引き続きよろしくお願いいたします。。 【英語】「引き続きよろしくお願いいたし ます」は英語でどう表現する?「引き続きよろしくお願いいたし ます」の英訳・使い方・事例をドラゴン桜桜木と解説!

「今後とも」のビジネスでの使い方や「引き続き」との違いは?メール例文も紹介!

引き続きよろしくお願いいたします。

ある日、上司が外国人になってから英語で話す事が増えたのですが、英語で メールを送る事も増えました。 英語でメールを送る先としては、アメリカやヨーロッパやアジアとその時々によって様々です。 以前も英語でメールを読み書きする事はあったのですが、頻度は明らかに増えています。 最近はコツがつかめてきて、知っている外国人にメールを送るときは、さらっと要点だけ伝えるようにしています。 あまり長いと読んでくれないので。 今日は、「仕事を途中の段階まで出来たので、とりあえずここまでの結果を送るよ」とメールが来たので、「ありがとう!このあとも引き続きよろしくお願いします!」とメールを書こうと思いました。 しかし、「引き続きよろしく」ってなんて言うんだ?と思って調べたのですが、しっくりこなかったので、最終的には「ありがとう」というメールを送ってしまいました。 メールを作成しているときに、日頃頼りにしているさんで例文検索をしたのですが、以下のような感じだったので、今回は使う事が出来ませんでした。 引き続きよろしく その1 引き続きよろしく Please continue 何となく、シンプル過ぎるし、上から目線過ぎる気がします。 メールの送付先の相手は同僚なのと、仕事をお願いしている立場だったので、ちょっと下からいきたいものです。 引き続きよろしく その2 今後も引き続き、よろしくお願い致します。 I look forwarding to your ongoing support. look forwarding?? なんだこれ? 日本語の例文は伝えたい内容として非常に良いのですが、look forwardingに引っかかってしまい、使う事を諦めました。 look forward toはわかるのですが、なぜforwardingとなるのでしょうか?ちょっと調べましたが、こんな用法について示されているところを見つける事が出来ませんでした。 だれか英語得意な人、コメントで教えていただけないでしょうか。 引き続きよろしく その3 これからも引き続き宜しくお願いします。 Please continue to give us your support. これは英文として、なんとなく良さそうなのですが、「今回の仕事の続きをお願いしますね」と言っているのではなく、「また何かあったらよろしくね」と言っているような感じがするので、使えませんでした。 引き続きよろしく その4 引き続き、御指導、御鞭撻のほど、宜しくお願い致します。 I appreciate your continued support and encouragement. 改まった感じで、かつ落ち着きのある良い文だと思うのですが、このappreciateという単語を使った言い方は、どことなく上司から部下へという感覚があって使えませんでした。 偉い人がスピーチとかで言っているようなイメージでもあります。 引き続きよろしく その5 今後とも、引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。 (メールの末文として書く場合) Thank you. おおお。。 これぞ英語の 醍醐味か。。。 まとめ 仕事中に自分でも考えてみたのですが、なかなか良い文が思いつかず、最終的には「ありがとう。 たすかるよ。 」みたいな、ボヤッとしたメールとなってしまいました。 の例文検索では、わりとつかえる例文が見つかったりするので、そこそこ重宝しています。 今回も、じっくり見ていれば、使える表現があったかもしれませんが、そこまで時間が取れませんでした。 だれか look forwardingについて教えてください。 また、ネイティブにはどのように聞こえるのでしょうか? おしまい。

