猫よけ 対策。 野良猫対策グッズ15つ。猫よけモスキート音は効果あり?

猫よけ対策には植物が効果的!健康的な方法で野良猫を避けよう

猫よけ 対策

どうしてハーブに猫よけ効果があるの? 野良猫は縄張り意識が強いので、一度トイレに決めた場所やお気に入りの場所には毎日訪れます。 そして、こういった野良猫のお気に入りの場所には、自分の臭いを付けて他の猫にとられないようにしています。 そのため、 野良猫は自分のお気に入りの場所に別の臭いがすることが嫌いです。 さらに、 特有のにおいがあるハーブなどの植物は、猫が嫌いな臭いなので野良猫を撃退することも期待できます。 これがハーブで猫よけできる理由です。 一言にハーブといっても、猫だけでなく人間の鼻でも臭く感じるものから、人間の鼻ならいい香りに感じるものまで様々です。 どうせなら、いい香りに感じることができるハーブを育てて猫よけしたいですね。 猫よけ効果的なおすすめハーブ では早速、猫よけ効果のある植物をご紹介していきます。 おしゃれな植物から日常的に目にする植物まであるので、気に入ったものがあればチェックしてみましょう。 ペパーミント ペパーミントの特徴 ペパーミントは清涼感のある香りが特徴です。 草丈は50~80cm程度。 ハーブティーなどで楽しむことができます。 猫よけだけでなく蚊よけにも効果があるとされているので、蚊の増える夏の季節にはおすすめです。 ミント系の植物は繁殖力が強いので、植えた後ほったらかしてしまうと雑草のように増殖してしまうことがあります。 それはそれで猫よけ効果が高くなりそうですが、適度な量を保つにはお手入れが必要になります。 ペパーミントの育て方 ペパーミントは繁殖力が強いので、ほったらかしで育てると大変なことになります。 定期的に増えた分を根っこから抜くなどの世話が必要になります。 また、季節は1年を通して問題なく育てることができますが、風通しが良い場所ならなお良いです。 世話が面倒な方は、勝手に増えすぎないように植木鉢で育てるなど、囲いを用意しておくと過度の増殖を防ぐことができます。 rakuten. かなり強烈な臭いなので人間の感覚からしても臭く感じるかもしれません。 しかし、その分強力な猫よけ効果があるといえます。 葉から出る臭いは猫が嫌うので猫よけに使えますが、雨に濡れると乾くまで効果が無くなります。 また、寒さにそこまで強くないので寒さの厳しい地域では越冬するのが難しいのが難点です。 しかし、 見た目はかわいく夏には綺麗な花を咲かせるので、庭先や玄関先を彩るには向いています。 コリウス・カニナの育て方 乾燥に強い植物なので、日当たりと風通しのいい場所で育てましょう。 しかし、真夏の暑さには耐えられないので夏場は日陰に移すなどの対応が必要です。 乾燥気味に育てることで臭いが強くなり、忌避効果が高くなります。 ローズマリー ローズマリーの特徴 ローズマリーはシソ科の常緑性低木で、成長すると高さは1~1. 8mほどになることも。 暑い気候が得意な植物ですが、耐寒性も高いので越冬もできます。 匂いはマツに似ているので香りを楽しむこともできると思います。 冬から春にかけては青や紫がかった白い花を咲かせて庭を可愛く彩ってくれ、観賞用としても人気が高い植物です。 お手頃な価格で購入できるうえに管理も簡単なのでおすすめです。 ローズマリーの育て方 ローズマリーは育てやすい植物なので、管理も大変簡単です。 日当たりのいい場所に植えて放置しておけば、強い霜にでも当たらない限りそうそう枯れません。 水やりも必要がなく基本放置でOKです! タンジー タンジーの特徴 タンジーはキク科の多年草で、菊と同じような花を咲かせるハーブの一種です。 キク科でも舌状花がない点がヨモギに似ていることから、ヨモギギクという名前で呼ばれることもあります。 タンジーの香りは猫よけ以外にも防虫の効果があると言われています。 タンジーは7~9月ごろに開花するのですが、この期間は鼻の香りが強くなるので普段より猫よけの効果が強力になります。 猫の活動が活発になる時期も丁度これくらいの暖かい時期なので、タンジーは時期的にも猫よけに適しています。 しかし、タンジーの生命力はとても強く、特に地中茎は放っておくとぐんぐん伸びてしまいます。 気が付いたら他の植物を植えていたスペースを奪い取ってしまった。 なんてことも全然起こりうるので、タンジーを飼育する際は植木鉢や花壇などの区切られたスペースで育てることがおすすめです。 タンジーの育て方 タンジーは水はけの良い土を好みます。 水はけがよければ土質にはほとんど左右されずに育てることができます。 また、生命力がもともと高いので、肥料はそれほど必要ありません。 水はけの良い土を好むので、水やりもそれほど必要ありません。 また、病気になることも少なく、もともと防虫の臭いを放っているので虫よけも必要ありません。 冬には地上に出ている部分が枯れたようになりますが、冬を超えると再び芽吹いてくるので心配ありません。 