デキスト ロメ トルファン 臭 化 水素 酸 塩。 DM相応39mg

ジェネリック医薬品採用品目リスト

デキスト ロメ トルファン 臭 化 水素 酸 塩

1.デキストロメトルファン臭化水素酸塩の特徴 まずはデキストロメトルファン臭化水素酸塩の特徴をざっくりと紹介します。 デキストロメトルファン臭化水素酸塩は、咳を抑える作用を持つお薬になります。 まずまずしっかりした効果と長い実績がある頼れるお薬になります。 咳止め(鎮咳薬)は大きく分けると、「麻薬性」と「非麻薬性」があります。 両者の違いをかんたんに言うと、• 麻薬性は、効果はしっかりしているけども耐性や依存性があり、便秘などの副作用も起こりやすい• 非麻薬性は、効果は麻薬性には劣るが耐性や依存性はなく、副作用も少ない と言えます。 このうちデキストロメトルファン臭化水素酸塩は非麻薬性に属し、安全性の高い咳止めになります。 しかし麻薬性である「コデイン」と同等の鎮咳作用があるという試験結果が出ており、効果は十分に期待できます。 また先発品の「メジコン」は1955年から使われているという非常に長い実績があるため、安心して使えるお薬です。 ちなみに耐性というのは、お薬を連用していると身体がお薬に慣れてしまって徐々に効きが悪くなってくる事です。 また依存性というのは、そのお薬に依存してしまう事でお薬を止められなくなってしまう事を言います。 またデキストロメトルファン臭化水素酸塩はジェネリック医薬品であるため、薬価が安いのもメリットの1つです。 以上からデキストロメトルファン臭化水素酸塩の特徴として次のような点が挙げられます。 【デキストロメトルファン臭化水素酸塩の特徴】 ・咳を抑える作用がある ・デキストロメトルファン臭化水素酸塩配合シロップには痰を出しやすくする作用もある ・非麻薬性であり、耐性や依存性もない ・副作用は少なく安全性が高い ・ジェネリック医薬品であり薬価が安い スポンサーリンク 2.デキストロメトルファン臭化水素酸塩はどんな疾患に用いるのか デキストロメトルファン臭化水素酸塩はどのような疾患に用いられるのでしょうか。 添付文書には、次のように記載されています。 【効果・効能】 1.下記疾患に伴う咳嗽 感冒、急性気管支炎、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺炎、肺結核、上気道炎(咽喉頭炎、鼻カタル) 2.気管支造影術及び気管支鏡検査時の咳嗽 難しい病名がたくさん並んでいますが、要するに「咳を生じる疾患」に対しての咳止めとして使える、という認識で良いと思います。 臨床でよく用いられるのが、風邪(感冒)や気管支炎、肺炎などに伴う咳ですね。 デキストロメトルファン臭化水素酸塩はジェネリックであるため有効性についての詳しい調査は行われていませんが、先発品の「メジコン」においては、「有効率は81. 3%」と報告されており、デキストロメトルファン臭化水素酸塩の有効率も同程度であると考えられます。 ちなみに咳が出たら全てデキストロメトルファン臭化水素酸塩を飲まないといけないというわけではありません。 基本的に咳というのは「痰を除去する」「ばい菌を体外に追い出す」ために必要な生理反応であり、止めない方がいいものなのです。 風邪や肺炎で気管に菌やウイルスがいるのに、お薬で咳を止めてしまったら、菌やウイルスが体外に排出されず、病気の治りも悪くなってしまいます。 咳を止める必要があるのは、• 咳があまりにひどくて、かえって気管を傷付けてしまっている場合• 咳があまりにひどくて、夜眠れない場合 など、咳によって菌やウイルス・過剰な痰を排出するというメリットよりも、咳のデメリットが上回っている場合に限ります。 3.デキストロメトルファン臭化水素酸塩にはどのような作用があるのか 咳止め(鎮咳薬)に分類されてるデキストロメトルファン臭化水素酸塩ですが、どのような機序で咳を抑えるのでしょうか。 デキストロメトルファン臭化水素酸塩には次のような作用があると考えられています。 本来、咳というのは気管に入ってきた異物を排出するという生体の防御システムです。 咽頭や気管に異物が入りこむと、その信号は咳中枢に送られます。 信号がある閾値以上に達すると、咳中枢は「咳をして異物を排出する必要がある」と判断し、呼吸筋や横隔膜などに信号を送り、「咳」をするように指示するのです。 私たちの身体はこのような咳中枢のはたらきによって、異物を排出することが出来るのです。 デキストロメトルファン臭化水素酸塩は、延髄の咳中枢に直接作用することによって「咳をしなさい」という信号を送りにくくさせ、咳反射を起こしにくくさせます。 これによって咳が発生しにくくなるのです。 スポンサーリンク 4.デキストロメトルファン臭化水素酸塩の副作用 デキストロメトルファン臭化水素酸塩にはどんな副作用があるのでしょうか。 