を満喫出来るでしょう。 金星人マイナスと金星人マイナスとの相性 金星人マイナスと金星人マイナスは、どんな時でも一緒にいたいと思えるような相性です。 一心同体となって、あらゆる困難に立ち向かい、楽しいことも共有し合える関係なのです。 今までに無かったような、新しい刺激を二人で求めあうと良いでしょう。 二人でいることのメリットや、充実感をしっかり理解して、様々な挑戦をしていくことが愛を深める鍵になります。 同じ目的に向かって、一歩ずつ進んで行くプロセスが何より尊いものになのか互いに実感出来るのです。 いつまでも離れず、二人一緒の時間を最大限充実化させることを最優先にすべきなのです。 金星人マイナスと火星人マイナスとの相性 金星人マイナスと火星人マイナスは、一緒に楽しめるものを見つけられると関係を深めやすい相性です。 同じ趣味や遊びを通して、共感し合える関係を目指すと良いでしょう。 同じ時間を楽しみながら過ごせる、共通の趣味を見つけられるかがカギとなります。 相手の考えや嗜好を理解して、自分と似ている部分を探っていくことが手掛かりとなります。 飽きることなく、一緒に感動したり笑い合える対象が見つかると、二人の関係は一気に進展するでしょう。 一人でするよりも、二人の方がより多くの幸せが得られる趣味が前提となるので、じっくり見つけていくことが大切なのです。 金星人マイナスと土星人マイナスとの相性 金星人マイナスと土星人マイナスは、共に定めた目標への到達を期して、懸命に努力していける相性です。 一緒にで目標に向かって、慌ただしく進むような、波長の合った関係になっていきます。 少しでも早く目標を達成したいという気持ちが、二人の中に芽生えるでしょう。 他の事には脇目も振らず、一心不乱に駆け抜けていこうとするのです。 そんな中でも、精神的な結び付きを強められるように心を一つにすることを意識すべきなのです。 我武者羅に、自分の事だけを考えて行動するのではなく、二人で夢を叶えようという意識付けが求められます。 金星人マイナスと天王星人マイナスとの相性 金星人マイナスと天王星人マイナスは、互いに相手の喜ぶことをしてあげようと思い、具体的な行動に移せるステキな相性です。 相手を面白がらせたり、楽しませようとお互いを思いあえるでしょう。 金星人の方が先にサプライズを試みてみるなど、天王星人を喜ばせると好循環を生み出せます。 代り映えの無い日々にマンネリ感が出てきた場合には、特に天王星人に対する積極的なアプローチをしていくと良いでしょう。 一緒に刺激的な出来事や、感動を共有する機会を作り出すことによって、常に新鮮な関係を築けるのです。 楽しさを与え合うことが、愛を育む糧となります。 金星人マイナスと木星人マイナスとの相性 金星人マイナスと木星人マイナスは、関係を深めていくために、多くの時間と労力を費やさなくてはいけない相性です。 関係を進展させていくのに長い年月がかかるので、焦らずゆっくりと相手のことを理解していく姿勢が求められます。 長い時間がかかった分だけ、愛が深められるのです。 出会った直後に感じられた疑念や、不信感も時間の経過とともに次第に薄れて行って、誰よりも信頼出来る存在として認め合うことが可能となるのです。 お互いの考えが手に取るように分かるようになるので、思いやり、労わり合いながら素敵な関係を築いていけるでしょう。 金星人マイナスと水星人マイナスとの相性 金星人マイナスと水星人マイナスは、必ずしも同じような考えを持っていなくても、傍にいてくれると落ち着くことが出来る相性です。 一緒にいるだけで、精神的に安心していられるのです。 長く同じ関係性のままでいるとマンネリ感が出てきてしまう可能性があるので、相手の新しい側面を見つめていくようにすると良いでしょう。 自分が持っていない感性や才能に触れることによって、相手の魅力に惹かれていくのです。 二人でいれば新しい世界を開拓していけるという、アクティブな意識が持てるようになります。 相手の存在が自分を高め、充実させてくれることを強く認識出来るのです。

次の

金星人プラス(+/陽)の性格・相性|2020年の運勢から大殺界や霊合星人も丸わかり

金星人 相性

