オフィス カジュアル 髪型。 【もう悩まない】今さら聞けない「オフィスカジュアル」「お仕事カジュアル」の基本ルール

どこまでOK?オフィスカジュアルの基本原則を知っておこう!

オフィス カジュアル 髪型

オフィスに相応しくない髪型の特徴の二つ目は、だらしのない髪型はしないことです。 だらしのない髪型の線引きは難しいものがありますが、寝起きのまま出勤することなく、ヘアセットをきっちりすることが大切です。 女性は特に朝忙しいので少しでも早起きして髪型をセットすることをしましょう。 最近はルーズヘアもおしゃれな髪型として捉えられています。 きっちりまとめ髪は昔の話で、ルーズさがセンスアップさせることもあります。 仕事の邪魔にならないルーズさは問題ありませんが、いかにもプライベート的なヘアスタイルは避けるようにしましょう。 仕事とプライベートのオンオフがない髪型は避ける オフィスに相応しくない髪型の特徴の三つ目は、仕事とプライベートのオンオフがないヘアスタイルは避けることです。 ヘアスタイルはやはり仕事のやる気を表すことがあります。 例えば接客業など相手が不快にならない髪型やメイクも大切になってきます。 飲食業はなおさらヘアスタイルをきっちりする必要があるでしょう。 女性にとって髪の色は一番気にするところです。 明るめにしたい気持ちもありますが、仕事を考えると暗めを選ぶ必要もあるでしょう。 そんなヘアカラーの選び方はぜひ下記の記事も併せて読んでみてください。 ヘアカラーの選び方の参考になります。 チェックしてみてください。 オフィスに相応しい髪型(ヘアスタイル)の特徴は? 清潔感がある髪型にする オフィスに相応しい髪型の特徴の二つ目は、きっちりまとめ髪にしてみることです。 まとめ髪アレンジは数限りなくありますし、どんなアレンジも素敵です。 ですが自分の仕事上、どのような髪型であるべきなのかをまず考えてみましょう。 基本はきっちりまとめ髪が理想ではありますが、アレンジも可能です。 ミディアムやロングヘアはちょっとした髪の乱れが清潔にも不潔にも感じさせる場合があります。 どんなにオシャレとしてルーズ感を出しても不潔を感じさせては意味がありません。 意外と職場では髪型を指摘することは最近ではなかなかできません。 言われないから良いのではなく、自分でつねに自覚を持ちましょう。 仕事に支障が出ないヘアスタイルにする オフィスに相応しい髪型の特徴の三つ目は、仕事に支障が出ない髪型にすることです。 例えば取引先の人との食事などがあるときは食べ物に髪が入ったりしないようにまとめ髪にするべきですし、接客ですとお辞儀をして髪が前へ垂れることはしないように気を付けたいものです。 職場へ着いてから髪をまとめたりする人もいることと思います。 簡単にかつ仕事で邪魔にならないためのヘアアレンジはぜひ下記の記事をチェックしてみてください。 時間を掛けず気分でアレンジチェンジしたり、仕事のストレスがリラックスできるようにヘアスタイルで気分を変えていってみてはどうでしょうか。 最近特に刈上げを入れる人は増えています。 アクセント的に入れる人もいますし、耳横を借り上げて上の髪は下すという見えないオシャレをする人もいます。 刈上げを入れても全体的にトップから下しているとバランスよく見えます。 ボブスタイルは意外と真っ直ぐヘアにすることが大変です。 ショートであると言ってもクセが少しでもあるとうねってしまったり、ヘアスタイルが思い通りにならないこともあります。 そのような人は朝のスタイリングよりも夜のスタイリングをしっかりしましょう。 夜のほうが髪が落ち着きます。 参考にしてみてください。 アレンジは毛先全体を、そして表面も巻いていきます。 根元からカールを付けることで柔かさを出すことができます。 また最初はきっちりと巻いて全体的にバランスを崩していくと可愛くアレンジできます。 一つ結びのアレンジは意外とたくさんあります。 マンネリ気味になってしまうという人はぜひ下記の記事を参考にアレンジにチャレンジしてみてください。 毎日違ったアレンジができると楽しくなります。 辛い仕事も気持ちをリラックスさせて頑張りましょう。 ただの三つ編みだけだとシンプル過ぎるので三つ編みをさらにアレンジして三つ編みでロングヘアを楽しんでみましょう。 ただし、三つ編みの三つ編みは髪の量が多い人向けのアレンジです。 髪が多いこそできる三つ編みアレンジなので髪が多い人にはぜひやってみて欲しいアレンジです。 両サイドから三つ編みをしてそれをさらに束ねて三つ編みしていきます。 シンプル三つ編みをさらにバージョンアップさせて楽しんでみましょう。 バナナクリップの止め方はとても簡単です。 がま口のようなクリップをぱかっと開いて髪を下から挟み込んでクリップを閉じるだけでまとめ髪の出来上がりです。 オフィスで簡単にまとめ髪をするときに便利なヘアアクセサリーでおすすめです。 もっとも髪をまとめる一番ノーマルなヘアアクセです。 ですがもっとも手っ取り早く、そして綺麗にまとめることができるので重宝するヘアアクセです。 ボブでもミディアムでもロングでもどんな髪型にも使えるヘアアクセサリーです。 ただのヘアゴムにアクセントとしてラインストーンが施されているのでとってもオシャレです。 またシンプルな作りなので髪が束ねやすく見た目も綺麗にまとめ髪ができあがります。 ヘアアクセサリーをあまり使わない人もたくさん種類がありますので、ぜひ下記の記事を一緒にチェックしてみてください。 髪留めの使い方のヒントもありますので、ぜひいろいろなヘアアクセサリーを楽しんでみましょう。 グレイへアでもウェーブをつけるととても素敵になりボーイッシュになります。 ウェーブは少し大きめにして遊ばせるようにスタイリングしましょう。 グレイへアでもウェーブヘアはとても合うのでぜひやってみてください。 オフィスで快適なヘアスタイルで仕事を頑張りましょう! いかがでしたでしょうか。 オフィスによってはヘアスタイルの規則があったり、カラーを指定されている場合があります。 また規則がなくてもそれなりにオフィスでは抑えた髪型をするのはもちろんです。 そんな常識の中でも自分なりのアピールができるアレンジや快適に過ごせる髪型で毎日の仕事をぜひ頑張っていきましょう。

