くらしのマーケット 出店。 「くらしのマーケット」を運営するみんなのマーケット株式会社が総額40億円の資金調達を完了|みんなのマーケット株式会社のプレスリリース

OKIPPA 、くらしのマーケット出店者の業務用通販利用を支援する実証実験実施:時事ドットコム

くらしのマーケット 出店

でも、固定費がかからないという点は良心的かもしれません。 業者さんにとってはマイナスになるリスクがありませんからね。 ちなみに他のサービスの手数料は何パーセントくらいが一般的なんでしょう? 他のサービスの手数料と比較 メルカリの手数料 大人気のフリマアプリ「メルカリ」の手数料は売り上げの10%です。 これも結構高いと批判されてますけどね。 楽天市場の手数料 楽天市場の場合は、お店の売上規模に応じていくつかのプランから選択できるようになっています。 小規模なお店向けのライトプランの場合、 掲載料 月額約6万円〜約50万円 予約手数料 2% 手数料は安いです。 でも、掲載料の月額がめちゃくちゃ高い! 検索結果で上のほうに表示してもらうためには、月額で何十万円も掲載料を支払う必要があるようです。 こうして他のサービスと比較してみると、やはり月額の固定費がないサービスは手数料が高く、手数料が安いサービスは月額の固定費が高いということがわかりました。 結局、手数料がサービス利用料に上乗せされているのでは? くらしのマーケットは、お客さん側は手数料がかからないので安心だと説明しましたが、やっぱり手数料の分だけ料金が高く設定されているのでは・・・?という気がしてしまいますよね。 たとえば直接依頼すれば「1万円」のサービスでも、くらしのマーケットに掲載するときは「1万2000円」と掲載してあるとか。 だとしたら損したみたいでちょっと悔しい。。。。 でも、もしそうでないなら、そんなに手数料をとられるのに、庭木1本の剪定なんてお願いしたら気の毒かな・・・なんて思ってしまいます。 お客さん側がそんなことまで心配する必要はないかもしれませんが。 でも、いろいろ考えてみて感じたのですが、サービス業者さん側は新規のお客さんをゲットするために、DMを送ったり、チラシを作ってポスティングしたり、雑誌などに広告を掲載したり・・・と 何らかの広告費が必要なわけですよね。 それと同じように考えると、くらしのマーケットは新規のお客さんをゲットするための場です。 最初は手数料を取られてあまり利益がないかもしれないけど、サービスを気に入ってもらえたら、くらしのマーケットを通さずに直接何度もリピートして利用してくれるはず。 だってそうですよね。 お客さん側の心理としては、 最初はどうやって良い剪定業者さんを探せばいいのかわからないから、くらしのマーケットで口コミや評判、料金を比較して予約します。 でも 一度お願いした剪定業者さんが気に入ったら、次からは直接連絡してお願いしますよね。 その方が手っ取り早いですし。 業者さん側が、くらしのマーケットの手数料を、新規顧客を獲得するための広告費だと考えているなら、手数料分をサービス料金に上乗せするようなセコいことはしないのでは?という気がします。

次の

くらしのマーケットで失敗しない業者を選ぶ3ステップ【評判・口コミあり】

くらしのマーケット 出店

[Yper株式会社] 簡易宅配ボックスOKIPPA(オキッパ)を提供するYper株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 内山 智晴、ヨミ:イーパー)は、みんなのマーケット株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役 濱野勇介)が運営するくらしのマーケットと共に、出店者の資材調達の利便性を向上させるための実証実験を行います。 業務効率向上を図る 「くらしのマーケット」はハウスクリーニングや家事代行など、生活関連のサービスがネット予約できるマーケットプレイスです。 200以上のカテゴリの出張・訪問サービスを口コミや料金で比較してオンラインで予約することができ、累計で33,000以上の店舗が出店登録をしています。 これらの店舗にとって、サービスで使用する資材の調達は日々の重要な業務。 しかし、くらしのマーケットを利用する出店者には、個人事業主も多く、外出業務中は宅配ボックスがないと家での荷物受け取りができません。 そうした状況では、ECで容易に調達ができる資材であっても、ホームセンターなどの実店舗で調達するケースが大半であることがわかりました。 実店舗での調達は、購入自体が手間になる、在庫の有無が事前に確認できない、価格の比較が困難などのデメリットもあります。 今回はこのような個人事業主の出店者の方々200店舗を対象に、簡易宅配ボックスOKIPPAを無償提供。 ECで購入した資材の受け取りに利用していただき、作業効率の向上やコスト削減に繋がるかどうかを図るための実証実験となります。 不在中だけでなく在宅時でも、非対面で荷物の受け取りが可能です。 玄関ドアノブに簡単に取り付けができ、設置工事は不要。 使用時以外は手のひらサイズに折りたたんでおけるため、常設していても玄関の場所を取りません。 EC(ネット通販)のヘビーユーザーや、宅配ボックスがない住居にお住まいの方などに好評をいただき、2018年9月の販売開始から、すでに全国15万世帯以上で利用いただいています。 盗難や個人情報漏洩対策として、2種の鍵(ドアノブ専用ロックと、シリンダー式南京錠の内鍵)構造を採用。 OKIPPAに荷物が配送されると、配送完了通知が届く。 Amazon、楽天、ユニクロ、ZOZOTOWNなどで購入した商品情報を自動で取得し、配送状況をいつでもすぐに確認することができます。

