炊き込み ご飯 献立。 炊き込みご飯と汁物の献立。あと一品何を追加しますか?

炊き込みご飯に合うおかず 簡単な野菜や魚・お肉のおかずはコレ!

炊き込み ご飯 献立

私も炊きこみご飯よく作ります! トピ主さんちの場合、葉物野菜と魚料理をプラスすれば完璧では? *野菜料理・・・ほうれん草やキャベツなどの胡麻和え、白菜や小松菜の煮びたしなど *魚料理・・・鮭・タラ・ブリなどのなべ照り焼き、サンマやサバの塩焼き というのはどうでしょうか。 具だくさんの豚汁やけんちん汁を添えられるそうなので、他のおかずの量は少なめでもいいかも。 ちなみに私は、 *きのこご飯(えのき、シメジ、しいたけ、にんじん、油揚げ) *ほうれん草のかき玉汁 *鮭のなべ照り焼き *白菜と水菜と厚揚げの煮びたし みたいなパターンが多いです ユーザーID: 6832006847• 趣味・教育・教養ランキング• 野菜 茶碗蒸しですね。 ダシだけきちんと取ればしっかりした味になります。 蒸す時は放置でいいし、楽チン。 蒸し器がなくても鍋で簡単にできます。 我が家はよくうどんを入れて主食として登場することも多いです。 (炊き込みご飯の時には合いませんが。 おだまき蒸しですね) あるいは、焼き魚。 これも楽チンですね。 炊き込みご飯と汁物では、たんぱく質が不足していませんか? いくら汁物に具が多くても、メインがないと寂しいと思います。 焼き魚や煮魚など簡単に作れる魚料理が一品あると良いと思います。 彩りや栄養素がかぶっていないかを考えてその時々で足す感じです。 兼業なので手の込んだ物は作れませんが、最低限それはするようにしています。 ユーザーID: 0342590821• 炊き込みご飯大好きです。 炊き込みご飯大好きです。 五目御飯、たけのこご飯、しめじご飯、豆ご飯、、、etc とくに五目御飯が大好きで、五目御飯があればおかずはいらない!と思ってしまいます。 で、本題ですが、炊き込みご飯で、具沢山の汁物、であれば、あとは色的に緑が欲しいかな?と思います。 ご飯と汁物が塩 醤油 味ですので、 ・きゅうりとわかめの酢の物 ・絹さやや、インゲン豆や、アスパラなんかのさっと煮 煮物の味付けの出汁で、下湯でしたものをさっと煮るだけ) ・サラダ なんかがあるとバランスいいんではないでしょうか? お漬物があればバランスはいいかと思うんですが、全体的にちょっと塩分過多かも?と思うので、塩分排出にいいカリウム含有のりんごや柿なんかを食後に食べるのもいいですね。 今日の晩御飯は炊き込みご飯が食べたくなりました! ユーザーID: 7240188386• 栄養士です 炊き込みご飯と豚汁は、家の家族が大好きでとにかく良くつくりました。 丁度ご家族の年齢構成から、全員に同じ物というのが難しいのではと思いながら拝見しました。 そこで、手間を省くという点から、日替わりでスポットライトがあたる年齢層を決めて、義母様の日は、茶碗蒸しやお魚にして、10代のお子様の日はボリュームのあるお肉(薄切りの肉と野菜の炒め物などはいかがでしょうか)をつけて、30代の若いご夫婦は、多分両方の中間かなと思うので、おなすにひき肉とお味噌など、ちょっと頭に浮かんだメニューです。 ただ一つ、多分60代の方には、炊き込みご飯とお汁と漬け物の組み合わせは、塩分が結構多いような気がしたのですが、余計なおせっかいコメントでしたら申し訳ございません。 それから多分全員に、季節の果物を色々入れたフルーツサラダのデザートはどうでしょうか?少し甘みのあるヨーグルトで和えるという手もあります。 家では手軽なのでよく作りました。 豚汁、最近作っていない懐かしいメニューです。 大学に行って家にいない息子が大好きで豚汁だと必ずお味噌汁を食べてくれたため、良く作りました! ユーザーID: 4465717637• 主菜プラス副菜1品 炊き込みご飯、美味しいですよね。 私も大好きです。 この季節だと、栗ご飯、秋刀魚の炊き込みご飯、銀杏を入れたり、さつまいもをを混ぜたり、ちょっと贅沢に松茸・・・お米も新米だったりするので本当にご飯が何杯でもいただけて、体重計が恐怖です。 うちも、炊き込みご飯、混ぜご飯、しょっちゅう食卓にのぼりますが、それに主菜として煮魚(もしくは焼き魚)か、お刺身をつけることが多いです。 秋刀魚やカジキ、秋鮭やブリといった、こちらも旬の物を使えば、お味がいいことはもちろん、お財布にも優しいですよ。 それに副菜として、酢の物をつけてはいかがでしょうか。 シンプルにきゅうりとワカメだけでもいいですし、たこやくらげを使ってみても。 彩りが乏しいなと思われるときは、春雨サラダに錦糸卵をのせてみてもいいですよね。 ああ、書いているうちにお腹が減ってきました。 ユーザーID: 5491432300• 私なら.

