ミニマリスト 物。 ミニマリストには収納グッズはいらない

ミニマリストに最適な趣味とは?物をたくさん持たなくても人生は充分楽しい

ミニマリスト 物

趣味を楽しむことは、道具をたくさん持つことではない 確かに趣味が多いと、時間をとられるので、スケジュールが立て込むし、道具をたくさん持つと物も増えてしまうので、「趣味を持つこと」と ミニマリズムは相反することのように思えます。 ですが趣味を楽しむことは、同時にたくさんの趣味を持つことでもなければ、やたらと道具を集めることでもありません。 たった1つの趣味をごくごく基本的な道具を用いて、じっくり深くマイペースで追求すれば、それはとても心が潤う趣味となります。 たとえば、ゴルフを例にあげましょう。 ゴルフっていかにも物がたくさんいる趣味のように思えますよね?けれども、たぶん必要なのは、アイアン、パター、ウッドクラブと靴ぐらいじゃないですか?ボールはゴルフ場にありますから。 私はゴルフをやったことがないのですが、ゴルフクラブ1本あればできますよね?だって1度に、2本も3本もクラブを持てませんから。 ゴルフの真の愉しみというのは、たぶん「 上達すること」だと思います。 決してクラブやウエアを集めることではありません。 上達するために、本やDVDなどを買い求める必要があるかもしれませんが、こういう教材は、語学などと同様、たくさん手元に集めたところで、プレイに生かすことはできません。 ノウハウコレクターになってしまいますから。 図書館で見比べて、自分に1番しっくり来る本を1冊だけ買い、それを熟読し、あとはとにかく考えながら練習すれば上達するのではないでしょうか? 青空のもと、のんびり歩いたり、一緒にプレイする人たちとおしゃべりしたり、たまにナイスショットを飛ばして、プレイのあとにビールを飲めば充分ハッピーだと思います。 このように、少しずつ上達したり、きわめたりするタイプの趣味を選び、道具は最小限にすれば、ミニマルライフを損なうことなく、趣味をエンジョイできます。 語学はインターネットと辞書(紙辞書と電子辞書を持っています)、ペンとノート、それに最低限の教材を使ってほそぼそと勉強しています。 ブログを書くのはパソコンがあればOK。 音楽はアイフォンで聞いています。 私はバッハやモーツアルトなどクラシックが好きですが、60年代や70年代の洋楽も好きです。 読者はキンドルで読めば物が増えません。 ただ、紙の本も好きなので、1冊ずつ読むようにしています。 また オーディオブックも利用しています。 今はオーディオブックで、バッハの音楽についておもしろく解説しているレクチャーを毎日少しずつ聞いています。 そうしたら、バッハの音楽をより深く味わうことができるようになり、さらに歴史にも興味がわいてきました。 ほかにもスロージョギングやミニトランポリン、腕立て伏せなど、1人でコツコツやる運動も趣味といえば趣味です。 ジョギングも、物集めから入ると、ミニマリストには向かないのですが、基本的なものだけ揃えれば、とても気軽に始められます。 楽器の演奏 ハーモニカやオカリナなど小さい楽器を選べば場所をとりません。 ウクレレ、マンドリンやバイオリンもそんなに大きくないですね。 アコーディオンは、歌いながら演奏できるので、楽しいです。 たとえピアノを持っているとしても、ピアノ1台で、他をミニマムに抑えればそれはそれでいいと思います。 何にもない部屋にピアノが1台だけあるのは絵になると思いませんか? 音楽は演奏するだけでなく、私のように聞くだけでもいいし、曲を作るのもいいです。 歌を歌うことなら、からだ1つあればOK。 読書 上にも書きましたが、そのとき読んでいる本を1冊だけ持てば、全く物は増えません。 よくよく考えると、本は安いと思います。 小さな書物には無限の世界が詰まっています。 文章を書くこと 文章を書くのはボールペンか鉛筆とノートがあれば事足ります。 文章にはいろいろな種類があって、日記、詩、短歌、俳句、小説、自叙伝、ドキュメンタリー、シナリオなどよりどりみどりです。 ムーミンパパは、いつも書斎で、若いころ体験した冒険物語を書いていますが、楽しそうですよ。 絵を描くこと スケッチブックと何か描くものがあればできます。 3のライティングと組み合わせてもいいでしょう。 色をつけたいなら色鉛筆で。 もっとしっかり色をつけたいなら、水彩絵の具で。 旅先で水彩画が楽しめる小さなキットも売っています。 こういうのは全然場所をとりません。 ゲーム デジタルなゲームではなく、トランプやチェスなどがいいと思います。 持ち運びも簡単だし、充電する必要もありません。 ガーデニング 1番小規模でやるなら、小さな植木鉢にハーブを育てて、台所の窓辺におきます。 庭でやるガーデニングも、育てるものや道具をミニマムにすればいいですね。 空手 空手衣と帯があればできます。 写真 写真はいろいろな道具がいりそうですが、スマホで写真をとるだけでおもしろいと思います(私は写真に興味がありませんが)。 もっと本格的にやりたいなら、ちょっといいカメラを買えばいいですね。 それでも、両手で持てるわけですから、そこまで場所をとりません。 ハイキング 靴と動きやすい服だけで大丈夫。 レインコートはあったほうがいいでしょうか。 バードウォッチング 双眼鏡と、鳥の図鑑(ハンドブックタイプ)があればできます。 釣り 釣りも釣り竿とエサがあればいいですよね?あとは取った魚を入れる物、それに長靴。 サイクリング 自転車と靴とヘルメット(こちらでは自転車に乗る時は必ずヘルメットをつけなければなりません)。 プログラミング パソコンと紙とペンと参考書だけで行けると思います。 インターネットの講座もあります。 語学 最小限で始めるなら、辞書、紙、ペンや鉛筆だけでできます。 ランニング シューズのみ。 こういうシンプルなスポーツは奥が深いです。 朗読 ちょっと前「朗読ダイエット」という本がはやりました。 私も読みました。 自分のからだ(声)と朗読をする素材さえあればできますが、とても奥の深い趣味です。 落語 浴衣みたいな着物と帯、扇子と座布団のみ。 お手本にする落語は、インターネットで聞くことができます。 家で1人で落語をする分には、着物もいりませんね。 「何でも量が多いほうがいい」というメンタリティーを捨てればいいのです。 編み物や洋裁、手芸など作るタイプの趣味も、1つずつ作って、人にあげたり、バザーに出せば、ガラクタはたまりません。 この手の趣味で物が増えてしまうのは、「いつか作る時のために」いろいろな材料を買い集めてしまうからではないでしょうか? 今現在、楽しんでいる趣味があり、すごく道具や材料が多いなら、いかにしてミニマムにするか、挑戦するのも楽しいと思います。 中途半端に手を出している趣味を整理し、やると決めた趣味は基本的な道具だけを持ってじっくり取り組む。 これならミニマリストでも心ゆくまで趣味の世界で遊べますよ。