次の

くらしのマーケットの集客のしくみと出店のメリット・デメリット

くらしのマーケット 出店

くらしのマーケットに初めて登録しました。 予約してきたお客様から24時間返信がないのに、やり取りがなかったからと掲載停止にされていました。 一番予約が入るであろう繁忙期に。 くらしのマーケット側では定期的にメッセージのやり取りを見るパトロールしているみたいですね。 内容がいつでも見れるのに勝手に掲載停止。 担当者とは連絡もとれずメールのみ。 毎回同じ時間帯に定型文がくるのみ。 相談しても説明ガイドラインのURLのみ。 お客様には作業後電話をし、取り調べ化のように金銭の事を聞きまわっているみたいです。 お客様から電話がきて、作業のお礼を言うと業者との事は方向不要ですと言われたみたいで、お金の事ばかり聞かれたみたいです。 (追加料金は発生したか?など) 掲載がいつから再開されるかも答えられないから聞くなと一点張りなくらしのマーケット。 自分たちの返答は遅いのにこちらの対応が少しでも遅れるとペナルティーと掲載停止。 なによりくらしのマーケット側が何もしない! するのは掲載停止と謎なお客様への取り調べ。 莫大な手数料はお客様との掲示板のみの提供。 出店するか悩んでいる方、絶対にやめたほつかうがいいです。 働いているスタッフのレベルが低すぎます。 カーテンレールの取り付けをお願いしたら、遅れること1時間。 誤りもしないし、超~フテブテしい態度。 事前に取り付ける内容もメールしたのに、全くできない。 17時に来客があるので、それまでに終了してほしい。 と何度もお願いしていたのに、逆ギレ。 自分の都合ばかり言うな!となぜか切れる。 材料を壊して、ベランダに放置してそのまま帰る始末。 最後には高額な工賃を提示して、勝手にキャンセル。 しかも、くらしのマーケットはキャンセル代を払えと言ってくるし・・・ 消費者センターに電話をしてみたけど、つながらないし、忙しいのでそのままにしている状況。 たぶん、ここの社長さん。 社会人デビューのダサいお兄ちゃんだと思う。 学生ベンチャーのノリ。 きっと、見た目がいまいちなのでジムに通って体を鍛えていると思う。 エアコンクリーニングで「和田ホーム」と言う所で予約し、「和田ホーム」が指定した日時で依頼して暮らしのマーケットから予約が成立しましたメールが着たが、当日待っていても来ない、連絡も無い、マイページを見たら勝手に「お客様のご希望に添えません」とだけでキャンセルになっていた。 連絡は一方通行で全く取れません、暮らしのマーケットのチャットも担当者不在となって連絡できません。 最低最悪二度と暮らしのマーケットは使いません。 「和田ホーム」は最低最悪業者です、評価は作業が終了してからしか入れられませんので作業前の評価は一切入れられません。 これからエアコンクリーニング業者を探してもいつになるやら・・・途方にくれます。 結局登録会社側は本当にしっかりと仕事が出来る事業体かどうかわからないんですよね。 登録会社がどうやったらお客から受注が取れるのかを考える会的なものに出向いて各々の自己紹介を聞いた事もありますがみんな素人ばかりでこれからプロを目指す的なフリーの方の集まりで、このメンバーと仕事をしていたらあかんな。。 と力抜けしてしまった事もありました。 登録会社的には客側と直接連絡を取りあうのは規約違反になり、概ねの単価設定が作業(工事)金額に反映されそれが見積もりとなってしまいます。 現場を見ないで客側からの大まかな情報のみで見積もりが決まってしまいます。 仕事内容の確認や現場視察すらできません。 作業当日現場に行けば、えー。。 的な状況になってしまうことは経験ある方なら容易に察する事ができると思います。 空調クリーニングのように1台いくらと決まっているものに対しては数少ない所定の連絡方法で解決するだろうという考えからいいかと思います。 あと、作業が終わると登録した会社がお客と追加支払いが無かったかをしつこく確認してきます。 追加情報は運営側に報告をちくいち事前に報告しなければならずそれを怠ると厳しいペナルティーが待っています。 しかし、内装工事や建築工事、クリーニング等の事業体において現場の状況が把握出来ない状況での概算見積もりでいきなり当日現場を向かえるのはいかがなものか。。 逆に客側の立場を考えれば、ほぼ何もわからない業者が当日初めて現場にきて用意ドンで作業をする無謀さ。 現場仕事はただ現場をこなせばいいものではなく客側の要望に応えるべくきめ細かやな配慮と、いかに費用を最低限度に抑えるかの的確な現場判断、加えお客に失礼の内容に費用交渉をする営業力が伴います。 