デパス 効果 時間。 合法的な薬物依存「デパス」の何とも複雑な事情

デパスに頼る

デパス 効果 時間

1.薬の半減期とは? 薬を飲んでから血中濃度が半分になるまでの時間のことです。 薬を飲み始めると、直後は血中濃度がどんどんと上がっていきます。 薬の吸収がおわると、薬は代謝されて身体から出ていきますので、少しずつ血中濃度が減少していきます。 身体が薬を代謝できるスピードは決まっていますので、どれくらいの量であっても一定のスピードで身体から抜けていきます。 このため、薬の量が半分になるまでにかかる時間は、内服量にかかわらず一定になります。 薬の効き方を考えるにあたって、もう1つのポイントがあります。 最高血中濃度到達時間(Tmax)です。 これは文字通りで、血中濃度がピークに達するまでの時間です。 効果がでるまでのスピードに関係しています。 Tmaxが短いほど、抗不安薬の効果がすぐに表れることを意味しています。 2.デパスの作用時間と効果時間 デパスは、最高血中濃度到達時間が3時間、半減期が6時間の短時間型抗不安薬です。 効果時間は4~6時間ほどで、即効性が期待できます。 デパスを1日中効かせたいときは、1日に3回服用する必要があります。 デパスを服用するとどのように血中濃度が変化するでしょうか?薬を発売するにあたって、製薬会社がテストを繰り返していまそれによると、デパスの最高血中濃度到達時間は3時間、半減期は6時間となっています。 デパスを服用すると、はじめの1時間で急激に血中濃度が上がっていきます。 3時間すると血中濃度がピークになり、そこから少しずつ身体から抜けていき、6時間すると半分の量になります。 このような血中濃度の変化をするので、デパスは即効性があって、飲み始めて20~30分ほどで効果が実感できます。 効果のピークは3時間ほどしてから訪れて、その後6時間かけて半減していきます。 デパスのような作用時間の抗不安薬は、「短時間型」に分類されます。 効果の持続時間は 個人差があり、薬が効きやすい方と効きにくい方がいらっしゃいます。 デパスの効果の持続時間は、およそ4~6時間といったところになります。 1日中デパスを効かせようと思ったら、1日3回服用しなくてはいけません。 デパスの効果について知りたい方は、 をお読みください。 3.抗不安薬の半減期・作用時間の比較 作用時間が短い薬は不安発作への即効性を期待し、長い薬は1日を通しての安定に期待します。 デパスは短時間型に分類されます。 抗不安薬には、さまざまな種類が発売されています。 抗不安薬を比較するにあたっては、2つのポイントがあります。 作用時間(最高血中濃度到達時間・半減期)• 4つの作用への強さ(抗不安・催眠・筋弛緩・抗けいれん) よく使われるベンゾジアゼピン系抗不安薬で、この2つのポイントを比較してみましょう。 作用時間によってタイプがわかれています。 作用時間は、ピーク(最高血中濃度到達時間)と半減期をみるとわかります。 作用時間は短時間作用型~超長時間作用型までの4つに分類できます。 短時間~中間型に関しては、即効性を期待して使うことが多いです。 一方で超長時間型は、飲み続けていくことで全体的に落ち着かせる土台をつくるようなお薬です。 長時間型はその中間に位置していて、即効性も期待できますし、飲み続けていくことで不安を落ち着かせていくこともできます。 この他にも、抗不安薬はたくさん発売されています。 頻度はかなり減りますが、服用されている方もいらっしゃるかと思います。 それぞれのお薬の特徴を表にまとめましたので参考にしてください。 デパスは即効性が期待できるお薬です。 1日薬の効果を期待したいときは、1日3回服用する必要があります。 それではデパスはどのようにして使っていくのか見ていきましょう。 抗不安薬はできるだけ少なくしたい方が身体に負担が少ないです。 このため、デパスは3つの段階で使っていきます。 このため、できるだけ常用しないようにしていきます。 頓服で使っている場合は、依存になることはありません。 アルコールで考えるならば、飲み会の時だけたくさんお酒を飲んでもアル中にはならないですよね。 デパスは強力な抗不安効果があるので、不安発作みられたときに服用していただきます。 不安が1日を通して強い場合は、生活全体を抗不安薬でカバーする必要があります。 この場合は、作用時間の長い抗不安薬から使っていきます。 私はメイラックスを使っていくことが多いです。 作用時間が長いということは、身体から抜けていくのもゆっくりということを意味します。 このため、離脱症状が起こりにくいのです。 このような効きの長い抗不安薬でカバーして、発作的な不安に対してデパスを使っていきます。 長時間型でもカバーできない方は、デパスを常用していきます。 薬が身体にたまっていって、より安定した効果が期待できます。 このようにデパスが常用となる場合は、SSRIなどの抗うつ剤と併用していきます。 抗うつ剤の効果はジワジワと出てくるので、効果が出てきたら切り替えていきます。 まとめ 半減期とは、薬を飲んでから血中濃度が半分になるまでの時間のことです。 デパスは、最高血中濃度到達時間が3時間、半減期が6時間の短時間型抗不安薬です。 効果時間は4~6時間ほどで、即効性が期待できます。 デパスを1日中効かせたいときは、1日に3回服用する必要があります。 2017年3月22日 カテゴリー• 1,162• 月別アーカイブ•