六星占術では、土星・金星・火星・天王星・木星・水星の6つの運命星を、さらにプラスとマイナスに分類しています。 その中でもプラスとマイナスに分かれており、詳しく性格や人生傾向が占えるので、面白いですよね。 金星人プラスの人は、コミュニケーション能力に長けていて、周りの人を楽しませたり、相手の言いたい事をしっかりと把握し、理解する事ができます。 明るく前向きな性格で、初対面の人ともすぐに打ち解ける事が出来る為、人間関係に困る事が少ないでしょう。 パーティーや宴会で、皆とワイワイ騒ぐ事が好きな性格です。 一方で、興味のある事に対しては探求心があり、自分の世界観や考え方を優先する傾向がありますが、こだわりが強すぎて、周りの人からは「自分勝手だな…」と思われてしまうかもしれません。 また、思い立ったら即行動してしまう点も、人によっては軽薄に捉えられてしまう可能性があります。 実は金星人プラスの人には、これ以外にも性格の特徴があります。 そこでこの記事では、「金星人プラス」の人がどんな性格をしているのか、また恋愛傾向や他の星との相性・運勢も合わせて解説しましょう!• 金星人プラスってどんな人? 六星占術では、生まれた年が子・寅・辰・午・申・戌の人はプラス、丑・卯・巳・未・酉・亥の人はマイナスになります。 そこで、金星人プラスの性格を見ていきましょう。 派手な物や、目立った場所を好む為、パーティーや宴会で周りの人とワイワイ騒ぐ事が好きです。 コミュニケーション能力にも長けている為、人前に立っても動じることなく、その場を盛り上げたり、皆を仕切る事が出来ます。 金星人プラスの人は、明るく、ポジティブな性格が好印象で、常に人に囲まれています。 初対面の人ともすぐに打ち解け、友達を作る事が出来るのではないでしょうか。 職業においても、金星人プラスの人は、常に新しい事を追い続けたり、幅広い世界で活躍する事を望んでいますので、ルーティンワークよりも、毎日変化が感じられるような仕事内容が好きそうです。 イラストレーターやデザイナー、芸能関係のお仕事など、自分の個性を活かして、のびのびと取り組める職業が向いています。 ポジティブな性格で、リーダーや委員長役を任されると気合が入る 金星人プラスの人は、学校で委員長や部長を任されたり、職場の宴会で幹事を頼まれたりと、何か役割を与えられると、「よし、やるぞ!」と燃えるのではないでしょうか。 目立ちたがり屋な性格で、リーダーや責任者の役にも積極的に立候補する為、周りからも慕われる存在です。 気が付くと、周りに人だかりが出来ているという事も多いかもしれません。 金星人プラスの人はポジティブで、失敗を恐れない性格なので、実現する事が難しそうな事でも、「まずやってみよう」と挑戦する傾向があります。 仮に失敗したとしても、立ち直りが早く、すぐに次のステップへ気持ちを切り替える事が出来るでしょう。 興味のある事に対しては、あまりに熱中しすぎて、自分なりのこだわりを持ってしまい、周りの助言や意見に耳を傾けない事もあるので、気を付けましょう。 金星人プラスの恋愛傾向、恋のパターン では、そんな金星人プラスの人の恋愛における傾向についてお伝えします。 束縛を嫌う為、あっさりとした恋愛関係を築く傾向がある 金星人は、優しく、他人を楽しませる事が好きな性格ですので、周りの人からモテます。 人当たりは良いのですが、束縛はされたくないと考えていますので、恋愛や結婚をするにあたっては、お互いが近付きすぎず、マイペースに行動できる関係性を望んでいます。 金星人プラスの人は、自由な恋愛を好みます。 他人を楽しませる事が好きな性格ではありますが、どちらかというと、自分の興味のある事を優先していたいと考えている為、結婚しても一人で出かける時間が多くなるでしょう。 このため金星人プラスの人との恋愛や結婚は、あっさりとした関係性である事が多く、「たまに会うくらいが良い」と考えている人も多い為、パートナーとあえて距離を置き、自分の時間を充実させる事に集中する傾向があります。 一人で出かける事が多い為、恋愛においてパートナーを不安にさせてしまう 金星人プラスの人は、恋愛や結婚においても、自由な関係性を好みます。 他人を楽しませる事が好きな性格ではありますが、どちらかというと、自分の興味のある事を優先していたいと考えている為、結婚してもパートナーを置いて、一人で外に出かける時間が多いでしょう。 アクティブに行動する姿を見て、「本当に私の事、好きなの?」と、パートナーを不安にさせてしまう事があるかもしれません。 金星人プラスと他の星人との相性について では次に金星人プラスと他の星人との相性を見ていきましょう。 金星人プラスと金星人の相性はやや波乱ありの関係です 金星人プラスと金星人の相性は似た者同士ではあるものの双方が強いエネルギーを持っている為、波乱のある組み合わせとなります。 もともと外交的でエネルギッシュな金星人プラスですので、同じく金星人が恋人やパートナーになる場合には何か物事を一緒に行う時などはとても早く話が進んだり決まったりしてとても良いのですが、一度2人の仲が怪しくなると少し大変です。 