次の

炊き込みご飯レシピ15選|献立に迷った時に使える!簡単で人気の鶏ごぼう、ほんだしやツナを使ったレシピなど

炊き込み ご飯 献立

炊き込みご飯に合うおかずで簡単なのはコレ! 炊き込みご飯の時のおかずは、普段、白ご飯には合わないなぁというものを作ると、実は合っちゃいます。 炊き込みご飯自体に味があるので、ご飯と合わないおかずがちょうどいいんですよ~。 冷ややっこ(温奴) 温かい時期なら、冷ややっこ、寒い季節には温奴がおすすめです。 シンプルなお豆腐の味が炊き込みご飯に合いますよ。 茶碗蒸し 茶碗蒸しも具材を簡単にしてしまえば、作るのは難しくありません。 茶碗蒸しのお出汁の味と炊き込みご飯の相性はピッタリです。 卵焼き 卵焼きと炊き込みご飯だけでも立派なお弁当になってしまうくらい、定番のおかずです。 たまごの甘味と炊き込みご飯が合います! 5. おひたし ちょっと、さっぱりした野菜のおかずが欲しい時は、おひたしがおすすめです。 ホウレンソウのおひたしなど青菜のお野菜のおひたしが定番ですね。 サッとお野菜を茹でて、お醤油と鰹節をかけるだけでOK! 6. あえ物 おひたしだと味気ない?という場合は、ツナやしらすなどと青菜野菜を和えてみると、おひたしよりはボリュームもでます。 ほうれん草の胡麻和えや、小松菜と油揚げの煮びたしなどでにしても美味しいですよ。 炊き込みご飯に合う野菜のおかずもご紹介しますね。 3.枝豆 用意するのも楽で、栄養もあり、子供も好きな子が多いですよね。 和食の小鉢の定番ともいえますし、酢の物もご飯が進むというタイプのおかずではないので、味のある炊き込みご飯に添えるのにピッタリなおかずですよ。 普段は、子供2人を育てている主婦です。 また、独身時代には化粧品会社でお仕事をしていたので、エステ、メイク、ハンドマッサージの資格も持っております。 こちらのサイトでは、いろんな資格や主婦歴を活かして、 普段の生活に役立つような情報を色々とご紹介していきます! 最新の投稿• アーカイブ• カテゴリー•

次の

炊き込みご飯のレシピ・作り方一覧(211件)