次の

デパスの半減期と効果時間

デパス 効果 時間

Contents• 薬物動態 薬物動態とは、薬が体内に取り込まれ効果を出し、そしてどう代謝されて薬効を失うかをいいます。 もちろん体内でのお薬の動き(薬物動態)には個人差がありますのであくまで一般的解釈として認識してください。 デパスを内服すると、約3時間で血中濃度が最大となり、半減期(血中濃度が半分になってしまう時間)は約6時間とされています。 半減期とは、お薬の血中濃度があるところから半分になるまでにかかる時間のことです。 それはすなわち作用時間と相関すると考えてください。 つまりどの程度の時間効いているかというのは半減期によるということです。 デパスの場合は半減期が6時間ですから、内服してから6時間くらい効いているというわけです。 デパスは肝臓で代謝され分解されていきます。 代謝されることで身体から抜けていくのですが、代謝スピードは個人差がありますし、また血中濃度がそのまま薬効を反映するわけではありません(血中濃度が半分になっても十分効いていると実感している人もいますし、逆に血中濃度が最高値より少しでも下がれば効かないと思う方もいるでしょう)。 デパス(エチゾラム)の半減期は短め デパスの半減期(=作用時間)は約6時間であり、抗不安薬の中では短い方です。 またデパスは服用してから血中濃度が最大になるまでに約3時間かかりますが、逆にこれは抗不安薬の中では遅い方です。 それでもデパスはすぐ効くとおっしゃる患者さんも多いので、この辺りが実際の薬物動態との乖離があるところになりますが・・・。 ただ抗不安薬の中には、服用してから1時間以内に血中濃度が最大になるものもあり、理論上は飲んですぐ効く屯用での服用はそちらの方が適していることになります。 抗不安薬の薬物動態の比較 同じ抗不安薬の中でも、お薬によって薬物動態は様々です。 1日に数回服用となっているのはこのためです。 反面、依存になりやすいデメリットがあります。 半減期が長いお薬は、1度服用するとしばらく効いていることになります。 服薬回数も少なくて済みますし、ゆっくり効くため依存になりにくいというメリットもあります。 ただし、抗不安薬が本当に効かない人は半減期が長かろうと短かろうと何度も服用してしまいます。 また多量内服をする恐れのある場合などは、半減期が短いものの方が体内に蓄積しにくいことがおわかりいただけると思います。 デパスは半減期は6時間と短く、1日に3回など複数回飲むお薬ですが、依存形成には注意しなくてはいけません。 また最高血中濃度までは3時間かかるのですが、実際は抗不安作用の強さから効果は比較的早く実感しやすい特徴があります。 薬物動態からみるデパスの使用方法 デパスの内服回数やタイミングとしては、不安発作が出たり、不安の出やすい時間帯がありそこだけ対応するのか、それとも1日中効かせたいのかで異なります。 不安が出た場合や、不安が出やすい特定の時間がある場合 デパスを「 頓服 とんぷく」で服用することになります。 つまり急に不安が出た場合などは、そのタイミングで内服することになります。 デパスの最高血中濃度までの到達時間は約3時間ですから、この場合「飲んでから3時間は効かないのでは?」と思われるでしょう。 理論的にはそうなのですが、実際には飲んで血中濃度が上がりだしたタイミングでは効果は現れますので大丈夫です。 そこには飲んだというプラセボ効果もあるかもしれませんが、不安発作が出たタイミングで飲むは間違いではありません。 3時間後に最も安定して効いているとお考えいただくのが良いでしょう。 一方である時間帯でいつも不安がでるという場合には、逆算して効かせたい時間のおよそ3時間前に内服するのが理にかなっていると言えますね。 例えば、「15時の会議で緊張が強くなる」ということであれば、昼食後あたりにデパスを服薬するのがベストだということです。 ただ時間を気にしすぎるあまり逆に不安になるくらいなら、そこまで厳密にしなくても効果はありますので過度に神経質になるのはやめましょう。 1日中効かせたい場合 1日を通して不安を抑えたい場合は、デパスは6時間程度の半減期ですので1日1回の服薬では不十分になります。 実際、添付文書にも不安改善に用いる場合は「1日3回に分けて経口投与する」と記載されています。 定期的に服薬する事で、1日を通してしっかりと不安を抑える事ができます。 まて定期内服では頓服に比べてベースの血中濃度が高い状態が維持されますのでしっかり効果を発揮します。 (添付文書によるとおよそ1週間の定期内服で血中濃度は定常状態になるとのことです。 ) ただし依存形成などをかんげると、個人的には頓服がかのうであるならそれをおすすめしたいと思います。 耐性といっていくら血中濃度が安定しても、同じ効果作用を得られにくくなることがあるからです。 そうなるとより高い濃度を維持しなくてはならなくなります。