次の

物を捨てる方法や減らすコツ!部屋を片付けてミニマリストになろう

ミニマリスト 物

動画内で登場するカッシーナや無印良品の商品がそれに該当するでしょう 「何も無いけど落ち着く」という感覚はミニマリストっぽいなと感じました。 さすがにコンセントの配線を見ると鳥肌が立つミニマリストは少ないと思うのですが、 コンセントをあまり好まないというのはミニマリストの特徴の1つだと思います。 コンセントの配線があってぐちゃぐちゃになっていると部屋の見栄えが悪くなってしまい、シンプルさや美しさが損なわれてしまいます。 さらに、コンセントの配線は無駄で邪魔以外の何物でもありません。 だから、ミニマリストはコンセントの配線をできるだけ無くそうとします。 僕自身、コンセントの配線がぐちゃぐちゃになっているのが嫌で、という商品を購入して対策をしました。 ミニマリストはコンセントの配線をあまり好みません。 しかし、ローランドは「鳥肌が立つ」と言っているくらいなのでミニマリストのさらに上を行っているなという印象です。 理由は、 名言や言葉が思いついたらそこにメモし、Googleで調べたいことがあったらメモするのに使っているとのこと。 ミニマリストは「減らす」ことにこだわっていますが、意外とデジタル派ではなくアナログ派の人が多いです。 電子書籍ではなく紙の本にしたり、ノートを持ったりと紙にこだわる人が意外といます 僕もその1人です。 全てデジタルというわけではなく、紙にもこだわっているのはミニマリストと似ています。 アブラサスの商品を愛用しているミニマリストは少なくありません。 ミニマリストしぶさんもアブラサスが好きだそうです。 このように、 アブラサスが好きというのも「ミニマリストだな」と感じました。 動画内で、カッシーナやヴェルサーチ、モンブラン、無印良品、ジョルジアコレクションのベッド、マルセルワンダースのグラス、冷蔵庫、ステンレスのワインセラーやテレビなどが紹介されていました。 その全ての物に対してこだわりや哲学、情熱、愛のようなものを持っていて、心の底から気に入っているという印象がありました。 例えば、さっきの無印良品もそうだけど、心が動いたら買いたい。 レジに行ってみて、それが1000円でしたって知るだけであって。 やっぱり、心が動くか動かないかだよね」 ミニマリストは本当にいいと思ったものやお気に入りの物しか持ちません。 ローランドは、全てを高級品で埋め尽くしたり物を値段で判断したりせず、「心からいいと思ったもの」「心を動かされたもの」だけを持っていてミニマリストっぽいと感じました。 ミニマリストの佐々木典士さんや多くのミニマリストがやっていることなのですが、調味料や飲み物などのパッケージを剥がします。 ミニマリストやローランドがパッケージを剥がす理由は、「パッケージは情報量が多くて刺激がある」「ごちゃごちゃしていて嫌だ」「複雑でシンプルでない」からだと思います。 このように、 パッケージを剥がす行為はミニマリストらしい行動であると思います。 「靴はここ」「グラスはこの位置」「リュックはここ」というように、物の位置が全て決まっていると語っています。 停電になって真っ暗になったとするじゃん 俺、全部物の配置分かる。 ここにこれがあるな、あれがあるなって、物の住所が全部決まっていて。 ここが定位置というのがあるのよ。 」 物の位置を決めていたり「物の住所」という用語を使っているあたり、いかにもミニマリストという感じがします。 例えば、物を押し入れや棚、引き出しに放置したりせず、綺麗に飾っているミニマリストが多いです。 ローランドも同様で、玄関にある収納が顕著だったのですが、 広いスペースの空間に余白をたくさん持たせてカッシーナの傘を1本だけ、モンブランのバックを一個だけ、靴と靴べらだけを置くという収納方法を実践していました。 物をただ適当に仕舞ったり置いておくのではなく、飾るように綺麗に美しく置いていたのが印象的でした。 正直言うと、 ローランドは完全にミニマリストであると思います。 思考も思想も感覚も好きなメーカーもありとあらゆるところがミニマリストであると思います。 独特の哲学や思考、合理的なところがたくさんあって参考になる部分がたくさんあると思います。