タンジーは寒さにも暑さにも強く、世話も簡単なので初心者でも育てやすい植物です。 観賞用にもなる猫よけ植物 猫よけができる植物はハーブだけではありません。 鑑賞に向いていながら猫が苦手な植物もあるので、そちらをご紹介していきます。 ルー(ヘンルーダ) ヘンルーダの特徴 ヘンルーダは別名「ルー」や「コモンルー」と呼ばれる植物で、ミカン科の常緑小低木です。 樹高は50cmから1m位で庭に植えやすいサイズだと思います。 匂いはサンショウを少し甘くしたような香りなので人間にとっては臭くありませんが、猫よけ、虫よけ効果があります。 夏になると画像のようなきれいな黄色い花を咲かせますが、葉っぱの樹液に触れるとかぶれるので注意が必要です。 ヘンルーダの育て方 ヘンルーダは乾燥に強い植物なので、水やりを頻繁にする必要はありません。 増えすぎたハーブは猫よけスプレーに再利用できる 庭にハーブを育てていると、ハーブが増えすぎて抜くことがあると思います。 しかし、この抜いたハーブも猫よけに利用することができます。 それは、 ハーブを抽出して猫よけスプレーや忌避剤として再利用する方法です。 ハーブを抽出してスプレーや忌避剤にする方法 これから、増えすぎたハーブを抽出してスプレーや忌避剤に再利用する方法をご紹介します。 抽出したエキスは、そのまま庭に撒いたり、容器に入れて猫よけしたい場所に置いておくなどして野良猫を撃退することができます。 熱湯でハーブを抽出する方法 飲用としても利用できて一番簡単な方法です。 乾燥させたハーブを細かく刻んでおく• 乾燥させたハーブを入れた容器に熱湯を入れ、5~10分蓋をして蒸らす• 茶こしなどを用いてハーブのかすを取り除いて完成 用意する材料は、ハーブが5gに対して熱湯が400ml程度の組み合わせが最も効率よくハーブを抽出できます。 この方法なら庭にそのまま撒いても植物に影響はありません。 アルコールでハーブを抽出する方法 エタノールなどのアルコールを用いてじっくりハーブのエキスを抽出する方法です。 乾燥させたハーブを細かく刻んでおく• 容器の蓋を締めて冷暗所に2週間保管する• この間、毎日1回容器を軽く振って混ぜて完成 用意するアルコールは、エタノール以外にもウォッカや日本酒でも代用できます。 この方法なら熱湯よりも濃いエキスを抽出できますが、庭にそのまま撒くと植物に影響が出てしまうので、ペットボトルなどの容器に入れて猫よけしたい場所の側に置いておきましょう。 ハーブの猫よけ効果を高める工夫 これらの猫よけ効果がある植物を1つ植えたからといって、野良猫が完全に近づかなくなるかといわれるとそうではないでしょう。 猫によって性格もありますし、厳しい環境で生活している野良猫なら鼻が効きにくくなった個体もいるはずです。 そこで、複数の猫が嫌いな植物を育ててみるのもいいかもしれません。 こうすることで、1つ目の植物の臭いは平気な猫も2つ目の植物で撃退できるようになるなど相乗効果を見込めます。 猫よけグッズと併用する 植物を植えることでできた死角に猫よけグッズを設置することで、植物の臭いにひるんだ猫にさらなる追い打ちをかけることができます。 おすすめは植物の隙間に超音波グッズをセットする方法です。 臭いだけなら鼻の利かない猫には効果がありませんが、超音波を合わせることで耳からも不快感を与えることができます。 合わせて読みたい• 猫よけは植物でおしゃれに撃退! 猫よけと言えばトゲトゲシートやネットなどが一般的ですが、どれも景観を損なってしまうのが残念なポイントでした。 その点、 ハーブなどの植物なら庭に緑を増やしながら猫よけもできて一石二鳥です。 せっかくのマイホームですし野良猫にお困りならば、景観を保ちながら猫よけできる植物を植えてみてはいかがでしょうか? 今回の記事ではすべての植物を紹介することはできませんでしたが、この記事で紹介していない植物にも猫よけ効果があるものは多くあります。 ランタナ• ユーカリ• ゼラニウム• ヘンルーダ• ペパーミント• チャイブ• マリーゴールド• カニナハイブリッド など… もしもこの中に育ててみたい植物があれば、野良猫のよく通る場所に植えてみましょう。 トゲトゲシートや忌避剤、超音波グッズを使っても野良猫を追い払うことができず、困り果てた私は 「番人くん」という超音波グッズを購入しました。 番人くんには、猫よけのあらゆる疑問に専門家が答えてくれる特典が付いています。 野良猫の被害にあっている場所の写真を送ると、専門家がアドバイスしてくれるんです。 そのアドバイスに従ったところ、これまで自分でやってきた猫よけが嘘のように、野良猫がやってこなくなりました。 確実に猫よけを成功させるには、ノウハウの豊富な専門家に頼るのが1番です。 さらに、 万が一、専門家のサポートでも猫よけに成功できなければ、全額返金してもらえるので、お金が無駄になる心配もありません。 野良猫に頭を悩まされている方は、ぜひチェックしてみてください。