ファーストコンタクトに問題がありすぎるこのサイトについて、私はクレーム対応に追われる日々の事、流行りのIT会社に対して高額な中間マージンを発生させてまでお客の事を誠心誠意考え仕事をするスタンスはないので客側としても登録側としても全てに対してここの利用はやめました。 信頼があって腕の良い会社はもっと違う手法で日々の営業活動をしていますね。 福岡県の5つ星しかない即日ゴキブリ駆除という方に 12,000円で駆除をお願いしました。 シンクを通した時に作った穴からゴキブリが入るそうで、その穴を埋める作業をするか聞かれました。 17,000円と言われたので5000円かかるのかと思い迷っていると、星5評価してくれると2000円引きで15,000円になりますと言われました。 それならと思いお願いすると、請求額は27,000円。 「別途」「追加」などの言葉を使わずに詐欺まがいの手口で騙されました。 確認しなかったこちらも悪いですが業者としてきちんと説明するべきだったと思います。 クレームを申し立てるとまだ払ってもないのに「会社にそれで報告したんで一旦全額もらって、確認してOKが出たら返金に応じます」と言われました。 後から会社の利用規約を読むと会社は一切責任を取らないと書いてました。 完全に詐欺です。 意味わかりません。 次の日に別の方にエアコン修理をお願いしていましたがキャンセルしました。 もう2度と使わないです。 タイトルとハンドルネーム通りですが、業者として色々と感じる事はあるものの、 基本的にキャンセル料については、予約が成立した時点で決めたペナルティをお客様に意識してもらい、 契約違反に対しては毅然とした対応をすべきだと思います。 取り付け等現調が必要だと思えば、住所が分かっているのですし、 電話番号も予約成立後はお知らせいただけるので、任意で事前に行けばいいのです。 無理ならお客様に写真を撮って添付していただくこともできるし、 工夫次第で色々と当日キャンセルを防げると思います。 システムのせいで当日までわからないことなんて何もないはずですが。 私はエアコン取り付けではありませんが、エアコンクリーニングなので似たようなことが起きます。 機種や設置状況等、事前にわからないとできないことがたくさんあるので、 お客様にかなり色々メッセージで、予約成立後は電話で聞きます。 それで怒られたことなどほとんどありません。 色々聞いて扱えないとわかった案件は、前日までキャンセル機能が有効なので操作すれば、 手数料は一切発生しませんよ。 あと、アワードでの受賞は当日参加できることが条件です。 ノミネートされても、参加不可だとノミネート自体無かったことになります。 エンブレム付きの業者は、高額な参加費を納めていることもここでお伝えしておきます。 法人取引であるにも関わらず報告・連絡・相談が全く機能していない企業でした。 お客様の評価も5段階中5ですし、プロとしてお客様目線で作業を実施してきました。 しかし、事前通告なしに利用規約により審議の対象となりましたのメールだけでで、一方的に出店停止、昨日退店とさせられました。 利用規約は一般の方も公開されていますので閲覧できます。 恐らく依頼とは別の作業(追加)で発生した代金を申告していないという事だと思います。 電気工事に関しましては、機器はお客様でご用意となっていまして、店舗はお客様がネットでご用意した物を取付となります。 しかしお客様は皆様が電気知識がありますわけではなく、部品の手配が出来ない場合がございます。 お客様の代わりに商品を用意した部品に関して、税込み価格から20%の手数料とあらたに消費税を店舗に請求します。 店舗は足りない部品をホームセンターで調達し、レシート金額で実費精算をしていました。 これが利用規約違反、追加工事の申告義務となったと思われます。 お客様は消費税と20%を2重に負担しなくてはなりません。 これはおかしくないでしょうか? さすがに店舗が20%負担はできません! 当店は自社のホームページで集客をしていますが、お客様が不可抗力で直に当店にたどり着いても、5営業日以内に報告する事と規約に書いてあります。 正直、線引きは無理です。 ネットを見ますと業者募集に躍起になっている状況がうかがえます。 マーケットの収入源は我々業者が支払う手数料です。 コントロール出来ない事業者は排除して、この会社が成功するでしょうか? 個人の電気工事業(開業していない)を取得していない、職人だけしか残らないと思います。 一度マーケットの店舗利用規約を検索してください。

次の