デキストロメトルファン臭化水素酸塩はジェネリック医薬品であるため副作用発生率の詳しい調査は行われていません。 しかし先発品の「メジコン」においては副作用発生率は2. デキストロメトルファン臭化水素酸塩は非麻薬性の鎮咳薬に属するため、その副作用は少なく安全性に優れています。 生じえる副作用としては、• 悪心・吐き気• めまい• 食欲不振• 吐き気• 胃部不快感• 下痢・軟便• じんましん、発疹• 眠気 などの報告があります。 ちなみに麻薬性の鎮咳薬などでは、 ・耐性 ・依存性 などの副作用が生じますが、デキストロメトルファン臭化水素酸塩においてはこれらの副作用は認めません。 極めて稀ですが、重篤な副作用としては、• 呼吸抑制• ショック• アナフィラキシー様症状 が現れることがあるとされています。 またデキストロメトルファン臭化水素酸塩の飲み合わせの注意点として「MAO阻害薬」と併用(一緒に服用)することは禁忌(絶対ダメ)となっています。 その理由は併用によって痙攣、反射亢進、異常高熱、昏睡などの重篤な症状が出現したという報告があるからです。 MAO阻害薬は日本では主にパーキンソン病に用いられることのあるお薬です。 商品名としては「」があります。 一般的に処方されるお薬ではありませんが、デキストロメトルファン臭化水素酸塩を服用する方はこのようなお薬とは一緒に服用しないようにしましょう。 5.デキストロメトルファン臭化水素酸塩の用法・用量と剤形 デキストロメトルファン臭化水素酸塩は デキストロメトルファン臭化水素酸塩錠 15mg デキストロメトルファン臭化水素酸塩散 10% の2剤型が発売されています。 デキストロメトルファン臭化水素酸塩の使い方は、 通常、成人には1回15~30mgを1日1~4回経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 と書かれています。 服薬回数は1日1~4回とかなり幅のある記載になっていますが、これはどの程度咳を抑えたいのかで主治医と服薬回数を決めると良いでしょう。 例えば1日を通して咳を抑えたいのであれば1日3回や4回に分けた服用回数が良いでしょう。 しかし特定の時間だけの咳を抑えたいのであれば、主治医と相談の上で、1日1回投与でも良いでしょう。 「夜寝る時だけ咳を抑えたい」という事であれば1日1回就寝前投与としても良いわけです。 6.デキストロメトルファン臭化水素酸塩錠が向いている人は? 以上から考えて、デキストロメトルファン臭化水素酸塩錠が向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう。 デキストロメトルファン臭化水素酸塩錠の特徴をおさらいすると、 ・咳を抑える作用がある ・デキストロメトルファン臭化水素酸塩配合シロップには痰を出しやすくする作用もある ・非麻薬性であり、耐性や依存性もない ・副作用は少なく安全性が高い ・ジェネリック医薬品であり薬価が安い などがありました。 咳を抑える作用は強力というほどではありませんが、ある程度の力は有します。 麻薬性の鎮咳薬である「コデイン」と同等の鎮咳作用があるという結果が出ており、臨床的にも十分頼れるお薬です。 また非麻薬性であり、重篤な副作用は少ない事が利点です。 ここから、• 軽度~中等度の咳症状を認める方 に向いているお薬だと言えるでしょう。 またデキストロメトルファン臭化水素酸塩はジェネリック医薬品であるため、先発品のメジコンよりも薬価が安いのもメリットです。 咳止めは元々薬価が安いため、ジェネリックになっても実際はそこまで体感的に値段が違うわけではありませんが、一応安くはなっています。 鎮咳薬を使う時は、まずはデキストロメトルファン臭化水素酸塩などの非麻薬性の鎮咳薬から開始し、それでも咳が抑えられない時は麻薬性鎮咳薬などのより強力な鎮咳薬を試すのが一般的です。 7.先発品と後発品は本当に効果は同じなのか? デキストロメトルファン臭化水素酸塩は「メジコン」というお薬のジェネリック医薬品になります。 ジェネリックは薬価も安く、剤型も工夫されているものが多く患者さんにとってメリットが多いように見えます。 しかし「安いという事は品質に問題があるのではないか」「やはり正規品の方が安心なのではないか」とジェネリックへの切り替えを心配される方もいらっしゃるのではないでしょうか。 同じ商品で価格が高いものと安いものがあると、つい私たちは「安い方には何か問題があるのではないか」と考えてしまうものです。 ジェネリックは、先発品と比べて本当に遜色はないのでしょうか。 結論から言ってしまうと、先発品とジェネリックはほぼ同じ効果・効能だと考えて問題ありません。 ジェネリックを発売するに当たっては「これは先発品と同じような効果があるお薬です」という根拠を証明した試験を行わないといけません(生物学的同等性試験)。 