次の

猫よけ対策

猫よけ 対策

花壇や車の猫よけ方法とは 猫立ち入り禁止にはトゲトゲが有効です 猫が大好き、自宅で猫を飼っているという人でも、もし丹誠込めて植えたばかりの球根がよその猫にほじくり返されて、ウンチのお土産が残されていたらどんな気持ちになるでしょう。 猫が地域で起こすトラブルで一番多いのが、この庭を荒らされたり、排泄されることです。 外出自由の飼い方をしている飼い主もいるので、庭をトイレ代わりに使う猫が飼い主のいない猫(野良猫)か、飼い猫かを区別することができず、文句の矛先は猫に向けられます。 しかし猫にとってみたら、トイレに適している場所があればそこを利用するのは単なる習性です。 悪気があってそこで排泄したり、庭を荒らそうと思ってやるわけではありません。 とはいっても猫が苦手な人にとっては、猫が庭に来るのが大問題。 猫が好きな人だって毎日毎日庭に残されたウンチ、そしてオシッコのニオイにはうんざりするでしょう。 果たして庭に猫を立ち入らせない、猫に置きみやげをさせないようにする方法はあるでしょうか。 <目次>• 飼い主のいない猫(野良猫)の行動と習性 飼い主のいない猫(野良猫)はどんな行動・習性で動いているでしょう。 猫は人目につきにくい場所に棲みついています。 たとえば、資材置き場の物陰や古い家屋の縁の下、物置、植え込みの中など日頃人が近づかない場所をねぐらにしている猫が多いようです。 そして日に数回、特にオス猫は自分の縄張りを見守るためあちこちを歩き回り、トイレに適した場所=柔らかく掘り返しやすい土があるところで用を足します。 縄張りの印として、スプレーと呼ばれる排尿とは違うきついニオイのオシッコをあっちこっちに引っかけて歩く猫もいます。 空き地や土の部分が少なくなっている都市部では、どうしても土の残っている庭や公園、街路樹のまわりが猫のトイレとして使用されてしまいます。 猫が庭に来たくない、と思わせる8つの秘策 猫の習性を利用して、庭や車への被害を減らそう 家の中の猫だったら1か所の決まったトイレを使ってくれます。 外の猫も同じ場所にこだわる猫もいますが、その時々にしたくなった近場で用を済ます猫も多いです。 今、毎日同じような場所をトイレに使われている場合は、その場所に強いこだわりがあるタイプの猫かも知れないので、その猫にそこでトイレをさせないようにするのはなかなか難しいかもしれませんが、まずは以下のようなことを試してみましょう。 1.猫のニオイを消してしまう 自分の排泄物やスプレーのニオイがあると、猫は何度でもそのそばをトイレとして利用します。 トイレにされてしまったら、まずその猫のニオイを消し去りましょう。 ニオイ取りに効果的で、猫にも草木にも安心して使えるのは「 重曹」です。 重曹は、スーパーや量販店などどこででも手に入りますし、ふくらし粉やコンニャクの凝固剤、胃薬の成分にも使われているので安全です。 色々な粒の大きさの重曹が販売されていますが、細かいタイプの重曹を土の上に振りかけ少し混ぜてください。 2.猫が気に入っている場所の配置・外観を変える 見慣れないものに不安感を持つことが多い猫の習性を利用して、トイレに使われる場所に植木鉢を並べたり、ラティスを置いたりして猫がいつもと違う、居心地が悪いと感じるようにします。 でもたいていの猫は最初は遠巻きに観察して、危険がないと判断すると、そのまわりでトイレをし始めてしまうでしょう。 そこで、ものを移動した後の空いている猫が好みそうな土の上に、大きめのタイルや尖った砂利、人工芝、100円均一でも販売されているトゲトゲのついた猫よけマットなどを敷いて猫を歩きにくくさせます。 割り箸を折って土に等間隔で埋めてもよいでしょう。 これらの障害物を敷き詰めるとかなり効果は高いですが、ただトゲトゲや割り箸を敷き詰めるだけだと人も歩きにくくなるので、タイルなどの配置で工夫してください。 隣の家まで手を伸ばせば届くほどの距離で建っている都市部の住宅だったら、それぞれの家の間の路地を塞いで猫の通り道を絶ってしまうと、猫の見回りコースが変わって庭に猫が来なくなった、という例もあります。 3.車や花壇にはカバーやネットを使用する 毎日車を使わないのであれば、車にカバーを掛けるのが一番有効です。 猫が乗ることは防げませんが、車に傷が付くのは防げます。 