マグロ 丼 の 作り方。 黄金比はこれだ!漬けマグロ・たれの作り方【最短10分位~簡単レシピ】

プロが教える「マグロの漬け丼の作り方」を試してみました!霜降りがポイントです。

マグロ 丼 の 作り方

まぐろとづけたれ(土佐醤油)を用意する まぐろの刺身は、種類や部位(赤身や中トロなど)はどんなものでもいいですが、 筋の少ないものを準備しましょう。 刺身の状態で買ってきてOKですし、さくの状態で購入したら 「食べやすいそぎ切り」「食べ応えの出る角切り」など、好みの形に切っておきます。 まぐろの漬け丼を醤油のみで作ると塩辛くなってしまうので、 醤油にみりんや酒の甘みをプラスする(余裕があれば鰹節のうま味も加えて土佐醤油にする)と美味しく仕上がります。 手軽に作る場合の材料は、 Aの調味料(醤油大さじ2、みりんと酒各小さじ1)を使用します。 みりんと酒を耐熱容器に入れてレンジ600Wで40〜50秒ほど加熱して煮切ってから醤油と合わせ、づけだれの出来上がりです。 小鍋に醤油とみりん、酒を合わせ、下の写真のように一度沸かし、沸いてから鰹節を加えて1分加熱。 火を消してそのまま5~10分味をなじませてから鰹節をしっかり濾します。 その間に大葉をせん切りにするなどしておきましょう。 まぐろを漬け終えたら、丼ぶりにごはんをよそい、その上に 漬けだれをティースプーン1杯ほどかけ、切り海苔を全体に散らします。 その上にまぐろの漬けを広げ並べ、さらに薬味をのせる前に さらに漬けだれをティースプーン1~2杯ほど全体にまわしかけます。 最後に大葉のせん切りとおろしわさびを盛り付け、白いりごまをちらして出来上がりです。

次の

まぐろの漬け丼のレシピ/作り方:白ごはん.com

マグロ 丼 の 作り方

簡単で美味しいポキとポキ丼 ハワイのB級グルメ、簡単で美味しいポキのレシピです。 作り方は和えるだけ。 火を使わない簡単まぐろ料理ですが、丼によそえば立派なまぐろ丼に。 アボカドの緑が見た目も美しく、味付けも醤油ベースなので好き嫌いなく美味しくいただける、まぐろ料理のポキとポキ丼のレシピです。 ・砂糖とレモン汁少々をかけてよく混ぜる。 砂糖を加えることで甘みが加わり美味しくなります。 ・ポキ丼はドンブリよりも深皿や平皿に盛ると見た目も良く、よりハワイっぽいポキ丼になります。 ・薬味には白髪ねぎやカイワレ、丼にするときは海苔を散らすと見た目も味も良くなります。 和えるだけの簡単まぐろ料理ですが、日本人にも馴染みの深い醤油とレモン汁の酸味、ラー油の辛さがスパイスとなり、普段はワサビ醤油で食べるだけのマグロもいつもとは一味違うぐぐっと美味しい一品料理に。 深皿や平皿にご飯と盛り付ければ、ただのまぐろ丼が簡単にオシャレなカフェ風のポキ丼になります。

次の

俺のマグロ丼の作り方

マグロ 丼 の 作り方

簡単で美味しいポキとポキ丼 ハワイのB級グルメ、簡単で美味しいポキのレシピです。 作り方は和えるだけ。 火を使わない簡単まぐろ料理ですが、丼によそえば立派なまぐろ丼に。 アボカドの緑が見た目も美しく、味付けも醤油ベースなので好き嫌いなく美味しくいただける、まぐろ料理のポキとポキ丼のレシピです。 ・砂糖とレモン汁少々をかけてよく混ぜる。 砂糖を加えることで甘みが加わり美味しくなります。 ・ポキ丼はドンブリよりも深皿や平皿に盛ると見た目も良く、よりハワイっぽいポキ丼になります。 ・薬味には白髪ねぎやカイワレ、丼にするときは海苔を散らすと見た目も味も良くなります。 和えるだけの簡単まぐろ料理ですが、日本人にも馴染みの深い醤油とレモン汁の酸味、ラー油の辛さがスパイスとなり、普段はワサビ醤油で食べるだけのマグロもいつもとは一味違うぐぐっと美味しい一品料理に。 深皿や平皿にご飯と盛り付ければ、ただのまぐろ丼が簡単にオシャレなカフェ風のポキ丼になります。

次の