発売したいジェネリック医薬品の詳細説明や試験結果を厚生労働省に提出し、許可をもらわないと発売はできないのです、 ここから考えると、先発品とジェネリックはおおよそ同じような作用を持つと考えられます。 明らかに効果に差があれば、厚生労働省が許可を出すはずがないからです。 しかし先発品とジェネリックは多少の違いもあります。 ジェネリックを販売する製薬会社は、先発品にはないメリットを付加して患者さんに自分の会社の薬を選んでもらえるように工夫をしています。 例えば飲み心地を工夫して添加物を先発品と変えることもあります。 これによって患者さんによっては多少の効果の違いを感じてしまうことはあります。 この多少の違いが人によっては大きく感じられることもあるため、ジェネリックに変えてから調子が悪いという方は先発品に戻すのも1つの方法になります。 では先発品とジェネリックは同じ効果・効能なのに、なぜジェネリックの方が安くなるのでしょうか。 これを「先発品より品質が悪いから」と誤解している方がいますが、これは誤りです。 先発品は、そのお薬を始めて発売するわけですから実は発売までに莫大な費用が掛かっています。 有効成分を探す開発費用、そしてそこから動物実験やヒトにおける臨床試験などで効果を確認するための研究費用など、お薬を1つ作るのには実は莫大な費用がかかるのです(製薬会社さんに聞いたところ、数百億という規模のお金がかかるそうです)。 しかしジェネリックは、発売に当たって先ほども説明した「生物学的同等性試験」はしますが、有効成分を改めて探す必要もありませんし、先発品がすでにしている研究においては重複して何度も同じ試験をやる必要はありません。 先発品と後発品は研究・開発費に雲泥の差があるのです。 そしてそれが薬価の差になっているのです。 つまりジェネリック医薬品の薬価は莫大な研究開発費がかかっていない分が差し引かれており先発品よりも安くなっているということで、決して品質の差が薬価の差になっているわけではありません。

次の

DM相応39mg

デキスト ロメ トルファン 臭 化 水素 酸 塩

商品名 メジコンで販売されている。 が販売されているほか、や鎮咳薬の成分としてにも含まれている。 そのほか、またはオピオイド増強剤としてで用いられたり、依存症の治療での的特性を持つ。 剤形としては、錠剤、散剤、シロップ剤、(海外)である。 通常臭化水素酸塩水和物として使用されるが、イオン交換樹脂であるに吸着させた製剤もある。 純粋な状態では白色粉末で 、味は苦い。 DXMは ()として使われる事もある。 添付文書等で指示された量を超えて服用すると、作用がある。 は一つではなく、非選択的 () かつ ()作働薬 である。 さらに、DXMとその主なである ()(DXO)は、高用量で拮抗剤として作用し、やといったとは似ているが異なる解離状態を作り出す。 またDXOがさらに代謝されたはラットで、DXO以上DXM以下のを示す。 詳細は「」を参照 DXMを含有するは、その用法・用量に反して娯楽的な薬物として乱用されることがある。 添付文書の上限を遥かに超えた投与量で、DXMやその主要代謝物の ()は、NMDA受容体拮抗薬として作用するので、やなどのとは似ているが、また別の解離性状態を引き起こす。 視野の歪み、、身体感覚の歪み、興奮、時間感覚の消失が生じる。 一部では、特に音楽に反応して覚醒剤様の高揚感を得ることがある。 DXMの多幸感は単純な用量依存性ではなく、過量投与した者は一般に様々な状態を経験する。 この状態は一般に「プラトー」と呼ばれる。 禁忌 [ ] 製剤成分に過敏症のある患者のほか、を服用している患者には禁忌である。 DXMはを放出させる()ので、反応が強く出やすい患児には、不可欠の場合のみ最小限の用量を医師の監視下で投与すべきである。 副作用 [ ] 重大な副作用として添付文書に記載されているものは、呼吸抑制、ショック、様症状である。 そのほか、日本の添付文書に記載されている副作用は、頭痛、眩暈、不快、不眠、悪心・嘔吐、食欲不振、便秘、腹痛、口渇、おくびである。 日本国外の添付文書には、潮紅、瘙痒、下痢、鎮静、錯乱、緊張、閉眼時幻覚が記載されている。 呼吸抑制はよりは弱いと考えられる。 通常量の10倍量を投与すると、体力増強感、自信増強感、不穏、早口、散大、生気のない目等が発現する。 通常量の15〜75倍量を投与すると、、、、霧視および/または、眼球充血、、、、、、、、浅呼吸、、、、鎮静、、、失神、意識消失、目の焦点が合わない、潮紅が出現する。 日本の添付文書では、過量投与の症状として嘔気、嘔吐、尿閉、運動失調、錯乱、興奮、神経過敏、幻覚、呼吸抑制、嗜眠が記載されている。 DXMは他の消化器症状も起こし得る。 空胞形成を含む神経毒性的変化はフェンシクリジンなどのNDMA拮抗薬を投与されたラットのおよびで観察されるが、DXMでは観察されない。 