教え て いただく 敬語。 「教えていただく」の敬語・類語・使い方・言い方・例文|ビジネス

「お~していただく」「お~いただく」「お~くださる」

教え て いただく 敬語

日ごろ「教えてはいただけないでしょうか」という敬語を使う場面はたくさん存在します。 ではどのような表現があるのか見ていきましょう。 敬語の種類 ここでそもそもの敬語の種類についておさらいしておきます。 そもそも敬語の種類は大きく分けて三種類あります。 相手に直接敬意を表す尊敬語、自分を下げることで相手に敬意を表す謙譲語、「です」「ます」といった語尾を使い聞き手に対し丁寧に表す丁寧語です。 そしてこの他にも美化語といったものも存在します。 「教えていただけないでしょうか」の主な使い方 「教えていただけないでしょうか」という言葉は目上の人に使う表現です。 先生、会社の上司、会社の取引先といった自分よりも目上の立場に存在する相手に対して使うのがいいでしょう。 メールでの使い方 何かを知りたいとき、人に尋ねなければならないとき、「教えていただけないでしょうか」という敬語はこのような場面で使うことが可能です。 では実際にどのように使うのか具体的な例文を用いて紹介していきます。 」 この表現はどのような状況でも使用することが便利な表現であることがこの例文からも見てとれます。 ちなみにこの「教えていただけないでしょうか」の言い換えとして「お教えいただけないでしょうか。 」というものも存在しています。 上司への使い方 会社で何か分からない時、誰に教えてもらうのか、それは会社の先輩でもある上司の存在です。 この項目ではビジネスシーンでの「教えていただけないでしょうか」という表現の使い方について具体的な例文を用いながら紹介していきます。 「お教えいただけないでしょうか」 先ほどにも登場した「教えていただけないでしょうか」の言い換えとなるこの「お教えいただけないでしょうか」という敬語表現ですが、この表現は「お教えいただけないでしょうか」という敬語表現よりもやや丁寧な表現です。 そしてこの表現は先ほどのメールではなく主に会話で使うときにふさわしい表現のひとつです。 」 このように上司に対して使います。 そしてこの表現はもちろん上司だけでなく、自分の身近にいる目上の人に使うことも可能です。 「ご指導いただけないでしょうか」 この「ご指導いただけないでしょうか」という表現も「教えていただけないでしょうか」という表現の言い換えとしては非常によく使われる表現です。 ですが、先ほどの「お教えいただけないでしょうか」という表現よりは自分よりもかなり目上の人に使うのが好ましい表現であり、会社の上司はもちろん、会社の社長、学校の先生といった相手に使うことが可能です。 」 この「ご指導いただけないでしょうか」という敬語表現は「お教えいただけないでしょうか」という表現よりも丁寧な表現で、あまり使われる場面が見られませんが、この「お教えいただけないでしょうか」という敬語表現を使うか、「ご指導いただけないでしょうか」という表現を使うかは個人の判断で決めましょう。 「教えていただけないでしょうか」を敬語表現するときの例文 この「教えていただけないでしょうか」という類似敬語表現は先ほども紹介した「お教えいただけないでしょうか」と「ご指導いただけないでしょうか」という表現にも存在しており、先ほど紹介したこの二つの「教えていただけないでしょうか」の類似敬語はメールや上司といった場合に限らず日常生活のいかなる場面での使用が可能です。 この項目では先ほど紹介した「お教えいただけないでしょうか」や「ご指導いただけないでしょうか」の他の表現について紹介していきます。 「ご教授いただけますでしょうか」 この敬語の原型は「ご教授ください」です。 この「ご教授ください」の意味は「学問といったものを人から教わること」に対して使われます。 そしてこの「ご教授ください」に似た表現として後々登場する「ご教示ください」というものもありますが、こちらは後々紹介いたします。 この「ご教授いただけますでしょうか」という表現を使うのは主に自分自身が学問といった専門分野を教えてもらいたい場合や、学問といった専門分野に従事している人に対して使う表現です。 そしてこの表現は「長期的」「継続的」にものごとに従事する場合に使うことが可能な表現です。 この「ご教授いただけますでしょうか」という表現を使った例文はこのようになります。 「ご教示いただけますでしょうか」との区別がややこしいので気を付けましょう。 「教えていただけないでしょうか」の別の敬語表現例 お教え願います 「教えていただけないでしょうか」という敬語の類似表現であるこの表現もよく使われる表現のひとつで、「ご教授いただけますでしょうか」や「ご教示いただけますでしょうか」という表現と同じ意味で使われます。 ちなみに、この「お教え願います」という「お~になる」と尊敬の意味が含まれるもので、「ご教授ください」などといったものはやや謙譲語の意味が含まれるというのがこの二つの表現の違いです。 教えていただけると幸いです この「教えていただけると幸いです」という表現も「教えていただけないでしょうか」という敬語の類似表現です。 ですが、この表現があまり使われません。 実際、目上の人に対しては「ご教示いただけますでしょうか」や「お教えいただけますでしょうか」という表現を使うことが多いからです。 ですが、覚えておくといい豆知識なので頭の片隅に入れておくといいでしょう。 これからの使い方は? いかがでしたか。 今回は「教えていただけないでしょうか」の敬語表現・使い方と例文について紹介してきました。 この「教えていただけないでしょうか」という表現には「ご教示いただけますでしょうか」や「お教えいただけますでしょうか」というようにさまざまな言い換えが存在します。 もちろん、この「教えていただけないでしょうか」という表現以外にも数多くの敬語が存在します。 ひとつひとつの意味を理解し、状況に応じて使い分けることが大切です。 これから新社会人となる方もそれ以外の方も例外なく敬語という存在いつも側に存在しています。 敬語とは自分の常識を問われる知識のひとつです。 「教えていただけないでしょうか」という表現に限らず、正しい敬語使えるということこそ常識ある社会人に近づくための第一歩といえるでしょう。