炊き込み ご飯 献立

Contents• 鮭のホイル焼き、冷ややっこ、鶏ささみのサラダ、ジャガイモの味噌汁です。 きのこの炊き込みご飯は、それだけで十分味があるので、ほかのおかずは薄味のシンプルなメニューにしました。 様々な食材で栄養を考え、全部で5品と、数は多いですが、どのおかずも時間をかけずに作れる簡単なものです。 あまり油も使わないので、ヘルシーだと思います。 ご飯を炊きこんでる間に、ホイル焼きとみそ汁を火にかけ、その間に冷ややっこ、ささみのサラダを作れば、効率的に作ることができます。 簡単な作り方 鮭のホイル焼きのレシピ 鮭に塩コショウをして、玉ねぎは繊維に沿って薄切りにします。 アルミホイルを適当な大きさに切り下に少しバターを塗ります。 その上に鮭、玉ねぎを置き、大さじ1位のバターを乗せしっかりと包みます。 フライパンに乗せ、鮭が半分くらい浸かる位の水を入れ、中火にかけます。 ぐつぐつと沸騰したら弱火にして、15分程で完成です。 冷ややっこ 絹豆腐1丁を4つに切りお皿に乗せ、たっぷりのねぎ、鰹節、しょうがのすりおろしを乗せて出来上がり。 とても簡単です。 鶏ささみのサラダ 鶏ささみは、茹でて冷まします。 お好みの野菜、我が家はレタス、キュウリ、トマトが多いです。 ここに、ささみをさいて乗せ、お好みのドレッシングで食べて下さい。 ジャガイモの味噌汁 じゃがいもは食べやすい大きさに切ります。 先ほど残しておいた玉ねぎとだし汁で茹でます。 火が通ったら、味噌を溶いて完成です。 お好みでねぎをちらしても美味しいです。 きのこが旬の秋には特に多く登場する我が家の定番献立です。 家族みんなが喜ぶ大好きなメニューです。 豚肉の天ぷらできのこの炊き込みご飯がモリモリすすみます。 きのこの炊き込みご飯が茶色、豚肉の天ぷらが薄い黄色で地味なため、付け合わせをモヤシの白、人参のオレンジ色、ブロッコリーの緑と鮮やかにしました。 かきたま汁も人参を入れたので、オレンジ色と卵の黄色でとてもきれいです。 野菜もとれるし、お肉、卵などのたんぱく質もバッチリとれる、栄養満点の献立になっています。 この味付けなら、野菜嫌いの子供も食べやすいと思われます。 豚肉の天ぷらはなかなか皆さんやらないと思うので、新しいメニュー感があって、いえで出したら喜ばれます。 簡単な作り方 まずメインから、片栗粉と小麦粉、水を加えよく混ぜたものに豚肉薄切りをつけ、油であげます。 タレは砂糖、醤油、お酢、胡椒、ごまを鍋に入れ軽く火にかけます。 付け合わせの人参、もやし、ブロッコリーはそれぞれお湯でゆでます。 レンジで加熱してらもっと簡単です。 豚肉の天ぷらと付け合わせにタレをかけてメインは完成です。 かきたま汁は玉ねぎ、にら、人参など好きな野菜をだしで火にかけ、火が通ったら、塩コショウ、醤油で味を整えます。 鍋がフツフツしたら、火を一度止め、溶き卵をゆっくり注ぎかき混ぜていきます。 全部入れたらもう一度軽く加熱して完成です。 このレシピのポイントは豚肉薄切り5枚くらいでお腹一杯になるので節約にもなりますし、味もバッチリ美味しいです。 付け合わせももりもり進みます。 炊き込みご飯にあらかじめ味がついているので、メインはあまり濃い味になりすぎないものでタンパク質を豊富に含むもので考えると鶏肉の山椒焼きがおすすめです。 おかずは栄養バランスを考えて根菜を使用しミネラルもたっぷりの切り干し大根、葉物野菜が足りていないので汁ものはほうれん草と豆腐の味噌汁が合うと思います。 簡単な作り方 この献立のレシピを簡単に紹介します。 切り干し大根を戻している間に、ねぎ、ほうれん草、切り干し大根に入れる人参と油揚げをカットし、鶏肉に塩で下味をつけておきます。 人参と油揚げと切り干し大根を戻し汁ごと鍋に入れ、だしの素とみりん、酒、醤油で味付けをして炊きます。 ほうれん草で味噌汁を作っておきます。 鶏肉を皮目から焼き目がつくまで焼きます。 