城華マキエ。 「波よ聞いてくれ」謎の美女・城華マキエが「VOYAGER」に現れて働くことになり…第4話先行カット

波よ聞いてくれ:アニメ第4話感想・ネタバレまとめ!〜君は笑わない〜

城華マキエ

TVアニメ『波よ聞いてくれ』より、4月24日(金)放送の第4話「君は笑わない」のあらすじ、先行カットが到着した。 TVアニメ『波よ聞いてくれ』キービジュアル 『波よ聞いてくれ』の原作は、「アフタヌーン」(講談社)にて連載中の、『無限の住人』の沙村広明が描く最新作。 ひょんなことから藻岩山ラジオ局(MRS)の深夜番組『波よ聞いてくれ』のパーソナリティに抜擢された鼓田ミナレが、北海道札幌市を舞台に、予測不可能な無軌道ストーリーを巻き起こしていく。 TVアニメ『波よ聞いてくれ』第4話先行カット 第4話では、ミナレはMRSのAD・南波瑞穂の自宅を仮住まいにすることに。 一安心したのも束の間、スープカレー屋「VOYAGER」の店長・宝田が交通事故で戦線を離脱してしまい、人手不足に。 多忙を極めるその店に謎の美女・城華マキエが訪問。 マキエの兄が宝田を事故に巻き込んだお詫びとして、報酬なしで働くことになる。 ミナレは戸惑いながらも、背に腹は代えられずに受け入れる。 しかし、この出会いが後に、ミナレの人間関係を大きく揺るがす……。 TVアニメ『波よ聞いてくれ』第4話先行カット TVアニメ『波よ聞いてくれ』第4話「君は笑わない」は、2020年4月24日(金)からMBS、TBSほかにて放送開始。

次の

波よ聞いてくれ

城華マキエ

感想 「無限の住人」の沙村広明原作。 北海道のラジオ局に勤める人達を描いたお仕事コメディ作品。 キャラは立っているしギャグも面白い。 道民あるあるもたぶん入っているんだろう(関西出身の私には分からんが)。 一話一話はテンション高く、スピード感もあって厭きないが、 だんだんゴールに向かっている感が見えなくなってきて後半失速する。 カンフル剤の新キャラも不発だった。 最終話は正直「これで着地かよ…」とがっかりした。 目標達成とか救済とかあるいは絶望とかそういったものは皆無。 なんか 主人公みなれがかわいそうな気がしてくる。 コロナ渦での完走には頭が下がるが、視聴後の消化不良感が残る惜しい作品。 【広告】.

次の

「波よ聞いてくれ」キャラクター紹介。

城華マキエ

概要 CV:・ が揺籃の師と仰ぐほどの剣術の持ち主で、彼のはとこに当たる女性。 10歳のとき、次期無天一流統主と目されていた兄を剣術で破って割腹に追い込んだことで、母親と共に春川家から絶縁されて、その後は遊女に身をやつしていたところをに身請けされた。 超人的な身体能力と美貌の持ち主であり、作中でも最強の剣客である。 しかし、彼女にとって剣の才能を持って生まれたことは不幸でしか無かった。 剣を振るうたびに己の人生と女としての幸せを取りこぼすことになり、愛する天津影久のために戦い続けるも迷いや葛藤が晴れることは無かった。 本来は優しい人間であり、剣を振るって人を殺す事にも当初は抵抗感を覚えていた。 しかし、優柔不断で主体性の無い性格が災いし、周囲の状況に振り回され続ける羽目に陥った。 得物は長刀と三節棍を掛け合わせた独特な形状の武器であり、彼女の逸刀流は遠心力を活かして相手を切り刻むアクロバティックな剣術である。 長く娼婦として生きてきたことと修羅場での無理がたたったのか途中から健康を害しており、当時の死病である労咳(肺結核)に侵されてしまった。 余談 作者の最新作「」にも、城華マキエという彼女にうり二つのキャラクターが登場する。 沙村広明にしては珍しいセルフパロディであるが、前世の所行の所為なのか受難体質の薄幸美人となっており、度を超して過保護な兄に束縛されるヘビー級の家庭事情に苦しめられている。 何処まで行っても、因業から逃れられない薄幸な女である。 上記の縁なのか、城華マキエのCVは女史である。 関連イラスト.

次の