オルニーの病変の度合いはNMDA阻害能力に関連している。 症例報告の多くで、娯楽目的に使用した場合に精神的な依存が生じるとされている。 一方の薬物依存に関する専門委員会が発行した報告書では、は生じない。 相互作用 [ ] 禁忌の項で述べた様に、DXMはと併用してはならない。 を惹起し、時に急速に致死的な経過を辿ることがある。 DXMは過剰量を服用するととの併用によってもセロトニン症候群を起こす事がありえる。 一方で、臨床量のDXMはセロトニン症候群を引き起こす可能性が低いと考えられる。 食品との相互作用 [ ] (またはジュース)を摂取する場合は、のシトクロムP450を阻害することによるが生じ、血中濃度の上昇や作用の長時間化が見られることがあることに注意が必要である。 グレープフルーツのほか、やなどのに注意する必要がある。 DXMの服用時はそれらの果物の摂取を避ける方がよい。 臨床検査 [ ] DXMは血液および尿から検出できる。 血液は、血清でも血漿でも良い。 尿は最少で2mLを用いる。 化学的特徴 [ ] デキストロメトルファン(DXM)は ()( ()メチルエステル)のであり、D体、L体共にである。 塩基単体は帯黄白色の結晶性の粉末であり、クロロホルムに溶け易く、水にほとんど溶けない。 作用機序 [ ] デキストロメトルファンは下記に示す様に様々な動物組織中の受容体に結合する。 K iの値が小さい程、強い親和性を持つ。 マウスの ()(マウスの尾に熱刺激を与える試験法)においてニコチンの抗侵害受容作用(疼痛緩和作用)を阻害する。 阻害 DXMそれ自身のNMDA受容体阻害能よりも、代謝体である ()の阻害能の方が10倍近く高く、解離作用は主にデキストロルファンによると考えられる。 薬物動態 [ ] 経口投与後、DXMはが速やかに吸収されて中に入る。 を通過する。 DXMは臨床用量でに対して末梢()と逆の作用をする。 気管での働きを妨ずに、咳の閾値を上昇させる。 DXMは消化管から速やかに吸収され、肝臓のシトクロムP450酵素の一つで活性体であるデキストロルファンに変換される。 鎮咳効果は10〜45mgで奏効し、個人差がある。 国際咳嗽学会(International Society for the Study of Cough)は、「成人に対しては初回60mgを投与し、1日投与回数は4回以内とすることが望ましい」との声明を出した。 経口投与後の作用継続時間はDXM臭化水素酸塩で約3〜8時間、ポリスチレンスルホン酸吸着剤で10〜12時間である。 代謝 [ ] 吸収されたDXMはから肝臓へと入り、一部がO-脱メチル化されてデキストロルファン(DXO)になる。 DXMの薬効はDXMとDXOの相加作用であると考えられている。 DXMの一部はN-脱メチル化されて3-メトキシモルフィナン(MEM)になり 、グルクロン酸抱合または硫酸抱合される。 主な代謝酵素はシトクロムP450の内のCYP2D6である。 では10人中1人でCYP2D6の活性が低く、薬物が血中に留まる時間が延長する。 DXMの脱メチル化により生成されるDXOは、DXM代謝で生成されるDXOの内、少なくとも8割を占める。 CYP2D6がDXMの主要なであるので、CYP2D6低活性多型者では、作用の持続時間が3倍長い。 252名の米国人を対象にした研究では、84. CYP2D6については多くのが知られており、全く活性を持たないタイプもある。 多型の分布はで異なる。 多くの薬物がCYP2D6を阻害する可能性がある。 、、一部の、のなどである。 これらの医薬品の併用は、特にCYP2D6低活性多型者で問題になる。 DXMはでも代謝される。 N-脱メチル化は主にCYP3A4による。 MEMの少なくとも9割が、DXMのN-脱メチル化で生成する。 他にも多くのCYP酵素がDXMを代謝するが、その量は少ない。 CYP2B6はCYP3A4よりもN-脱メチル化活性が高いが、肝臓内の存在量が非常に少ないので、代謝には余り寄与しない。 歴史 [ ] の母化合物 ()(別名、オルファン)はスイスで1946年に、米国で1967年に特許が申請され、1950年に認可されている。 を用いたラセモファンの光学分割法が1952年に発表され 、非中毒性の物質としてデキストロメトルファンが1954年に臨床試験された。 1958年にFDAは鎮咳薬としてとしての使用を承認した。 1960年代〜1970年代にDXMは錠剤として一般用医薬品の棚にならび、一時は売れ行きも好調であったが、1973年、乱用を減少させるために撤去され、別のに置き換えられた。 1990年代にインターネットが普及すると、DXMに関する情報が急速に広まり、DXMを手に入れようとするグループが形成された。 1996年初頭、DXM臭化水素酸原末がオンラインで市販され、消費者はシロップ剤でなく元末を直接入手できる様になった。 