次の

エチゾラムの効果、効果時間、副作用について|薬インフォ

デパス 効果 時間

中枢神経抑制剤 (フェノチアジン誘導体,バルビツール酸誘導体等) 眠気,血圧低下,運動失調,意識障害などを起こすおそれがある. 中枢神経抑制剤との併用で相加的な増強作用が考えられる. MAO阻害剤 過鎮静,昏睡,痙攣発作,興奮などを起こすおそれがある. MAO阻害剤が本剤の肝での代謝を抑制し,半減期を延長し,血中濃度を上昇させるため作用が増強されることが考えられる. フルボキサミンマレイン酸塩 本剤の血中濃度を上昇させることがあるので,本剤の用量を減量するなど,注意して投与する. フルボキサミンマレイン酸塩が本剤の肝での代謝を阻害し,血中濃度を上昇させるため本剤の作用が増強されることがある. アルコール (飲酒) 精神機能,知覚・運動機能の低下を起こすおそれがある. エタノールと本剤は相加的な中枢抑制作用を示すことが考えられる. 副作用 0. 1〜5%未満 0. 1%未満 頻度不明 精神神経系 眠気,ふらつき,めまい,歩行失調,頭痛・頭重,言語障害 不眠,酩酊感,興奮,焦燥,振戦,眼症状(霧視,調節障害) 健忘,刺激興奮,錯乱 呼吸器 呼吸困難感 循環器 動悸,立ちくらみ 消化器 口渇,悪心・嘔気 食欲不振,胃・腹部不快感,嘔吐,腹痛,便秘,下痢 過敏症 注1) 発疹 蕁麻疹,そう痒感 紅斑 骨格筋 倦怠感,脱力感 易疲労感,筋弛緩等の筋緊張低下症状 その他 発汗,排尿障害,浮腫,鼻閉 乳汁分泌,女性化乳房,高プロラクチン血症,眼瞼痙攣 注2) 注1)このような症状があらわれた場合には投与を中止すること.注2)本剤の投与中は観察を十分に行い,瞬目過多,羞明感,眼乾燥感等の眼症状が認められた場合には適切な処置を行うこと. 高齢者への投与 妊婦(3カ月以内)又は妊娠している可能性のある婦人には,治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること.〔動物実験により催奇形作用が報告されており,また,妊娠中に他のベンゾジアゼピン系薬剤(ジアゼパム)の投与を受けた患者の中に奇形を有する児等の障害児を出産した例が対照群と比較して有意に多いとの疫学的調査報告がある.〕 妊娠後期の婦人には,治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること.〔ベンゾジアゼピン系薬剤で新生児に哺乳困難,嘔吐,活動低下,筋緊張低下,過緊張,嗜眠,傾眠,呼吸抑制・無呼吸,チアノーゼ,易刺激性,神経過敏,振戦,低体温,頻脈等を起こすことが報告されている.なお,これらの症状は,離脱症状あるいは新生児仮死として報告される場合もある.また,ベンゾジアゼピン系薬剤で新生児に黄疸の増強を起こすことが報告されている.