金星人マイナスはやや攻撃的な性格も持ち合わせていますのでヘソを曲げるとなかなか治らずに喧嘩が長期化してしまったり、自分から関係を壊してしまったりしますので、 お互いに一歩引く事を忘れずにしましょう。 金星人プラスと火星人の相性は長いお付き合いになりそうです 金星人プラスと火星人の相性は基本的にほぼ安心して良い組み合わせと言えます。 この2人が一緒になると良い意味で変化に富んだ毎日となります。 表向きは社交的な金星人プラスですが内面はやや人見知りな火星人と近い部分も持ち合わせていますので、長く付き合うほどに相手の事を理解できるようになって時間と共に関係が発展していく組み合わせです。 しかしこの組み合わせは互いに「突発性」を秘めていますので、小さな事から2人の仲に亀裂が入ったり、突然大げんかをして別れてしまう事もありますので、信頼関係は普段からしっかり結んでおくように意識しておきましょう。 金星人プラスと水星人の相性は公私共に良好です 行動派の金星人プラスと独立心の強い水星人の相性は基本的に良い組み合わせです。 何か物事を一緒に進める時などは互いが未来志向な為に話がスムーズに進むと共に実現しやすい組み合わせですので、恋人やパートナーとこの相性の場合には「2人で未来を見る」事を意識すると良い関係が長く続くと共に楽しいお付き合いができそうです。 また、恋愛だけでなく仕事面でもこの組み合わせはとても良いですので、場合によっては公私共に関係のある2人になるかもしれません。 金星人プラスと木星人の相性はお互いを理解できれば良い関係になれます 行動力のある金星人プラスに対してコツコツ積み上げるタイプの木星人の相性はお互いを理解しつつ、それぞれの役割分担が明確になると良い組み合わせになります。 恋愛初期は自分とは違う相手に惹かれるものの、いざ付き合ってみると「けっこうモヤモヤする事が多い」かもしれません。 しかしこれは生まれ持った気質言え仕方のない事ですので、すぐにやりたい外に出たい金星人マイナスとじっくり進めたい内に居たい木星人との間で上部に折り合いをつけるしかありません。 逆にお互いの事を理解できるようになると、足りないものをお互いが補いあう良い関係になるので、じっくり相手の性格を理解してあげる事を意識してお付き合いしましょう。 金星人プラスと土星人の相性は理想的な2人になるかもしれません 活発で子どもっぽい部分を持ち合わせた金星人プラスとやや大人っぽい性格に土星人の相性はある意味理想的な組み合わせと言えます。 あれこれいろいろやりたい金星人プラスですが、実は詰めが甘かったり、すぐに飽きてほったらかしにしてしまったりする部分を土星人がサポートしてくれたり、うまくコントロールする関係になりますので、「停滞よりは前進」「思っているだけではなく行動する」というように、2人でいると取り組む物事や関係が発展していきます。 また恋人だけでなく夫婦としても理想的な組み合わせですので、この組み合わせのパートナーはしっかり捕まえておきましょう。 金星人プラスと天王星人の相性は時間と共に絆が深まる間柄になりそうです アクティブな金星人プラスとややのんびり屋さんな天王星人は最初はお互いの事を理解できず、特に金星人プラスの人がイライラしてしてしまう事が多いかもしれません。 しかし実は2人の相性は基本的に理想的な組み合わせなのです。 というのも、時間の経過と共に天王星人が金星人プラスの行動力や思考に近づいてくる為、最初のハードルさえ乗り越えてしまえば末長いお付き合いとなるでしょう。 周りから見ると「なんで2人は付き合ってるの?」と思われる事があるかもしれませんが、実はしっかりとした信頼関係で結ばれている事が多いカップルです。 金星人プラスの人に気をつけて欲しい「人生の落とし穴」 さて、自由な性格の金星人プラスの人には、気を付けるべき点があります。 この点を押さえておかないと、何かしらで失敗してしまうことも。 実際にどんな点があるか、見てみましょう。 思い立ったら即行動してしまう為、周りから自分勝手な人だと思われてしまう 金星人は、新しい物が好きで、「時代の流れに乗り遅れたくない」という気持ちが強い為、流行を追い続ける傾向があります。 フットワークの軽さは評価されますが、 金星人プラスの人は、自分のペースでどんどんと事を進めていく為、周りの人の様子を見ずに行動してしまう事が多くなりがちです。 思い立ったら、考えるよりも先に実践してしまいがちで、周りの助言や意見に耳を傾けない事もあるので、気を付けましょう。 