寒天 コーヒー ゼリー。 粉寒天でゼラチンばりに柔らかいゼリーを作る場合の材料と寒天の比率、コツは...

粉寒天でゼラチンばりに柔らかいゼリーを作る場合の材料と寒天の比率、コツは...

寒天 コーヒー ゼリー

お手軽スイーツの定番といえば、ゼリーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 夏の季節ではさっぱりと食べられるため、子供やお年寄りにも喜ばれるおやつです。 中でもコーヒーゼリーは手軽カロリーも控えめなので、女性にうれしいスイーツの1つです。 コーヒーゼリーの簡単な作り方を、ゼラチンと寒天の2パターンでご紹介したいと思います。 コーヒーゼリーの作り方 コーヒーゼリーの材料(約240cc 2~3人分) ・ゼラチン:小さじ2弱 ・水:大さじ3 ・コーヒー:200cc 甘味をつけたい場合はこの時点で砂糖を適量入れて溶かしてください。 コーヒーゼリーの作り方 1:ゼラチンに水を加え、よく溶いておく。 2:コーヒーを200cc作る。 (インスタントでも豆から淹れてもどちらでも構いません。 ) 3:1を2の中に入れて、よく混ぜる。 4:3を型に流し入れて冷蔵庫で3時間以上冷やし、固める。 また、冷やし固める時間も異なるため目安にしてください。 混ぜるだけで簡単に作ることができます。 ゼリーに必要なゼラチンですが、コラーゲン由来なので美肌にも高い効果があります。 おいしいだけでなく、女性に嬉しいスイーツですね。 また、ゼラチンを寒天に変えても食べ応えのあるおいしいゼリーができます。 寒天には食物繊維が多く含まれています。 さらに低カロリーですので、積極的に取り入れたいですね。 寒天使用のコーヒーゼリーの作り方 寒天コーヒーゼリーの材料(約700cc 5~6人分) ・寒天:2g ・水:150cc ・コーヒー:550cc (甘味をつけたい場合はこの時点で砂糖を適量入れて溶かす。 ) 寒天コーヒーゼリーの作り方 1:鍋に粉寒天2gと水150ccを合わせて火にかけ、かき混ぜながら煮溶かす。 2:沸騰したら弱火にして、1~2分間煮た後に火を止める。 3:コーヒーを550cc作る。 (インスタントでも豆から淹れてもどちらでいいです。 ) 4:3を1の中に入れて、よく混ぜる。 5:4を型に流し入れて冷蔵庫で冷やし固める。 すばやくできるので嬉しいですね。 コーヒーゼリーのまとめ いかがでしょうか?ゼリーも寒天も手軽においしくできて、かつ女性に嬉しい効果がたくさんあります。 女性に限らず、コラーゲンや食物繊維は家族の健康にも取り入れたい要素です。 ぜひお子様のおやつや食後のデザートに作ってみてはいかがでしょうか。

次の

粉寒天でゼラチンばりに柔らかいゼリーを作る場合の材料と寒天の比率、コツは...

