君がいない日々生活歌詞。 二度と戻らない愛しい日々。スピッツ「ありがとさん」がアツい

Mrs. GREEN APPLE 日々と君 歌詞

君がいない日々生活歌詞

何とも独特で愛おしい世界観ですね… のんびりした曲調と穏やかな歌詞からは想像もつきませんが、Rin音さんは数々のMCバトルを総舐めする 凄腕のバトルラッパーだったりします。 楽曲名「earth meal」とは 「earth meal」は直訳すると 「地球での食事」といったところ。 地球に取り残された二人の歌、ということなので 地球での二人のなんてことない日常生活を切り取ったタイトルであるといえるでしょう。 「earth meal( あーすみーる) feat. asmi( あすみ)」ということでラッパーらしく韻を踏んだのかと思いきや、これは完全な偶然でRin音さん本人も後で気付いたとのことです。 笑 この楽曲名が歌詞の内容とどう関与しているのでしょうか。 他人はもちろん、天体衝突や空模様でさえ介入できない二人だけの空気がここでは流れています。 「even if the earth is broken」 例え地球が壊れてしまっても、私たちずっと一緒にいよう。 歌でも歌って、「ヘタクソね」なんて言って笑っていよう。 自分でも馬鹿らしくなるくらい調子に乗っていて、 仲睦まじい様子の二人。 そんなカップルのいかにも幸せそうな非日常的な日常が、ここからの歌詞では展開されていきます。 先述した通り、この曲は 宇宙移住計画に寝坊で乗り遅れた男女のお話し。 もうとっくに人類はみんな他の天体へ旅立ってしまって、地球に残されてしまったのは寝坊した二人だけです。 妙に親近感があるSF的な展開ですね。 皆が移住に夢中になる中、地球では彼女以外と会わないから着飾る必要なんかないし退屈しないから 「結果なかなかいいかもな」と主人公は完全に開き直っています。 誰とも会わないから服なんかどうでもいい、という考え方が主人公のちょっとだらしない人間性を表している感じがしますね。 取り残された理由が大したことではなくて、2人そろって見事に寝坊というのがなんとも憎めなくて愛らしいです。 君と僕のテーマパーク はしゃぐだけはしゃぎ ふらり夜のコンビニ 悪とヤンキーいないらしい ドラマチック映画館で 昨日の動画流し いつかするよプロポーズ 地球を君にあげるし 多分全部照れくさくて ぎこちないけどさ アルバムが1億冊は出来てしまうんだ このくらいにしておいて もう今日は眠ろうか 自分たちしかいない地球を満喫する二人。 テーマパークもコンビニも映画館もすべて二人だけのもの。 どんな楽しみ方をしようが何もかも二人の自由です。 もちろんちゃんと考えれば「誰が営業してるんだ?」とか「電気誰が作ってるんだ?」みたいな疑問はありますが、もはやそんな細かい設定はこの曲ではどうでもいいのです。 「地球を君にあげる」なんて愛の言葉が文字通り成立する、 ずっとロマンチックで素敵な世界がずっとここには広がっています。 恋の駆け引きが得意なわけではなく、彼女への恋愛表現がぎこちないものになってしまう主人公。 しかし彼の心の中を歌ったこの歌詞では、いかに彼が彼女を想っているかがひしひしと伝わってきますね。