次の

2020|夏のオフィスカジュアルコーデ15選!お洒落なレディースのきちんと服とは

オフィス カジュアル 髪型

オフィスカジュアルの基本ルール 出典: オフィスカジュアルのルールは、 お客様を対応するときにふさわしく、かつかっちりしすぎないことが基本です。 ビジネスシーンに適した服装でありながら、スーツより少し崩したスタイルがオフィスカジュアルと覚えておくといいでしょう。 基本は、 「カーディガンまたはジャケット+シャツ+パンツまたはスカート」という合わせ方が無難です。 ただし、基本を押さえていても、アイテムの選び方次第でカジュアルすぎてしまうこともあります。 プライベートな印象を持たれるコーディネートにならないよう、注意が必要です。 会社の雰囲気に合わせることが重要 オフィスカジュアルに明確な基準はなく、企業によってOKなラインが異なります。 そのため、定義をするのがとてもむずかしい分野なのです。 基本は、 会社の先輩の雰囲気を見て自社のオフィスカジュアルを学びましょう。 ベーシックカラーでまとめる 出典: 出典: 出典: オフィスカジュアルは、 ベーシックカラーでまとめるのが無難です。 できるだけ 黒・紺・ベージュ・白のアイテムを揃えておくと安心です。 出典: また、毎年春には パステルカラーが流行します。 ベーシックカラー以外の色もコーディネートに組み込みたいのであれば、パステルカラーのものを取り入れるのがおすすめです。 優しい雰囲気にまとまるでしょう。 オフィスカジュアルのNG例 基本的にオフィスカジュアルは、 周りに不快感を与えず、仕事に支障をきたさない落ち着いたコーディネートがルールです。 具体的に、オフィスカジュアルのNG例を見ていきましょう。 過度な露出は避けよう オフィスカジュアルでNGなのが、露出の多い服装です。 レディースの場合は、オフショルダーのトップスやミニスカート、ショートパンツがこれに当たります。 オフショルダーやミニスカートなどの露出の多い服装は、ビジネスライクというよりもプライベート感の強い印象を与えてしまいます。 出典: トップスは、 半袖のカットソー程度の露出が適切です。 スカートに関しては、短くても膝より少し上くらいの丈感のものを選ぶのがおすすめです。 出典: ノースリーブは夏場OKの企業もありますが、露出を抑えるために ジャケットやカーディガンを羽織るなど着こなしに工夫が必要です。 多くの企業は、スカート丈に関し、膝上7cm程度までと定めているので、これを参考にするといいでしょう。 ボディラインが出すぎる服 ボディラインが出すぎる服も、オフィスカジュアルにおいてはNGです。 一般的なタイトスカートなどはOKですが、体のラインを拾いすぎるファッションは、露出度が高いものと扱いは同じ。 一緒に働く人を不快にさせないファッションを心がけましょう。 スカートを履く際はストッキングを着用 オフィスカジュアルでは、生足は避けることをおすすめします。 スカートを履くときには肌色のストッキングを着用するよう習慣づけましょう。 オフィスカジュアルの定番アイテム TPOによって適切な服装は異なりますが、どんなときでも使いやすい定番アイテムを持っておくと安心です。 トップスはシャツやカットソーを準備 出典: 出典: 出典: 出典: 出典: トップスの定番は、 シャツやブラウス、カットソーなどです。 シワになりにくく、シンプルなデザインのものを数枚持っておくといいでしょう。 先ほどご紹介した「 ベーシックカラー」のアイテムを揃えておくのがおすすめです。 また、シンプルなデザインのワンピースも持っておくと便利です。 ワンピースにカーディガンやジャケットを羽織るだけで、清楚で上品なオフィスカジュアルが完成します。 