2012年1月1日、米国カリフォルニア州では、DXMは医師の処方箋に基づく場合を除き、未成年者へ販売することが禁止された。 では、医薬品規制当局(BPOM-RI)が処方箋の有無を問わずDXM単剤の販売を禁じた。 インドネシアはDXM単剤の製造・販売が(処方箋があっても)違法である唯一の国であり 、違反すると起訴され得る。 インドネシア麻薬取締局(BNN-RI)は、DXMを保有していると薬剤師免許や薬局開設免許を取り消し、刑事訴追すると発言した。 法の執行の結果、130種の医薬品が撤去されたが、DXMの他にも有効成分を含む医薬品は継続して一般用医薬品として販売することができた。 公式発表ではBPOM-RIは、DXMがマリファナ、アンフェタミン、ヘロインの代わりにしばしば乱用され、鎮咳薬としては今日ではもはや有用ではないとした。 対照的に、BPOM-RIの治療薬・NAPZA取締副監督官は、DXMはモルヒネと化学的に類似しており、中枢神経系への直接的な危険性を持つため、使用者の精神を崩壊させると述べた。 副監督官はまたDXMについてはモルヒネと異なり、研究やレビューがないので患者の更生が不可能であると述べた。 しかしこの主張は、単剤でDXMの依存と中毒の治療が可能であるという多くの研究によって否定される。 参考画像 [ ]• Kukanich, B. ; Papich, M. 2004. Journal of Veterinary Pharmacology and Therapeutics 27 5 : 337—41. Medscape Reference. WebMD. 2014年4月15日閲覧。 2011年5月6日閲覧。 2016年6月27日閲覧。 ; Pizon, Anthony F. ; Brooks, Daniel E. 2008. Clinical Toxicology 46 8 : 771—3. Shin, E; Nah, S; Chae, J; Bing, G; Shin, S; Yen, T; Baek, I; Kim, W et al. 2007. Neurochemistry International 50 6 : 791—9. Shin, Eun-Joo; Nah, Seung-Yeol; Kim, Won-Ki; Ko, Kwang Ho; Jhoo, Wang-Kee; Lim, Yong-Kwang; Cha, Joo Young; Chen, Chieh-Fu et al. 2005. British Journal of Pharmacology 144 7 : 908—18. Hou, Chia-Hui; Tzeng, Jann-Inn; Chen, Yu-Wen; Lin, Ching-Nan; Lin, Mao-Tsun; Tu, Chieh-Hsien; Wang, Jhi-Joung 2006. European Journal of Pharmacology 544 1—3 : 10—6. 2016年6月27日閲覧。 Drugs. com. 2015年5月27日閲覧。 Wollheim CB, Maechler P 2015-04-07. nature medicine 21 4 : 310-311. 2015年5月27日閲覧。. Cesar. umd. edu. 2013年7月28日閲覧。 Drugs and Chemicals of Concern. 2010年8月. 2012年10月16日時点のよりアーカイブ。 2015年5月27日閲覧。 Giannini AJ 1997. Drugs of abuse 2nd ed. Los Angeles: Practice Management Information Corp.. [ ]• NHTSA. 2015年5月27日閲覧。 Rossi, S, ed 2013. Australian Medicines Handbook. Adelaide: The Australian Medicines Handbook Unit Trust. [ ]• webmd. 2015年5月28日閲覧。 Olney, J. ; Labruyere, J; Price, M. 1989. Science 244 4910 : 1360—2. Carliss, R. ; Radovsky, A. ; Chengelis, C. ; Shuey, D. 2007. NeuroToxicology 28 4 : 813—8. PDF. World Health Organization. 1970. 2008年12月29日閲覧。 ganfyd. org. 2013年8月23日閲覧。 塩野義製薬 2013年7月. 2015年5月28日閲覧。 