ひっくり返して蓋をして弱火で5分ほど加熱し、蓋をとって皮目を下にして水分を飛ばします。 みりんと醤油適量を加え、弱火でさっと煮詰めて鶏肉にからめます。 食べやすい大きさに切って山椒をかけて山椒焼きは完成です。 炊き上がった切り干し大根も盛り付けて、味噌汁にネギを散らして完成です。 切り干し大根は日持ちがしますし、栄養価も高く冷めてもおいしいので多めに作って作り置きのおかずとして重宝しますよ。 30分くらいおいてもどし、半分のそで切りにする。 鶏肉は一口大、ごぼうはたわしで洗い。 乱切りにして水にさらす。 れんこん、にんじんはピーラーで皮を向き、一口大の乱切り、ゆでたけのこは水洗いして乱切り、きぬさやは筋をとり塩を加えた熱湯でさっとゆで、冷ました後斜め半分に切る。 鍋を熱して材料を軽く炒め、干しシイタケのもどし汁を全量いれ、水をヒタヒタまで注ぐ。 煮立ててあくをきれいにとる。 砂糖を加えて5分ほど煮る。 しょうゆ大さじ2を入れて落し蓋をし、煮汁がほぼなくなるまで煮て、みりんとしょうゆを香り付けに加えて木べらで汁気がなくなるまで煮る。 塩ゆでしたきぬさやを混ぜて、器に盛って出来上がり。 きのこの炊き込みご飯のおかずによく合いますよ~。 じゃがいもを皮を向いて細かく切る。 またじゃがいもの芽はソラニンという毒があるのであらかじめ包丁で切っておく。 しめじは洗わずに1つずつちぎる。 松茸も洗わずに1つずつちぎりとる。 たけのこは水気をキッチンペーパーで拭き取り、包丁で短冊切りで細かく切る。 調味料は別の容器でしょうゆ、砂糖、酒、みりんをそれぞれ大さじ一杯いれる。 調味料、材料共に下準備を終えたら40分ほど炊き込む。 炊き込んだあとも10分ほど待つとホクホク感が増します。 しゃもじで簡単にほぐしてきのこの炊き込みご飯の出来上がり。 キノコの炊き込みご飯は、とても美味しいですが、簡単にできると思いますよ。 ご飯に味が付いているプラスきのこも入っているということで、おかずは炊き込みご飯を引き立たせるものを考えました。 そして、全体的に秋の味覚を沢山使って秋らしい献立にしてみました。 お味噌汁の具はサツマイモがおすすめです。 味のついたご飯に甘みのあるサツマイモの具のお味噌汁が合うのではないかと思いました。 青菜のお浸しも、炊き込みご飯の邪魔をせずサッパリ食べられて合うかなと思います。 そして、主菜も秋刀魚という秋の味覚にしました。 炊き込みご飯と一緒に食べてもお互い邪魔し合わず相乗効果で美味しくなる組み合わせだと思います。 簡単な作り方 ・きのこの炊き込みご飯 きのこは舞茸、しめじなどが良いかなと思います。 きのこたっぷりの食べ応えのある炊き込みご飯にするのがおススメです。 ・サツマイモのお味噌汁 白だし、サツマイモは輪切りでホクホクになるように茹でます。 ・青菜のお浸し 青菜に使うのは、ほうれん草・水菜・小松菜などが良いかと思います。 出汁を効かせて、お醤油は控えめに。 すりゴマをかけると香ばしくてさらに美味しくなります。 あっさりとしたお浸しにするのが良いと思います。 ・秋刀魚の塩焼き シンプルに塩焼きにします。 旬の秋刀魚は脂が乗って当てとても美味しいです。 どのレシピもとても簡単だけど、たっぷり秋の味覚を堪能できるお腹も心も大満足の献立です。 例えば家では秋鮭のバターソテーと、さつまいもの味噌汁を組み合わせることが多いです。 うちのきのこご飯はきのこを何種類か取り合わせたものに出汁としょうゆ味で作るので、タンパク質として同じく秋で脂ののった鮭を、バターでパリパリめにやいたソテーがピッタリ合います。 隠し味にしょう油をすこしかけるので、きのこご飯との相性がとてもよいです。 また汁物としてやはり秋の季節をかんじさせるさつまいもを使ったお味噌汁をそえます。 さつまいもはかなりあまいので、玉ねぎか長ネギをいっしょにいれてバランスを整えます。 