タイトすぎないボトムスが適切 出典: 出典: 出典: 出典: 定番アイテムである シャツやブラウス、カットソーとマッチするボトムスを揃えましょう。 体のラインが出すぎるものは避けます。 ほどよくゆとりのある長めの丈のパンツがおすすめです。 スカートの場合は、 ひざ丈またはミモレ丈がいいでしょう。 ロングすぎるスカートもオフィスカジュアルにはあまり適していないので、注意が必要です。 ベーシックなパンプスを持っておこう 出典: 出典: 出典: シンプルなデザインのベーシックなパンプスは、どんなコーディネートとも合いやすいので、1足持っておくと便利です。 ヒールは7cm以下程度がベスト。 低めのヒールでも問題ありません。 歩きやすく動きやすいよう、足にフィットしたものを選びましょう。 そこでここからは、オフィスカジュアルに関する素朴な疑問を解決していきます。 色使いはどこまでOK? 派手な色使いをNGとしている企業は多くあります。 真っ赤なトップスなどはかなり派手な印象をもたれてしまいます。 鮮やかな色が身体の半分以上を占めてしまうような洋服は避けるのが無難です。 出典: 出典: 出典: 鮮やかな色を取り入れる場合は、ベルトなどの小物で取り入れるのがベストです。 ベーシックカラーに小物でアクセントを入れることで、かっちりした印象を少し崩してくれるのでおすすめです。 ジーンズやスニーカーはNG? オフィスカジュアルでは、カジュアルすぎる印象の洋服や小物はNGです。 例えば、ジーンズやスニーカーがそれに当たります。 出典: オフィスカジュアルでパンツを選ぶ場合は、デニム素材のものではなく、テーパードパンツなどビジネスにふさわしい洋服を選びましょう。 スニーカーに関しては、企業によってラインが異なりますが、NGとしている企業が多くあります。 女性の場合、オフィスカジュアルにスニーカーを組み合わせるとカジュアルすぎる雰囲気になってしまうためといわれています。 出典: 脚が疲れてしまう場合には、ヒールが低いものや、ペタンコ靴といった革製の靴を選ぶようにしましょう。 出典: オフィスカジュアルのギリギリのラインは 出典: オフィスカジュアルには明確な定義がないため、ギリギリのラインをはっきり伝えるのは難しいことです。 まず、ギリギリの扱いになってしまうものとしてロング丈のカーディガンが挙げられます。 出典: ロング丈のカーディガンはボディラインを隠すには適していますが、リラックス感が強すぎるとの見方もあります。 もし取り入れたい場合は、できるだけ崩した印象を持たせないために、パンツを細めのものにしたり、下半身にボリュームを持たせないコーディネートを意識するのがおすすめです。 まとめ:オフィスカジュアルを選ぶ際のコツ オフィスカジュアルのコツは、下記の4つです。 できるだけベーシックカラーでまとめる• ダボっとしすぎるシルエットを選ばない• 派手な色を選ばない• 肌の露出は肩から下と、ひざ下程度に抑える オフィスカジュアルの基準は曖昧で企業によって異なるので、 この4つを守りつつ、周囲の雰囲気を参考に少しずつ崩してみましょう。 なかなか基準がわからずにどんな洋服を着ていこうか迷ってしまう場合は、 黒・白のトップスとボトムスで組み合わせると安心です。 オフィスカジュアルにお悩みの方へ とはいえ、オフィスカジュアルを選ぶときにこんなお悩みもありますよね。 「自分に似合う洋服がわからない」 「おしゃれに着こなしたいけど、あまり自信がない」 「買い物に行く時間がそもそもとれない」 は、あなたの好みや体型にあわせて、 プロのスタイリストがコーディネートした洋服を自宅にお届けしています。 仕事や、家事で忙しく洋服をなかなか買いにいけない方、ファッションをもっと楽しみたいという方、プロにコーディネートをお願いしたいという方におすすめです。

