こだわる 漢字。 そこを漢字で書かないで〜(駄)

こだわる 漢字

結論から言うと、 漢字の書き順に正解はありません。 は? 昔あれだけ何度も間違いを訂正させられて、おまけに覚えるまでノート1ページに書いてこい!みたいに言われてやらされたのに、正解がないってどう言うこと?って感じですよね。 文部科学省(旧文部省)は漢字の書き順に関する文書を昭和33年に発行しています。 漢字の筆順の現状についてみると、書家の間に行われているものについても、通俗的に一般社会に行われているものについても、同一文字に2種あるいは3種の筆順が行われている。 特に楷書体の筆順について問題が多い。 このような現状から見て、学校教育における漢字指導の能率を高め、児童の筆順を、できるだけ統一する目的を以って本書を作成した。 (略) もちろん、本書に示される筆順は、学習指導上に混乱を来たさないようにとの配慮から定められたものであって、そのことは、ここに取りあげなかった筆順についても、これを誤りとするものでもなく、また否定しようとするものでもない。 ということです。 もしみなさんのお子さんが通われている学校の先生が、書き順について厳しい指導をしている場合は、この文書について知らない、もしくはなんらかの強いこだわりがあるのだと思います。 漢字のとめ、はね、はらいも気にしなくていい 私の小学生時代もそうでしたが、漢字のとめ、はね、はらいについて細かく指導された経験があります。 しかし、この件についても公式な文書で以下のような言及がされています。 「常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)」(文化審議会国語分科会) にも詳細が書かれていますが、例えば「木」と言う字を思い浮かべてください。 二画目の縦棒はとめてもはねても問題がありません。 ご存知でしたか? そう考えると、自分は小学生時代、意味のない作業に合計で何時間使っていたのだろうかと愕然とします・・・。 漢字の書き順なんてどうでもいい ここまで読んでいただいた方がどのように感じるかわからないですし、先生だった自分が言うのはなんですが、個人的には 漢字の書き順なんてどうでもいいと思います。 確かに、教える側として一つの書き順が定められていれば、教えやすいというのはあると思います。 しかし、子どもの立場に立ってみるとどうでしょうか? 世の中には右利きもいれば左利きもいます。 元々は左利きだったけれど、親に右手で書くように言われている子もいるでしょう。 さらに言うと、子どもたちの脳の構造は一人一人違います。 その最適な方法を奪うことに、どれだけの意味があるのでしょうか? 自分が先生をやっていた時、定められている書き順とは全く異なる書き方で、字を書いている子がいました。 しかし、その子はとても字が上手で、正確に書くことができていました。 私はその子がめちゃめちゃ面白いなと思って「すげー!!!」ってめちゃくちゃ褒めました。 その子のはにかんだ表情は今でも忘れられません。 極端な考えだと言われるかもしれません。 ただ、今振り返ってみてもあの時のアプローチはあれでよかったんじゃないかなって思っています。 みんなちがって、みんないいんじゃないの?.