次の

《完全版》シーン別「よろしくお願いします」の英語表現

引き続きよろしくお願いいたします。

引き続きよろしくお願いいたします。 社会人として働いている人や、社会人と接したことがある人であれば、このフレーズは使ったことがあるのではないだろうか。 現に私も使っていたのだが、どうも引っかかっていた。 社会人になる前は決して使わなかった言葉。 学生間同士でも。 もちろん、社会人になったことで使う言葉も他にもあるだろう、マナーとして使う言葉などもだ。 しかし、この 「引き続きよろしくお願いいたします」は 「仕事上の関係」「仕事で接する関係性」「仕事関連で出会った相手」 に対して使う傾向があるワードではないだろうか。 しかし、この認知こそ違和感の正体だった。 仕事上の関係と割り切っているのは自分の認知であり、実際にはそのような認知や枠組みや境界など存在しないのではないか。 例えば、 「海外の人」「外国人」と表現するのは日本だけだと聞いたことがある。 海の外にいる人と、海の内側にいる人という分け方をする。 「女々しい」「男っぽい」「女っぽい」なども、性別という枠組みに相手を当てはめて表現しているので、その人に向き合っていないのではないか、と感じることがある。 社会人という言葉も同じだ。 これも先日聞いた話だが、デンマークでは社会人という言葉は存在しないそうだ。 というのも 「赤ん坊であれ、生まれた時にはもう既に社会の一員だから」という。 「本質的」という言葉を軽々と使えるほど、智慧はなく、自分もそういった枠に当てはめた見方、捉え方をしてしまうこともあるため、本当に他人のことは言えないのだが、こうした境界を自分自身で作ってしまうと相手を 「~の人」という見方をしてしまう気がするのだ。 例えば「A社の~さん」しか情報がない、みたいなのも同じだと思う。 本当は 「~が好きで、~が得意で、こういう考え方や価値観を持っている人」みたいな見方の方が、いいのではないかなぁと、私は思った次第だ。 もちろん、枠組みや境界を作って認識する人と、しない人を分けるのも1つの案かもしれない。 すべての人に対して相手を見るって難しいから。 ただ、自分の場合、分けられるほど器用でもないし、分けることをしていればそれこそ、その人やものを枠組みにあてはめていることになる。 ということはこの考え方もあまりいい考えとは言えないかもしれない。 ゆえに、 他者や動物(無機物であっても同様に)自分の勝手な思い込みや枠組み、認知で捉えていると、その存在に対してもやもやした気持ち、嫌な気持ちを抱いてしまうのではないだろうか。 本来はこの一連の捉え方すら存在していないというのが仏教の考え方らしいがあっているかわからないので触れないでおきます、、 心がけようと思うのは、そういった分けた見方をしないこと。 難しいかもしれないけれど、まずははじめてみようと思います。

次の

《完全版》シーン別「よろしくお願いします」の英語表現

引き続きよろしくお願いいたします。

引き続きよろしくお願いいたします。 社会人として働いている人や、社会人と接したことがある人であれば、このフレーズは使ったことがあるのではないだろうか。 現に私も使っていたのだが、どうも引っかかっていた。 社会人になる前は決して使わなかった言葉。 学生間同士でも。 もちろん、社会人になったことで使う言葉も他にもあるだろう、マナーとして使う言葉などもだ。 しかし、この 「引き続きよろしくお願いいたします」は 「仕事上の関係」「仕事で接する関係性」「仕事関連で出会った相手」 に対して使う傾向があるワードではないだろうか。 しかし、この認知こそ違和感の正体だった。 仕事上の関係と割り切っているのは自分の認知であり、実際にはそのような認知や枠組みや境界など存在しないのではないか。 例えば、 「海外の人」「外国人」と表現するのは日本だけだと聞いたことがある。 海の外にいる人と、海の内側にいる人という分け方をする。 「女々しい」「男っぽい」「女っぽい」なども、性別という枠組みに相手を当てはめて表現しているので、その人に向き合っていないのではないか、と感じることがある。 社会人という言葉も同じだ。 これも先日聞いた話だが、デンマークでは社会人という言葉は存在しないそうだ。 というのも 「赤ん坊であれ、生まれた時にはもう既に社会の一員だから」という。 「本質的」という言葉を軽々と使えるほど、智慧はなく、自分もそういった枠に当てはめた見方、捉え方をしてしまうこともあるため、本当に他人のことは言えないのだが、こうした境界を自分自身で作ってしまうと相手を 「~の人」という見方をしてしまう気がするのだ。 例えば「A社の~さん」しか情報がない、みたいなのも同じだと思う。 本当は 「~が好きで、~が得意で、こういう考え方や価値観を持っている人」みたいな見方の方が、いいのではないかなぁと、私は思った次第だ。 もちろん、枠組みや境界を作って認識する人と、しない人を分けるのも1つの案かもしれない。 すべての人に対して相手を見るって難しいから。 ただ、自分の場合、分けられるほど器用でもないし、分けることをしていればそれこそ、その人やものを枠組みにあてはめていることになる。 ということはこの考え方もあまりいい考えとは言えないかもしれない。 ゆえに、 他者や動物(無機物であっても同様に)自分の勝手な思い込みや枠組み、認知で捉えていると、その存在に対してもやもやした気持ち、嫌な気持ちを抱いてしまうのではないだろうか。 本来はこの一連の捉え方すら存在していないというのが仏教の考え方らしいがあっているかわからないので触れないでおきます、、 心がけようと思うのは、そういった分けた見方をしないこと。 難しいかもしれないけれど、まずははじめてみようと思います。

次の