次の

オフィスカジュアルとは?就活時の私服や髪型を解説

オフィス カジュアル 髪型

オフィスカジュアルとはどういう服装なのか。 ある程度の自由というのがどこまでの自由を指すのか、ビジネスカジュアルとはどう違うのか。 社会人としてわきまえておきたい感覚ですが、はっきりとした定義がなく、なかなかピンとこないかもしれません。 会社によってはガイドラインをもうけているところもありますが、それも企業ごとに様々です。 オフィスカジュアルとは、社内で仕事をするために適した服装であり、来客を迎えても失礼にあたらないくらいの、適度にカジュアルでありながらきちんとした身だしなみができているというレベルを指します。 一方でビジネスカジュアルとは、カジュアルでありながら、他社を訪問できるくらいの服装をいいます。 こんなオフィスカジュアルはNG ・露出が多すぎる カジュアルが推奨されているとはいえ、ビジネスの場では過度な露出やボディラインが強調される服は好ましくありません。 キャミソールやタンクトップなど肌の露出が大きすぎるもの、下着のラインが出るほどの短すぎるパンツやスカート、襟ぐりや背中が大きく開いている服装などは避けるべきです。 ノースリーブを着用する場合でも、ジャケットを羽織るなどしてなるべく肌の露出をおさえる気遣いが必要です。 また、夏場などは上着を脱ぐ可能性もありますので、キャミソールなどを着用して下着が透けないようにする対策も必要です。 ・過度にカジュアルすぎる だらしない印象をあたえてしまう服装も避けるべきです。 シワが多かったりヨレヨレだったり、あるいはダメージ加工がされているものは避けるべきですし、デニム生地のパンツやスニーカーも必要以上にカジュアルな印象を与えてしまう恐れがあります。 また、職場はあくまで仕事をするための場所ですので、歩きまわるのに支障があるほどのハイヒールやピンヒールではなく、適度なヒールの高さのパンプスが望ましいでしょう。 ・奇抜すぎる 迷彩柄やアニマル柄は、強い印象を与えるため好ましくありません。 また、原色などの派手な色合いが全体の半分以上を占めてしまうようなコーディネートも避けたほうが無難でしょう。 ベーシックカラーでまとめた上で、ベルトなどの小物に原色を用いる程度であれば、固い印象を和らげるのに効果的な場合もあります。 ・派手すぎるメイクやヘアスタイル、小物など あまり華美なメイクやネイル、デザインや配色が派手で目立ちすぎるアクセサリーなども清潔感を損ねてしまうため、職場での身だしなみとしてふさわしいものではありません。 また、帽子はビジネスの場ではNGですし、大げさなヘアアクセサリーなども避けたほうが無難です。 おすすめのオフィスカジュアルコーディネート それぞれの季節ごとの気をつけるべきポイントとコーディネートの一例をご紹介します。 こんなオフィスカジュアルはNG オフィスカジュアルといってもビジネスの場にそぐわない服装は控えなければいけません。 会社によって異なりますが、次のようなものはNGとされる可能性があります。 ・カジュアルすぎる ジーンズはカジュアルな印象が強く、オフィスカジュアルには適さない場合が多いです。 ただし、会社・職場によってはダメージジーンズでなければOKとするところもあります。 ・清潔感がない 服装自体がオフィスカジュアルに適したものであっても、シワだらけであったりヨレていたり、または過度に着崩していたりすると、だらしなく、清潔感がないという印象をもたれてしまう可能性があります。 ・露出度が高い 男性も女性同様に、過度に肌を露出していると、相手に不快な感じにしてしまう恐れがあります。 ・派手すぎる 度を超したオシャレやアクセサリーなどは、ビジネスの場に求められる信頼感を損なう恐れがあります。 おすすめのオフィスカジュアルコーディネート それぞれの季節ごとの気をつけるべきポイントとコーディネートの一例をご紹介します。 コーディネート以外にもオフィスカジュアルで気をつけたいポイントがあります。 服装以外の部分で清潔感がなかったりだらしなさがあったりすると、オフィスカジュアルとして問題のないコーディネートでも不快感をもたれてしまう恐れがあります。 ・口臭 匂いの強いものは食べないようにしたほうが無難です。 食事後は歯磨きをするか、外回りなどで歯磨きが難しい場合は口臭予防のタブレットなどを使うといいかもしれません。 また、歯に食べかすなどがついていないかどうかも確認してください。 ・体臭 汗が気になる季節などは制汗スプレーを使用するとよいでしょう。 また、きちんとシャワーを浴びる、こまめに汗を拭くなどの配慮も必要です。 ・鼻毛 男性は女性に比べて鏡を見る機会が少なくなりがちですので朝のヒゲ剃りのときに確認する癖をつけるとよいでしょう。 ・唇のかさつき 男性でも身だしなみに気配りができていない印象をあたえてしまいます。 リップクリームを使用するなど対策してください。 ・顔のてかり 特に夏などは、男性であってもあぶらとり紙を使用するなど気を付けるとよいでしょう。 ・パーマ 男性のパーマは信頼感を損なってしまう恐れがあります。 女性であってもあまり強いパーマは避け、自然な感じにした方が無難です。 ・ピアス 男性のピアスはビジネスの場にはふさわしいものではありません。 女性もあまり目立ちすぎるものは避けてシンプルなものを選びましょう。 ・香水 匂いが強すぎるものは、本人がよい香りと感じていても他人からは不快と思われる場合があります。 またつける量にも気を付けましょう。 ・髪型 男性の場合は顔がはっきりと見える短めの髪型が無難です。 女性も顔が明るく見えるように長い髪は後ろで束ねるなどしてすっきり見えるようにしましょう。 ・ヒゲ ヒゲはビジネスの場では歓迎されない可能性が高いです。 毎朝きちんとそりましょう。 ・ツメ 長い爪は不快感を与えます。 男性は短く切り、女性もネイルはナチュラルさを意識しましょう。 オフィスカジュアルは明確な基準がなく、どこまではOKなのかの判断は難しいものです。 ここではNG例とコーディネート例をあげてひとつの基準をお示ししました。 会社によってもオフィスカジュアルの基準は違ってきますが、相手に不快感を与えてはいけないという点は一致しています。 オフィスカジュアルは注意するポイントに気を付ければ、スーツよりも動きやすく、温度調整も楽で、自分を表現する手段のひとつにもなります。 マンパワーグループではインスタグラムで好印象なオフィスカジュアルを紹介しているので、是非そちらも参考にしてみてください。 マンパワーグループにはオフィスカジュアルを良しとしている派遣先もたくさんあります。 まずは登録をしてご自身に合った仕事を探してみてはいかがでしょうか。

次の