次の

君を忘れられないからの歌詞

君がいない日々生活歌詞

曲名:セイカツ 歌:おさるのうた おさるのうたさんのYOUTUBEに動画が上がっていました。 TikTokで流行っていた曲のフルバージョンで「セイカツ」というタイトルの曲でした。 声がすっっごいいいですね。 ハスキーで揺れがあってちょっと不安定な感じもすごくいいなと思いました。 TikTokでカップルの日常の動画に使われててとてもエモい 1y3m。 もうすぐ卒業。 友達としても恋人としてもずっと一緒にいたから、これから毎日会わなくなると思うと寂しいです。 一枚だけ付き合ってない時の写真があります。 こちらの動画にたくさんのいいねがついています。 写真のぼかしなどがプロっぽいものすっごいいいですね。 日常が想像できるような、セイカツが切り取られたかのような写真に、おさるのうたさんの声と歌がぴったり合っていて、映画エンディングのようです。 TikTokの動画のコメント欄では、「なんだこのエモいカップル」「エモすぎて映画始まるかと思いました」「1枚1枚映画のワンシーンみたいで素敵」など動画を絶賛するコメントがたくさんありました。 とにかく写真が素敵すぎる!ということでスマホなのかちゃんとしたカメラなのか?と思い、投稿者さんのインスタへ飛んでみました。 おさるのうたさんの「セイカツ」の歌詞 おさるのうたさんの「セイカツ」の歌詞はYOUTUBE動画の概要欄に貼ってありました。 「セイカツ」 君がいない日々、生活、毎日は 僕は超えられそうにないから 何をするにも途切れ途切れ そんな生活の中で巡り会えた 行くたび立ち止まり行き止まり そんな事もなんか愛おしくて 交差する感情進む時間 孤独に潰されそうな日は多く 何を選びどこに進もう 募る期待と不安な僕 それでもどうか 食らいついて 君がいない日々生活毎日は 僕は超えられそうにないから きっといつかの日を思い後悔して また嫌になってしまうから 当たり前は偶然の連鎖で 毎日は生まれ変わりつつあって 何を見出しどこに行こう まだ幼い僕らだから それでもどうか 縋り付いて 君がいない日々生活毎日は 僕は進めそうにないから きっといつかの日を悔み俯いて またダメになってしまうから 君のいない日々生活毎日は 僕は超えられそうにないから きっといつかの日を思い後悔して また嫌にになってしまうから 君がいない日々生活毎日は 僕は進めそうにないから きっといつかの日を悔み俯いて またダメになってしまうから どうか素晴らしい日に.

次の

セイカツ 歌詞「おさるのうた」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

君がいない日々生活歌詞

何とも独特で愛おしい世界観ですね… のんびりした曲調と穏やかな歌詞からは想像もつきませんが、Rin音さんは数々のMCバトルを総舐めする 凄腕のバトルラッパーだったりします。 楽曲名「earth meal」とは 「earth meal」は直訳すると 「地球での食事」といったところ。 地球に取り残された二人の歌、ということなので 地球での二人のなんてことない日常生活を切り取ったタイトルであるといえるでしょう。 「earth meal( あーすみーる) feat. asmi( あすみ)」ということでラッパーらしく韻を踏んだのかと思いきや、これは完全な偶然でRin音さん本人も後で気付いたとのことです。 笑 この楽曲名が歌詞の内容とどう関与しているのでしょうか。 他人はもちろん、天体衝突や空模様でさえ介入できない二人だけの空気がここでは流れています。 「even if the earth is broken」 例え地球が壊れてしまっても、私たちずっと一緒にいよう。 歌でも歌って、「ヘタクソね」なんて言って笑っていよう。 自分でも馬鹿らしくなるくらい調子に乗っていて、 仲睦まじい様子の二人。 そんなカップルのいかにも幸せそうな非日常的な日常が、ここからの歌詞では展開されていきます。 先述した通り、この曲は 宇宙移住計画に寝坊で乗り遅れた男女のお話し。 もうとっくに人類はみんな他の天体へ旅立ってしまって、地球に残されてしまったのは寝坊した二人だけです。 妙に親近感があるSF的な展開ですね。 皆が移住に夢中になる中、地球では彼女以外と会わないから着飾る必要なんかないし退屈しないから 「結果なかなかいいかもな」と主人公は完全に開き直っています。 誰とも会わないから服なんかどうでもいい、という考え方が主人公のちょっとだらしない人間性を表している感じがしますね。 取り残された理由が大したことではなくて、2人そろって見事に寝坊というのがなんとも憎めなくて愛らしいです。 君と僕のテーマパーク はしゃぐだけはしゃぎ ふらり夜のコンビニ 悪とヤンキーいないらしい ドラマチック映画館で 昨日の動画流し いつかするよプロポーズ 地球を君にあげるし 多分全部照れくさくて ぎこちないけどさ アルバムが1億冊は出来てしまうんだ このくらいにしておいて もう今日は眠ろうか 自分たちしかいない地球を満喫する二人。 テーマパークもコンビニも映画館もすべて二人だけのもの。 どんな楽しみ方をしようが何もかも二人の自由です。 もちろんちゃんと考えれば「誰が営業してるんだ?」とか「電気誰が作ってるんだ?」みたいな疑問はありますが、もはやそんな細かい設定はこの曲ではどうでもいいのです。 「地球を君にあげる」なんて愛の言葉が文字通り成立する、 ずっとロマンチックで素敵な世界がずっとここには広がっています。 恋の駆け引きが得意なわけではなく、彼女への恋愛表現がぎこちないものになってしまう主人公。 しかし彼の心の中を歌ったこの歌詞では、いかに彼が彼女を想っているかがひしひしと伝わってきますね。

次の