天神コア いつまで。 天神福ビル(福ビル)はいつ閉館で建て替え?跡地には何ができる?リニューアルオープンは?

天神コア閉店正式発表。2024年春復活へ。いつまで営業?閉店理由、閉店後の活用は?

天神コア いつまで

こちらも注目• 天神コアはいつまで営業する?いつ閉店? 天神コアは、2020年3月31日をもって閉店することが、西日本鉄道により正式発表されています。 最終日は「皆さんに名残を惜しんでもらうため」として、2020年3月31日の24時まで営業する意向をしめしており、大規模な閉店セールや記念イベントなどが行われる可能性が高まっています。 天神コアの閉店の理由は? 天神コアの閉店理由は、建物の老朽化が進んでいたことと、再開発プロジェクトがスケジュールされているためとなります。 隣接する福岡ビルと一体的に建替を行う再開発プロジェクトを行うため、解体する必要がありました。 天神コア閉店後の活用は?復活する? 天神コア閉店後は、再開発事業の種地として活用がなされます。 福岡ビルと天神コアを共同で建替を行い、高さ約96m、地上19階建て、延べ床面積約100,000㎡の天神エリア最大級の商業施設やオフィス、ホテル等からなる複合高層ビルが再開発事業「福ビル街区建替プロジェクト第1期事業」により建設されます。 なお、天神コアのブランド名は、後継となる施設に残し、周辺エリアでも展開する方向で検討することが発表されており、天神コアは2024年春に復活することが明らかになりました。 そして天神ビブレについても、第二期以降の建替・再開発が構想されています。 画像引用元: 天神コア・福岡ビルを建て替える「福ビル街区建替プロジェクト第1期事業」の計画概要 用途 商業施設・オフィス・ホテル・カンファレンス等 延床面積 約100,000㎡ 階数 19階 高さ 約96m 完成予定時期 2023年12月 福岡の再開発情報 福岡市内の再開発情報は下記のページをご覧ください。 福岡市中心部の再開発情報は下記のページをご覧ください。

次の

天神ビッグバンって?何のためにやるの?福岡が都市再開発へ!

天神コア いつまで

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 三菱地所は9日、福岡市・天神地区で運営する商業施設「イムズ」の営業を2021年度中に終了すると発表した。 福岡市による再開発構想「天神ビッグバン」で周辺の開発が進むことを踏まえ、ビルを建て替えて新しい街づくりにつなげたい、としている。 営業終了の具体的な時期は今後、テナントや関係者と調整して詰める。 計画の詳細は未定だが、2022年度中に建て替え工事に入りたい考え。 ただ、イムズは「天神ビッグバン」で認められている高さ制限の緩和区域内ではない。 現状では建て替えても現在の高さ約66メートルとほとんど変わらない。 このため今後、制限緩和について、福岡市などと調整を進めていく、という。 イムズは1989年4月に開業。 地下4階、地上14階建てで、延べ床面積は約4万5千平方メートルになる。 外壁には有田焼のタイルを使い、館内には全国的に珍しいらせん階段状の「スパイラルエスカレーター」を設置していた。 「情報文化の発信基地」をうたい、現在は紀伊国屋書店や雑貨店のほか、英会話や料理の教室など計約130店が入る。 「天神ビッグバン」を巡っては、旧大名小跡地で高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン」が入るビルの開発が進んでいる。 また、西日本鉄道がイムズ北側に建つ福岡ビル、天神コア、天神ビブレの3棟を一体開発する計画を昨年夏に発表した。 福岡地所もオフィスビルの建設を進めている。 (田幸香純).

次の

天神ビブレはいつまで?閉店の理由や閉店後はどうなるかを調査!

天神コア いつまで

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 三菱地所は9日、福岡市・天神地区で運営する商業施設「イムズ」の営業を2021年度中に終了すると発表した。 福岡市による再開発構想「天神ビッグバン」で周辺の開発が進むことを踏まえ、ビルを建て替えて新しい街づくりにつなげたい、としている。 営業終了の具体的な時期は今後、テナントや関係者と調整して詰める。 計画の詳細は未定だが、2022年度中に建て替え工事に入りたい考え。 ただ、イムズは「天神ビッグバン」で認められている高さ制限の緩和区域内ではない。 現状では建て替えても現在の高さ約66メートルとほとんど変わらない。 このため今後、制限緩和について、福岡市などと調整を進めていく、という。 イムズは1989年4月に開業。 地下4階、地上14階建てで、延べ床面積は約4万5千平方メートルになる。 外壁には有田焼のタイルを使い、館内には全国的に珍しいらせん階段状の「スパイラルエスカレーター」を設置していた。 「情報文化の発信基地」をうたい、現在は紀伊国屋書店や雑貨店のほか、英会話や料理の教室など計約130店が入る。 「天神ビッグバン」を巡っては、旧大名小跡地で高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン」が入るビルの開発が進んでいる。 また、西日本鉄道がイムズ北側に建つ福岡ビル、天神コア、天神ビブレの3棟を一体開発する計画を昨年夏に発表した。 福岡地所もオフィスビルの建設を進めている。 (田幸香純).

次の