次の

ミニマリストの持ち物を大公開!バッグの中身一覧&物を減らす8つの考え方

ミニマリスト 物

「ミニマリストってどんな持ち物で生活しているの?」 「ミニマリストの人ってどんな基準で持ち物を選定しているの?」 この記事はそんな疑問を持つ方に向けて書いています。 どうも、ミニマリストのしぶです。 () 「自分にとって必要最低限必要の物だけで生きていく」 そんなミニマリストのライフスタイルに魅了されて2年が経過しました。 この記事では僕が物を増やしたり減らしたりしていく中で必要だった物、逆に要らなかった物などをまとめてリスト化しています。 歯ブラシやバスタオル、肌着などなど細い日用品を入れると 合計108個に。 多いのやら少ないのやら・・・? SPONSORED LINK 家具 この記事では順番に「持っている物」「持っていない物」を掲載しています。 持っている家具 狭いミニマリスト部屋を広く見せるため、清潔感を演出するために白のデスクを選びました。 持っていない家具• カーテン 無い方が部屋が広々と見えるし、窓から見える景色も相まって開放的。 朝起きた時も窓から入る日光で目覚める事ができるので不要です。 関連記事:• 枕 枕があると逆に違和感があって寝付けないのは僕だけでしょうか・・・• テーブル 友達を呼ぶ機会もそんなに多く無いし、食べるにも作業するにもデスクで事足りています。 ソファ 有ればインテリアとしてもお洒落だしまったりくつろげるんだろうなとは思うものの、 居心地が良過ぎると必要以上にダラダラ時間を過ごしてしまいそうだし、部屋のスペースも取ってしまいます。 座り込みたい時はマットレスを畳んで座ることもできるので要らないと判断しました。 ラグ 部屋一面全部がフローリングで有れば掃除も楽です。 ラグを敷いてしまうと掃除する手間も増えるし、家具の配置も制限されてしまうので持っていません。 家電 持っている家電 持っていない家電• テレビ テレビは場所を取るし、何よりリモコンの魔力がすごいです。 何も見たい番組がないのに、つい電源を入れてだらだらテレビを見てしまって時間の無駄になることもしばしば。 ただ、全くテレビ番組を見ない生活もつまらないので、「nasne」というレコーダーを使ってスマホやPCで録画した番組だけに絞って見るようにしています。 関連記事:• 冷蔵庫 実は夏が終わる数ヶ月前までは持っていたのですが、近くに引っ越してきた知人に譲ってしまいました。 冷蔵庫の有る生活も無い生活も両方経験して思うのは「有れば便利だけど無くても良いや」ということ。 少食を心がけていて1日1食なので、食べたい物があれば毎日近くのスーパーまで調達に行けば良いですし、 無駄に食材をストックしなくなるので、いつも新鮮な物を食べられるし、食べ過ぎも防げます。 電子レンジ これも冷蔵庫を持っていない理由と同じ。 冷凍食品は食べないし、お弁当や惣菜を食べる時はスーパーやレジにある物を使えば良いです。 洗濯機 マンション併設のコインランドリーを使っています。 調理器具 持っている調理器具• MacBook 12インチ• iPhone7Plus• Bluetoothスピーカー• コードレスイヤホン• ヘッドホン• 外付けハードディスク• モバイルWiFiルーター• nasne(レコーダー)• 充電プラグ• ケーブル類5本 合計14個。 デジタル機器に関しては全て黒色で統一していて、Apple製品をメインに使用しています。 持ち物を最小限に減らせているのもこれらのデジタル機器のおかげ。 大切な写真、音楽、動画、書籍なども全部データ化できたおかげでミニマリストになることができました。 そしてノートパソコンの選び方にもこだわりがあって、 目に見える文字量を減らすためにひらがなが記載されていない「US英字キーボード」仕様のパソコンを使っています。 