また猫よけ(鳥獣用)ネットが販売されているので、それをカバーの上につけます。 ネットに猫の爪が引っかかってイヤな思いをすれば、それ以降乗らなくなってくれる可能性があります。 猫が飛び乗りそうなところに、部分的にトゲトゲを置くのもよいでしょう。 花壇には支柱を立てて、猫よけネットを張り巡らせます。 1メートル程度でしたら猫は軽々とジャンプできるので、ネットは1メートル50センチ以上の高さが欲しいです。 手をかけて育てた花壇が荒らされるのは避けたい! 4.猫が嫌うニオイの液体を置く ペットボトルに水を入れたものを置くと、光の反射を猫が嫌がってトイレをしないという噂が広がり、あちこちでペットボトルが置いてある風景を見ますが、これは全く効果がありません。 街の美観を損ねるだけなのでやめましょう。 それよりもペットボトルの上部に数カ所丸い穴をあけ、その中に猫が嫌うニオイの出る液体を入れ、半分ほど土に埋めておきます。 猫が嫌うニオイは、正露丸をつぶして混ぜた水、木酢液、竹酢液、コーヒーの粉を混ぜた水などです。 ただし、猫によっては嫌うニオイではないかもしれないし、数日に一度は中身を入れ替えないとすぐに効果が薄れますし、して欲しくない場所にはまんべんなく置く必要があります。 猫が嫌がるだろう、と思っても猫の生命を脅かしたり、環境を汚染するものを使用するのはやめてください。 たとえば、灯油、クレゾール、漂白剤、タバコ、タマネギ、ニンニクなどです。 植物にも毒ですし、もしそれによって猫が傷ついた場合は動物虐待で訴えられることもありますので、使用するものには注意してください。 5.ニオイの強い植物を植える 猫によってはまったく効き目がないことがありますが、一般的に臭いが強い植物を猫は嫌うといわれていますので、試してみてもよいでしょう。 ただし植物を手入れする手間がかかります。 コリウス・カニナ…… 動物に対しての忌避効果があるといわれている• 忌避砂やシートは、商品によっては効果があると思います。 7.猫用のトイレを設置する 自分の猫ではない、自分は被害者なのになぜそんなことまでしなければいけないのか、と思われるかもしれませんが、他に猫が好むトイレを設置してそちらに誘導するという方法もあります。 大きめのプランターに培養土を入れマタタビの粉を振りかけて、猫がいつもトイレとして使う場所に設置します。 もし猫がそこでトイレをするようになったら、少しずつトイレの場所をずらして迷惑でないと思う場所まで誘導します。 当然培養土には糞が溜まりますので、糞がしてあれば片付け、培養土を足すなどトイレのメンテが必要ですが、植えたばかりの球根を掘り返されたり、植木に尿を引っかけられたりするストレスからは解放されるでしょう。 8.地域ぐるみで猫問題に取り組む 根本的な問題は、猫がそこに存在することと、猫の数が多くなると被害も増えるということです。 今の日本では飼い主のいない猫(野良猫)を捕獲することは法律で認められていませんし、保険所に苦情を申し立てても、保険所は飼い主のいない猫(野良猫)を捕獲する権限を持っていません。 もしその猫を誰かが捕まえて、ここにいるから迷惑なので他の場所に捨てに行ったとしたら、それは動物の遺棄という犯罪に当たります。 時間がかかりますが、まずは今以上に猫の数を増やさないこと、そして自然に猫が減っていくのを待つという考え方もあります。 1頭の猫がする糞尿はたかが知れていますが、その1頭がメス猫であれば、シーズンになればそのメス猫を狙って数頭のオス猫が集まります。 環境さえよければ猫は年に2~4回出産しますので、仮に2頭の子猫が年2回生まれたすると、1年後には親を含めその地域の猫が5頭になってしまいます。 これは最小数で、実際には1年で16頭に増えた地域もあります。 猫が多い地域では、迷惑だと感じているのは自分だけでないはずなので、ご近所で話し合って飼い主のいない猫(野良猫)の避妊・去勢手術に取り組んでみてはいかがでしょうか? 猫を増やさないようにすることで、時間をかけて猫の迷惑問題を減らすという考え方や取り組みについては、「」ぜひご一読ください。 いま、この記事をお読みになった猫の飼い主さんで、猫を外出自由にしていたら、愛猫がご近所で忌み嫌われているかも知れないと自覚してください。 そして、猫を家の中だけで飼うことをお考えください。 【関連記事】•