次の

「教えてください」の敬語・「ご教授」と「ご教示」の使い方

教え て いただく 敬語

会社では電子メールを使用して連絡のやり取りがなされます。 これは研究機関や大学などをはじめ、日常生活においても人と人との間で普通に交わされている情報ツールになります。 そのメールのやり取りにおいて「教えてください」という表現が使われるのはきわめて日常的なことであり、非常に多くの場面においてそのやり取りが見られます。 メールで伝える場合でも「教えてください」という表現をその状況によって使い分けることが必要になります。 ・教えて。 (友人間の場合) ・教えていただけますでしょうか。 (目上の人) ・教えていただければ幸いです。 (ビジネス) ・教えてもらえれば嬉しいのですが。 (親しい間柄の目上の人) このように、「教えてください」という言い方に焦点を当てた上で見てもこれだけでの使い分けが簡単になされ、それぞれの状況によって相手が受けるニュアンスも微妙に違ってきます。 ビジネス 社外・社内での「教えてください」という敬語の使い分けについても、特に決まった敬語表現のあり方はないですが、状況に見合わせた敬語表現の正確性が求められます。 この場合は相手によって敬語表現のあり方が変えられるため、それぞれの経過にしたがって「相手別の敬語表現のあり方」をしっかり学んでおきましょう。 まず社外においては、自社の社長や課長などをはじめとする上司を相手に紹介する場合、呼び捨てでかまいません。 自分の所属先の社員を紹介する場合に「さま」を付けることによって、相手に対して失礼に当たることになります。 その上で「来られる」や「なさる」などの敬語表現にしても、自社の社員に対する敬語表現は必要ありません。 つまり、相手の言動や紹介においてのみ敬語表現を使うのが社外での基本的なあり方となり、上司に対する敬語のあり方を基準とする社内での敬語表現とはまったく反対になる傾向があります。 「教えてください」という言葉を英語に直す場合、それぞれの英単語の意味合い・用法に配慮した上で以下のようにピックアップされます。

次の

「教えてください」の敬語4つの言い方と使い方

教え て いただく 敬語

「教えて くださり~」のほうは、「 あなたが私に教えて くださりありがとうございます」という形で、「相手」の行為に 直接感謝を述べています。 それに対して「教えて いただき~」は、「 私があなたに教えて いただき、(この状況は)ありがたいものです」という形で、「私」が受けた恩恵に対する感謝の念を 間接的に相手に伝えていることになります。 ただし、「教えて いただき~」のほうはおかしな表現だと考える人もいます。 それはどういうことでしょうか。 「くださる」は「くれる」を敬語の形にしたものなので、たとえば友達に対しては次のように言うことができます。 「教えて くださりありがとうございます。 」 一方「いただく」に対応する「もらう」では、同じように言いかえることはできません。 「教えて いただきありがとうございます。 」 このように、もともと「教えて もらって~」とはふつうは言わないのだから「教えて いただき~」も変なのだ、というのがその根拠になっています。 確かに理屈の上ではそうかもしれないのですが、国が示した『敬語の指針』(文化審議会答申、平成19年)でも、「~いただき」のほうを不適切だと感じる人はいるものの「~くださり」「~いただき」の両方とも適切な表現であると示されているのです。 NHK放送文化研究所でアンケートをおこなったところ、〔「~いただき」を使う(「~くださり」は使わない)〕という回答が、やや多くなっていることがわかりました。 また60代以上では、両方使うけれども「~いただき」のほうが感謝の度合いが高いという回答が多く現れました。 全体的な流れとしては、「~いただき」のほうが優勢になりつつあるようです。 ふぅ、今回はややこしかったですね。 ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。

次の