なお,妊娠後期に本剤を連用していた患者から出生した新生児に血清CK(CPK)上昇があらわれることがある.〕 分娩前に連用した場合,出産後新生児に離脱症状があらわれることが,ベンゾジアゼピン系薬剤で報告されている. 授乳婦への投与は避けることが望ましいが,やむを得ず投与する場合は,授乳を避けさせること.〔ヒト母乳中へ移行し,新生児に体重増加不良があらわれることがある.また,他のベンゾジアゼピン系薬剤(ジアゼパム)で嗜眠,体重減少等を起こすことが報告されており,また黄疸を増強する可能性がある.〕 小児等への投与. 田辺三菱製薬(株):エチゾラムの薬物動態に関わる資料1(社内資料). 田辺三菱製薬(株):エチゾラムの薬物動態に関わる資料2(社内資料). 田辺三菱製薬(株):エチゾラムの薬物動態に関わる資料3(社内資料). 田辺三菱製薬(株):エチゾラムの薬物動態に関わる資料4(社内資料). 田辺三菱製薬(株):エチゾラムの薬物動態に関わる資料5(社内資料). 葉田 裕 他, 臨床精神医学, 8 1 , 111-131, 1979. 山内育郎 他, 新薬と臨床, 28 7 , 1135-1145, 1979. 鈴木仁一 他, 臨床と研究, 56 10 , 3425-3442, 1979. 並木正義 他, 臨床と研究, 59 12 , 4101-4112, 1982. 鈴木仁一 他, 臨床と研究, 59 11 , 3797-3808, 1982. 室 捷之 他, 新薬と臨床, 27 8 , 1407-1422, 1978. 小島卓也 他, 臨床精神医学, 12 10 , 1293-1314, 1983. Itil,T. et al. , Psychopharmacol. Bull. , 18 4 , 165-172, 1982. 斎藤正己, 脳波と筋電図, 4, 27-40, 1976. Nakazawa Y. et al. , Psychopharmacologia Berl. , 44, 165-171, 1975. Tsumagari T. et al. , Arzneim. -Forsch. Drug Res. , 28 II , 1158-1164, 1978. Setoguchi M. et al. , Arzneim. -Forsch. Drug Res. , 28 II , 1165-1169, 1978. 田辺三菱製薬(株):エチゾラムの薬効薬理に関わる資料1(社内資料). 田辺三菱製薬(株):エチゾラムの薬効薬理に関わる資料2(社内資料). 田辺三菱製薬(株):エチゾラムの薬効薬理に関わる資料5(社内資料). 田辺三菱製薬(株):エチゾラムの薬効薬理に関わる資料3(社内資料). 田辺三菱製薬(株):エチゾラムの薬効薬理に関わる資料4(社内資料) 作業情報.

次の