簡単な作り方 仕事をしているので毎日の食事は簡単に30分以内でできるようなレシピが多いのですが、特に今回は簡単です。 秋鮭は牛乳に5分ほど漬け込み、臭みをとります。 あとはフライパンにバターをとかして、塩をふりかけた鮭をいれて強火で炒め焦げ目がつくほど両面をやきます。 両面焦げ目がついたら、弱火にして蓋をして10分ほど。 最後に強火にしてしょう油をまわしいれておしまいです。 さつまいもの味噌汁は大きめにカットして、水に入れてあく抜きをします。 あとはお出汁のなかに玉ねぎとともにいれるだけです。 味噌味を心持ち濃いめにするとバランスがよいです。 さつまいものカットをしてあくぬき、秋鮭の牛乳で臭みとり、味噌汁の煮込み、秋鮭のソテーの順に行うと30分で全部作り終えてあたたかいご飯を食べることができます。 簡単だけど秋が感じられる、よい献立だと思いますよ。 7:豚の角煮の献立 おすすめのきのこの炊き込みご飯に合う献立の紹介です。 主食はきのこの炊き込みご飯で、おかずには、豚の角煮、副菜にはほうれん草のお浸し、汁物にお吸い物。 その他にもキャベツの千切りやミニトマトを買ってきて洗って盛り付け、サラダを作るなどしても栄養や彩りになるためとてもいいかもしれませんし、おかずの豚の角煮をぶり大根など他の煮込み料理にするのもありかもしれませんね。 また、きのこの炊き込みご飯がぱさぱさしている場合に合わせるなら煮込み料理だと考えておりますが、しっとりとした炊き込みご飯が出来上がった場合には、ガッツリとした鶏の唐揚げなどの揚げ物も、味が濃すぎないように注意して塩味や醤油で味をつけるとおすすめです。 簡単な作り方 豚の角煮は、にんじんや、だいこんなどをプラスして彩りを追加しやすいレシピだと思います。 また、あく抜きさえ終わらせてしまえば煮込むことで美味しくできることや、メジャーなおかずのためレシピがいっぱいあることで、味のアレンジなども楽しめるいいおかずになるのではないでしょうか。 お吸い物に関してはお椀がひとつ増えるためなんとなく豪華になり頑張った感も演出できるのでおすすめです。 お吸い物には、作る場合でも花ふや乾燥ワカメなどを使えますし、お吸い物のもととかを使ってしまえばお湯のみでできてしまうので簡単です。 あと、炊き込みご飯で少し口の水分が取られたときにも汁物があるととてもうれしいのではないかと思います。 8:焼き鮭の献立 きのこの炊き込みご飯は具材がたっぷりはいっているので、しっかりとしたおかずがなくてもそれだけで十分満足なメニューだと思いますが、合う献立としてベストだなと思うのはやはり焼き鮭。 時々、きのこの炊き込みご飯の変化球として鮭も入れたきのこの炊き込みご飯にするくらいです。 それほど相性が良いと思っています。 シンプルに焼いた鮭にきのこの炊き込みご飯。 そこに野菜たっぷりの豚汁も添えれば栄養バランスも抜群になりますよ。 もちろん、豚汁にもきのこを投入!季節的にさっぱりめの秋鮭だとムニエルにしてみたりするのも良いと思います。 さらには敢えてこれでもか!というくらいきのこをたっぷり乗せてホイル焼きにしてきのこ祭り状態でも良いかなと思います。 きのこの炊き込みご飯は本当に色んな食材と合うと思いますが、ベストマッチは焼き鮭です!オススメです! 簡単な作り方 秋鮭のホイル焼きのレシピ。 ホイルに秋鮭を乗せます。 さらに鮭の上にえのき、しめじ、人参を千切りにしたものをたっぷり乗せ、塩コショウを軽くします。 醤油は軽くたらすくらいで。 そしてバターをひとカケ乗せたらホイルを軽く閉じて後は焼くだけという簡単なものですが我が家では毎回フライパンで作っています。 なのでホイルもフライパン用のものを使っています。 熱の伝わりかたが良いように思います。 均等に焼けます。 中火の弱で10分弱焼いたら火を止め、好みで食べる直前にレモンを掛けて頂きます。 バターのコクとさっぱりとしたレモンがよく合います。 