寒天 コーヒー ゼリー

クロロゲン酸による脂肪分解効果 コーヒーゼリーには、ポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」という成分も豊富に含まれいます。 このクロロゲン酸には、体についた体脂肪を分解・排出してくれる働きがあり、ダイエットに効果的な成分と言われています。 体脂肪が一度体につくと、なかなか排出することが難しいのですが、クロロゲン酸は摂取するだけで、効率的に体脂肪を排出することができるので、 たんぱく質が基礎代謝を高めてくれる コーヒーゼリーに作用されるゼラチンには、「たんぱく質」が豊富に含まれています。 このたんぱく質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われており、良質な筋肉作りをサポートしてくれる成分なのです。 筋肉というと、体重が重くなるイメージがあり、ダイエット中は避けられがちなのですが、ダイエット中こそ適量の筋肉をつけることが重要と言われているのです。 コーヒーゼリーの注意点・デメリット ミルクや生クリームなどのカロリーに注意 よく、ミルクや生クリームなどのトッピングがされているコーヒーゼリーも見受けることができます。 コーヒーゼリーのほろ苦さと、ミルクや生クリームのクリーミーさがマッチして美味しいのですが、クリームや生クリームなどにもカロリーや糖質が含まれているので、低カロリーなコーヒーゼリーが高カロリーになってしまう原因にもなるので、注意が必要です。 満腹感は高いが腹持ちは悪い 先ほど、コーヒーゼリーは満腹感が高い食べ物でダイエットに効果的と紹介しましたが、一方で腹持ちは悪く、食べてもすぐにお腹が空き、ついつい食事や間食の量を増やしてしまいがちです。 低カロリーなコーヒーゼリーを食べているのにも関わらず、結果的に普段以上にカロリーを摂取してしまうということにも繋がるので、注意が必要です。 ゼラチンではなく寒天で作る コーヒーゼリーのダイエット効果を高める食べ方として、ゼラチンではなく寒天で作る方法がおすすめです。 コーヒーゼリーをゼラチンではなく寒天で作ると、寒天に多く含まれている「食物繊維」を摂取することができ、便秘解消になります。 また、食物繊維は血糖値の上昇を抑え、余分なコレステロールを体の外に排出してくれる効果も期待することができるので、非常におすすめな方法です。 特に食物繊維は食事前に取ると効果的と言われているので、ぜひ試してみてください。 ブラックコーヒーで作る コンビニやスーパーなどで売られている市販のコーヒーゼリーには、食べやすいように砂糖が含まれているものも多いです。 そういったコーヒーゼリーはやはり、砂糖が入っている分カロリーや糖質が高くなっています。 自宅でブラックコーヒーのコーヒーゼリーを作ったり、無糖のコーヒーゼリーを購入して食べるなどの工夫が必要です。 低カロリーなコーヒーゼリーでも食べ方次第では太るのでご注意を!.

次の

コーヒー寒天で美味しくダイエット!人気レシピのご紹介

寒天 コーヒー ゼリー

コーヒーショップの目次~• コーヒーゼリーを作る前に…ゼリーレシピの基本 詳しい解説に移る前に、コーヒーゼリーというよりはゼリー全体の基本を説明しておきたいと思います。 まず材料ですが、ゼリーを作る際に必要なのはジュースなどの「固める液」と、ゼラチンなどの「液を固めるもの」のみです。 そして手順は、 言ってしまえば「混ぜて冷やす」だけです。 これで敬遠する気持ちは少し薄れたと思います。 が、やはりレシピの中には少しコツがいるポイントもあるので、このあと少し解説したいと思います。 寒天を使うコーヒーゼリーレシピ解説 今回はクックパッドで「コーヒーゼリー 寒天」で調べて出てくるコーヒーゼリーレシピの中で人気ナンバーワンのレシピを例に取り上げます。 いったん沸騰させて、2分間弱火で混ぜながら寒天を溶かす。 2 インスタントコーヒー、砂糖を加え、良く溶かす。 火からおろし、やや冷めたらブランデーを加え型に流す。 3 冷蔵庫で冷やして完成!好みでコーヒーフレッシュを添えてどうぞ! コーヒーゼリーのレシピの材料のところを見るとわかる通り、寒天と一口にいえども「粉寒天」「棒寒天」「糸寒天」の3種類の寒天があることがわかります。 以下、各寒天の特徴と使い方を紹介します。 コーヒーゼリーは冷やすと美味しいデザートですが、寒天を使用するコーヒーゼリーなら常温でも固まります。 ゼラチンを使うコーヒーゼリーレシピ解説 例のごとくクックパッドで「コーヒーゼリー ゼラチン」で調べて出てくるコーヒーゼリーレシピのうち人気のレシピを例に取り上げようと思います。 2 ホットコーヒーを400cc作り、砂糖と1のゼラチンをよく溶かします。 ただ、寒天とは違い、ゼラチンを使用した場合は。 コーヒーゼリーを固めるためには冷やす必要があり、夏場には常温で溶け出してしまうという注意点があることも理解しておく必要があります。 ゼラチンを使ったレシピで作ったコーヒーゼリーの食感は「ぷるぷる」「口溶けが良い」感じです。

次の