Substance Abuse and Rehabilitation 4: 75—82. Damaj, M. ; Flood, P; Ho, K. ; May, E. ; Martin, B. 2004. Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics 312 2 : 780—5. Lee, Jun-Ho; Shin, Eun-Joo; Jeong, Sang Min; Kim, Jong-Hoon; Lee, Byung-Hwan; Yoon, In-Soo; Lee, Joon-Hee; Choi, Sun-Hye et al. 2006. European Journal of Pharmacology 536 1—2 : 85—92. Hernandez, S. ; Bertolino, M; Xiao, Y; Pringle, K. ; Caruso, F. ; Kellar, K. 2000. The Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics 293 3 : 962—7. ; Shank, R. ; Schupsky, J. ; Raffa, R. 1995. The Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics 274 3 : 1263—70. Henderson, Mark G. ; Fuller, Ray W. 1992. Brain Research 594 2 : 323—6. Gillman, P. 2005. British Journal of Anaesthesia 95 4 : 434—41. Zhang, W. ; Wang, T; Qin, L; Gao, H. ; Wilson, B; Ali, S. ; Zhang, W; Hong, J. et al. 2004. The FASEB Journal 18 3 : 589—91. Chou, Yueh-Ching; Liao, Jyh-Fei; Chang, Wan-Ya; Lin, Ming-Fang; Chen, Chieh-Fu 1999. Brain Research 821 2 : 516—9. ; Fogelman, Steven M. ; von Moltke, Lisa L. ; Shader, Richard I. 1997. International Society for the Study of Cough. 2015年5月28日閲覧。 2001. Drug Metabolism and Disposition 29 11 : 1514—20. Australian Medicines Handbook AMH 2004. Capon, Deborah A. ; Bochner, Felix; Kerry, Nicole; Mikus, Gerd; Danz, Catherine; Somogyi, Andrew A. 1996. Woodworth, J. ; Dennis, S. ; Moore, L. ; Rotenberg, K. 1987. The Journal of Clinical Pharmacology 27 2 : 139—43. Drug Testing and Analysis 6 7—8 : 614. 2013年7月28日閲覧。 An act to add Sections 11110 and 11111 to the Health and Safety Code, relating to nonprescription drugs.. State of California, Legislative Counsel. 2015年5月28日閲覧。 [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• Schneider, Sandra M. ; Michelson, Edward A. ; Boucek, Charles D. ; Ilkhanipour, Kaveh 1991. The American Journal of Emergency Medicine 9 3 : 237—8. Shaul, W. ; Wandell, M; Robertson, W. 1977. Pediatrics 59 1 : 117—8. Manning, Barton H. ; Mao, Jianren; Frenk, Hanan; Price, Donald D. ; Mayer, David J. 1996. Pain 67 1 : 79—88. [ ] 外部リンク [ ]•

次の

ジェネリック医薬品採用品目リスト