次の

「拘る」とは?意味・読み方・類語【使い方や例文】

こだわる 漢字

結論から言うと、 漢字の書き順に正解はありません。 は? 昔あれだけ何度も間違いを訂正させられて、おまけに覚えるまでノート1ページに書いてこい!みたいに言われてやらされたのに、正解がないってどう言うこと?って感じですよね。 文部科学省(旧文部省)は漢字の書き順に関する文書を昭和33年に発行しています。 漢字の筆順の現状についてみると、書家の間に行われているものについても、通俗的に一般社会に行われているものについても、同一文字に2種あるいは3種の筆順が行われている。 特に楷書体の筆順について問題が多い。 このような現状から見て、学校教育における漢字指導の能率を高め、児童の筆順を、できるだけ統一する目的を以って本書を作成した。 (略) もちろん、本書に示される筆順は、学習指導上に混乱を来たさないようにとの配慮から定められたものであって、そのことは、ここに取りあげなかった筆順についても、これを誤りとするものでもなく、また否定しようとするものでもない。 ということです。 もしみなさんのお子さんが通われている学校の先生が、書き順について厳しい指導をしている場合は、この文書について知らない、もしくはなんらかの強いこだわりがあるのだと思います。 漢字のとめ、はね、はらいも気にしなくていい 私の小学生時代もそうでしたが、漢字のとめ、はね、はらいについて細かく指導された経験があります。 しかし、この件についても公式な文書で以下のような言及がされています。 「常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)」(文化審議会国語分科会) にも詳細が書かれていますが、例えば「木」と言う字を思い浮かべてください。 二画目の縦棒はとめてもはねても問題がありません。 ご存知でしたか? そう考えると、自分は小学生時代、意味のない作業に合計で何時間使っていたのだろうかと愕然とします・・・。 漢字の書き順なんてどうでもいい ここまで読んでいただいた方がどのように感じるかわからないですし、先生だった自分が言うのはなんですが、個人的には 漢字の書き順なんてどうでもいいと思います。 確かに、教える側として一つの書き順が定められていれば、教えやすいというのはあると思います。 しかし、子どもの立場に立ってみるとどうでしょうか? 世の中には右利きもいれば左利きもいます。 元々は左利きだったけれど、親に右手で書くように言われている子もいるでしょう。 さらに言うと、子どもたちの脳の構造は一人一人違います。 その最適な方法を奪うことに、どれだけの意味があるのでしょうか? 自分が先生をやっていた時、定められている書き順とは全く異なる書き方で、字を書いている子がいました。 しかし、その子はとても字が上手で、正確に書くことができていました。 私はその子がめちゃめちゃ面白いなと思って「すげー!!!」ってめちゃくちゃ褒めました。 その子のはにかんだ表情は今でも忘れられません。 極端な考えだと言われるかもしれません。 ただ、今振り返ってみてもあの時のアプローチはあれでよかったんじゃないかなって思っています。 みんなちがって、みんないいんじゃないの?.

次の

「関わる」「係わる」「拘わる」

こだわる 漢字

「関わる」と「係わる」の意味に違いはない• 迷ったら「関わる」を使う• 公用文・公文書で使えるのは「関わる」だけ• 公用文で「かかわる」と表記する説は古い情報 「関わる」と「係わる」の違いと使い分けを解説します 「関わる」と「係わる」の意味に違いはない 「関係」という熟語を構成する漢字のうちどちらか一字を用いて、関係や関連などの意味を表す時に用いられる言葉「関わる」と「係わる」。 結論から言うと 両方ともほぼ同じ意味を持ち、その間に明確な違いはありません。 それぞれの言葉が持つ微妙なニュアンスの違いで使い分けるとの説もありますが、そもそもニュアンスというものは主観で決まるもの。 ニュアンスの違いを客観的に判断できる基準など容易にもうけられるものではありません。 よって「関わる」と「係わる」のどちらを使っても、それが個人的な書面や手紙であるのなら問題はありません。 ただし、 公用文・公文書を作成する場合や 学校でのテストの解答。 さらに 正しい使い分けにこだわりたい場合、 迷った場合には 「 関わる」を使ってください。 迷った場合、公用文・公文書で「関わる」を使う理由 公用文・公文書。 学校のテスト。 さらに正しい使い分けの際に「関わる」を使うべきであるとするその理由は、まったく同じ意味を持つ「関わる」と「係わる」という二つの言葉のうちで「関わる」だけが常用漢字だからです。 常用漢字とは公用文・公文書などで原則として使用されることが定められた漢字で、新聞・雑誌等の公共性の高い出版物でもこの常用漢字に準じた漢字の運用がなされています。 同様に教育現場などでも常用漢字の使用が原則とされていますので、学校のテストの答案用紙に解答を記入する際には「関わる」と書かないと間違いとされてしまいます。 くれぐれもご注意ください。 公用文・公文書で「かかわる」と表記する説は古い情報 「関わる」も「係わる」もともに常用漢字ではない。 よって、公用文・公文書では「かかわる」が正しいという情報がインターネット上に大量に拡散されています。 この情報、実は古い情報です。 平成22年(2010年)11月30日付け内閣告示第2号「 法令における漢字使用等について」にて、 「関わる」という表記が常用漢字表に新たに加えられています。 常用漢字表により漢字で表記することとなったものとしては,次のようなものがある。 「関わる」 平成22年11月30日付け内閣告示第2号「」より引用 「関わる」は常用漢字です。 迷ったら「関わる」を使いましょう。 「関わる」と「係わる」の違いと使い分け方、まとめ 「関わる」と「係わる」の違いと使い分け方について最後にもう一度まとめます。 「関わる」は常用漢字です。 平成22年(2010年)に常用漢字表に加えられました。 よって公用文・公文書では「関わる」を用います。 迷った時も「関わる」を使用。 学校のテストの答案用紙への記入も「関わる」と書くのが正解です。

次の