コードの配線で部屋がごちゃごちゃせず、スマホやPCの音楽を楽しめるのが良いですね。 持っていないデジタル機器• タブレット 昔は持っていたのですが、スマホとタブレットの2つを同時に管理するのは面倒だし、 スマホで事足りるので売ってしまいました。 電子書籍専用タブレット(kindle paper) 読書が趣味なので専用タブレットを持っていましたが。 スマホのアプリで事足りるようになったので売りました。 デジタルカメラ これもスマホのカメラが高性能になってきて使う機会が減ったので断捨離してしまったのですが、 やはりブログにもっと綺麗な写真を載せたいなという欲が出てきたので再度購入を検討中。 固定のインターネット回線 コンパクトなWiFiルーターを契約していてそれで事足りているので不要。 衣類 持っている衣類• 白シャツ3枚• 黒のスウェットパンツ2枚• 黒のスキニージーンズ• 黒のジップパーカー• 青のライダースジャケット• ネイビーのステンカラーコート• グレーのマフラー• 黒スニーカー3足• サンダル• 肌着兼用白Tシャツx5枚• 冬用のヒートテックインナー3枚• 冬用のヒートテックタイツ2枚• 黒のパンツ5枚• 黒の靴下5枚• 黒リュック• グレー色リュック 服が9着、肌着が2着、バッグが2つ。 靴は3足、サンダル1足で合計4足。 衣類は合計35個。 コーディネイトは毎日同じパターンにすることで「私服の制服化」を行なっています。 9着の服だけでオールシーズンを着回す着こなしのポイントを下記の記事にまとめています。 関連記事: 日用品 持っている日用品• キャリーケース• ティッシュ• トイレットペーパー• 歯ブラシ• 歯磨き粉• 水流口腔洗浄機• 髭剃り• エチケットカッター• ハンドソープ• ハンドタオル4枚• 芳香剤• 消臭剤• エッセンシャルオイル• 衣類用洗剤• 3色ボールペン• 黒のマーカー• ノート• ハサミ• 通帳2つ• 小銭入れ• クレジットカード2枚• ガムテープ• 衣類&フローリング用コロコロ• キャリーケース 合計42個。 持っていない日用品• バスタオル 男で髪も短いのでハンドタオルで事足りています。 シャンプー お湯のみで洗う「湯シャン」を4年間実践しています。 アトピー体質で肌が弱いので洗剤負けするんですよね。 関連記事:• ボディソープ シャンプーと同じ理由です。 ミニマリストの僕がこだわっている物選びのポイント 来客用の物を持たない 「家に人が来た時のことも考えておかないと」 年に数回しか家に来ない人のために物を用意するのは凄くもったいないと思います。 例えば僕の場合、手持ちの食器は自分1人用しか揃えていませんし、 万が一誰かとご飯が食べたいなら外食にするなり、食器を使わないで済むように出前は惣菜を持ち込むようにすればそれで済みます。 自分の街にある物を含めて「代用できないか」考える 自分の家で全てを完結させようという考えは捨てました。 プリンターが使いたなら近所のコンビニを使えば良いです。 洗濯機を持たなくても、近所のコインランドリーで洗濯を済ませば良いです。 快適な入浴環境を整えなくても、近所のスポーツジムや銭湯の大浴場を使えば良いです。 自分自身で全ての物を所有してしまおうと考えるとキリがありません。 「迷う物=いらない物」 画像の小銭入れ、初めて見た数秒後には購入していました。 「なんて良い物なんだ!これは僕の人生を絶対に豊かにしてくれる!」 見た瞬間にそれを確信できたし、迷いは一切ありませんでした。 【ブログ更新】 迷ったら買わない。 迷ったら捨てる。 物に対して迷いが生まれる時点で、何かしら納得いかない点があるということ。 ミニマリストの持ち物まとめ.

次の