次の

【猫よけ】コーヒーかす&コーヒースプレーで野良猫対策

猫よけ 対策

どんなに困っていても、 毒物を撒くのはダメです。 犯罪です。 猫に毒物も犯罪ですが万一、子供が口にしたら責任の取りようが有りません。 効果があった猫よけ対策3選 猫はとても頭が良くて個性の強い動物です。 最初は効果があっても 2,3度で慣れて平気になったりします。 或る猫には効果があっても、 別の猫は全く意に介さなかったりします。 戸建てでは他人が入ってこないので色々な対策が取れます。 しかし、 集合住宅では周りへの配慮も必要になります。 集合住宅で使えて、効果のあった対策3選がこれです。 シート上にトゲトゲを置いて猫よけ• 芳香剤をバイクカバーに入れて猫よけ• 超音波で 猫よけ 1.シート上にトゲトゲを置いて猫よけ ビニールのトゲトゲシートをおいて、猫が座れないようにします。 戸建てのガレージなら問題ありませんが、集合住宅では他人の見た目が若干気になります。 バイクのシートに乗るのは防げますが、バイクカバーの中に入るのは防げません。 巾着状のバイクバーやタイダウンでカバーを縛っても、猫の出入りする隙間を無くすのは無理です。 人には聞こず無害• 猫には聞こえて不快に感じる超音波(モスキート音)• 猫が嫌がるだけで実害は無い• 慣れて平気になる事が無い 人には匂いも音も感じ無いので、 集合住宅への設置に最適です。 乾電池で動作するので配線も不要です。 電池交換は、猫が近づく頻度にもよりますが2,3ヶ月に1回程度です。 猫が近づく度に超音波で猫よけする事を繰り返すと、 猫が学習してバイクには近づかなくなります。 そうすると、動作回数が減るので電池はより長持ちするようになります。 設置場所とバイクの位置関係により、最大7mの範囲まで効果範囲を調整可能です。 メーカーサイトの方が安い 通販サイトで買うより メーカー直販の方が、安く手に入ります。 送料無料・1年保証で、その上 効果を感じなければ代金を返金してくれます。 通販サイトで買うよりお得なので、メーカーサイトで購入する事をおすすめします。 超音波が本当に効くのか気になると思います。 実際使ってみて効果を確かめるのが確実です。 メーカーサイトはここです。 効果が無かった・使用を控えた方が良い猫よけ対策3選 集合住宅で止めた方が無難なアイテム。 猫よけの効果はあるが ネガが大きいのでやめた方が良いアイテム3選です。 水入りペットボトル• 匂いで猫よけ• 光で脅かす 1.水入りペットボトル 猫は光り物が嫌いと言う話で設置してみたが、 全く効きません。 1本では不足かと思い、3本に増やしても同じでした。 集合住宅で使えて効果のある対策• トゲトゲシート• 芳香剤• 超音波 集合住宅では使わない方が良い対策• 水入りペットボトル• 匂い忌避剤• フラッシュライト 毒物を撒くのはダメ、絶対。 猫の糞尿に悩まされていて 抜本的な対策を求めているのであれば、 超音波をおすすめします。 光や匂いが無いので他人を脅かす事がありません。 物を撒かないので子供にも安心です。 人に聞こえない音ですので 集合住宅でトラブルに ならず使えます。 当然、戸建てでも効果は有ります。 電池交換の手間は有りますが数カ月に1度の事です。 また、トゲトゲシートや芳香剤ほどの手間もありません。 頭が良くてすぐに慣れ、個体差の大きい猫ですが、 超音波(モスキート音)はどんな猫にも効果が有り慣れる事がありません。 猫が学習して近づかなくなります。

次の