「あなた、もっとよく考えてから行動しなさいよ」と言われてしまったり、「あの人って自分勝手だなぁ…」と思われてしまうかもしれません。 会食に行く際は、メニューをすぐに決めたり、会議で取り上げられる議題に対して、すぐに意見を持つ事ができます。 逆に言えば、ゆっくりと時間をかけて、慎重に悩んでいる人を見ると、イライラしてしまう可能性があり、周りの人に対して「遅いなぁ…」と感じてしまう事もあるので注意しておいてください。 ミスはすぐに忘れる為、同じ失敗を繰り返しがちです 金星人プラスの人は、学校や職場において、何か役割を与えられると、「よし、やるぞ!」と燃える傾向があります。 目立ちたがり屋な性格で、人前に出ても緊張する事はほとんどありませんし、派手な事が好きで、宴会でワイワイ騒いだり、周りの人を笑わせる事に喜びを感じるでしょう。 グループにおいては、リーダーや責任者になって、堂々と皆を仕切る事が出来ますが、他の人に重要な役割が回ってしまうと、「自分は頼まれなかった…」と落ち込んだり、嫉妬を感じてしまうかもしれませんので、気を付けましょう。 金星人プラスの人はポジティブで、仮に物事に失敗したとしても、立ち直りが早く、すぐに次のステップへ気持ちを切り替える事が出来る長所を持つ反面、過去の反省を次に活かさず、忘れてしまう事があり、時間が経つと、また同じミスを繰り返してしまう傾向があります。 責任感が強く、常にポジティブな性格だからこそ、前進しすぎて、過去の経験を活かせないという事態に陥りやすいのです。 ルーティンワークが得意でない 金星人プラスの人は、束縛を嫌いますので、誰かに行動を支配されたり、自分の自由時間を奪われる事無く、マイペースで生きていきたいと考えているでしょう。 基本的に、金星人プラスの人は柔軟性がある為、一人で新しい環境に飛び込んで行っても、すぐに適応し、初対面の人とも打ち解ける事が出来ます。 仮に仕事で、「明日からここに行って、これをやってきて」と急な事を言われたとしても、物怖じしないで対応する事が出来る点が、金星人プラスの人の特徴です。 今年(2020年)の金星人プラスの運勢とは 2020年の金星人プラスの運勢(運命周期)は「立花」です。 これは12周期で巡る運勢の3番目の年で、蒔いた種が花を咲かせる華やかな年です。 立花の年はあなたの今後の人生の方向性を決めるとても重要な一年でもありますので、この年に成し遂げたものが人生で大きな「意味を持つ」「役割を果たす」と捉えてください。 特に財成に関してはこの年に良い恩恵を受けられるとそれは生涯に渡って金運に恵まれる事を意味します。 ただし「立花」の年は、良くも悪くもエネルギーが強いですので、「良いことはより良く」「悪いことはさらに悪く」なる傾向がありますので、ややアップダウンの激しい一年になる場合がある事も覚えておきましょう。 金星人プラスの運勢早見表 金星人プラスの近年の運勢周期は以下になりますので参考にしてください。 2010年 達成 2011年 乱気(中殺界) 2012年 再会 2013年 財成 2014年 安定 2015年 陰影(大殺界1年目) 2016年 停止(大殺界2年目) 2017年 減退(大殺界3年目) 2018年 種子 2019年 緑生 2020年 立花 2021年 健弱(小殺界) 2022年 達成 2023年 乱気(中殺界) 2024年 再会 2025年 財成 2026年 安定 2027年 陰影(大殺界1年目) 2028年 停止(大殺界2年目) 2029年 減退(大殺界3年目) 2030年 種子 さて、今回は金星人プラスの人の性格の特徴・恋愛の傾向・運勢などを解説しました。 金星人プラスの人は、思い立ったら即行動に移す傾向がありますので、何かをしたいと決めたら、「まずはやってみよう」と、すぐに取り掛かります。 好奇心旺盛で、フットワークの軽い点が金星人プラスの人の魅力です。 仕事においても、金星人プラスの人は、常に新しい事を追い続けたり、幅広い世界で活躍する事を望んでいますので、イラストレーターやデザイナー、芸能関係のお仕事など、変化のある職業も向いているでしょう。 一方で基本的には自分のペースを重視する為、仕事や恋愛は周りの人を置いて、どんどんと先に進んでしまう傾向があります。 その為、「せっかちだな…」とか、「よく考えずに行動するなんて、軽薄だな…」と言われてしまうかもしれません。 ただし、金星人プラスの人は多方面で幅広い世界の人と関わりたいと考えているだけなのです。 仕事や恋愛においては、周りの人の様子を気に掛けるよう、意識してみましょう。 六星占術の他の星人の性格や恋愛傾向・相性・運勢などは以下のページからご覧ください。

次の