後、食材は同じでとろけるチーズを掛けたバージョンもとても美味しいです。 その場合は玉ねぎのスライスもきのこと一緒に乗せるととても合います。 簡単に作れるレシピなのに、見た目は手の込んだように見えるので重宝するレシピですよ。 9:鶏肉のさっぱり煮の献立 きのこの炊き込みご飯に合う献立でまず思いついたのは鶏肉です。 あっさりとしたご飯に鶏肉の油分が合うと思いました。 夏の終わりに体が疲れているでしょうからさっぱりおかずで、鶏肉と卵のさっぱり煮と塩肉じゃが、オクラの煮浸し、お味噌汁を考えました。 鶏肉と卵のさっぱり煮にはお酢を使い、完全栄養食である卵も1日に2〜3こは良いそうですね。 肉じゃがには体力増強・疲労回復効果のあるニンニクを使います。 オクラのネバネバはタンパク質ととると効果的で、消化吸収を助けるタンパク質と体の塩分水分を調節するカリウムが取れるので夏の疲れた体に効果的です。 「食欲の秋」と言われおいしいから食べ過ぎて太っちゃうとは言いますが、夏の疲れた体のまま食べすぎるので太ってしまうという説もあります。 冷たい飲み物ばかりでなくそろそろ温かいお茶などを飲んで疲労回復に努め味覚の秋に備えたいものです。 簡単な作り方 鶏肉と卵のさっぱり煮はゆで卵を半熟気味に作っておきます 半熟気味がポイント。 ポン酢と水を同量で沸かし、手羽中や手羽元など骨がついたお肉の方が汁がトロッとなりおいしいです。 煮えたら火を止めゆで卵を入れ、冷めていく中で味を染み込ませていきます。 ゆで卵を茹でる時に固茹でにしてしまうと、再度温める時白身も黄身も硬くなってしまいますから、モソモソ食べづらいので、卵は再度温めた時にちょうど柔らかい感じが良いと思います 好みですが。 塩肉じゃがは肉じゃがの材料を醤油ではなく塩で煮ます。 酒、鶏がらスープの素、ニンニクスライス、砂糖、塩、水です。 しょうゆの肉じゃがもいいいですが、こっちの方があっさりなので我が家ではもっぱら塩肉じゃがです。 食べる時に黒胡椒、あさつきを散らします。 オクラの煮浸しはめんつゆを使ってつけ汁を作っておき、レンジでチンしたオクラをつけて冷まします。 最近は野菜は茹でるより蒸した方が栄養価は逃げないといいますよね。 食べる時はおかかをふります。 あとはお好みのお味噌汁で。 オススメレシピはどれも簡単で次の日でも味が染みておいしいので多めに作っても大丈夫ですよ。 10:簡単な和食の献立 きのこの炊き込みご飯をメインにしたいと思うので、おかずの献立は軽めのものが良いかと思います。 炊き込みご飯に、力を入れたということか目立つようなにしたいと考え…おかずは手抜きで良いかと思います! 焼くだけのお魚、切って入れるだけでできるお味噌汁がお勧めです。 そして彩りに卵焼き。 簡単ですが、これぞ和食という献立になります。 秋ですので、サンマを焼いたものを並べます。 そこに卵焼きを添えて。 汁物として、あえてきのこをたくさん入れたお味噌汁にします。 炊き込みご飯とお味噌汁に同じ具材を使うことで、味の違いが楽しめる献立とさしています。 簡単な作り方 なんと言っても、簡単なレシピということが、おすすめポイントとなっています。 炊き込みご飯は、普段の白ご飯と違って炊く前の手間があります。 そこに、手を込めているので、おかずはいかに短時間で、作れるかということに重点を置いた献立となっています。 炊き込みご飯を作る際に少しきのこを取り分けて置いておきます。 そして、炊飯器にセット。 炊き上がるのを待つ時間におかずが出来上がるというのがポイントです。 魚はグリルにセット。 その間にお味噌汁を作ってしまいます。 お鍋にお湯を沸かし、そこに取り分けてあったキノコを投入します。 3分ほどしたら、豆腐を入れます。 そして、さらに2分。 火を止めてお味噌を適量溶かし入れます。 そして、お皿に注いだ後で小ネギを散らせば完成です。

次の