デキスト ロメ トルファン 臭 化 水素 酸 塩

薬剤名 影響 モノアミン酸化酵素阻害剤 セロトニン症候群 セロトニン作用薬 セロトニン症候群 選択的セロトニン再取り込み阻害剤 セロトニン症候群 モノアミン酸化酵素阻害剤 痙攣 モノアミン酸化酵素阻害剤 ミオクローヌス モノアミン酸化酵素阻害剤 反射亢進 モノアミン酸化酵素阻害剤 発汗 モノアミン酸化酵素阻害剤 異常高熱 モノアミン酸化酵素阻害剤 昏睡 肝薬物代謝酵素CYP2D6を阻害する薬剤 本剤の血中濃度が上昇 キニジン 本剤の血中濃度が上昇 アミオダロン 本剤の血中濃度が上昇 テルビナフィン 本剤の血中濃度が上昇 セロトニン作用薬 セロトニン作用による症状 選択的セロトニン再取り込み阻害剤 セロトニン作用による症状• 鎮咳薬 この薬をファーストチョイスする理由(2019年6月更新)• ・ひとまずメジコンを処方して、それでも改善しなければコデイン系にしているので、一番多いのはメジコンと思われます。 (30歳代病院勤務医、心臓血管外科)• ・副作用が少ない。 効果はあまり期待できないが、リン酸コデインとの間のワンクッションとして処方する。 (30歳代病院勤務医、呼吸器外科)• ・フスコデやアストミンも使用しますが、錠剤が小さく飲みやすいことも考慮します。 (60歳代病院勤務医、循環器内科)• ・強い副作用もなく、鎮咳効果もそこそこ。 第一選択として使用しています。 (30歳代病院勤務医、消化器外科)• ・コデインが配合されていない分、便秘がない。 どこの薬局でも在庫している。 (40歳代診療所勤務医、一般内科) 副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 1.重大な副作用(頻度不明) 1).呼吸抑制:呼吸抑制が現れることがあるので、このような場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 2).ショック、アナフィラキシー:ショック、アナフィラキシー(呼吸困難、蕁麻疹、血管浮腫等)が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 2.その他の副作用(頻度不明) 1).過敏症:発疹[症状が現れた場合には投与を中止する]。 2).精神神経系:眠気、頭痛、眩暈、不快、不眠。 3).消化器:悪心・嘔吐、食欲不振、便秘、腹痛、口渇、おくび。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 2.MAO阻害剤投与中の患者。 (重要な基本的注意) 眠気を催すことがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意する。 (相互作用) 本剤は、主に肝代謝酵素CYP2D6で代謝される。 1.併用禁忌:MAO阻害剤[<臨床症状>セロトニン症候群(痙攣、ミオクローヌス、反射亢進、発汗、異常高熱、昏睡等)が現れるとの報告がある(デキストロメトルファンは中枢のセロトニン濃度を上昇させ、MAO阻害剤はセロトニンの代謝を阻害し、セロトニンの濃度を上昇させるので、併用によりセロトニンの濃度が更に高くなる恐れがある)]。 2.併用注意: 1).薬物代謝酵素<CYP2D6>を阻害する薬剤(キニジン、アミオダロン、テルビナフィン等)[本剤の血中濃度が上昇することがある(これらの薬剤の薬物代謝酵素(CYP2D6)阻害作用により、本剤の代謝が阻害されるため)]。 2).セロトニン作用薬(選択的セロトニン再取り込み阻害剤<SSRI>等)[セロトニン症候群等のセロトニン作用による症状が現れることがある(セロトニン作用が増強する恐れがある)]。 (高齢者への投与) 一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。 (小児等への投与) 低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない。 (過量投与) 1.過量投与時の徴候、症状:嘔気、嘔吐、尿閉、運動失調、錯乱、興奮、神経過敏、幻覚、呼吸抑制、嗜眠等を起こすことがある。 2.過量投与時の処置:一般的な薬物除去法(胃洗浄、活性炭投与等)により本剤を除去し、また、必要に応じて呼吸管理や対症療法を行う(ナロキソンの投与により改善したとの報告がある)。 (適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 (取扱い上の注意) 安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(室温、3年)の結果、通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の